Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

実在の心霊スポット⁈ホラー映画『ウィンチェスターハウス』『死霊館』の超常現象の怪|SF恐怖映画という名の観覧車4

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile004

例年以上に暑い初夏が終わり、ついに夏本番。冷たい飲み物やアイスなどが恋しくなる季節がやってまいりましたね。

映画好きな私としては、クーラーの効いた部屋や映画館で映画を観ることが至上の過ごし方ですが、猛暑が続く日に観たいのは、やはり身も心もゾクゾクと涼しくしてくれるような「ホラー」です。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画における「サブジャンル」とは

『13日の金曜日』(1980)

profile002では、「SF(サイエンス・フィクション)」と言うジャンルには多くのサブジャンルが存在する、と紹介させていただきましたが、実は「SF」だけに限らず、様々なジャンルに細かな内容の仕切り(サブジャンル)が存在します。

「ホラー」で例えるならば、殺人鬼ジェイソンの登場するホラー映画『13日の金曜日』(1980)のように、ゴア表現と呼ばれる残虐なシーンの多い作品は、「スプラッター」や「スラッシャー」と言ったサブジャンルにカテゴライズされることが多く、『エイリアン』(1979)や『遊星からの物体X』(1982)と言った、異生物との攻防がメインの作品は「モンスター・パニック」とされることが一般的です。

人によって解釈が違い、明確な定義が存在しないことがサブジャンルの特徴なのですが、このコラムでは敢えてそのサブジャンルを使い映画を紹介していきたいと思っています。

今年の猛暑に観たいホラー映画は?

『リング』(1998)

前述した「スプラッター」や「モンスターパニック」と言ったサブジャンルの映画はやはり人気が根強く、1人で楽しんだり、友人などと一緒に盛り上がりながら鑑賞したりと様々な楽しみ方が出来る作品ですが、「猛暑に観る」となると少し印象が違うかな、と仄かな違和感のようなものがあります。

一方、日本の「猛暑」と言うシチュエーションでは『リング』(1998)や『着信アリ』(2003)のような「和製ホラー」が圧倒的な人気を誇ります。

「和製ホラー」と幾分大雑把なカテゴライズとなってしまいましたが、「何故、和製ホラーが夏場に人気なのか」と言うと、やはり「スプラッター」や「モンスターパニック」に比べ、「ビデオ」や「携帯」と言った生活に身近な部分で起きる怪現象の「現実味」が、自分の身にも起きうるかもしれない恐怖感を引き立てるからではないでしょうか。

その証拠に、現実で起きた事件のように作中で描くサブジャンル、通称「モキュメンタリー」を採用したホラー映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999)や『パラノーマル・アクティビティ』(2007)は全米で大ヒットを記録しました。

つまり、より恐怖感を味わえるホラー映画とは、「現実により近い」世界観を題材にした作品であると言えます。

スポンサーリンク

『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』(2018)


(C)2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.

6月29日より劇場公開された『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』。

西部劇で良く登場する、実在した名銃「ウィンチェスターライフル」。多くの命を奪ってきたその銃の製造者一族にかけられた呪いから逃れるべく、サラ・ウィンチェスターにより建てられた洋館。

建築を止めると呪いが降りかかると霊媒師に忠言され、延々と増築をし続けたとされるこの「ウィンチェスター・ミステリー・ハウス」は実在し、公式ホームページで大々的に宣伝され観光客を呼び込むなど、幽霊屋敷として海外では人気のスポットです。

そうです。

お気づきの通り、この作品は脚色は多くあるものの「実在した話」を基盤として製作されたホラー映画なのです。

『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』

実際の館そのものも、とても奇妙で、得も言われぬ雰囲気を醸し出していますが、「その館で何が起きたのか」をこの映画を観て知れば、単なる奇妙な館で済まない恐ろしさを知ることになるはずです。

誰にでも起こりうる恐怖

『死霊館』(2013)

「ウィンチェスターハウス」は、武器の製造者と言う一種の業を背負っている人であり、普通の人とは違う。だから自分は呪いとは無縁だ、と考える方もいるのではないでしょうか。

とある一家を襲った恐怖の現象を描き、アメリカで大ヒットとなったホラー映画、『死霊館』(2013)。

実はこの映画、劇中に登場するウォーレン夫妻は実在の超常現象研究家で、彼らの実体験をもとにこの映画シリーズは作られています。

1作目である『死霊館』で恐怖の対象となるのは、呪われるいわれなどないごく普通の家庭です。

一般のホラー映画のように、肝試しに行った少年少女が襲われるわけではなく、実話をもとにしたこの作品では、ただ普通に過ごしていた家族が怪現象に見舞われます。

普通に過ごしていたからと言って、呪いに無縁とは言えないのです。なぜなら、「それ」には常識が通用しないのですから。

スポンサーリンク

超常現象を信じない人にも楽しめる2作目

『死霊館 エンフィールド事件』(2016)

続編の『死霊館 エンフィールド事件』(2016)では、イギリスのインフィールド地区で発生した有名なポルターガイスト現象が描かれています。

この現象は世界的に有名で、映画内では「悪魔」が登場するなど、非現実感を強調し演出されていますが、多くの現象は多数の目撃者と研究員によって記録され、現在ではインターネットにも多くの文献が残されています。

もちろん、超常現象を信じる信じないは人それぞれではあるのですが、この作品を鑑賞し実際の文献を読んでみて、どうしてこの現象が起きたのか、を科学的に考え、誰も解き明かしたことのない謎に挑んでみるのも楽しい夏の過ごし方ではないでしょうか。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

次回のprofile005では、伝説的モンスター・パニック映画である「ジュラシック」シリーズを再検証。

旧シリーズと新シリーズの奇妙な類似点から想定できる、『ジュラシック・ワールド 炎の王国』(2018)のあるかもしれない次回作の内容を想像していきたいと思います。

7月11日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

福士蒼汰&吉沢亮ドラマ『仮面ライダーフォーゼ』と映画夢の共演|邦画特撮大全5

連載コラム「邦画特撮大全」第5章 (C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会 2018年7月20日から公開となった久保帯人原作の人気漫画『BLEACH』の実写映画版。主人公 …

連載コラム

映画『ザ・クーリエ』ネタバレ感想と考察評価。“女トランスポーター”のオルガキュリレンコが悪を打ち砕く|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録12

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第12回 世界のあらゆるジャンルの映画から埋もれかけた作品、時には大スターが出演する映画も登場する、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2 …

連載コラム

映画『mellow』あらすじと感想・考察。今泉力哉監督が描いた“告白”の真相|映画道シカミミ見聞録45

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第45回 こんにちは、森田です。 今回は1月17日より全国公開された映画『mellow』を紹介いたします。 さまざまな「告白の瞬間」が切りとられた本作をとおして、人は …

連載コラム

ホラー映画『バトルインフェルノ』ネタバレあらすじと感想。心霊やらせ番組に悪魔が降臨|未体験ゾーンの映画たち2020見破録47

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第47回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第47回で紹介するのは、ネット配信時代の、悪魔祓いを描いたホラー映画『バトル・インフェルノ』。 ネ …

連載コラム

映画『スカイライン 奪還』感想と評価。ラスト結末は前作のモヤモヤを収束させる熱い完結|SF恐怖映画という名の観覧車17

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile017 このコラムで取り上げたSF映画の多くは、「社会とのリンク」や「人類の進化の先」など、深いメッセージ性を汲み取ることで、より楽しみが増える …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP