Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

【実写ネタバレ】ヒヤマケンタロウの妊娠|感想考察と結末あらすじの内容評価解説。最終回で斎藤工演じる主人公が知る“当たり前”の発想とは【のび編集長の映画よりおむすびが食べたい10】

  • Writer :
  • 河合のび

連載コラム『のび編集長の映画よりおむすびが食べたい』第10回

「Cinemarche」編集長の河合のびが、映画・ドラマ・アニメ・小説・漫画などジャンルを超えて「自身が気になる作品/ぜひ紹介したい作品」を考察・解説する連載コラム『のび編集長の映画よりおむすびが食べたい』。

第10回で考察・解説するのは、2022年4月21日(木)よりNetflixにて全世界同時独占配信を迎えたドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』です。

本記事ではドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』のネタバレありあらすじを紹介しつつも、漫画版とドラマ版における「健太郎の仕事」の違いとその意味、そして多様性の社会での「当たり前」の発想について考察・解説していきます。

連載コラム『のび編集長の映画よりおむすびが食べたい』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』の作品情報


Netflix「ヒヤマケンタロウの妊娠」

【配信】
2022年(Netflix独占配信)

【原作】
坂井恵理『ヒヤマケンタロウの妊娠』(講談社「BE LOVE KC」所載)

【監督】
箱田優子、菊地健雄

【脚本】
山田能龍、岨手由貴子、天野千尋

【キャスト】
斎藤工、上野樹里、筒井真理子、岩松了、高橋和也、宇野祥平、山田真歩、リリー・フランキー細川岳、前原滉、森優作、山本亜依、伊勢志摩、篠原ゆき子、橋本淳、小野ゆり子、木竜麻生、斉木しげる、根岸季衣

【作品概要】
坂井恵理による漫画を原作に、「男性も妊娠をするようになった世界」で妊娠が判明した主人公・桧山健太郎の出産と育児、仕事、世間の偏見、そして人生をめぐる物語を描いたNetflixオリジナルドラマ作品。

主人公・桧山健太郎を斎藤工、健太郎が妊娠した子の「母親」である瀬戸亜季を上野樹里が演じる他、多数の実力派俳優がキャストとして名を連ねている。

ドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』1シーズンのあらすじとネタバレ


Netflix「ヒヤマケンタロウの妊娠」

「人生をスマートに生きるコツは、予測と準備を怠らないこと」をモットーに、広告ディレクターとして働く桧山健太郎。多くの女性と関係を持ちながらも特定の恋人は作らず、出世コースを歩み続ける日々を送っていました。

大手アパレルメーカー「ユニーヴ(UNIVE)」の広告企画のリーダーにも選ばれる中、健太郎は会議中に突然吐き気を催し、体調を崩してしまいます。

急遽、病院で検査を受けることにした健太郎。エコー検査まで受けさせられたことで、当初健太郎は「自分はガンではないか」と不安になってしまいますが、担当医は彼に「あなたは妊娠しています」と告げました。

50年ほど前から世界各地では、シスジェンダー(性自認と生まれた時の身体的性が一致している人)の男性が妊娠するという事例が確認されていました。その一方で、「男性妊夫」こと妊娠した男性に対する偏見はいまだ根強く残っていました。

「妊娠から9〜10週が経過している」と話す担当医に対して、あまりにも予想外な出来事を認められない健太郎。しかし病院を去った後、市販の妊娠検査薬を試したことで改めて自身の妊娠の事実を知らされます。

つわりや母乳など、妊娠による身体の変化に戸惑い続ける健太郎。

やがて、人工中絶を考えた健太郎は同意書への署名を頼むため、妊娠の経過日数から逆算した上でお腹の子の「母親」と思われる、ライター兼編集者の瀬戸亜季の元へいきます。

ライター・編集者の仕事に追われる日々を送り、身体的な理由もあいまって出産も子育てもできないと考えていた亜季。当初は同意書への署名を考えますが、出産を経験した元上司の女性の「誰が生むにせよ、妊娠は奇跡」という言葉を聞いた彼女は「この状況は、本当は恵まれているのでは」と健太郎に告げます。

しかし現在妊娠中である健太郎は、生活や仕事に影響が出ていることはもちろん「産むのも堕ろすのも、リスク負うのはこっち」と答えます。その言葉に何も返せない亜季は、同意書に署名をしました。

やがて健太郎は体調不良を理由に、「ユニーヴ(UNIVE)」広告企画のリーダーから降ろされます。雑務を多く回される中で、健太郎は有給をとり妊娠中絶手術を予約します。

ある日病院の待合室で、健太郎は同じく妊娠中の男性・宮地に声をかけられます。妊娠中ならではの悩みや苦労を分かち合う中、健太郎はその後出会った宮地の妻や息子の言葉を通じて、自身の妊娠について改めて考えます。

後日「ユニーヴ」広告企画のプレゼンが改めて行われますが、健太郎が当初立案した企画コンセプトから逸れた内容にクライアントは難色を示し、元々の立案者である健太郎に意見を求めます。

健太郎は亜季の言葉を思い出しつつ、「これまで広告モデルとなった前例がない男性妊夫の広告への起用」「その広告モデルを、実際に妊娠している自分が担当する」と提案。クライアントはその提案に賛同し、健太郎は再び企画の中心へと舞い戻ります。

亜季に出産することを告げる健太郎。「ひとりで育てるから」という彼に対し、亜季は結婚自体は別課題としつつも、健太郎とともに子育てをしたいと答えます。

健太郎のマタニティ写真を使用した広告は多くの反響をもたらし、健太郎は一躍時の人に。しかし妊娠中にも関わらず様々な人間から呼び出される酒の席に、その気遣いのなさも相まって健太郎は辟易していました。

健太郎は「虚勢を張らずにいられる友だち」である宮地との会話の中で、妊娠した男性同士での情報交換や精神的交流のためのネットオンラインサロンを思いつきます。

開設したサロンメンバーによるオフ会では、様々な環境の中で出産を考えるメンバーの生の声、「保活(子どもを保育園に入れるための活動)」など実際に出産・子育てを経験したメンバーのアドバイスなどを聴く健太郎。

お腹の子の初めての「胎動」にも気づけ、ともに喜ぶ健太郎と亜季でしたが、二人の元にある報せが届きます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアにはドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』1シーズンのネタバレ・結末の記載がございます。ドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』1シーズンをまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


Netflix「ヒヤマケンタロウの妊娠」

宮地が緊急入院したと知った健太郎は病院の待合室に駆けつけますが、そこで宮地が流産に至ってしまったと聞かされます。

また彼は宮地の妻から、宮地の息子が「父親が妊娠している」という理由でいじめを受けていること、「お腹の子が生まれて来こなかったことは凄く悲しいのに、どこかホッとしてしまった自分もいる」という涙ながらの本音を告白されました。

妊娠前は彼自身も抱いていたはずの偏見や差別に憤り、それでもお腹の子を出産し育てたいと考える健太郎に、亜季は「自分たちの選択が子供の人生の邪魔になることも」「家族とか絆とか、そういった耳障りのいい言葉がプラスになるとは限らない」と苦言を呈しますが、健太郎は「家族への考え方が違いすぎる」とその場を去ってしまいます。

健太郎と喧嘩してしまった亜季は、妹の結婚式に出席するために実家へ。しかしそこは、「両家の挨拶に長女がいないなんて」「次女に先を越されるなんて」と言えてしまう父をはじめ、「結婚はして当然」「子どもを産み育てるのは女性の仕事」が当たり前の人々が大勢いました。

一方東京では、胎動が減少しつつあった健太郎が「早産の可能性がある」と担当医に告げられていました。

「リスクのない妊娠はない」と言われながらも不安を隠せない健太郎は、本人の同意なく企画を進める上司や同僚たちへの怒りも相まって不安を爆発。部長に勢いのまま退職願いを出してしまうものの、社長まで出張っての説得によって退職を踏みとどまることができました。

「地元ならいくらでも仕事はある」「夢を諦めるのは普通」と口にしてしまう母の言葉。そして同窓会の飲みの席での、同世代・異世代の人々の「男性の妊娠」に対する心ない偏見の言葉を聞かされる亜季。

実家に戻った亜季は、健太郎が妊娠した子の母親は自分であることを明かします。そして「男性妊夫なんて、まともな人間はならない」と答えてしまう父に対し、「東京で生きる」「みっともない人生にしない」と訣別の言葉を放ちました。

実家を後にした亜季は健太郎と再会。「偏見はなくならないけど、健太郎となら新しい関係が築ける」と伝える亜季に、健太郎は「一人はやっぱりしんどい」「亜季には感謝してる」と返します。

しかし、止まっていた胎動も再び始まり安堵する健太郎たちの前に「健太郎が生まれて間もなく病死した」と聞かされていた彼の父が突然現れます。

健太郎を出産したのは父であり、彼の父も「男性妊夫」であったと聞かされる健太郎。多くの新事実に戸惑いながらも、妊娠中の彼の心労を慰める父に健太郎は心を許します。

やがて父は男性妊夫向けの新事業を持ちかけ、オンラインサロンのメンバーにまで投資を持ちかけるように。息子とともに子育てをする亜季のことをないがしろにし、胡散臭い行動をする父に厳しくなり切れない健太郎に対し、亜季は「自身の仕事を優先して動く」と告げます。

健太郎は母と会い、父が失踪した理由について尋ねます。父が健太郎を妊娠・出産した頃は現在以上に「男性の妊娠」に対する差別・偏見が強く、出産後も精神的に追い詰められていった結果、自身と健太郎を置いて逃げてしまった……とはいえ、自分たちを置いていったことを許さない母に、健太郎はそれでも父が悪い人に思えないと答えます。

一方、亜季は元同僚から「芸術祭のガイドブック編集」というシンガポールでの仕事を紹介されます。「子どもの出産・育児というタイミングで単身赴任する男はザラにいる」という言葉に、心が揺らぐ亜季。

そこに、あるトラブルが舞い込んできます。健太郎の父がオンラインサロンのメンバーから得た新事業の投資金を持ち逃げしてしまった疑惑が報道されたのです。

健太郎の父もまた男性妊夫であったことも報道され、広告モデルの健太郎への「売名行為」という不信感、ひいては男性妊夫への差別・偏見感情が強まっていく世間。

健太郎は久方ぶりに再会した宮地の言葉にも後押しされ、「よくパチンコ屋の駐車場で車中泊をしている」という母の言葉を頼りに、父の元へ向かおうとします。亜季はそれを止めようとしますが、「これはうちの家族の問題だから」「亜季が産むわけじゃない」と健太郎は口にしてしまいます。

健太郎の母と二人きりになった亜季。母は亜季に詫びながらも、自身も健太郎の父に同じような言葉を浴びせられたこと、つらいのは『妊夫』だけじゃないことを語ります。

そして、「自分が生んでいない」という思いが奥底にあったからこそ自分は「母」らしくあろうとしたが、「母」だけが人生じゃないとも感じるとその心中を明かしました。

その頃、パチンコ屋の駐車場で父を見つけた健太郎。「なんで逃げた?」と問い詰める息子に、父は「逃げる癖がついちゃったのかな」と答え、持ち逃げしていた金を健太郎に託すと「お前はお前で、お前らしく生きろ」という言葉とともにその場を去りました。

健太郎はその後、シンガポールでの仕事を決意した亜季に「日本とシンガポールをできる限り行き来し、養育費も払いながらも、『自分らしい生き方をしてきた』とこの子に誇れる母親でありたい」に告げられます。

「ユニーヴ」からも広告モデルから降りるよう宣告される中、「父の詐欺疑惑とは無関係である」を公表する釈明会見に出ることになった健太郎。その会見内で、彼はある男性記者から「『男性妊夫』としての正しい役割を果たすべき」と問われます。

健太郎は逆に「『男性妊夫としての正しい役割』とは何か?」と聞き返した上で、社会や世間が個人に押し付ける「らしさ」とは何かを問います。

個々人の人生の思いがけない出来事にどう対処するかがその人の「自分らしさ」であること、父はどうしようもない人間だが「らしさ」を持った生き方を自分に教えてくれたこと、そして周囲の人々との関わりがその「気づき」をもたらしてくれたこと……。

思いの丈をぶつけた健太郎は、責任追及しか頭にないマスコミをその場に残し会場を去ろうとします。しかし突如陣痛が起こり、健太郎は倒れてします。

病院に緊急搬送され、出産のため帝王切開を行うことに。亜季と健太郎の母、そして会見のニュース映像を見ていた父も病院に駆けつけます。

待合室で自身の妻と健太郎の「家族」である亜季に父が詫びる中、出産は「父子ともに無事」と成功。生まれてきた赤ん坊を健太郎と亜季は祝福し、その姿をスマホのカメラで記録しようとする父も、かつて自身が健太郎を出産した時の記憶を思い出していました。

生まれてきた赤ん坊に「幸(こう)」と名付け、改めて育児を始める健太郎と亜季。

オンラインサロンのメンバーとも無事和解できた健太郎は、育児休暇の活用や会社での育児環境作りを計画しつつも、サロンの会社化を着々と進めていました。

また亜季は延期自体はしたものの、「家族それぞれの人生を優先すべき」という健太郎の後押しにより、件のシンガポールでの仕事を改めて引き受けることにしました。

育児休暇直前、健太郎は同僚の女性たちに、出産・育児のためにキャリアを中断するのは決して下方修正ではなく、出産・育児を通じて人間的なスキルアップができるという自身の気づきを語りますが、「かっこつけて言うことじゃない」「私たちには普通のこと」と返されます。

育児休暇中、ある時健太郎は電車内で、妊娠中の男性に席を譲る女子学生の光景を目にします。会話をする二人の姿を微笑みながら見つめる健太郎の姿を、赤ん坊の幸もまた微笑みながら見つめていました。

スポンサーリンク

ドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』の感想と評価


Netflix「ヒヤマケンタロウの妊娠」

広告ディレクターという「世間的イメージ」の仕事

「女性だけでなく、男性も妊娠をするようになった世界」を舞台に、ジェンダー間における妊娠・出産・育児に対する認識の違い、それがもたらす社会の差別・偏見を描き出した坂井恵理の漫画『ヒヤマケンタロウの妊娠』。

今回のNetflixでの実写ドラマ化に際して、原作漫画のエピソードをもとに物語や登場人物の設定が様々な形で脚色が行われていますが、その脚色で最も注目したいのはやはり「主人公・健太郎の仕事」漫画版の健太郎は「レストランチェーンの企画部部長」という設定ですが、実写ドラマ版の健太郎は「出世街道まっただ中の敏腕広告ディレクター」として描かれています。

なぜ広告ディレクターへと健太郎の仕事が変更されたのか。その理由は、それが「時間に追われる」のが大前提の仕事であること、そして「世間的イメージ」を最も重視する仕事であることが主と考えられます。

ネット社会の飽和化がより一層進行する2020年代、広告業界やマスコミ業界のように「情報の拡散」が業務内容の根幹にある仕事では情報発信の「鮮度」が不可欠とされています。

いかにこれまでにない新しい方法で情報を発信し、情報の拡散をより効果的なものにするか。ネット社会の飽和により激化の一途を辿る情報発信の「鮮度」競争は、健太郎が活躍する広告業界において「誰よりも仕事の時間に追われてこそ一流」「そのためにも家庭は後回しにし、仕事を何よりも優先すべき」という前時代的な発想をより強めてしまっている状況が、ドラマ版では描かれています。

そしてドラマ版での物語展開からも伝わってくる通り、広告業界において情報拡散の鮮度以上に重要なものが「世間的イメージ」です。

情報の拡散をより効果的なものとするために「刺激」と「共感」を追求した果てに、広告のターゲット層は「真にその情報を求める個人」から「刺激と共感をただ貪る、誰でもない世間」へと変質していってしまう……情報の鮮度の競争と同様、ネット社会の飽和がもたらした情報の飽和によって、広告業界の中心には変化を嫌う「世間的イメージ」がいまだに淀み続けているのです。

スポンサーリンク

全ての個人が「社会的マイノリティ」という現実で


Netflix「ヒヤマケンタロウの妊娠」

「最新」の最前線にいるようで、その実は変化を嫌い前時代的な発想が蔓延している。しかし「情報の拡散」という業務の性質ゆえに、社会的な影響力が非常に大きい世界として描写されている広告業界。ドラマ版の健太郎もまた広告ディレクターとして実績を残し出世をするため、業界に漂う空気に順応してきました。

しかし、実写ドラマ版では「社会におけるアップデートの“きっかけ”を作り出しやすい環境」として広告業界がとりあげられたというだけで、「最新」のフリをして変化を嫌い続ける業界はいくらでも存在します。

また健太郎が出世にこだわっていたのも、母子家庭の中で自身を育て続けてきてくれた母親に報いたいという想いからであり(それが実写ドラマ版において健太郎が「結婚」や「家族の絆」にこだわっていた理由としても描写されています)、それゆえに自身が属する業界におけるジェンダーの問題や、真に他者と接する余裕がなかったのかもしれません。

妊娠を通じて、自身も「社会的マイノリティ」であると世間から突きつけられたことで、健太郎はそれまで続けてきた仕事、業界に蔓延する前時代的な発想を再考することに。劇中、彼が男性妊娠をした人々のためのオンラインサロンの実現に乗り出したのも、広告業界で生きる中で見失いつつあった「真にその情報を求める個人」に向き合っていった結果でもあります。

しかしドラマ最終話の終盤、社会的マイノリティであることを自覚し「アップデート」に至ることができたと語る健太郎に、同僚の女性二人は「かっこつけて言うことじゃない」「私たちには普通のこと」と答えます。

そのセリフは、女性が仕事において直面するジェンダーの問題について言及したものと捉えることもできますが、ドラマ第1話での企画プレゼンの場面で健太郎が口にした「すべての人に誇りを」という言葉、そして健太郎がアップデートの先で辿り着いた「自分らしさ」という言葉からも、その対象は決して女性のみではないことは明白です。

人生では予想外のことが起こる。そして全ての人間が同一の存在ではない以上、誰もが社会的マジョリティにも、社会的マイノリティにもなり得る。そうした多種多様な社会的マジョリティと社会的マイノリティが無数に存在する社会で、いかに各個人の「自分らしさ」を尊重していけるか

健太郎に向けられた同僚女性たちの言葉には、社会的マジョリティ/マイノリティが必ず生じる現在の社会に「当たり前」として存在すべき発想の指摘が含まれていたのです。

まとめ/「尊重」を続けた先の未来


Netflix「ヒヤマケンタロウの妊娠」

「男性妊娠」という原作漫画のSF(少し・不思議)的な設定、広告業界という「最新」のフリをした旧態の世界をもとに、社会的マジョリティ/マイノリティが必ず生じる現在の社会に「当たり前」として存在すべき発想について言及したドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』。

誰もが社会的マジョリティにも、社会的マイノリティにもなり得る現実を、2022年現在の社会はまだ解決することはできない。けれどもその現実から目をそらさず、その上で各個人の「自分らしさ」を尊重することを一個人が、そして社会が継続するというアップデートを進めていくことで、現在の延長線上にある未来で新たな解決案が作り出す種をもたらせる

それこそがドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』が原作漫画をもとに描こうとしたものであり、健太郎と亜季の子・幸のような未来を生きることになる子どもたちに対する誠意でもあるのです。

次回の『のび編集長の映画よりおむすびが食べたい』も、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

連載コラム『のび編集長の映画よりおむすびが食べたい』記事一覧はこちら

編集長:河合のびプロフィール

1995年生まれ、静岡県出身の詩人。

2019年に日本映画大学・理論コースを卒業後、2020年6月に映画情報Webサイト「Cinemarche」編集長へ就任。主にレビュー記事を執筆する一方で、草彅剛など多数の映画人へのインタビューも手がける。


photo by 田中舘裕介



関連記事

連載コラム

大林宣彦映画『異人たちとの夏』あらすじと感想評価。市川森一が脚色した「大人のおとぎ話」|邦画特撮大全52

連載コラム「邦画特撮大全」第52章 目黒シネマにて2019年6月22日から6月28日までの7日間、“大林宣彦デラックス~キネマの玉手箱~”が開催。 この特集上映は『フィルムメーカーズ 大林宣彦』(宮帯 …

連載コラム

映画『アンデッド/ブラインド』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。 【不死身の少女と盲目の少年】を現代のお伽噺に仕立てる|未体験ゾーンの映画たち2019見破録51

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第51回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催された“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はダークファンタジーと呼ぶべきホラー映画が …

連載コラム

映画『貞子』のあらすじと解説。「リング」シリーズから2019年版までを紹介|SF恐怖映画という名の観覧車49

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile049 今回のコラムでは「死後の世界」を題材にした韓国映画『神と共に』(2019)をご紹介する予定でしたが、本コラムで語らざるを得ない作品の公開 …

連載コラム

映画『恋する遊園地』あらすじ感想と解説評価。ノエミ・メルランの恋のお相手はテーマパークのアトラクション!|映画という星空を知るひとよ45

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第45回 遊園地のアトラクションとの奇想天外なラブストーリー映画『恋する遊園地』。 本作は、エッフェル塔に恋をし、実際に法的手続きを経てエッフェル塔と結婚したと …

連載コラム

映画『シークレット・ヴォイス』ネタバレ感想。カルロス・ベルムト監督の「虚実皮膜」な歌謡サスペンス劇場⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録7

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第7回 新年初旬よりヒューマントラストシネマ渋谷で始まった“劇場発の映画祭”ともいうべき、「未体験ゾーンの映画たち2019」では、貴重な58本の映画が …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学