Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ホワイト・スペース』あらすじネタバレと感想。 SF版で描く名作文学「白鯨」だった⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録55

  • Writer :
  • 映画屋のジョン

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第55回

ヒューマントラストシネマ渋谷で開催された“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は壮大な宇宙を舞台に、巨大生物と人間が対決する映画を紹介します。

地球上の食料が枯渇し、人類は宇宙空間に生息する生物を食糧源としている未来。

モビルスーツに身を包んだクルーが、宇宙船と共に宇宙生物に挑む、荒々しい漁が宇宙空間で繰り広げられていました。

深宇宙に向かう惑星間漁船エセックス号。しかし船長のリチャードには、胸に秘めた思いがあったのです。

第55回は宇宙を舞台にしたモンスター・ハンティング映画『ホワイト・スペース』を紹介いたします。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ホワイト・スペース』の作品情報


(C)2017 White Space, LLC. All rights reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ・ハンガリー合作映画)

【原題】
Beyond White Space

【監督】
ケン・ロクスマンディ

【キャスト】
ホルト・マッキャラニー、ズライ・エナオ、ジョッコ・シムズ、デイブ・シェリダン

【作品概要】
宇宙生物を捕獲する漁に挑む、惑星間漁船のクルーたちの人間模様と、宇宙空間で繰り広げられる人と巨大生物の激しいバトルを描いたSF映画。

主演は『ファイト・クラブ』やTVドラマ『CSI:マイアミ』で、印象に残る役を演じたホルト・マッキャラニー。共演はNetflixオリジナル映画『なりすましアサシン』に出演のズライ・エナオです。

監督はVFX畑出身のケン・ロクスマンディ。彼の描いた特殊効果を駆使した映像が見所です。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

映画『ホワイト・スペース』のあらすじとネタバレ


(C)2017 White Space, LLC. All rights reserved.

深宇宙に現れる謎の空間、ホワイトスペース。もしそこに入る事が出来れば、心身の全てが浄化されると、人々に信じられていました。

2132年、辰(ドラゴン)の年。ホワイトスペース付近に現れる巨大な宇宙生物、“天龍”(テンロン)と、ベントレー船長の惑星間漁船が死闘を繰り広げています。

宇宙船はワイヤーの付いた銛を打ち込み、モビルスーツを着たクルーのホーソンと共に、“天龍”の捕獲を試みます。

しかし通常より巨大な“天龍”は逆襲し、宇宙船に体当たりします。

“天龍”はホワイトスペースへと姿を消し、ホーソンの目の前でベントレー船長の乗る宇宙漁船は爆発します。

24年後。未来都市に宇宙で鉱業と漁業を展開する、アンバーコープ社の広告が流れていました。宇宙から手に入れた、寄生虫の無い安全な食品の提供を宣伝しています。

亜空間の法務執行機関である、ICEのエージェント、リン(ズライ・エナオ)が見守る中、中華料理店に入る惑星間漁船エセックス号船長、リチャード・ベントレー(ホルト・マッキャラニー)。

リチャード船長は待ち受ける怪しげな男アハブから、“天龍”が現れるホワイトスペースの場所を示す宇宙図を、違法に入手しようとしていました。

捜査機関の追跡を避ける為、あえて紙で記した地図が用意されていました。アハブはリチャードに、“天龍”を獲ることが出来れば、5年分の稼ぎにはなると語ります。

お前の父は尊敬している、と告げるアハブ。しかし自分たちを裏切れば、宇宙生物の寄生虫を寄生させる、と警告します。彼はこの場所にICEの手が迫っている事に気付いていました。

アハブはリチャードをICEの協力者と疑い、彼を捕えて寄生虫の餌食にしようと試みます。

そこにリンが突入し、混乱の乗じて宇宙図を手にして逃げるリチャード。

3か月後。ICEのオペレーションルームは、宇宙漁船エセックス号の動向を監視していました。

現在出港に向け準備中のエセックス号。船は恐らく禁じられた領域、深宇宙のホワイトスペースで“天龍”を狙う違法な操業を行うのでは、と疑われていました。

リンはICEの経歴を隠し、保安機関MFFの護衛官と身分を偽りエセックス号に乗り込み、その行動を監視する事になります。

しかしリンにはそれ以外にも、真の目的がありました。不治の病に侵された自分の体は、ホワイトスペースに行けば、治るかもしれないとの希望を持っていたのです。

エセックス号では、新たに乗り組む護衛が女性との話題で持ちきりでした。乗船したリンをオーウェン・ベントレーが案内します。

すれ違ったメカニックのスタブス(デイブ・シェリダン)は、取っつきにくい変わり者と説明し、兄であるリチャード船長の元へと、ブリッジに彼女を連れて行くオーウェン。

リチャード船長とリンは互いに紹介をすませ、腕利きの女パイロット、ラグスランドの操縦で宇宙漁船エセックス号は宇宙へと発進します。

リンをロッカールームに案内するオーウェン。彼はクルーから、親しみをもって“ブーブー”と呼ばれからかわれていました。リンは他のクルーにも紹介されます。

大柄な黒人の乗員ハーポ(ジョッコ・シムズ)は腕利きの、老いたホーソンはリチャードとオーウェン兄弟の、父が船長を務める宇宙漁船に乗り組んでいたベテランの漁師。

また女料理人のバタリはハーポと付き合っており、猜疑心の強い性格をしていました。

互いを信頼するクルーと親しく交流してゆくリン。しかし彼女は密かに彼らの経歴を調べます。

他の宇宙船で破壊行為を行ったスタブス。軍を名誉除隊した後は、酒浸りのホーソン。船長の弟オーウェンは優れたポッド(モビルスーツ)パイロットですが、組織に馴染めませんでした。

バタリは嫉妬深い性格から3件の暴行事件を起こし、その恋人ハーポはギャンブルで多額の借金を背負っています。数人の士官と関係を持ち、問題発覚後パイロットに転身したラグスランド。

そして船長のリチャードは、軍のトップクラスの士官でありながら、上官を殴って不名誉除隊。一癖ある人物が流れついた先が、惑星間漁船エセックス号でした。

宇宙生物クリッカーの群れを発見し、漁を開始するエセックス号。モビルスーツを着たオーウェン、ホーソン、ハーポが船外で作業を行い、捕獲したクリッカーの入ったコンテナを、船の倉庫に積み込みます。

突然宇宙空間が光り、何か巨大なものが出現します。リチャードは船外の3名に船に戻るよう指示します。姿を現したのは巨大な“天龍”(テンロン)です。

エセックス号は巨大な“天龍”に翻弄されダメージを受け、船外で作業中の3名に危機が迫ります。

オーウェンはエスックス号から離されますが、リチャードが隕石に打ち込んだ銛から伸びるワイヤーを掴み、遭難を防ぎます。困難の中、“天龍”に発信機を打ち込む事に成功したオーウェン。

オーウェンは無事船に戻り、巨大な“天龍”は白く光った空間の裂け目へと姿を消します。

リンは6か月前、アンバーコープ社が深宇宙で、通常の5倍の大きなの“天龍”を確認した事実を告げます。その“天龍”と共に宇宙船も姿を消しました。

“天龍”は中国語で天国の門を守る、天の龍の意味。ホワイトスペースを行き来している生物で、宇宙船にもそれは可能という説を、リチャードは信じようとはしません。

しかしリチャード船長は、巨大な“天龍”に対して思うところがありました。

今回の漁は、ここ3漁期で一番の収穫となりました。クルーは祝杯をあげ、皆地球への帰還を望んでいました。

しかしここまでホワイトスペースに迫りながら、帰還する事をリンは望んでいません。

リンは密かにICEに対し、エセックス号の航路を送信します。ところがその通信を傍受して、動き出す宇宙船がいました。

船長室のリチャードは、父との思い出に耽っていました。子供の頃父から譲られた、古来より船長の証であるサーベルは、今は船室にかかっています。父はここ、深宇宙で亡くなっていました。

そこにラグスランドから緊急の連絡が入ります。未確認の2隻の宇宙船が接近中との報告を受け、ブリッジに急ぐリチャード。

現れたのは宇宙海賊“ブーマー”の宇宙船でした。機動力と攻撃力に勝る“ブーマー”の宇宙船から逃れる術はありません。リチャードは抵抗を断念し、コンテナに発信機を取り付けます。

ラグスランドとバタリを安全な場所に隠れさせると、海賊に降伏するエセックス号。乗り込んできた“ブーマー”たちは、クリッカーの入ったコンテナを奪います。

護衛官のリンは抗議しますが、“ブーマー”によって正体はICEのエージェントと暴かれます。リーダーの指示でエセックス号に密かに発信機を付け、略奪品と共に立ち去る“ブーマー”たち。

ICEの者が俺の船で何をしている、と追求するリチャード船長。ICEとの交信が海賊を呼び込み、クルー全員を危機にさらしたと責め、彼女の監禁を命じます。

リチャードは今後どうするかの決断を迫られます。集めた収獲だけでなく、生活物資まで海賊に奪われました。

しかしコンテナに付けた発信機で、“ブーマー”の動きは監視できます。道は2つ、手ぶらで帰るか、“天龍”を仕留めるかです。

ICEのエージェントが乗船している中で、禁止されている絶滅危惧種、しかも並外れて巨大な“天龍”を狙うのは危険を伴います。しかし“天龍”は5漁期分の獲物になります。

その利益で引退できる、自分の船も持てる、酒も飲めるとリチャードは皆を説得し、スタブスに船の修理を指示すると“天龍”狩りに向かいます。

相手は親父さんを殺した“天龍”とは違うぞ、と声をかけるホーソン。彼はリチャードの秘めたる目的に気付いていました。

皆十字架を背負って生きている、どちらにせよ俺は見届けるよ、とリチャードに告げるホーソン。

監禁されたリンにオーウェンが、何故乗り込んだかを尋ねます。リンは数か月前深宇宙で、密猟者が“天龍”を目撃したとの情報を得ていました。

そこに向かう船はエセックス号しかないと知り、潜入捜査を志願したのです。

リンの話を聞いたオーウェンも、兄の真の狙いに気付きました。父の仇である“天龍”を狙っていた事を、弟である自分にも黙っていたと、彼はリチャードを責めます。

“天龍”が活動する宙域を進むエセックス号に、奇妙なものが付着します。それは“天龍”から排出される高価な物質、“龍涎香”でした。

これを持ち帰るだけでもかなりの利益になります。リチャードは早速クルーに回収を命じます。

しかし作業中、発信機の信号を追跡した“ブーマー”がまたも現れ、エセックス号を襲います。

リチャードはクルーを帰還させ、高速ドライブ航行が可能になる様スタブスに修理を急がせます。“ブーマー”の攻撃をラグスランドが見事な操縦で避け、時間を稼ぎます。

ゴミを放出して追跡を妨害したリチャード。業を煮やした“ブーマー”はエセックス号にミサイルを発射しますが、修理が完了したエセックス号は高速ドライブ航行で逃れます。

こうして海賊の手を逃れたエセックス号。しかし命の危険に晒されたとハーポはリチャードを責め、2人は激しく対立します。

その頃、回収した“龍涎香”から現れた寄生虫が、スタブスの体に侵入しました。彼はもだえ苦しみながら、徐々に寄生虫に意識を支配されていきます。

ラグスランドはリチャードに、船がビーコン無しで深宇宙の果てを、危険な状態で航行していると告げます。それに対し“天龍”のいる所に向かうだけだ、と答えるリチャード船長。

一方ハーポは、バタリから妊娠の事実を告げられていました。子供は欲しくないと言いつつ、ハーボは彼女と子供の将来を考え始めます。

リチャードは監禁したリンと言葉を交わします。10年間危険な捜査をしてきたリンは、“天龍”を狙うリチャードを知り、ホワイトスペースを目指して、この船に潜入したと告白します。

一方リチャードも、父への思いから“天龍”を追っていました。その行動が今は、エセックス号のクルーを危険に晒していました。

リチャードが去った後、監禁された部屋からの脱出に成功したリン。一方ハーボは“龍涎香”を奪い、地球に帰還して売りさばき、新たな生活を始める計画をバタリに打ち明けます。

ハーボはエセックス号が長く航行できない様にして、地球に帰還するように仕向けます。その為に酸素供給装置を破壊しますが、それを目撃したリンと格闘になります。

ハーボはリンを気絶させますが、そこにリチャードが現れると彼女が装置を破壊して、船を引き返えさせようとしたと主張しますが、その発言に不審を覚えるリチャード。

疲れ切って操縦席で眠っていたラグスランドに、リチャードは声をかけます。彼女は“天龍”の行方を捜せずにいました。

リチャードの指示でリンはバタリに預けられます。バタリは彼女に、地球に帰ってハーボと共に子供を育てたいとの願いを打ち明けます。

そして徐々に寄生虫に支配され、理性を失ってゆくスタブス。エセックス号のクルーがそれぞれ思惑を秘めて行動する中、発信機が打ち込まれた巨大な“天龍”の信号が確認されました。

以下、『ホワイト・スペース』ネタバレ・結末の記載がございます。『ホワイト・スペース』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2017 White Space, LLC. All rights reserved.

ハーボの破壊工作に加え、寄生虫の影響で錯乱したスタブスが、船内に捕獲されていた宇宙生物クリッカーを放ち、混乱が増してゆく惑星間漁船エセックス号。それでもなお“天龍”(テンロン)を追うリチャード船長。

ベテランの宇宙漁師ホーソンは、男は時々何かを成し遂げるために、愚かな事をするもんだと、呟きます。

リチャードとリンは、酸素供給装置の修理の為にスタブスを捜しますが、出現したクリッカーに襲われ逃げまどいます。

それでもなお“天龍”の追跡を諦めないリチャードに、弟のオーウェンが反発します。あなたは父にそっくりだ、お前は似ていないと言い争う兄弟。

騒ぎの中、ハーボは救助を求める通信を発信します。しかしそれは宇宙海賊“ブーマー”に、自らの居場所を明らかにする行為でした。“ブーマー”の宇宙船が迫ってきます。

ホワイトスペースが開き、“天龍”が姿を現しエセックス号と衝突します。フォースフィールドの残量は50%を切り、どんどん低下していきます。

巨大な獲物を前にしてオーウェン、ハーボ、ホーソンは、モビルスーツを着て宇宙に飛び出し、巨大な“天龍”に立ち向かっていきます。

リチャードは宇宙船から銛を放ち、宇宙空間の3人は獲物を捕らえよう格闘します。しかし圧倒的な大きさの“天龍”の前に、人間はあまりに無力でした。

俺の闘いだ、と叫んだオーウェンはハーボとホーソンを下がらせて立ち向かいますが、“天龍”の巨大な尾に打たれます。最期にごめん、兄貴と、口にするオーウェン。

船内に火花が飛び、停電が発生するエセックス号。弟を失い、引き返すべきだった、と言ったリチャード船長に対し、ホーソンは慰めつつも、使命を見失うなと声をかけます。

これは俺たち全員に与えられた罰かもな、と呟くリチャード。

ハーボは船内の酸素レベルが下がっていると訴えます。彼はバタリと産まれてくる子供の為に、生き残ろうと必死でした。彼は他のクルーと争ってでも脱出しようと決断します。

それでも“天龍”を追うエセックス号を、“ブーマー”の2隻の宇宙船が追ってきます。深宇宙をラグスランドの巧みな操縦で進むエセックス号。

現在の状況からスタブスは寄生虫に犯され、他のクルーに危害を及ぼすと判断したリチャードは、対抗する為に父の形見のサーベルをリンに委ねます。

エセックス号は深宇宙の嵐の中を進みます。フィールドの残量は25%を切りました。ホワイトスペースに姿を消した“天龍”が再度出現し、“ブーマー”の宇宙船の1隻と衝突、破壊します。

リンはラグスランドを助けるために損傷を直そうとしますが、そこにスタブスが現れ襲ってきます。

その手をリンが切り落とすと、中から寄生虫が現れます。逃れると手首をバーナーで焼き、苦痛に耐えながら傷口を塞ぐスタブス。

残る1隻の“ブーマー”の宇宙船が、執念深くエセックス号を追ってきますが、リチャード船長とラングストンの抵抗でついに破壊されます。

疲れ果てたラグスランドの為にリチャードが操縦を代わり、彼女をシャワールームに向かわせます。

バタリと再会したハーボは、2人で暮らそうと約束すると、脱出ポッドを確保しようと試みます。

ロッカールームに入ったラグスランドは、怪しい気配に気づきます。しかし彼女を襲い、刺し殺すスタブス。

静けさを取り戻したかに見えた深宇宙。しかし発信機の信号がキャッチされました。あの“天龍”が接近してきます。船の操縦をホーソンに託し、モビルスーツを身に付け対決に臨むリチャード。

バタリに迫ったスタブスは、命乞いをする彼女を殺害します。そしてリンがサーベルでスタブスに切り付け、決着を付けます。

それを知らず、バタリの為に脱出ポッドを手に入れようとするハーボは、それに気付いたホーソンと争いになります。ハーボに追い詰められたホーソンは、彼を誘い込んで銛を放ち殺害します。

船内での騒ぎをよそに、リチャードは父の仇と信じる、そして弟の仇である“天龍”と対決していました。

エセックス号のフィールドの残量は10%以下となります。“天龍”に打ち込まれた銛から伸びるワイヤーが、エセックス号に巻きつきます。

ついにフォースフィールドを失ったエセックス号に、“天龍”が衝突します。その直前に脱出ポッドに乗り込んだリン。エセックス号は爆発し、その光の中にリチャード船長も姿を消します。

モビルスーツを着たまま飛ばされたホーソンは、宇宙を漂うウイスキーの瓶を掴みとり、目の前の光景を見て笑みを浮かべます。脱出ポッドは空間に開いたホワイトスペースへと飲み込まれます。

全てが終わった後、ICEの救助船がホワイトスペースから現れた、脱出ポッドを発見しました。

スポンサーリンク

映画『ホワイト・スペース』の感想と評価


(C)2017 White Space, LLC. All rights reserved.

宇宙を舞台に描かれた「白鯨」

この映画が、名作文学「白鯨」を基に描かれている事は誰もが気付くでしょう。

捕鯨といえば風当りの強い現在。だからといって小説「白鯨の価値が下がるとは思いませんが、映画化が難しくなっているのは事実でしょう。

そんな中あえて「白鯨」の時代の捕鯨を姿を、小説のモデルになった事件を通して、クリス・ヘムズワース主演の映画『白鯨との闘い』でリアルに描いたロン・ハワード。しかし残念ながら、あるいは当然の結果なのか、興行的には振るいませんでした。

ちなみに『白鯨との闘い』に登場し、鯨の逆襲で沈没・遭難する船の名はエセックス号。『ホワイト・スペース』に登場する惑星間漁船の名と同じです。

時代の移り変わりと共に、そのまま映像化するのに問題があれば、設定を変えようとの発想の映画があります。『ホワイト・スペース』は、「白鯨」の舞台を未来の宇宙に移しました。

参考映像:『エイジ・オブ・ザ・ドラゴン』(2011)

日本ではDVDスルー作品『エイジ・オブ・ザ・ドラゴン』は「白鯨」を、時代は中世に、鯨をドラゴンに置き換えたファンタジー映画となっています。

ところで『ホワイト・スペース』の上映時間は94分。ジョン・ヒューストン監督の名作映画である『白鯨』は116分。

『ホワイト・スペース』はSF用語など、この映画の中でしか通用しない言葉が飛び交い、それを短い時間で把握するだけでも、見ている方は実に大忙しです。

原作の様に人を圧倒する巨大な怪物と、小さな人間群像の対比を描きたかったのか、クライマックスは次から次へと修羅場が起きる、目まぐるしく余裕の無い怒涛の展開。

ラストの脱出ポッドも、原作をご存知なら納得のシーンですが、そうでなければ全く説明の無い唐突な描写。全て「白鯨」の物語ありき、で描かれている映画です。

その結果か厳しい評価の多いこの作品。鑑賞前に「白鯨」のあらすじを思い出しましょう。

VFX出身の監督が工夫を凝らして描いた映画


(C)2017 White Space, LLC. All rights reserved.

長年特殊効果に関わってきた、ケン・ロクスマンディ初監督作品の『ホワイト・スペース』。彼は本作を100万ドル以下の製作費で、1400以上のVFXシーンを盛り込んで作ったと説明しています。

無論CGが多数使用されていますが、小惑星に園芸店で1ドルで買った岩を使用したり、壁に貼ったタッパーの蓋にグラフック表示をしたり、プラスチックの水槽にいれた塩水・練乳・食用着色料で、星雲を表現するなど、創意工夫を凝らした舞台裏を紹介しています。

最近の特殊効果といえば、何でもCGだと思いがちですが、特殊効果マンとしての長い経験をもつ彼は、実写とCGを組み合わせて様々な映像を作り出す事に成功しています。

意識せず映画を見た人は、全てCGで描かれたものと信じてしまうシーンが、多数存在するのではないでしょうか。

特殊効果の撮影やCG製作も、少人数のチームで行う事で、柔軟かつスムーズに製作できたと語るケン・ロクスマンディ。

映画の特殊効果に興味のある方は、意識して画面に注目して下さい。

まとめ


(C)2017 White Space, LLC. All rights reserved.

監督・脚本のケン・ロクスマンディ自身が、エグゼクティブ・プロデューサーとして参加している『ホワイト・スペース』。SF・宇宙版の「白鯨」と説明して売り込んだのでしょう。

特殊効果を含む作品としては、大作SF映画にも引けをとらない作品。しかもその舞台裏には、昔ながらの特殊効果マンの知恵が働いていました。

CG登場以前の特殊効果映画には、作り手の個性や温もり、テクニックが感じられ、数々の特殊効果マンの名が、そのまま特殊効果のブランドとなっていました。

しかし現在の特殊効果映画にも、良く見ると作り手の個性や創意工夫が間違いなく存在しています。CG時代の特殊効果マンの活躍に注目すると、映画の新たな魅力が見えてきます。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」は…


(C)2018 LAKESHORE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS LLC AND OPEN ROAD FILMS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

次回の第56回は極秘に開発された軍用犬ロボットと、バイク好きの青年との交流を描くSFアクション・アドベンチャー映画『A-X-L アクセル』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『GOZEN』の石田秀範監督プロフィール。厳しい演技指導と最終回職人の名作「ライダー龍騎」の内容解説|邦画特撮大全33

連載コラム「邦画特撮大全」第33章 先日、東映の新企画“東映ムビ×ステ”が発表されました。これは映画と舞台を連動させた企画で、第1弾『GOZEN』の製作が決定しています。 2019年夏に映画『GOZE …

連載コラム

映画『がんになる前に知っておくこと』感想と内容解説。がんを恐れず向き合う|だからドキュメンタリー映画は面白い6

あなたは、「がん」という病気について、どれだけ知っていますか? 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第6回は、2019年2月2日から新宿K’s cinemaほかで全国順次公開中の、『がんになる前に知 …

連載コラム

『アベンジャーズ/エンドゲーム』あらすじと内容解説。MCU映画10年の集大成に何を見たいのか⁈|最強アメコミ番付評31

連載コラム「最強アメコミ番付評」第31回戦 こんにちは、野洲川亮です。 2019年のゴールデンウィークの4月26日に公開される『アベンジャーズ/エンドゲーム』。 MCUシリーズ10年の集大成となる『ア …

連載コラム

映画『ファイティン!』感想と解説。マ・ドンソクの強さと優しさの魅力を探る|コリアンムービーおすすめ指南3

連載コラム「コリアンムービーおすすめ指南」第3回 こんにちは西川ちょりです。韓国映画を取り上げる月に一度の連載も今回で3回目。 今回は10月20日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードシ …

連載コラム

講義【映画と哲学】第1講「行為について:アリストテレスの行為論から映画を見る」

2019年2月から日本映画大学准教授である、田辺秋守氏による「映画と哲学」の講義を連載します。 第1講では、クシシュトフ・キェシロフスキ監督の名作『デカローグ』(1989~90)から、映画のなかの「行 …

映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP

Today's Ranking