Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/04/01
Update

NETFLIX映画『カーゴ』ネタバレ感想と解説評価。短編から長編化したゾンビ作品|SF恐怖映画という名の観覧車96

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile096

誰でも自身の作成したショートムービーを投稿し応募できる、オーストラリアで毎年開催されるショートムービー・フェスティバル「TROPFEST」。

2013年のTROPFESTで公開された作品が話題となり、ハリウッドでも活躍する大人気俳優を主演に据える形で長編映画されることが決定し一躍話題となりました。

そんな訳で今回は、7分間のショートムービーを掘り下げ長編としたオーストラリア産ゾンビ映画『カーゴ』(2018)を、ネタバレあらすじを交えご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『カーゴ』の作品情報

【日本公開】
2018年(NETFLIX独占配信映画)

【原題】
Cargo

【監督】
ヨランダ・ラムケ、ベン・ハウリング

【キャスト】
マーティン・フリーマン、アンソニー・ヘイズ、スージー・ポーター、カレン・ピストリアス、クリス・マッケイド

【作品概要】
ヨランダ・ラムケとベン・ハウリングによって製作されたオーストラリアを舞台としたゾンビ映画。

主演を務めたのはドラマ「SHERLOCK」シリーズのワトソン役や、「ホビット」シリーズで主人公ビルボ・バギンズを演じたことでも有名なマーティン・フリーマン。

映画『カーゴ』のあらすじとネタバレ

妻と娘と共に小屋付きの船で川を下るアンディ。世間にはウイルスが蔓延し、安全のためアンディたちは川沿いにある軍事施設を目指していました。

食糧難に喘ぐ中、転覆したヨットを見つけたアンディは単身で乗り込み、3ヶ月分の食料とワインを手に入れます。

妻のケイはアンディが寝ているうちにヨットへと入りカミソリを探しますが、実は奥には感染者が潜んでおり、ケイは噛まれてしまいました。

目を覚ましたアンディは、ケイが噛まれた状態で船に戻り、感染者となるまでの時間である48時間のタイマーを起動しているところを発見。

ケイの傷は深いものであり、感染していなくても長くは持たないと感じるアンディは、接岸して近くの病院を目指すことを決めます。

車を入手したアンディは、まだオムツが取れない歳である娘のロージーを連れて車を走らせます。が、ケイの具合は悪くなる一方でした。

感染していることを確信したケイは、アンディとロージーを襲ってしまうことを恐怖し、自身を置いて川に戻ってほしいと言いますが、アンディはそれを断りなおも車を走らせます。

道中、突然道に飛び出してきた感染者を避けようとし、車は木にぶつかり大破してしまいます。

アンディが目を覚ますと「彼女を守って」と書き残したケイが発症し、アンディの腕に噛みつきます。

やっとの思いで車から出たアンディはケイの惨状に雄たけびをあげると、自身の発症までの時間である48時間のタイマーを動かし、ロージーを安全な場所に連れていくことを考えます。

地図に載っていた町に到着しても人は殆どいません。アンディは、学校の中に残っていた女性に気休め程度の治療をしてもらい、ロージーと共に一夜をこの場所で過ごすことに決めます。

翌日、アンディはロージーと共に街を離れ、軍事施設へと向かいます。

道中、ヴィックという男がプロパンガスのタンクに足を挟まれているのを見つけ、車に乗せてもらうことと引き換えに彼を救います。

ヴィックは鉄柵で囲まれた小屋に女性と共に住んでおり、アンディとロージーはその小屋に居住することを許可されます。

しかし、ヴィックはウイルスの終息後に大金持ちになるべく、感染者を殺害し金品を奪うだけでなく、感染していない少女や現地部族の老人などを檻に閉じ込め、感染者をおびき寄せる囮にしている卑劣な人間でした。

一緒に住んでいた女性はヴィックに夫を見殺しにされたことを恨んでおり、アンディの容態に気が付きながらも共に逃げることを望んでいました。

しかし、そのことをヴィックに感づかれ、アンディは殴られた後、少女トゥミが閉じ込められたいた檻に入れられてしまいます。

感染者の「血に集まる習性」と檻の仕組みを利用し、檻から脱出した2人はヴィックに気づかれないように女性と接触し、ロージーを含めた4人でヴィックのもとから逃走します。

しかし、ヴィックはその動きに気づきアンディを射殺しようとしますが、ロージーを庇おうとした女性が身代わりとなり撃たれてしまいます。

彼女の犠牲の上で逃走するアンディたちでしたが、ヴィックは車でアンディを追いかけ、ロージーの命の保証と引き換えにトゥミを求めますが、アンディは無視し続け、アンディを見失ったヴィックは車で去っていきます。

道中、トゥミは治療法があると信じ木に縛り付けておいた感染者である父が、部族の人間に殺害され埋葬されているのを見て絶望するのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『カーゴ』のネタバレ・結末の記載がございます。『カーゴ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

アンディの発症までの時間も半日を切り時間が差し迫り始めます。

トゥミの案内で川へ出て、ボートハウスで川を下っている最中に見かけた家族の住むトレーラーハウスへと辿りついたアンディ。

しかし、トレーラーハウスの家族の主人は感染者に噛まれており、娘2人と妻を銃殺し、自身も自殺しようとしていました。

アンディによる制止も聞かず、残りの2発の銃弾と拳銃をアンディの自殺用に渡すと言い残し男は自殺。

ロージーを彼らに託すつもりだったアンディは途方にくれますが、トゥミは自身の家が近いとアンディに言うと歩を進めさせます。

トゥミの家への近道は長く暗いトンネルであり、多くの感染者が壁に向かって立っていました。

感染者は冬眠のために地中へと行こうとする傾向があるらしく、トンネルを比較的容易く突破できそうでしたが、出口にヴィックが待ち構えていました。

拳銃を2発使いきるもみ合いの末、重傷を負ったヴィックを放置し歩みを進めるアンディ。

しかし、道中で意識が遠のくのを感じたアンディはトゥミにロージーを託すと、マウスキャップを加え、死体から手に入れていた内臓を木枝の先端に括りつけると、ロージーとトゥミを背負い、トゥミに木枝を持たせます。

意識を失い完全に発症したアンディでしたが、トゥミの持つ木枝に括りつけられた内蔵の匂いに惹かれ、アンディはひたすらに真っ直ぐ歩き始めます。

トゥミの母親であり、感染者たちと戦う現地部族の集団に辿り着いたトゥミたち。トゥミは母親に迎え入れられ、部族はロージーを保護します。

ヴィックに捕まっていた老人は檻から脱出しており、発症したアンディを殺害しようとします。

トゥミは老人を制止し、香水の匂いをアンディに嗅がせてアンディの手を握ると老人にうなずき、老人はアンディを殺害しました。

部族の人々が森の中で生存者たちと再会すると、お互いの生を喜び抱き合います。

ロージーを自分の子供のように迎え入れる彼らが彼女のお腹を見ると、そこにはアンディからの「ありがとう」と言うメッセージが残されていました。

スポンサーリンク

映画『カーゴ』の感想と評価

参考映像:2013年TROPFEST応募作「CARGO」

7分間のショートムービーを長編映画化した映画『カーゴ』。

本作はショートムービー版との違いを明確につけるためか、とにかく映像にこだわられて作られています。

「命を懸けて子供のために行動する父親の物語」という原作の重要かつ切ない物語をそのままに、本作は雄大なオーストラリアの風景を楽しむことが出来ます。

理性を失うまでのリミットが生まれてもなお、どこまでも続くような荒野をひたすらに進むアンディとロージー。

その道が絶望なのか希望なのか、激しいアクションもパニックも発生しない静寂さが風景と馴染むような映画『カーゴ』は、ただただ純粋に「親子の絆」を考え直すことの出来るゾンビ映画です。

まとめ

自身の中に埋め込まれた恐怖と絶望という名のウイルスに子供のために立ち向かうアンディ。

彼を演じるマーティン・フリーマンの繊細な演技はファンのみならず、俳優好きにも必見です。

スポンサーリンク

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile097では、2020年6月12日公開の、バルタザール・コルマウクル監督が実話を映画化した『アドリフト 41日間の漂流』をご紹介させていただきます。

4月7日(火)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ベター・ウォッチ・アウト』ネタバレ感想とラスト結末の考察。謎の犯人の侵入で恐怖の一夜を体験する少年とベビーシッター|サスペンスの神様の鼓動38

サスペンスの神様の鼓動38 こんにちは「Cinemarche」のシネマダイバー、金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今 …

連載コラム

映画『ドント・ゴー・ダウン』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。SFタイムスリップに遭遇した特殊部隊の運命|未体験ゾーンの映画たち2020見破録40

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第40回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第40回で紹介するのは、戦場から抜け出せなくなった特殊部隊を描くアクションホラー映画『ドント・ゴー …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】④

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2019年6月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら スポンサー …

連載コラム

映画『ストレンジ・ハウス』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価。本格ホラーミステリーで呪われた家の秘密を暴く|Netflix映画おすすめ38

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第38回 夏が近づくに連れて恋しくなるのは爽やかでありながらもどこかジメジメとした「ホラー映画」。そこに「田舎町」と「青春」の要素が加われば …

連載コラム

クローネンバーグの名作『戦慄の絆』ラストの考察。実話をもとに悲しくも美しいハッピーエンド|偏愛洋画劇場4

連載コラム「偏愛洋画劇場」第4幕 2人の登場人物の片方がもう1人の隠れた自我であり、最後は1人に統合されるといった物語はよく映画、小説で見受けられます。 自分とは完璧に違うもう1人の自分、異なる存在無 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学