Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/08/23
Update

映画『残念なアイドルはゾンビメイクがよく似合う』あらすじと感想。森川圭監督の自虐ネタ?それとも実体験なのか⁈|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019⑤

  • Writer :
  • 増田健

2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」。

2015年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて、オフシアター・コンペティション部門のグランプリを受賞した作品『メイクルーム』。また、2016年には続編『メイクルーム2』が製作、公開されました。

そして「夏のホラー秘宝まつり2019」にて、「メイクルーム」シリーズ第3弾となる映画『残念なアイドルはゾンビメイクがよく似合う』が8月23日(金)より上映されます。

アダルトビデオ撮影現場の舞台に、そのメイクルームで巻き起こる、AV女優たちとスタッフのドタバタ劇を描いたコメディ映画「メイクルーム」シリーズ。

その世界をアイドル業界と、彼女らが出演するホラー映画の撮影現場に移して描きます。アイドルたちが出演したこのホラー映画、果たして無事に完成するのやら…。

【連載コラム】「夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『残念なアイドルはゾンビメイクがよく似合う』の作品情報


(C)2019 “STRAYDOG”

【公開】
2019年8月23日(金)(日本映画)

【監督・脚本】
森川圭

【出演】
森田亜紀、階戸瑠李、門前亜里、梅村結衣、円谷優希、白石彩妃、藤井奈々、倖田李梨、アイリ

【作品概要】

アイドルたちが出演するホラー映画の舞台裏で、彼女たちがスタッフと共に巻き起こす騒動を描いたホラー・コメディ。

監督は『メイクルーム』『メイクルーム2』に引き続き森川圭。また撮影現場の裏側で、女優たちにメイクを施し、彼女らに振り回されるメイクアップアーティストとして、1作目からお馴染みの森田亜紀が演じます。

その他にも「メイクルーム」シリーズに登場した、お馴染みの顔ぶれも登場し、現役のアイドル女優たちと共に業界の内幕を描きます。

アダルトビデオもホラー映画も、作品よりもその舞台裏の方が奇妙で残酷。そして同時に、夢と想いを秘めた人々が集まる場所。アイドル女優が集う楽屋を舞台に、どんな物語が展開されるのか。

映画『残念なアイドルはゾンビメイクがよく似合う』のあらすじ


(C)2019 “STRAYDOG”

アイドルたちが出演するホラー映画の撮影初日、撮影現場に集まるスタッフたち。その中にメイクアップアーティストの都築恭子(森田亜紀)の姿もありました。

悲しいかな低予算で人手も無く、準備不足で段取りも悪く、最初から右往左往するスタッフたち。そして今日の撮影の為に、女子高生役で出演するアイドルたちも続々と集まってくる。

アイドルといっても彼女たちの個性はバラバラ。役に対する準備は万端、気合十分に一番に現場現れた準主役の実力派アイドル。そしてアイドル好きが高じて、自らもアイドルになった天然娘。

マネージャーに連れられて現れた2人組は、1人は台本を怖くて読んでないと語り、もう1人は三十路を過ぎた地下アイドル。都築も呆れる軽いノリで、撮影本番に臨むつもりです。

元人気アイドルグループのセンターを務めた、主役のアイドルは遅刻して登場します。今日が役者の仕事は初めてという娘は、緊張のあまり口を開く事ができません。

撮影現場で次々起こる、不測の事態にスケジュールは乱れます。撮影は思うように進まず、出演者の集まるメイクルームに、険悪なムードが漂い始めます。

そんな雰囲気を解きほぐそうと、メイクしながら彼女たちに話しかける都築。やがてアイドルたち、スタッフたち1人1人が持つ、本音や悩みが浮き彫りになっていきます。

しかし彼女らの本音が衝突し、現場が思わぬアクシデントに見舞われた結果、撮影は中断します。果たして今日の撮影は無事終了するのか。アイドルたちはスタッフと共に、映画のために団結する事ができるのか…。

スポンサーリンク

映画『残念なアイドルはゾンビメイクがよく似合う』の感想と評価


(C)2019 “STRAYDOG”

ワン・シチュエーションで描くアイドルたち

アダルトビデオ撮影の舞台裏を、AV女優が集まるメイクルームという、ワン・シチュエーションで描いた映画『メイクルーム』。好評を得て続編も作られたこのシリーズが、ホラー映画の撮影現場を舞台に帰ってきました。

ちなみに1作目の『メイクルーム』では、どういう訳かホラー映画バージョンの予告編が製作されました。無論この作品はホラー映画でないので、ご注意を。

参考映像:『メイクルーム』(まさかの)ホラーバージョン予告編

そして『メイクルーム2』には、AV女優に転身した元アイドルが登場して、ストーリーの中心人物となりました。

そして今回の第3弾が『残念なアイドルはゾンビメイクがよく似合う』。この作品がホラー映画とアイドルを融合した作品になったのは、当然の帰着とも言えます。

森川圭監督の描く愛のある業界哀歌(エレジー)

1000本以上のAV作品を手がけただけでなく、OVA『2ちゃんねるの呪い』シリーズにも参加。製作側の人物が注目されにくい分野の映像作品を、数多く手掛けているベテラン監督、森川圭。

彼は『2ちゃんねるの呪い 新劇場版・本危』『エクステ娘 劇場版』といった、得意とする分野であるホラー映画を監督しています。これらの作品に次いで監督した作品が『メイクルーム』です。

『メイクルーム』はいわゆる業界内幕もの。登場するAV女優たちは、事情はあっても自らの意志で、アダルトビデオへの出演を決断した者ばかり。

そこに低予算の環境で働くスタッフや、女優たちをとりまく人々の赤裸々な姿を、コメディタッチで描いた作品です。

コメディとはいえ登場する人々は、それぞれ訳ありの人生に向き合った人々。彼らの姿をリアルに描いた結果、滑稽であると同時に悲しくもある姿を、温かく見つめた作品になりました。

シリーズを通して温かい目で、登場する人々を見つめているのが森田亜紀。「家政婦は見た!」ならぬ、市原悦子より優しい、彼女による「メイクさんは見た!」シリーズとしてお楽しみ下さい。

アイドルも低予算映画も楽じゃない


(C)2019 “STRAYDOG”

『メイクルーム』に登場したAV女優同様、『残念なアイドルはゾンビメイクがよく似合う』に登場するアイドルたちも、様々な夢と葛藤を抱えて登場します。

“1億総アイドル化”との言葉も死語となって久しく、あらゆる種類のアイドルが、当たり前に存在している現在。彼女らの想いや悩みも、仕事に向き合う姿勢も人それぞれ。

ルールなどで人間的に振る舞う生活を許されず、スキャンダルだけは大きく報道される彼女たち。映画はその渦中で活動するアイドルを、温かい視線を持って描きます。

タイトルに登場する“残念なアイドル”という言葉は、決して否定的なものではありません。

低予算映画の製作に集まったスタッフも、同じ視点で描かれます。映画作りという夢に憧れていた彼らは、いつの間にか過酷な現場に流される日常を過ごします。

“残念なスタッフ”の作った映画は、“残念なホラー映画”になるのかもしれません。しかし“残念”であるのは境遇や心持ちであって、その人物を指す言葉ではありません。

この映画には業界内幕モノの楽しさがありますが、同時にかつて何かに夢を抱いた人、しかし今はそれを忘れ、日々に流されている人々に共感を与えます。自らが抱えている“残念”について、見つめ直す機会になるでしょう。

そんな思いを見る者に抱かせる、ハートフルなコメディ映画が、『残念なアイドルはゾンビメイクがよく似合う』です。

まとめ


(C)2019 “STRAYDOG”

ちょっと待て、この映画はホラー映画なのか?と思った方もいるでしょう。

確かにホラーなストーリー展開のある映画ではありません。登場する特殊メイクも、厳密にはゾンビメイクと呼んでいいものかどうか。しかし血みどろな姿と、ホラーなメイクは確かに登場します。

アイドルたちの人間関係が時にホラーだった、と力説してもいいですが、ホラーとして売られた映画に、変則的ストーリーの作品があるのはよくある事。こんな映画もまた一興とお楽しみ下さい。

しかしこの作品に登場する人物で、一番“残念”なのは監督です。予算も人手も時間も無く、まともに打ち合わせどころか挨拶もされず、自分の意図よりスタッフ都合が優先で動いていく撮影現場。

スタッフからは平然と力仕事を頼まれ、挙句の果てにアイドルからは散々な言われます。

これは森川圭監督の自虐ネタ、はたまた実体験なのでしょうか?ぜひお尋ねしたいところです。

映画『残念なアイドルはゾンビメイクがよく似合う』は2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「夏のホラー秘宝まつり2019」にて上映!

【連載コラム】「夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019」記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

映画『がんになる前に知っておくこと』感想と内容解説。がんを恐れず向き合う|だからドキュメンタリー映画は面白い6

あなたは、「がん」という病気について、どれだけ知っていますか? 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第6回は、2019年2月2日から新宿K’s cinemaほかで全国順次公開中の、『がんになる前に知 …

連載コラム

ホラー映画の恐怖体験と現代社会の闇に堕ちた家族の絆| SF恐怖映画という名の観覧車1

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile001 (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved. はじめまして。今回からコラムを連載させ …

連載コラム

映画『ソン・ランの響き』感想とレビュー評価。ベトナム伝統芸能とボーイ・ミーツ・ボーイの物語の魅力|銀幕の月光遊戯 52

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第52回 1980年代、サイゴンで孤独を抱えた2人の男が出会う一。 伝統芸能「カイルオン」を背景に、2人の男性の出逢いと感情の芽生えを描いたベトナム映画『ソン・ランの響き』 …

連載コラム

映画『ペリカン・ブラッド』あらすじと感想評価レビュー。心理サスペンスとミステリーの手法で社会問題に提起|2020SKIPシティ映画祭11

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020エントリー・カトリン・ゲッベス監督作品『ペリカン・ブラッド』がオンラインにて映画祭上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにておこなわれるデジタ …

連載コラム

【香取慎吾&白石和彌】『凪待ち』映画ロケ地リポ①。塩釜と石巻で出会った震災の傷痕と縁|凪待つ地をたずね1

連載コラム『凪待つ地をたずね』第1回 監督・白石和彌。俳優・香取慎吾。両雄が初のタッグを組んだ映画にして、震災後の宮城県石巻市を舞台に描かれる重厚なヒューマン・サスペンスドラマ。 それが、2019年6 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学