Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/04/08
Update

映画『ラブ&モンスターズ』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末も【怪物が蔓延する世界で恋人を捜す青年と犬の冒険譚】|Netflix映画おすすめ28

  • Writer :
  • ジンリナ

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第28回

映画『ラブ&モンスターズ』は、『Five Fingers for Marseilles』(2017)で注目を集めたマイケル・マシューズ監督の2作目の長編作品です。

人類の化学兵器によって巨大化した生物が地球を支配する世界で、臆病な青年が賢い愛犬と共に、様々な危機を経験する生存アドベンチャー映画。

本作は、怪物によって荒廃した世界で、死んだとばかり思っていた恋人エイミーの生存を無線で知り、彼女を探して冒険に出る青年ジョエルの物語です。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ラブ&モンスターズ』の作品情報

Netflix ラブ&モンスターズ

【日本配信】
2021年配信(アメリカ映画)

【原作】
Love and Monsters

【監督】
マイケル・マシューズ

【キャスト】
ディラン・オブライエン、マイケル・ルーカー、アリアナ・グリーンブラット、ジェシカ・ヘンウィック、セニー・プリティ、ダン・ユーイング、トレ・ヘイル、エレン・ホルマン、メラニー・ザネッティ、ジョエル・ピアース

【作品概要】
本作は、南アフリカ共和国出身のマイケル・マシューズ監督のハリウッドデビュー作。将来が期待されるスター、ディラン・オブライエンに出会える作品です。

脚本に、『アンダーウォーター』(2020)のブライアン・ダッフィールドと『ウソから始まる恋と仕事の成功術』(2009)のマシュー・ロビンソン。

メイズ・ランナー」(2014)シリーズのディラン・オブライエンを主演に抜擢し、『アンダーウォーター』(2020)のジェシカ・ヘンウィック、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014)シリーズのマイケル・ルーカーが脇を固めます。

ジュラシック・パーク」(1993)シリーズのような恐怖とスリルが味わえる本作は、現代的なCGで滅亡直前の世界を具現化し、華やかな特殊効果とユニークな想像力で作り上げた様々な怪物も披露します。

映画『ラブ&モンスターズ』のあらすじとネタバレ

Netflix ラブ&モンスターズ

7年前、アガサ616号と呼ばれる流星が地球に向かって飛んで来ました。各国はそれを破壊するために、ロケットを打ち上げて、衝突を防ぎます。

しかし残念なことに、それらの破片による化合物が地球上の生物に降り注いでしまい、昆虫やカニ、ナメクジ、ワニなどを巨大な怪物に変えてしまいました。また、それだけでなく、1年以内に世界人口の95%が亡くなりました。

ジョエルを含め生き残った人々は、それぞれの地域にある地下壕に避難して、集落ごとに生活をしていました。

ジョエルのいる地下壕では、全員がカップル同士の中、唯一独り身はジョエルのみ。

彼は、カップル達がベッドを共にする場面に遭遇する度に憂鬱になりますが、彼にとっての最大の強みは、怪物を倒す地雷を作ったり、食事作り、牛の乳搾りなど、生活に無くてはならない仕事をすることでした。

また、彼はこれまで自分が見た怪物を描き、その弱点などを記録することで、新世界での生き抜く施策を持っていました。

ある日、ジョエルは恋人エイミーと無線で連絡が繋がります。彼女は、他の生存者たちとジョエルのいる場所から180km離れた別の地下壕に住んでいました。

しかし突然無線が断ち切られました。ジョエルのいる地下壕にアリの怪物が侵入して来たのです。

ジョエルは自分も皆と同じように戦えることを説得しますが、安全な場所で待機するように説得をされ、おとなしくそれに従いました。

ですが、監視カメラを見るとアリの怪物が仲間を襲っているのが見えます。ジョエルはじっとしていられず、勇気を出して、武器となる弓を持ち出し、アリの怪物の元へ向かいました。

しかし、姿を現したアリの怪物に恐怖から身動き出来なくなったジョエル。幸いにも仲間たちの弓矢と刀によってアリの怪物は死に、ジョエルは九死に一生を得ました。

そんなジョエルには、怪物たちの攻撃が始まった日の恐怖の記憶が蘇ります。

ジョエルとエイミーは、車の中から町を見下ろす丘の上にいました。ジョエルはエイミーの絵を描きますが、それは彼女が不満を漏らす出来栄えで彼自身も認めていました。

すると、サイレン音が鳴り響きます。ミサイルが打ち上げられているのが見えましたので、彼らは自分の家族の元へ引き返しました。

そして現在に至ります。ジョエルは、エイミーに会いに行くことを決意。地上へ出ることは非常に危険であり、ジョエルひとりで戦うには戦闘能力不足なために、仲間たちは猛反対します。

それでも行くと強く決心したジョエルに、仲間たちは武器と地図を渡して応援することにを決めます。熱いハグをし合い、ジョエルは7年ぶりに地上へ出て、エイミー捜しに出発しました。

旅立ってまもなく、ジョエルはある家の中へ入ります。食材調達しようと冷蔵庫を開けますが、何に驚いたのか、ジョエルは裏庭まで逃げます。

すると、池の中からカエルの怪物が現れ、舌を伸ばしてジョエルを捕らえようとしました。何とかかわしたジョエルですが、そこへ一匹の犬が現れました。

カエルの怪物は、逃げようとするジョエルを舌で突き飛ばし、ジョエルを食べようとします。その時、犬がカエルの怪物の舌を噛み、キャンプカーへ逃げます。

ジョエルも犬を追ってキャンプカーに乗り込み、カエルの怪物から逃げ切りました。

そこで、扉に繋がれた紐を口で引っ張り、扉を閉める犬に感嘆するジョエル。そんな賢い犬は、ボーイと呼ばれているのをジョエルは知りました。

ボーイは、前の飼い主の赤いドレスを身に付けており、ジョエルがそれに触れると取られまいとします。口紅を見つけたジョエルは、エイミーへプレゼントしたくて、ボーイに貰う許可を得ました。

ボーイに自己紹介するジョエルは、その夜、ボーイと共にキャンプカーに泊まりました。

翌朝、ジョエルは再出発しようとしますが、ボーイも一緒に行きたがります。

ジョエルは同意して、ボーイの大切な赤いドレスを鞄に入れて、出発しました。道中でお腹が空いたジョエルは、苺を見つけて食べようとしますが、ボーイが食べないよう止めます。

そして歩いていると、ジョエルはミミズの怪物の巣穴に落ちてしまいました。巣穴であちこちからミミズの怪物に襲われそうになったジョエルは、2人の男性に助けられます。

彼らはクライドとミノー。1人かと尋ねるクライドに、ジョエルは「ボーイも一緒」と言いますが、ボーイの姿は見えません。

その時、物音がし、そちらに武器を向ける彼らを、ジョエルは咄嗟に止めました。そこにはボーイが隠れていたのです。可愛いボーイに、彼らも喜び歓迎してくれました。

2人は、ジョエルが持っている僅かな戦闘知識だけで、地上に出ていることを非難しますが、ジョエルとボーイを連れ、怪物が苦手とする厳冬期の山へ向かってくれました。

クライドとミノーは、旅の最中にジョエルに、怪物の倒し方などいくつかのことを教えます。山の頂上に到着して、ジョエルが弓の練習をするのに、上手く的中するのを手伝うミノー。

クライドとミノーは親子と思っていたジョエルですが、違っていました。クライドとミノーは同じ地下壕で生活していた生存者たちの一員で、怪物によってミノーは父親、クライドは息子をそれぞれ喪ったそうです。

そして、山の頂上から見下ろすと、ジョエルの匂いを伝って怪物が来ていたので、再び出発するジョエルたち。

その途中、ジョエルの背後からカタツムリの怪物が出てきました。ジョエルにシャツを脱がせたクライドは、他の怪物たちをジョエルたちから引き離すために、カタツムリの怪物の体にシャツを詰め込み、カタツムリの怪物が匂いを持ち去るようにします。

クライドは「悪い怪物が多い中、親切な怪物もいる。彼らの目を見れば分かる」と教えてくれます。

夜になると、洞窟らしき所で休みます。しかし、怪物たちがそこに辿り着く恐れもある為、長居はせず進んで行きました。

しばらくして、ジョエルはエイミーに会いに行くために、クライドとミノーに別れを告げることを決意します。

ジョエルに懐いていたミノーは悲しくなり、そんなミノーにジョエルは口紅を贈ります。

クライドはジョエルに励ましの言葉を残し、ミノーはボーイに別れの挨拶をします。そして、クライドとミノーを見送ったジョエルとボーイは、再び旅を続けました。

以下、『ラブ&モンスターズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ラブ&モンスターズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

Netflix ラブ&モンスターズ

ジョエルがボーイを連れて歩いていると、何かの気配を感じたのか、ボーイが走り出して物陰に隠れました。

怪物がいると察知したジョエルは、ボーイに早く逃げようと促しますが、出て来ないボーイ。すると、ジョエルの背後にムカデの怪物が現れます。

恐怖から硬直したジョエルを突き飛ばしたムカデの怪物は、ボーイを食べようとします。その時に、7年前に両親と避難していた頃を思い出すジョエル。

ジョエルと両親が乗る車は、倒木によって動けませんでした。車から降りたジョエルは、倒木に挟まれているせいで、ドアが開かず降りられない両親を助けようとします。

しかし目の前で、両親が怪物に押し潰されてしまいました。彼は両親を救うことが出来ず、ショックでその場から動けませんでした。

大切な家族をもう犠牲にしないと勇気を奮い起こすジョエルは、ボーイを救うために、ムカデの怪物を2度撃ち殺します。そして、無事だったボーイと感動のハグをするジョエル。

その夜、ジョエルとボーイは大雨の中、ある家の中に避難して、Mav1sというロボットを見つけます。元々Mav1sは、ジョエルの地下壕にいる1台を含め、街がシャットダウンする前に、共に生活をしてた仲間でした。

Mav1sのバッテリー電力は僅かですが残されていました。自分の電力を使って、ジョエルとエイミーが、連絡を取るのを手伝うMav1s。

ジョエルは、外に出たことのなかったMav1sを、外のベンチに連れて行きました。Mav1sは、ジョエルの名前と住所を通して、自分のディスプレイにジョエルの両親の写真を映し出し、彼を泣かせました。

夜空には数匹の巨大海月が泳いでおり、幻想的な夜景が見えます。間もなくして、Mav1sのバッテリーが完全に切れ、Mav1sのお墓を作るジョエル。

翌日もジョエルとボーイは旅を続けました。が、ボーイが突然走り出し、ジョエルも追って行きます。

木の陰に隠れるジョエルとボーイは、息を潜めるのに必死です。そこに現れたのは、怪物の王と呼ばれるサンド·ゴブラー女王。

何とか隠れ通すことが出来ましたが、ボーイは飼い主のドレスが川に落ちていたことに気付きます。ジョエルの注意を聞かず、ボーイは川に飛び込みました。

その音によって、サンド·ゴブラー女王が川の方へ、素早く向かって来ます。ジョエルは、適切なタイミングで、サンド·ゴブラー女王の口の中に手榴弾を投げ込み、爆発させました。

しかし、ジョエルは自分たちを死の危機に陥れたボーイを怒鳴りつけてしまい、ボーイは逃げてしまいます。

やがて身体の痛みを感じたジョエル。見ると、何匹ものナメクジに噛まれていました。その毒によって幻覚を起こし始め、倒れてました。その時に、ジョエルは駆け付けて来たエイミーを見ました。再会した彼らはキスをします。

そして、エイミーの地下壕で目を覚ましたジョエル。そこでジョエルは、先程エイミーとキスしたと思いきや、年上の男性生存者とキスをしたことを知らされます。

エイミーの地下壕は、綺麗な海が目の前にあるビーチでした。彼女は、地下壕でのリーダー的存在のキャップを、ジョエルに紹介します。

エイミーはジョエルと再会出来て幸せそうでしたが、彼女は彼が生き延びてくれたことを嬉しく思う反面、すでに彼から気持ちは離れていました。

さらに、別の生存者とも関係があったようで、理解するにもショックを隠せないジョエル。

そして、キャップは生存者たちを集め、全員をより安全な場所にヨットで移す計画について話し合いますが、ジョエルは自分が学んだことを基に、逃げるよりは地上での環境に順応することを勧めます。

しかし生存者たちは、ヨット移住計画を選びます。そしてジョエルは、無事にエイミーに会えたことを知らせるため、自分の地下壕にいる仲間に無線で連絡を取りました。

久しぶりに、仲間たちの声を聞けて喜ぶジョエルは実際に怪物を殺したこと、ボーイと出会ったこと、クラウドとミノーと過ごしたことを話します。

そんなジョエルの声を聞いた仲間たちも喜んでいましたが、自分の地下壕がもう安全でないことを知らされるジョエル。

冒険に出る前に、仲間に貰った地図の裏には彼らの応援メッセージがあり、仲間たちが恋しいジョエルは、戻る決心をします。

すると、一人の生存者がビールと苺を持って来ました。キャップからの差し入れと聞いたジョエルが見ると、それは食べようとする自分をボーイが止めていた苺でした。

キャップが生存者たちを騙していることに気付いたジョエルは、エイミーに警告しに行きますが、すでに苺を食べた生存者たちが意識を失って倒れています。

すると、ジョエルに気がついたキャップの従姉妹のダナが、ジョエルを殴ってノックアウトしました。

Netflix ラブ&モンスターズ

ジョエルが正気を取り戻すと、両手を縛られていて、エイミーや生存者達も縛られていました。

キャップはダナと友人のロッコの3人で、ヨットで移住することを打ち明けます。そして、カニの怪物がそろそろビーチを襲って来ることも……。

すると、海から現れて来たカニの怪物は、エイミーたちの生活資源を壊します。実は、キャップがカニの怪物を電気チェーンで繋げ、機械を使って操縦していたのです。

そうとは知らないジョエルとエイミーは、何とか身体を解き放ち、エイミーはダナとロッコを相手に闘いました。

一方で、カニの怪物を相手に、槍で立ち向かうジョエルですが、大暴れするカニの怪物に命の危機を感じたその時、ボーイが駆け付けて来ました。

その頃、ダナとロッコを倒したエイミーをキャップが殴り倒します。そしてキャップたちは、ヨットに乗り込み逃げました。

ジョエルは、ボーイに怒鳴ったことを謝罪し、エミリーを助けるよう頼みます。

ボーイがエミリーの元へ向かい、ジョエルはカニの怪物に槍で戦おうとしますが、逆に槍を奪われ、足を掴まれました。

ボーイに起こされたエミリーは、落ちていたダナの銃をジョエルに投げます。受け取ったジョエルは、カニの怪物を撃とうとしますが、カニの怪物の悲しそうな目に気がつきます。

その目から親切な怪物であることを察したジョエルは、カニの怪物に繋がれた電気チェーンを撃ちます。

ジョエルはカニに「君は自由だ」と言いました。ジョエルを放したカニの怪物は、復讐のため、キャップたちのヨットまで行き、彼らを食べます。

そしてジョエルは、自分が描いた怪物のサバイバルガイドをエイミーに渡しました。彼らは、最後の情熱的なキスを交わします。

それから、自分の地下壕に向かうジョエルとボーイ。無事に到着したジョエルとボーイを、仲間たちは両手を広げて歓迎します。

ジョエルは、他の生存者たちもこの状況を好転させることが出来ると期待して、地上の世界を冒険するようにと、無線でメッセージを送ります。

怪物についてとても理解したジョエルとボーイは、仲間たちと共に地上へ出て再び冒険の旅へ向かいました。

一方、ジョエルの無線を聞いたクライドとミノーは、ジョエルが蜘蛛の怪物に食べられるかも知れないと話しますが、ジョエルの無事を願っていました。

スポンサーリンク

映画『ラブ&モンスターズ』の感想と評価

Netflix ラブ&モンスターズ

目を楽しませる様々な怪物

本作は観客の没入感を損なうことなく、冒険の旅のシークエンスが上手くまとめられて、とても面白い仕上がりのSFファンタジーとなっています。

映画の途中途中に出て来る怪物たちのCG技術が磨き抜かれ、とても新鮮でした。よく練られた物語と視覚的にも秀でたキャラクターの怪物が出た瞬間から、緊張感や興奮も高まります。

怖いよりも可愛い感じの怪物が出るため、家族で鑑賞することもお薦めな作品です。

キャスト陣の演技力

主役・ジョエルに扮したディラン・オブライエンは、喜怒哀楽の感情を上手く表現しながら、一生懸命に戦うジョエルの成長ぶりを、見事に演じ切っていました。

また、主人公に終末間近の世界で生き残る力と勇気を教えてくれる、道しるべのような存在のクライドとミノー。

悪役に扮することの多い俳優として知られているマイケル・ルーカーが、本作では心優しい師匠のようなクライドを演じていて、とても新鮮な印象を持つことでしょう。

何よりも、ジョエルとボーイのコンビネーションは、本当に素晴らしいものです。訓練され、ヒーローと呼ばれたボーイは、人間以上に賢い犬でした。

犬ではありますが、ボーイの演技力と愛嬌さに惹かれますので、要注目です。

成長ドラマとしてのストーリー

Netflix ラブ&モンスターズ

“自分を過小評価するな。果敢に外部世界を探検せよ。もちろん、多くの試練と苦難を経験するだろうが、旅程の中で良い仲間と先生に出会うことになるだろう。また、休憩場所では決して想像出来なかった神秘と歓喜を体験することが出来るだろう。目的地に望むことはないかも知れない。しかし、その旅程は私を成長させ、以前とは全く違う人にしてくれるだろう。”

この台詞が映画のテーマであり、ジョエルとボーイの旅の結末を見抜くためのメッセージになっています。

終末間近な世界に適応するにも、勇気がなく、戦い方も分からない怖がりな主人公が、エイミーに会いに行く旅で経験する出来事によって成長していく姿に重点をおいた作品です。

まとめ

Netflix ラブ&モンスターズ

臆病者の青年が恋人を捜しに、怪物がうろつく地上を180kmを旅をする物語は、とてもユーモアに溢れています。

ゾンビ、ウイルスのほか、様々な怪物によって終末期を迎える今までの映画に対して、本作は巨大化した生物が地上を支配するという点が、かつての B級なSF映画のようではありますが、今日となってはそれも斬新と言えるでしょう。

ロケットも怪物もわざとではないのに対し、最も人間を苦しめるのは、結局、人間の行いだという設定は、省いてはいけない基本テーマのため、物語に引き込まれます。

そして、素材と独特な世界観も素晴らしく、壮大なスケール、映像の描写、演出、ストーリー、全てに魅了されます。また、雄大で美しい大自然の映像も豊富に盛り込まれていますので、見る者を飽きさせることはありません。

そしてなんといっても、ボーイとの再会、クライドの穏かな存在感、電池が切れていくロボットなどの感動的場面も余韻を残してくれます。

愛する人を守ろうとする勇気、成長、そして感動が凝縮された映画です。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら






関連記事

連載コラム

映画『君の誕生日』感想レビューと評価。韓国セウォル号沈没事件で大切な人を失った家族の歩み|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録1

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『君の誕生日』 2014年4月16日、セウォル号沈没事件──残された私たちが迎える、君がいない、君の“誕生日”。 大阪アジアン映画祭の特集企画《祝・韓国映画101周年 …

連載コラム

『朝が来る』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。映画で母としての女性の生き方はどう描かれるか考察|永遠の未完成これ完成である7

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第7回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷 …

連載コラム

映画『キックス』あらすじと感想考察レビュー。奪われたスニーカーを取り戻す少年の行動とは|銀幕の月光遊戯13

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第13回 主要キャストがアフリカ系俳優で占められる作品は、制作が難しいと言われていた時代もありましたが、昨今は、『ムーンライト』がアカデミー賞作品賞を受賞したり、『ブラック …

連載コラム

講義【映画と哲学】第4講「喜劇的な行為について:ヘーゲルの喜劇論と映画」

講義「映画と哲学」第4講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 第4講では、ヘーゲルの喜劇論とともに、1895年にリュミエール兄弟が上映した『水をかけられた水撒き人 …

連載コラム

フィリップ・ガレル映画『愛の残像』考察。 向こう側の彼女を探して|偏愛洋画劇場10

連載コラム「偏愛洋画劇場」第10幕 今回ご紹介するのは、ジャン=リュック・ゴダールやフランソワ・トリュフォーなど、ヌーヴェルバーグの映画作家たちから大きな影響を受け、“ポスト・ヌーヴェルバーグ”と称さ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学