Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/04/25
Update

映画『ウィッシュルーム』ネタバレあらすじ感想と結末の解説。願いを叶える部屋に翻弄された夫婦の顛末を描いたサスペンススリラー|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー36

  • Writer :
  • 山田あゆみ

連載コラム「B級コラム映画 ザ・虎の穴ロードショー」第36回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第36回は、監督が演出を務めた、映画『ウィッシュ・ルーム』です。

願いを叶える部屋を手に入れた夫婦が、次々に望むものを手に入れていきますが実はその部屋で手に入れたものは外に持ち出せないということが分かり、次第に追い詰められていくというサスペンススリラー作品です。

国内劇場未公開作品ですが、設定を生かしたスリルと後味の悪さが好きな人には楽しめるだろう映画となっています。

『007 慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコが美貌を披露するシーンもあるので大注目です。
それでは、サスペンススリラー映画『ウィッシュ・ルーム』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

 

スポンサーリンク

映画『ウィッシュ・ルーム』の作品情報


(C)2018 Les Films du Poisson, Versus production, Bidibul Productions
 
【公開】
2019年(フランス、ルクセンブルグ、ベルギー合作映画)
 
【監督】
クリスチャン・ヴォルクマン
 
【キャスト】
オルガ・キュリレンコ、ケヴィン・ヤンセンス、ジョシュア・ウィルソン、ジョン・ブラインダーズ、フランシス・チャップマン
 
【作品概要】
監督のクリスチャン・ヴォルクマンはフランスの映画監督で、過去作品にモーションキャプチャーアニメーション映画『ルネッサンス』(2006)で注目を集めた人物です。

声優にダニエル・クレイグやトニー賞俳優であるジョナサン・プライス等が出演し、フランスで行われる最大規模のアニメの祭典である、アヌシー国際アニメーション映画祭で長編映画作品賞を受賞した作品です。

本作の妻ケイト役を務めたのは、『007 慰めの報酬』(2008)に、ボンドガールとして出演したオルガ・キュリレンコです。

夫のマット役を務めたケヴィン・ヤンセンスは、ベルギー出身の俳優で、『REVENGE リベンジ』(2017)やオリヴィエ・グルメ主演の『ビヨンド・ザ・ロウ』(2017)などに出演しています。


 

映画『ウィッシュ・ルーム』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Les Films du Poisson, Versus production, Bidibul Productions

ニューヨーク州の北部スプリングウェル郊外に引っ越してきた夫婦のケイト(オルガ・キュリレンコ)とマット(ケヴィン・ヤンセンス)。

古い大きな家を購入した2人は、前の居住者がそのままにしていた家具や荷物を片付けていたところ、大きな鍵の着いた部屋を見つけます。

その部屋に入ると、電気が点滅したり部屋中にコードが張り巡らされていてとても不気味な雰囲気が漂っていました。

電気会社の作業員が見に来てくれたものの、その部屋には触らない方がいいと言われてしまいます。しかも、その家では前の所有者が殺されたのだと教えられます。

マットが昔のニュースを調べると、前の所有者夫婦はその家でとある男に殺されていました。しかもその男は逮捕されたもののいまだ身元が判明していないといいます。

マットは例の隠し部屋で「もう1本ほしい(酒を)」と呟くと、目の前に酒のボトルが出現します。その部屋は願ったものが手に入る不思議な力を持った部屋だったのです。

マットは本物のゴッホやセザンヌの絵画を願い、手に入れます。ケイトが1,000ドル欲しいと願うとその部屋から紙幣が出現します。

今度は100万ドルを願うと、札束が目の前に現われました。はじめは不気味がっていた2人でしたがせっかくだから楽しもうと開き直り、豪華な食事やドレスなど次から次へと手に入れます。

すっかりセレブ気分を味わうケイトとマット。部屋で大金や宝石にまみれてお酒を飲みセレブ気分を楽しみました。

しかし、ひとしきり楽しむとケイトは虚しさを感じるようになります。そんなケイトにまた子作りをしようと持ち掛けるマット。2人は過去に子作りに失敗していたのでした。

2度の流産を経験したケイトは傷つくのを恐れて拒否します。そして、マットがいない間に例の部屋に赤ん坊が欲しいと願ってしまったのです。

紛れもない本物の赤ん坊を目の当たりにしたマットは、どうかしてると怒り、元に戻すようにケイトに言いますが、赤ん坊の姿を見て思いとどまりました。

マットは部屋のからくりを知るために、前の居住者を殺して逮捕されている男ジョン・ドゥ(身元不明人)に会いに施設へ行きます。

ジョン・ドゥは、会いに来たマットに「待っていた」と告げ、手遅れになる前にその家から早く出るようにと忠告しました。

なぜ夫婦を殺したのかという問いには「仕方なかった」と話します。

さらに、ジョン・ドゥは「満たされない人間より危険なのは、満たされすぎた人間だ」とマットに告げたのでした。

帰り道でガソリンスタンドに寄ったマットは、例の部屋で手に入れたお金で支払おうとしますが、紙幣は灰になって消えてしまいます。

例の部屋で作られた物は、家の外に出すと消えてしまうのです。

ケイトが散歩に行くと言って赤ん坊を外へと連れて行ってしまいました。泣きだす赤ん坊の体は、成長しながら焼けただれていきます。

家に連れ戻した頃には、赤ん坊の体は成長して少年の体になっていました。

シェーンと名付けた赤ん坊を外に出さずに教育するケイトでしたが、外に出ることができない苛立ちをぶつけるシェーンの反抗的な態度に手を焼いていました。

マットは部屋にこもり、例の部屋に描かれた模様を紙に描いたり、外で銃の練習をして何かに備えている様子です。

外に出れない鬱憤から、シェーンは例の部屋の中に外の空間を作り出します。危険だと言って恐れたマットはシェーンを自由にさせないようにケイトに言います。

そんな時、家にジョン・ドゥから電話がかかってきます。マットとケイトは、「人間が自由になるには、創造主を殺すのだ」と聞かされます。

つまり、ケイトを殺すことでシェーンは外の世界で普通の人間として生きていくことが出来るのです。

その事実を知ったケイトは動揺して車で家を飛び出します。

マットはシェーンに対して、お前は虚構で、人間ではないと責め立てます。しかし、情がわいているのも事実で落ち込むシェーンに対して謝るのでした。

一方ケイトは車で事故を起こそうとしたものの思いとどまり、帰宅します。

自分の命とシェーンの人生を天秤にかけ苦しむケイトをマットは慰めます。昔のように体を重ねる2人の様子をシェーンは部屋の扉の陰から覗いていたのでした。

 

以下、『ウィッシュ・ルーム』ネタバレ・結末の記載がございます。『ウィッシュ・ルーム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 Les Films du Poisson, Versus production, Bidibul Productions

翌朝、自ら外に飛び出したシェーン。そして家に戻ったシェーンは青年の姿に成長していました。

マットが隠していた拳銃で2人を脅すシェーン。ケイトに、永遠に一緒にいてほしいと懇願します。

なだめようとしたケイトの隙を見てマットはシェーンに襲い掛かります。2人は激しくもみ合っていました。

ケイトは転び、目が覚めるとマットが傍にいました。シェーンは銃が暴発して死んでしまったと話します。

しかし、食事中に口に食べカスをつけていたり、氷をほおばったりする様子がいつものマットと違うことに気づいたケイト。

ケイトのそばにいたのは、例の部屋の中でマットに姿を変えたシェーンだったのです。気絶していたマットは意識を取り戻して、例の部屋へと向かいます。

マットの姿をしたシェーンはケイトにセックスをしようと近寄ります。2人が前の晩にしていたようにと、強引に体を重ねます。

逃げようとするケイトの元へ、本物のマットが助けにきました。その部屋の中では、シェーンが空間を支配してあたかも本物の家の中に居るように見せているのでした。

同じ容姿のシェーンとマットを見分けようと必死になったケイトは、「シェーン」と名前を呼んで、振り返ったシェーンを階段から突き落として気絶させます。

逃げ惑うケイトとマットですが、シェーンに阻まれます。そこで、ケイトとマットは自らのニセモノ2人を作り出し、彼らにシェーンが襲い掛かっている隙に本物の家に逃げ込みました。

そこへ追ってきたシェーンが、マットに襲い掛かるのを利用して外へとおびき出します。

ドアを締め切ったケイトは、ドアの前で見る見るうちに老人へとかわり灰へと朽ち果てるシェーンの姿を見届けたのでした。

涙をながし、灰に触れるケイトと慰めるマット。

1か月後、モーテルの部屋へとコーヒーを持って歩いていくマット。ノックしてもケイトからの返事はありません。

部屋の中では、陽性反応が出た妊娠検査薬を手に呆然とするケイトの姿がありました。

スポンサーリンク

映画『ウィッシュ・ルーム』の感想と評価


(C)2018 Les Films du Poisson, Versus production, Bidibul Productions

願いを叶える部屋という設定を生かした、ハラハラ感と薄気味悪さを楽しめる作品でした。

作中でも、謎の男ジョン・ドゥが言っていたように一番恐ろしいのは満たされない人間よりも、満たされすぎた人間ということが感じられます。

本作の物語のポイントは、シェーンが願いを叶える部屋の中に別の空間を作り上げたことといえます。

新たな空間を作ることが可能になったことで、一軒家の中だけで巻き起こるワンシチュエーションスのストーリーに広がりをもたせることに成功したのです。

この設定でいうと、望めば空想の世界や世界中のどんな国に行くことも可能ということではないでしょうか。しかし、本作の肝は夫婦がなによりも最も望んだものが、子どもだったという点でしょう。

映画の前半で、二度の流産を経験しているというのもこの夫婦にとっていかに子どもを持つことが、待望だったのかわかります。

だからこそ、部屋が作り出した赤ん坊を簡単に消すことはできずに苦しんでいたのでしょう。

そして、ラストシーンで妊娠が発覚した恐ろしさが、倍増するのです。

ようやく授かった子どもですが、生まれてくるのはシェーンなのかもしれないと考えることができます。

シェーンはあの部屋が作り出した存在とはいえ、2人の子どもがほしいと願ったことによって現われたからです。

また、ケイトはマットとセックスした次の日にシェーンに襲われました。身籠ったのはどちらの子なのか、という疑問も沸き起こります。

しかし、2度の流産を経て授かった子をおろすのもケイトにとってはきっと苦しい決断のはずです。そうなると、マットにあの家でシェーンに襲われた事実を伝えなければいけません。

決して考えたくないおぞましい想像を残して終わるところが本作の面白いところで、続編やスピンオフ作品も作れそうです。

まとめ


(C)2018 Les Films du Poisson, Versus production, Bidibul Productions

本作は、ワンシチュエーションスリラーや、後味の悪い映画が好きな人にはもってこいといえる作品だと言えます。

そして、なんでも手に入るとしたら何をする?という誰もが一度は考えるテーマをリアルに映像化して観ることができるのも、本作の面白いところでしょう。

はじめは望んだ「物」ならなんでも作れると言っていたのに、ほかの人物に化けることが出来るという設定が突然出てきたことで少し混乱しますが、その展開があることでハラハラ感は増します。

こういったシチュエーションスリラーには細かいことは置いておいたほうがきっと楽しめるのではないでしょうか。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

アニメ『ジョゼと虎と魚たち』あらすじと感想評価レビュー。田辺聖子の青春恋愛小説をタムラコータローが描く|TIFF2020リポート3

アニメ『ジョゼと虎と魚たち』は東京国際映画祭2020の特別招待作品! 2020年実施の東京国際映画祭の特別招待作品として、上映された『ジョゼと虎と魚たち』。 芥川賞作家田辺聖子の同名小説が原作で、20 …

連載コラム

映画『ある用務員』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。福士誠治と阪元裕吾監督が殺し屋集団バトルを描く|未体験ゾーンの映画たち2021見破録4

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第4回 世界のあらゆる国の、様々な事情で埋もれかけた映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第4回で紹介するのは、今回唯一の日本映画『 …

連載コラム

映画『スーパーティーチャー熱血格闘』あらすじネタバレと感想。ドニー・イェンが宇宙最強の教師になる|すべての映画はアクションから始まる6

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第6回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

連載コラム

『カーライル ニューヨークが恋したホテル』レビューと内容解説。プロの流儀と一流のプライドとは|だからドキュメンタリー映画は面白い24

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第24回 世界中のセレブたちが集うという、“秘密の宮殿”の魅力に迫る――。 今回取り上げるのは、2019年8月9日(金)からBunkamuraル・シネマ …

連載コラム

シン・ウルトラマンのネタバレ予想!ゾフィーの言葉“そんなに地球人が好きになったのか”から変身の意味を探る【光の国からシンは来る?4】

連載コラム『光の国からシンは来る?』第4回 2016年に公開され大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』(2016)を手がけた庵野秀明・樋口真嗣が再びタッグを組んで制作した新たな「シン」映画。 それが、19 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学