Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『ジオウ』キャストと平成仮面ライダーを演じた歴代イケメン俳優の出自|邦画特撮大全12

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第12章

先日2018年9月2日(日)から放送が開始した平成仮面ライダー20作記念作品『仮面ライダージオウ』。

いまや“仮面ライダー”というと若手イケメン俳優の登竜門です。オダギリジョーから始まり、要潤、佐藤健、瀬戸康史、菅田将暉、竹内涼真……。数多くの人気俳優を輩出しました。

今回は『ジオウ』に出演中の俳優を中心に、平成仮面ライダーを演じた歴代のイケメン俳優の出自について分析していきます。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出身者

『仮面ライダージオウ』で主人公・常盤ソウゴ/仮面ライダージオウを演じるのは奥野壮。もう1人のライダー、明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツを演じる押田岳。

奥野壮は昨年開催された第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでフォトジェニック賞、明色美顔ボーイ賞をダブル受賞し芸能界入りを果たしました。押田岳も同コンテストの第29回グランプリ。『ジオウ』に登場する仮面ライダーは2人ともジュノン・スーパーボーイ・コンテストの出身者、いわゆる“ジュノンボーイ”なのです。

ジュノンボーイが『仮面ライダー』に主演するのは4作連続となります。遡ると前作『仮面ライダービルド』(2017)の犬飼貴丈(第25回GP)、前々作『仮面ライダーエグゼイド』(2016)の飯島寛騎(第28回GP)、『仮面ライダーゴースト』(2015)の西銘駿(第27回GP)と、グランプリ受賞者が続いていました。

『ゴースト』の前作である『仮面ライダードライブ』(2014)。この作品の主人公・泊進ノ介/仮面ライダードライブを演じたのが竹内涼真です。映画『帝一の國』(2016)やドラマ『ひよっこ』『陸王』『過保護のカホコ』で人気の竹内ですが、彼はジュノンボーイ出身ではありません。

ただし『ドライブ』に登場する詩島剛/仮面ライダーマッハ役の稲葉友、チェイス/仮面ライダーチェイサー役の上遠野太洸はそれぞれ、第22回と第23回でグランプリに輝いたジュノンボーイ出身俳優でした。

『ドライブ』の前作『仮面ライダー鎧武』(2013)の主人公・葛葉紘汰/仮面ライダー鎧武の佐野岳(第24回GP)。『仮面ライダーウィザード』(2012)の操真晴斗/仮面ライダーウィザード役の白石隼也(第20回・審査員特別賞受賞)と、枚挙に暇がないほどジュノンボーイ出身者たちが数多く出演しています。

また『ジオウ』へのゲスト出演が決まっている『仮面ライダー555』(2003)の乾巧/仮面ライダー555役の半田健人、草加雅人/仮面ライダーカイザ役の村上幸平の2人。半田が第14回のファイナリスト、村上が第7回の審査員特別賞受賞者で、両者ともジュノンボーイ出身なのです。

実際ジュノンボーイ出身者がレギュラー、準レギュラーとして出演している平成ライダー作品は全20作品中なんと18作品。逆にジュノンボーイが出演していない作品は『仮面ライダー響鬼』(2005)と『仮面ライダーディケイド』(2009)の2作のみです。

つまりほとんどの平成仮面ライダー作品にはジュノンボーイ出身者が出演しているのです。

2.5次元作品出演者

『ジオウ』に登場する仮面ライダー2人はジュノンボーイ出身でした。では敵役はどうなのでしょうか。

『ジオウ』に登場する敵・タイムジャッカ―のスウォルツを演じる兼崎健太郎は、ミュージカル『テニスの王子様』出演していました。同じくウールを演じる板垣李光人もLive Musical 『SHOW-BY ROCK』に出演。2人ともそれぞれ、2.5次元作品に出演経験がある俳優です。

“2.5次元作品”とは、マンガ・アニメが原作の舞台やミュージカルの通称です。2003年から始まったミュージカル『テニスの王子様』シリーズが嚆矢となり、現在も数多くの漫画やアニメが舞台化されています。

この2.5次元作品に出演後、仮面ライダーに出演した俳優も大勢いるのです。

先述したジュノンボーイが出演していない『仮面ライダーディケイド』(2009)ですが、主人公・門矢士(かどやつかさ)/仮面ライダーディケイドを演じた井上正大、小野寺ユウスケ/仮面ライダークウガ役の村井良大は共に『ミュージカル・テニスの王子様』に出演していました。

その他、“テニミュ”に出演していた仮面ライダー俳優ですが、『仮面ライダーキバ』(2008)で紅渡を演じた瀬戸康史、『仮面ライダーW』で左翔太郎/仮面ライダーWを演じた桐山漣が、主演では有名なところでしょうか。

主演以外でも、『仮面ライダーカブト』の加藤和樹、『仮面ライダー鎧武』の久保田悠来とジュノンボーイ出身者同様に枚挙に暇がありません。ちなみに加藤和樹は第15回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストでもあります。

スポンサーリンク

若手俳優ユニットと仮面ライダー

以前までは“イケメン”というとやはりジャニーズ事務所が強かったですが、現在はジャニーズ事務所以外の芸能プロダクションも若手俳優の発掘・育成に力を入れています。実際2000年代後半から若手俳優ユニットが複数結成されました。

昨年2017年にはオスカープロモーションが若手俳優ユニット「男劇団青山表参道X」を結成しました。『ジオウ』に出演中の奥野壮もこのユニットのメンバーです。

また過去にライダーに主演した飯島寛騎(『エグゼイド』)や西銘駿(『ゴースト』)もメンバーにいます。

若手俳優ユニットの代表格というと、2004年に結成されたワタナベエンターテイメントのD-BOYS。

先述の『キバ』の主演・瀬戸康史を初め、前山剛久(『ウィザード』)、白又敦(『鎧武』)など、仮面ライダー出演者が多いです。荒木宏文、鈴木裕樹、山田裕貴、志尊淳らのスーパー戦隊出演者も多いほか、前述したミュージカル『テニスの王子様』に出演経験のあるメンバーが多数います。

また2007年から2012年まで活動していたユニット・PureBoys。こちらのメンバーの多くも仮面ライダーに出演していました。『仮面ライダーキバ』に出演していた加藤慶祐と武田航平、中山麻聖。『仮面ライダーオーズ』(2011)に出演していた三浦涼介などがいます。

仮面ライダー俳優人気の理由

これまで仮面ライダーに出演してきたイケメン俳優の出自について、ジュノンボーイ出身者、2.5次元作品出演者、若手俳優ユニット所属者と3つに分けて紹介してきました。ただしあくまでこの分け方は便宜上で、これら3つは相互影響関係にあるのです。

では最後に、なぜ仮面ライダー俳優は人気になるのかについてです。

多くのTVドラマが1クール・3カ月間の放送なのに対し、『仮面ライダー』は1年間に亘って放送されます。1年間の放送となるとスケジュールの調整が難しいため、必然的に若手俳優を中心としたキャスティングとなります。

若手俳優は1年間に亘って映像制作の現場を体験し、長期間作品と向き合うことになります。また特撮ドラマは変身時のアフレコやアクションなど、一般ドラマでは経験できない要素も複数あります。こうした経験が若手俳優たちにとって、大きなスキルアップになるのです。

デビュー間もない彼らの演技がシリーズ序盤は拙いかもしれません。しかしシリーズ終盤、彼らの演技力は間違いなく大きく成長しています。『仮面ライダー』シリーズはある種、若手俳優の成長を追ったドキュメンタリーと言えるかもしれません。

そして若手イケメン俳優たちの成長していく様子が、子供たちだけではなく一緒に番組を視聴しているお母さん方にも響くのではないでしょうか。

次回の邦画特撮大全は、

より具体的に仮面ライダー出身俳優の魅力について紹介していきます。

お楽しみ。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

X-MENのデッドプールはマイノリティキャラだった⁈なぜ時代の寵児になったか|最強アメコミ番付評1

連載コラム「最強アメコミ番付評」第1回戦 はじめまして!連載コラム「最強アメコミ番付評」を担当させていただきます野洲川亮です。 今回はアメコミ界で今となっては、時代の寵児にまでなったデットプールについ …

連載コラム

映画『テッドバンディ』ネタバレ感想と評価考察。ザックエフロン演じる実際の殺人鬼が観客を騙し魅了する|サスペンスの神様の鼓動26

連載コラム「サスペンスの神様の鼓動」第26回 こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 前回『KIL …

連載コラム

映画『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』あらすじと感想。ジョージ・A・ロメロが描く元祖感染パニックホラー!|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019⑧

2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」。 日本映画界夏恒例のホラー作品上映イベント「夏のホラー秘宝まつり」。今年は6本の新作映画と、2本の旧作 …

連載コラム

映画『ウィッシュルーム』ネタバレあらすじ感想と結末の解説。願いを叶える部屋に翻弄された夫婦の顛末を描いたサスペンススリラー|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー36

連載コラム「B級コラム映画 ザ・虎の穴ロードショー」第36回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで …

連載コラム

映画『お嬢ちゃん』感想評価と考察。荻原みのりの演技力で魅せたリアルさと脱力感のユーモア|銀幕の月光遊戯41

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第41回 映画『お嬢ちゃん』が、2019年9月28日(土)より、新宿K’s cinema他にて全国順次公開されます。 初監督作『枝葉のこと』が第70回ロカルノ国際映画祭に日 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学