Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

【ネタバレ】デッドゾーン殲滅領域|あらすじ結末と感想評価。ウイルスに感染したゾンビが放射線爆弾で汚染された地域で蠢く訳とは⁈|B級映画ザ・虎の穴ロードショー112

  • Writer :
  • 秋國まゆ

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第112回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第112回は、ハンク・ブラクスタン監督が演出を務めた、映画『デッドゾーン 殲滅領域』です。

謎のウイルスによって人口のほとんどがゾンビと化した世界。政府は放射線爆弾を使って、ゾンビの一掃作戦を実行。しかしその爆破地点「デッドゾーン」に指定された場所には、試作ワクチンの開発ラボがあったのです。

ワクチン奪還のため、ハイテク装甲の精鋭特殊部隊が放射線汚染を生き延びたゾンビたちの巣窟と化した「デッドゾーン」へ潜入。しかし「デッドゾーン」には、放射線によって特殊変異を繰り返した最強進化系のゾンビがいて…。

2022年製作のアメリカのSFアクション映画『デッドゾーン 殲滅領域』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『デッドゾーン 殲滅領域』の作品情報


(C) 2022 BEAST MODE, LLC

【公開】
2022年(アメリカ映画)

【脚本】
ジェフリー・ガイルズ

【監督】
ハンク・ブラクスタン

【キャスト】
マイケル・ジェイ・ホワイト、チャド・マイケル・コリンズ、ジェフ・フェイヒー、Jマイケル・ワイス、タルカン・ドスピル、アントゥーン・トーバート

【作品概要】
『アンナチュラル』(2015)や『ジュラシック・ツアーズ』(2021)などを手掛けたハンク・ブラクスタンが監督を務めた、アメリカのSFアクション作品です。

スポーン』(1998)や『アサルト33 要塞病棟』(2021)などに出演するマイケル・ジェイ・ホワイトが主演を務めています。

映画『デッドゾーン 殲滅領域』のあらすじとネタバレ


(C) 2022 BEAST MODE, LLC

謎のウイルスが突如として世界を席巻し、ウイルスに感染しゾンビと化した者たちが凶暴化。

政府は住民を避難させて、放射線爆弾による感染者の殲滅作戦を実行。その爆破地点を「デッドゾーン」と呼びました。

しかし1ヶ月前、アメリカの保健福祉省所管の感染症対策の総合研究所「アメリカ疾病予防管理センター(CDC)」が設置した試作ワクチンの開発ラボがデッドゾーンに指定されたのです。

選ばれし米軍の精鋭特殊部隊に、その開発ラボの閉鎖と試作ワクチンの回収の任務を命じられます。

選ばれたのは、米海軍の特殊部隊「ネイビーシールズ」の不屈の黒人兵士ボスと、彼が率いるチームのメンバーである狙撃兵のシンクレア一等軍曹とトン一等軍曹、通信兵のダンナー二等兵曹の4名。

それからボスの同期で、現在は研究開発担当のエイジャックス上等兵曹の合計5名です。

エイジャックスは研究開発に異動する前、ボスの妹と交際。彼女にフラれるまではボスと義兄弟同然の存在でした。

ボスたちの上官であるキャラハン司令官曰く、彼らに下された任務は過去に経験してきたどの任務よりも危険なものだといいます。

なぜならデッドゾーンに蔓延る感染者の一部が、放射線爆弾による爆破を生き延びたのです。

しかもその生き延びた感染者は声を発せず、これまでの感染者よりも俊敏で凶暴でした。

ですが、そんな強化された感染者だらけのデッドゾーンに数百の米兵を送り込み、ウイルスを治せるという確証もないワクチンを回収させるわけにはいきません。大量の犠牲者が出すだけ。

それよりも少数精鋭の部隊を、飛行機からデッドゾーンへHARO(高高度降下低高度開傘)降下し、潜入させる方がいいと判断されました。

この前代未聞の任務に挑むこととなったボスたちには、使い慣れた装備に加え、サーモバリック爆薬(爆発によって高温高圧状態を発生させ、広範囲に被害を与える気体爆薬)とサイレンサー付きの銃。

ネイビーシールズのマスクを改良し放射線汚染下での呼吸を可能とした、AIと音声明瞭化機能を搭載したヘルメットと、明るさは失明するレベルで至近距離なら物も燃やせる50万ルーメンの光線を搭載したハイテク装甲といった、開発されたばかりの最新装備が支給されました。

ボスたちは飛行機からのHALO降下により、夜のデッドゾーンへ潜入。周囲を警戒しつつ、開発ラボ「DCDバイオテック」に向かいます。

以下、『デッドゾーン 殲滅領域』ネタバレ・結末の記載がございます。『デッドゾーン 殲滅領域』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 2022 BEAST MODE, LLC

夜11時半。ボスたちは、DCDバイオテックの2階の実験室に保管された試作ワクチンを無事回収しました。

シンクレアはボスからの命により、本部に試作ワクチンの回収完了を報告しようとしますが、いくら通信を試みても、潜入時には連絡がとれていた本部からの応答はありません。

挙句の果てに、空中に放っていたドローンが自爆。その音を聞いた町中の感染者たちが、ボスたちに襲い掛かってきます。

ボスたちは銃を使って迎撃しますが、次々に現れる感染者の数に苦戦を強いられてしまい、ダンナーが感染者の1人に腕を噛まれ瀕死となった。

するとそこへ謎の女性が現れ、ダンナーに襲い掛かる感染者を狙撃してくれました。ボスたちはダンナーの命を救うために、こちらへ来いと促す彼女の後を追いました。

デッドゾーン内で隔絶されたシェルターに運び込まれたダンナーは、まだ腕の感覚があると言いますが、止血帯が破れるほどの重傷と出血をしているため、彼の治療には一刻の猶予も許されません。

嚙まれた腕を切断して大量出血で死ぬか、試作ワクチンの実験体となるかという、究極の選択を迫られたボスたち。ボスは独断で後者を選び、ダンナーに試作ワクチンを注入しました。

その結果、ダンナーのゾンビ化を阻止し、感染したはずの彼を人間に戻すことができました。

ダンナーの治療後、彼を救った女性はグッドマンと名乗り、1ヶ月間デッドゾーンの中で生き延びてきたと明かします。

グッドマンと一緒にきた彼女の兄は、自動式拳銃「ベレッタM84」で1台の車の窓を割って感染者を集め、車内に2つ仕掛けておいた焼夷弾で焼き殺した直後、感染者に襲われ死んでしまいました。

ボスたちは早速脱出地点へ出発しようとしますが、先の戦いで弾薬をほぼ使い果たしてしまい、もう感染者の集団との交戦は不可能であることに気づきます。

そこでボスたちは、自分たちよりも弾薬があって、土地勘があって戦力にもなるグッドマンを連れていくべきかどうか話し合いました。

グッドマンはそんな彼らに、「外にいる感染者の群れに加え、恐ろしい感染者がいて脱出に失敗した。爆発音を聞いて助けが来たかと思ったの」と述べます。

ボスたちは悩んだ末、ここから先へ進むにはあらゆる助けが必要だと考え、グッドマンを連れていくことにしました。

ですがボスたちが身に着けているマスクは、マスクを装着している者同士でしか音声通信できないため、古い装備のグッドマンにはハンドサインで指示を出します。

西へ5時間以上歩いたところにある脱出地点へ向かうボスたちでしたが、その道中でトンが「マスクが苦しくて息がしづらい」と訴えたため、ひとまず駅にある古いトンネルで小休止を挟むことになりました。

エイジャックスがトンのマスクの空気量を調整している間、ボスとダンナーはトンネルの裏口を探しに、シンクレアとグッドマンが駅の出入り口の見張りをすることに。

しかしボスがダンナーと二手に分かれ、裏口を見つけた直後、皆との通信が突如不能となってしまいます。

ボスは通信と機能回復のためにいったんマスクを脱ぎました。再びマスクを装着した直後、ダンナーが彼のもとに駆けつけました。

ボスたちは裏口にて本部との通信を試みるも、応答はありません。さらに裏口を出た先にあるフェンスに感染者が群がってきたため、ボスたちはトンネルに引き返し、エイジャックスたちと合流。

「外の様子がおかしい。何か違う感染者がいるようだ」と言うシンクレアの元へ急いで向かいます。

しかしボスたちがグッドマンと合流した時、そこにシンクレアの姿はなく、代わりに彼のマスクだけが地面に転がっていました。

放射線で汚染されたデッドゾーンでマスクなしで生きていられるはずがない、とシンクレアの死を悟ったボスたちは、彼の死を無駄にしないためにも任務を続行すると決断。

まずはシンクレアのマスクをグッドマンに装着させ、彼女と会話できるようにします。それから道中で仕掛けた爆弾を使って、辺り一帯に蔓延る感染者たちを集めて時間を稼ぎました。

駅から出たボスたちは、最後の望みをかけて町の電波塔へ向かいます。そこでようやく、本部から「了解、迎えを…」との応答がありました。

しかしその直後、ダンナーは耳をつんざくような雑音に襲われました。雑音がおさまり、ダンナーが何とか立ち上がった瞬間、彼と一緒にいたトンが何者かに襲われ、殺されてしまいます。

ダンナーはトンを助けようと銃を発砲するも、逆に突き飛ばされ3階から落下。ハイテク装甲のおかげで何とか一命を取り留めました。

ダンナーが意識を取り戻したと同時に、ボスはトンのものでも感染者のものでもない何かの指を発見。エイジャックスとグッドマンにトンの捜索を指示し、ダンナーに上で何を見たのか尋ねました。

ダンナー曰く、彼らが遭遇したのは感染者ではなく、とにかくデカい図体をしている怪物で、トンの首に何かを巻きつけて持ち上げていたといいます。それにダンナーが聞いた、マスクの不具合によるものだと思っていた雑音は、怪物の叫び声だったというのです。

これを聞いてボスとエイジャックスは、その怪物はウイルスの変異によって進化した感染者ではないかと推測。そうであれば、ハイテク装甲を貫くほどの長く鋭い舌と、人間のものでも普通の感染者とも違う異様な指があって、凶暴さが増しているのも頷けます。

エイジャックスたちが電波塔にのぼって捜索した結果、トンも最強変異型の感染者の姿もありませんでした。

ダンナーはトンは近くにいるはずだと言い、最強変異型の感染者への報復を訴えるも、ボスとエイジャックスは「報復は任務じゃない、一刻も早くデッドゾーンから脱出するべきだ」、「近くでマスクをしているのに連絡がないなら、トンはもう死んでる」と言われてしまいます。

そこでグッドマンが「私に考えがある」と言って、兄が死んだ駐車場へ彼らを案内しました。

そこには1台の車とグッドマンの兄の遺体、バッテリーが入ったリュックがありました。何か奇妙な音が聞こえ、嫌な予感をしたボスたちは、とりあえずバッテリーと車のキーを回収。近くの倉庫の中に隠れます。

その倉庫の中には、グッドマンが万が一のために隠しておいた、彼女の兄の車がありました。ボスたちはバッテリーを車に入れ、脱出地点まで走って向かおうとします。

しかし車のエンジンがかかった瞬間、倉庫の天井に張りついていた最強変異型の感染者がボンネットに落ちてきたため、頼みの綱であった車が故障してしまったのです。

ですが倉庫から逃げようにも、外には感染者の大群が……。ボスたちは仕方なく、倉庫に潜む怪物と戦う羽目になってしまいました。

別の出入り口から入り込んだ感染者に、ボスが嚙まれて感染してしまいます。エイジャックスとダンナーが感染者の相手をしている隙に、グッドマンがボスに試作ワクチンを注入して人間に戻しました。

ボスたちは何とか倉庫の中に入り込んだ感染者たちを撃退し、感染者がいない別の出入り口を探します。するとグッドマンは、「あいつがいるのにウロウロしたくないからここに残る」と反対したのです。

ボスたちは「一緒にいた方が助け合える」とグッドマンを説得しますが、彼女は聞く耳を持ってくれません。

仕方なく彼女と別行動をとることにしたボスたち。ですが、ダンナーが感染者がいない西側にある出口を見つけた瞬間、ダンナーは最強変異型の感染者に襲われてしまいます。

最強変異型の感染者に、近くにいたエイジャックスが銃を発砲。しかし最強変異型の感染者に銃撃は一切効かず、耳をつんざくような叫び声をあげられ、3人は一時的に無力化させられます。

最強変異型の感染者が再び姿を消したその隙に、ボスたちはダンナーを救おうとしました。しかしダンナーの要望で彼のマスクを外した直後、2人の目の前で彼は息を引き取りました。

ダンナーの死後、ボスたちのもとにグッドマンが駆けつけました。ボスは、体を貫かれたはずのダンナーの出血量が少なかったことから、最強変異型の感染者は人間の血を欲していると推測。

最強変異型の感染者を、彼の血と遺体を餌に誘き寄せ、仕掛けた爆弾で殺す作戦を思いつきます。しかし、最強変異型の感染者はなかなか餌に食いつきません。

しびれを切らしたボスたちが散開して捜索すると、最強変異型の感染者はエイジャックスを襲撃します。しかしボスたちが駆けつけた頃には、最強変異型の感染者は再び姿を消していたのです。

エイジャックスはボスたちに、「俺はもう手遅れだが、お前たちは違う。この任務を必ず成功させてほしい」と言い、自分を置いて先に進むよう促します。ボスたちが倉庫から出た直後、エイジャックスの血の匂いを嗅ぎつけて、最強変異型の感染者が彼に近づいてきました。

エイジャックスは自死覚悟で、手に持っていた起爆スイッチを押します。しかし何度押しても起爆せず、エイジャックスは最強変異型の感染者にゆっくりと時間をかけて殺されてしまいました。

エイジャックスを殺した最強変異型の感染者は、次にボスに襲い掛かります。ですがなぜかボスを殺さず、すぐにその場から立ち去っていったのです。

これまでのことが走馬灯のように脳裏に浮かんだ後、ボスはグッドマンの隠れ家で目を覚ましました。グッドマンは保管してあったO型の血液を、ボスに輸血していました。

ボスはダンナーが言っていた「毒」という言葉をヒントに、最強変異型の感染者の弱点は試作ワクチンであることに気づきます。ダンナーとボスを殺さなかったのは、最強変異型の感染者は抗原を接種できないからです。

そこでボスたちは、輸血用の血液パックを使って試作ワクチン未接種の血を転々と垂らし、最恐変異型の感染者を倉庫の奥まで誘き寄せ、十分に待ってから奴の嫌いな光を浴びせて倉庫に閉じ込めるという作戦を行うことにしました。

ボスは万が一のことを考え、ワクチン未接種のグッドマンに試作ワクチンを託します。最強変異型の感染者を誘き寄せて光を浴びせるまでは順調でしたが、最強変異型の感染者は叫び声をあげて倉庫の照明をショートさせたのです。

ボスが外してしまった銃弾がガスボンベに穴を開け、ガスが充満する中、最強変異型の感染者は、グッドマンに狙いを定めて殺そうとします。ボスはグッドマンを救うべく、最強変異型の感染者をショットガンで銃撃するも、逆に殺されかけてしまいます。

ボスは至近距離で光線を浴びせて最強変異型の感染者を怯ませ、グッドマンから試作ワクチンを受け取ります。

最強変異型の感染者は、試作ワクチンを持つボスの腕に長い舌を巻きつけて阻止しようとするも、ハイテク装甲の腕に装備された仕込みナイフで切断されてしまいました。

激痛に悶える最強変異型の感染者に、ボスは「さあ、お注射の時間だ。副作用があるかもな化け物が!」と言い、試作ワクチンを直接注入します。

さらに悶え苦しむ最強変異型の感染者にあえて止めは刺さず、ボスたちは倉庫から脱出。直後にあらかじめセットしておいた焼夷弾によって、最強変異型の感染者もろとも倉庫は爆発しました。

朝日が昇る頃、デッドゾーンから生還したボスたちは、脱出地点に到達。迎えに来たヘリに向かってふらふらと歩いていきました。

スポンサーリンク

映画『デッドゾーン 殲滅領域』の感想と評価


(C) 2022 BEAST MODE, LLC

「デッドゾーン」という名の死地に赴いたボスたち米軍の精鋭特殊部隊。任務を受けると決めてからある程度覚悟していた彼らですが、想像以上にデッドゾーンは死と隣り合わせの危険なところでした。

真っ暗闇の中、いつどこから感染者もといゾンビが襲い掛かってくるか分からない緊張感と恐怖がボスたちはもちろん、観ている人にも伝わってきてハラハラドキドキさせます。

声を発さず俊敏なゾンビの巣窟から生き残れることも危ういというのに、銃弾が一切効かない鋼の肉体に、ハイテク装甲を貫くほどの鋭く長い舌、耳をつんざくような叫び声で一時的に人間を無力化させることができる進化系ゾンビとボスたちは戦わなければなりません。

進化系ゾンビのせいで、次々と血を吸われ殺されていく兵士たち。その殺し方とおぞましい外見に背筋が凍りつくほどとても怖いです。

物語の終盤でボスとグッドマンが殺されかけた時、ああもうこれはバッドエンドかなと絶望します。

ですがボスたちは、進化系ゾンビの弱点である試作ワクチンを直接注入し、焼夷弾で倉庫もろとも爆殺したのです。

そしてついに、脱出地点に到達したボスたちが迎えに来たヘリに向かうところまでしか作中では描かれていませんでしたが、きっとその後無事に基地へと生還したことでしょう。

まとめ


(C) 2022 BEAST MODE, LLC

世界を救う可能性を秘めた試作ワクチンを回収するべく、声を発さず俊敏性が増したゾンビが蔓延る「デッドゾーン」に潜入したハイテク装甲の精鋭特殊部隊の戦いを描いた、アメリカのSFアクション作品でした。

本作の見どころは、通常装備に加えてハイテク装甲を装備した米軍の精鋭特殊部隊が、1ヶ月間デッドゾーンを生き延びた女性兵士と協力して、ゾンビの大群と最強変異型ゾンビに立ち向かうアクション場面です。

ハイテク装甲を装備したボスたちの姿は、『マーベル・コミック』の人気キャラクターであるアイアンマンを彷彿とさせます。

最強変異型ゾンビに簡単に貫かれてしまいましたが、開発されたばかりで実戦ではまだ未使用であるそのハイテク装甲を、たった数時間で使いこなすなんてボスたちは凄いです。

まだウイルスに効くと確証がない試作ワクチンを回収し、大勢の人々を救う英雄となるか、試作ワクチンを回収せずに地獄を見るか………。

世界の命運を託された米軍の精鋭特殊部隊の戦いを描いた、恐怖と緊張感に包まれるSFアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

連載コラム

新海誠の全作品解説。世界観から倫理観へ|新海誠から考える令和の想像力2

連載コラム「新海誠から考える令和の想像力」第3回 「人間の感情という小さなものと、宇宙という極大なものがつながっていく物語」への強い関心。 これが新海誠監督自身の“セカイ”観であり、彼の作品群が「セカ …

連載コラム

韓国インディーズ映画『K大OOに似たような93生まれ.avi』あらすじと感想解説。新人監督チョン・ヘウォンが描く“性犯罪と若者の現在形”|インディーズ映画発見伝26

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第26回 日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い秀作を、Cinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見 …

連載コラム

映画『エクソシスト』ネタバレ考察感想と結末あらすじの解説。名作ホラーはトラウマ級の悪魔は少女に憑依する|SF恐怖映画という名の観覧車156

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile156 人を堕落させることを目的とし、時に犯罪や非人道的行為を扇動する「悪魔」と言う存在。 イスラム教や仏教などさまざまな宗教で「悪魔」は登場し …

連載コラム

映画『エリザベス 女王陛下の微笑み』あらすじ感想と解説評価。ドキュメンタリーでクイーンの素顔と在位70年の軌跡を観る|映画という星空を知るひとよ99

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第99回 「世界で最も有名な女性」と呼ばれるエリザベス女王殿下。2022年4月で女王は96歳となられました。 映画『エリザベス 女王陛下の微笑み』は、25歳の若 …

連載コラム

ウルトラマントリガー考察予想|ティガ/ダイナ/ガイアとネタバレ比較!“もう一人のウルトラマン”の可能性を探る【邦画特撮大全90】

連載コラム「邦画特撮大全」第90章 今回の邦画特撮大全は『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』を紹介します。 2021年7月10日(土)より放送開始される『ウルトラマントリガ …

U-NEXT
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学