Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/09/18
Update

WELCOME TO JAPAN日の丸ランチボックス|感想と評価。藤田恵名が西村喜廣のバイオレンスな世界で歌う|SF恐怖映画という名の観覧車67

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile067

2012年から日本の一部劇場で開催されている「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」。

このイベントは、スペインのリゾート地で開催されるシッチェス映画祭(シッチェス・カタロニア国際映画祭)で上映された映画の一部を日本で劇場公開するというシッチェス映画祭公認のイベントであり、今年も様々なコアな作品が公開されます。

そんな「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」上映作品の中でも特に注目を集めているのが、西村喜廣監督による映画『WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス』(2019)。

今回は、過激かつやりたい放題な西村喜廣監督の趣味満載で描かれる本作の魅力をご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス』の作品情報


(C)2019 キングレコード

【日本公開】
2019年(日本映画)

【監督】
西村喜廣

【キャスト】
藤田恵名、屋敷紘子、サイボーグかおり、笹野鈴々音、鈴木希実、鳥居みゆき

映画『WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス』のあらすじ


(C)2019 キングレコード

鎖国により日本古来の文化が保たれていた過去を重要視し、現状の外国人が入り乱れる日本を憂う極右組織に育てられた殺し屋キカ(藤田恵名)。

日本で悪事を行う外国人を殺害するためキカは世に放たれますが、殺人を繰り返す中で大切な「何か」を見つけていき…。

スポンサーリンク

西村喜廣監督について

参考画像:『蠱毒 ミートボールマシン』(2018)


(C)2017 キングレコード

『進撃の巨人』(2015)、『シン・ゴジラ』(2016)、『亜人』(2017)など、その年の邦画のを代表する目玉タイトルに特殊造形プロデューサーで関わる西村喜廣は、造形や特殊メイクにおけるプロフェッショナルであり、邦画の世界において重要な人物と言えます。

そんな西村喜廣は、実は監督としても長く活動をしており、一部の映画ファンから熱狂的な支持を受けています。

その作品内容は『蠱毒 ミートボールマシン』(2018)のように過激すぎるともいえるグロテスクさと異色すぎる世界観や、『虎影』(2015)のように時折混ぜるシュールな笑いが顕著であり、独特すぎる感性とプロフェッショナルの腕を持つ造形と特殊メイクの才能を限界まで作品に活かしています。

しかし、そんな人を選ぶような作品ばかりでありながらも、鑑賞者にも映画製作の界隈にも愛される西村喜廣監督の作品には数多くの著名人が出演しており、『蠱毒 ミートボールマシン』では名脇役として様々な作品に出演する田中要次、『虎影』では今やトップクラスの俳優として映画・ドラマで主演を務める斎藤工など、大物俳優が主演しています。

そしてもちろん『WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス』も出演陣は異色すぎるとも言える俳優の選出がなされていました。

異色の出演陣

参考動画:藤田恵名「言えない事は歌の中」ミュージックビデオ

本作で主演を務めたのはグラビアアイドルとして活躍しながらも高い歌唱力を持ち、「今、一番脱げるシンガーソングライター」と言うキャッチコピーを持つ藤田恵名。

彼女の楽曲「言えない事は歌の中」のミュージックビデオが本作の原案でもあり、演技面だけではなく歌唱力も劇中で遺憾なく発揮されています。

さらに本作には「るろうに剣心」シリーズなどに出演する日本でトップクラスのアクション女優の屋敷紘子や、ベース音を口から奏でるヒューマンビートボックス界の注目株サイボーグかおり等各界のトップクラスが集結。

俳優業も数多くこなし、西村喜廣監督作の多くに出演する鳥居みゆきももちろん出演するこの作品はまさに異色であり、西村喜廣監督の人徳と人を惹きつける力を感じさせます。

過激な世界観の中の「平和」


(C)2019 キングレコード

海外文化の排斥を求める極右的な組織と、その組織を撲滅するために動く海外組織の殺し屋によるバイオレンスでグロテスク、そしてシュールな笑いを描いた本作。

やりすぎなほどにエログロを大量に盛り込んでおり、画面の大部分が血しぶきで埋め尽くされるほど西村ワールド全開なこの作品ですが、意外なことに度々見せる「平和」なシーンが心に残ります。

梅干しを始めにカツ丼、卵焼きなどの日本を代表する料理の数々をキカが調理するシーンや、それらの料理を弁当箱(ランチボックス)に詰め、外で食べる様子がとても印象的であり、和食の魅力が演じ手と演出により引き出されています。

また、料理が魅力的に見えるだけでなく、これらの演出には「戦いに従事する者」も「平和」を渇望していると言うメッセージを見出すことが出来、奇異で悪趣味満開な世界観から「平和」について考えさせられました。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019 キングレコード

全編を通し説明がほとんど存在しない、間違いなく人を選ぶ映画ではあるものの、その中でふと見せる穏やかな雰囲気に和まされる本作。

やりすぎな映像で鑑賞者を楽しませるだけでなく、作り手側が誰よりも楽しんでいる様子を映像の中で感じさせてくれる西村喜廣ワールド。

2020年に東京オリンピックが迫る中、異なった主張を持つ人間同士がどう交じり合っていくべきなのか、と言う今考えるべきことの片鱗をメッセージとして与えてくれる作品でした。

『WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス』が上映される「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」は、10月よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田、シネマスコーレ(名古屋)の3劇場で開催。

気になる作品のある方はぜひとも劇場に足を運んでみてください。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

映画『人狼』

いかがでしたか。

次回のprofile068では、日本アニメを原作とした韓国実写映画『人狼』(2018)のネタバレあらすじをご紹介させていただきます。

9月25日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『悪霊館(2019)』ネタバレ感想と評価解説。新たなエクソシストの登場|未体験ゾーンの映画たち2019見破録45

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第45回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は悪魔との対決を描いた映画が登場します。 ウ …

連載コラム

韓国映画『チャンシルは福も多いね』あらすじと感想評価レビュー。監督キムチョヒの初長編監督作品で作家の姿を語る|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録6

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『チャンシルは福も多いね』 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で15回目。2020年3月06日(金)から3月15日(日)までの10日間にわたってアジア全域か …

連載コラム

『バーバラと心の巨人』の感想と評価。結末ラストで少女は中二病を克服したのか|最強アメコミ番付評11

こんにちは、野洲川亮です。 今回はグラフィックノベル『I Kill Giants』(2008)の映画化した『バーバラと心の巨人』を紹介します。 「ハリー・ポッター」シリーズのクリス・コロンバスが製作総 …

連載コラム

堀潤映画『わたしは分断を許さない』感想とレビュー評価。表現の自由の世界から問題意識を投げかける|だからドキュメンタリー映画は面白い39

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第39回 ジャーナリスト堀潤が5年の歳月をかけて追った、世界の「分断」。 今回取り上げるのは、2020年3月7日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開 …

連載コラム

映画監督林海象・深田晃司・二宮健、俳優の佐野史郎ら豪華ゲストが広島尾道イベントに集結|シネマ尾道の名もなき映画イベント3

第4回尾道映画祭中止なるも、ファンの要望に応え一部開催 新型コロナウイルス感染拡大防止のあおりをうけ、2020年2月28日~3月1日にかけて開催予定となっていた第4回尾道映画祭は中止することが決定。 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP