Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2019/03/21
Update

徳永えり映画『疑惑とダンス』あらすじネタバレと感想。二宮健監督のタランティーノ張りな密室劇の台詞の応酬やクレジットを見逃すな!

  • Writer :
  • 白石丸

「お前こいつとヤッたの?」この言葉がきっかけで巻き起こる大論争!

50分間の短い会話劇のなかで、様々な人間ドラマと爆笑の瞬間が生まれるアドリブを活かした映画『疑惑とダンス』。

ワンシチュエーションと限られた状況ですが、『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』や『チワワちゃん』で知られる新進気鋭の二宮健監督の演出力が光る作品です。

見れば虜になる映画『マンガ肉と僕』やドラマ『荒川アンダーザブリッジ』でもお馴染みの徳永えり主演の映画『疑惑とダンス』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『疑惑とダンス』の作品情報

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
二宮健

【キャスト】
徳永えり、木口健太、小村昌士、福田麻由子、川面千晶、小林且弥

【作品概要】
『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』『チワワちゃん』で知られる気鋭の若手監督二宮健がリハーサルも脚本もない中で撮りあげた意欲作。

50分間若者たちが「セックスしたかしてないか」を延々と口論し合うだけの内容ですが、その中で役者のアドリブによる奇跡的なアンサンブルや映画的な技工が光る作品です。

主演は朝ドラ『わろてんか』などにも出演した徳永えり。その他、木口健太、小村昌士、福田麻由子、川面千晶、小林且弥がそれぞれリアルな演技を見せます。

映画『疑惑とダンス』のあらすじとネタバレ

カンナとマサオの結婚が決まり、カンナの大学時代のサークル仲間のサトシ、サナ、ツバキ、コムラはお祝いパーティを開こうとしていました。

コムラが幹事として小さなレンタルスペースを貸し切り、装飾などの準備をしていると、マサオが入ってきます。

マサオとはあまり面識がないながらもコムラは雑談で場をつなぎます。

しかしコムラは、カンナとの思い出を語っているうちに、ポロっと7年前に2人きりになった時に酔った勢いでラブホテルに行って情を通じたとこぼしてしまいます。

戸惑うマサオ。コムラはうっかり言ってしまったと謝りますが、マサオはそのまま店を出て行ってしまいます。

しばらくしてカンナとサトシ、サナ、ツバキがやってきました。マサオがいない理由を聞かれコムラははぐらかします。彼らはマサオを待ちながら雑談をしていました。

サトシはサークルのコムラやカンナの少し上の先輩。彼はカンナのことが好きだったのに、昔からの後輩のマサオを紹介したとたん、そちらと付き合ってしままい、びっくりしたと明け透けに語りながら祝福の言葉を伝えます。

ツバキは皆よりも早く結婚していましたが、映画監督をしている夫とセックスレスだと打ち明けました。

カンナと仲のいい後輩サナは清楚で大人しく見えますが、ずけずけと人に言うタイプで、突然コムラに向かって「もしかして童貞ですか?」と聞いてきます。コムラは「童貞ちゃうよ」と反論。

皆は本当かと囃しますがカンナは無言でタバコを吸いだします。

中々マサオが来ずみんなが不審がる中、コムラはカンナを呼び出し、「マサオにうっかり俺らがセックスしたこと話してもーてん」と謝りますが、彼女は何のことかわからないと言います。

「え?やったやん?」と驚くコムラ。そこにマサオがやってきます。彼は明らかに思いつめた表情をしており、皆が歓迎ムードのなかカンナに向かって、「こいつ(コムラ)とヤったの?」問いただします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『疑惑とダンス』ネタバレ・結末の記載がございます。『疑惑とダンス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

「俺ら前にお互いの事全部話そうって言ったよね?なんでそん時言わなかったの?」。

カンナは「そんなこと覚えてない!ヤってないよ!」と反論しますが、コムラは「え?なんで否定してんの?ヤったやん!」と怒り出し、マサオも「コイツがヤったつってんじゃん」と問い詰めます。

サナは「7年前くらいにカンナ私の家来たわ。コムラとヤっちゃったって泣いてたから、忘れようってイメトレしたわ。」と言うとカンナは困惑、サトシはいよいよヒートアップしてしまいます。

サトシはコムラを信用すると言ってマサオと一緒にカンナを責めますが、サナとツバキは、「仮にヤったとしてこの話蒸し返してどうしたいの?しつこくない?」とマサオを非難。コムラには「なんでそれを今言ったの!?」とさらに怒り始めます。

そもそも本当なのか問われたコムラは、「7年前確かにヤリました。ずっとカンナのこと好きやった。初めての相手がカンナやった。初めての相手忘れます⁈」とムキになります。

「じゃあもういいよ、ヤったよ!!」とキレるカンナですが、それではマサオとコムラは納得しません。

マサオは完全に怒りを引っ込められなくなり、女子たちから総スカンとなりますが、「は?俺が悪いの!?」とキレ続けます。

サトシは、「お前らもうこれ結婚とか無理だろ?」と、くり返していうばかり。

コムラはコムラで、カンナに向かって、「覚えてないの?あなた誰ですか?ヤったのにヤってないって言ってるあなたはカンナさんではございません!」と、訳のわからないことを言ったあげく、認めないなら訴えるとまで言い出す始末。

サナはカンナを責め続けるマサオに、「辞めた方がいいよこんな奴!」とハッキリと告げます。

ツバキはずっとカンナに「とにかくはっきりさせたほうがいいよ」と言い、その場は完全にカオスになっていました。

コムラはヤった時のコンドームをまだ実家に保管しているとまで言い始め、もう開き直りかけているカンナに対し、証拠を残したいからと自分のスマホに向かって「コムラとヤッた」と録音させようとします。

しかしカンナは、スマホに向かって「やってません!」と叫び、また話が拗れ出します。

マサオは怒り狂って「こいつがヤッたっつってんじゃん!」と怒鳴り、サナやツバキから「何でカンナの方を信用しないの?」と批判されました。

カンナは泣き出してしまい、隣にいたサトシがちゃっかり彼女を抱きしめだしたので、マサオとコムラはサトシを非難。

マサオはとにかくもう帰ろうとカンナを引っ張りますが、彼女は拒否。サナはカンナに抱きついて「あんたにかんなは渡さない!」と泣き叫びます。

マサオはサナにも暴言を吐き、サトシはとうとう立ち上がって彼の胸ぐらを掴みます。

コムラは店で暴れるのはやめろと止めに入りますが、マサオは「そもそもオメーが悪いんだよ!」とコムラにも掴みかかります。

さんざん揉み合ったあげく、マサオはカンナに「本当のこと言え!コイツとやったのか⁈」と怒鳴りました。

カンナは一拍おいて「コムラと…ヤったよ‼︎」と叫び、マサオは冷静になって「ヤってんじゃん…」と呟きました。

スポンサーリンク

『疑惑とダンス』の感想と評価

本作は6人の男女が結婚祝いのパーティで、昔の性行為したかしてないかの疑惑を巡って、不毛な言い争いをするだけの映画です。

カメラは舞台となる狭い店を一歩も出ませんし、俳優の演技はほぼアドリブです。

演出を務めた二宮健監督は、マサオがカンナに「コイツとヤった?」と聞く場面からは、ほぼ俳優たちの即興に任せずっとカメラを回していたといいます。

アドリブだけあって、それぞれの会話はとても自然で演技をしている感じるは、ほとんどありません。

この映画の肝は「コムラとカンナが本当にヤったのか⁉︎」ということなどではなく、そのどうでもいい話をめぐって言葉の応酬を続けていくうちに、それぞれの人格や社会性が出てくる点に面白さにあります。

序盤でコムラが童貞かどうか聞かれている際に、カンナはタバコをふかしながら知らんふりをしているので、おそらく本当はヤった記憶もあるんだろうと見て取れますが、そんなことは、どうでもいい話なのでしょう。

ただその真相を巡って言い争いが続くと、「え?お前そんなこと思ってたの?」「なぜそこに必死になるんだ⁈」、または「なんかこいつわかったような顔してんな」。

そして、「こいつメンドクセーな」と観客がそれぞれ同調するような感想を持ち始めていくでしょう。

観客が誰に感情移入して、誰を嫌いになるかも徐々に変わっていように巧みなバランスで6人全員のキャラクターの気持ちが描かれています。

53分間の会話劇ですが、それぞれのキャラクターがどんな人間なのか、どんな人生を送ってきたのかなんとなく想像ができるところが面白さでもあります。

劇場鑑賞した際に、主演を務めた徳永えりさんがトークショーをされていたのですが、「6人全員がそれぞれ一人だけ目立とうとすることもなく、ちゃんと作品に寄与しようとアドリブをしていた」と語っており、二宮監督の思惑が見ごとにハマったのでしょう。

例えば、コムラがカンナが何も覚えていないことに対し「2回ヤったやん⁈」や「そっちからきたやん」という台詞は会話のなかで流されてしまうのですが、それも絶妙に笑えるギャグになっています。

しかし、アドリブ任せの演出とはいうものの、本作は単なる実験映画ではありません。

そもそもキャスティングからしても朝ドラにも出ていた徳永えりや、子役出身でキャリアも長い福田麻由子も出ていて、無名キャストを使ったインディーズ映画という訳でもありません。

そのような俳優たちの会話の間は、カメラワークでショットを切ることや編集でテンポを保ち、ラストでみんながいよいよ揉め始める頃には、さらに手持ちカメラで臨場感を出しています。

会話はほぼアドリブで構成されているのにも関わらず、商業映画としての技巧もしっかりとある稀有な作品だと言えるでしょう。

2019年初頭に公開された映画『チワワちゃん』で成功を納め、今度は撮影時間が僅か10時間でこのような秀作を送り出してきた二宮健監督。まだ27歳ですが大いに注目です。

まとめ

本作品『疑惑とダンス』のタイトルにある「疑惑」の部分はわかるけど、「ダンス」とはってなんでだろうと思うかもしれませんが、この映画にはキャスト陣が皆で踊る場面が2箇所登場します。

映画序盤と終幕で踊るのですが、それぞれのキャラクターを特性が見て取れます。特にラストの踊りは散々言い争った後で観客が心配を持った瞬間、絶妙なタイミングところで始まります。

踊り終わったところで6人の関係性の回復の可能性が提示されるで、言い争いを目撃したことへの気分も救われます。

ちなみにオープニングとエンドロールの文字の出方は、完全にクエンティン・タランティーノ監督作品へのオマージュになっているので、二宮健監督の映画愛も感じられますよ。

関連記事

コメディ映画

映画『記憶にございません!』ネタバレ感想と評価。ダメ総理がむかえた結末は?

史上最悪のダメ総理が記憶喪失に。 今の政界に三谷幸喜が物申す!?こんな映画、今まで記憶にございません。 喜劇王・三谷幸喜の長編映画監督8作目『記憶にございません!』を紹介します。 今作も三谷幸喜監督な …

コメディ映画

映画『セトウツミ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

映画の中で会話劇というと、どんな作品を思い出しますか? 今年2016年に公開された、クエンティン・タランティーノ監督の『ヘイトフル・エイト』も傑作でしたね。 しかし、日本映画の中に同年に公開された映画 …

コメディ映画

映画『ボン・ボヤージュ』ネタバレ感想と評価レビュー。“家族旅行は大暴走”で絆の再生と成長を描く

ハートフルでエキサイティングな密室コメディ。 夏休みのバカンスに出かけた家族が、停車不能の暴走車両に乗り込んだ事から起きる騒動を描いたコメディ映画『ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走』。 主人公の家族 …

コメディ映画

映画『麻雀放浪記2020』ネタバレ感想と評価。斎藤工と白石和彌による風刺と皮肉

2019年4月5日より公開中の映画『麻雀放浪記2020』 超人気俳優・斎藤工の主演をはじめ、豪華キャスト陣の出演で大変話題になった白石和彌監督の映画『麻雀放浪記2020』。 賭博としての麻雀を描いた阿 …

コメディ映画

映画『ニューヨーク最高の訳あり物件』あらすじネタバレと感想。結末は爽やかに今を生きる女性たちにエールを送る

ニューヨーク・マンハッタンの高級アパートメントに同じ男に捨てられた女が2人。奇妙な共同生活の行方は如何に!? 映画『ニューヨーク最高の訳あり物件』がシネスイッチ銀座他にて全国順次公開されています。 『 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP