Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ブラックスワン』ネタバレ解説。ラストに向かう悪夢の先はハッピーエンド|偏愛洋画劇場12

  • Writer :
  • こたきもえか

連載コラム「偏愛洋画劇場」第12幕

今回の連載は様々な話題を呼んだサイコ・スリラー映画『ブラック・スワン』(2010)です。

監督は低予算ながら斬新な映像とアイディアで数々の賞を受賞した『π』(1998)や、薬物中毒の人々を描いた『レクイエム・フォー・ドリーム』(2000)。

また、2017年は賛否両論を巻き起こした『マザー!』を発表したダーレン・アロノフスキー監督です。

鬼才がバレエの世界を舞台に、人間に潜む二重性をあぶり出した本作『ブラック・スワン』を、シュルレアリスム的な表現をまじえて解説していきます。

【連載コラム】『偏愛洋画劇場』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ブラック・スワン』あらすじ(*ネタバレ)


(C)2010 Twentieth Century Fox

ニューヨークに住むニナは、幼少期からバレエに励み、現在はカンパニーに所属してバレリーナとしての道を歩んでいます。

ニナの母親のエリカもかつては一流のプリマを目指していましたが、現在は娘のニナに自分が果たせなかった夢を託していました。

エリカの過保護っぷりはすごいもので、ニナがどこにいるか確認したり時には外出を止めたりと束縛しています。

ある日、所属するバレエカンパニーが『白鳥の湖』を上演することになります。

プリマであったベスが年齢を重ねていたため、カンパニーは新たな“白鳥の女王”を決める必要がありました。

カンパニーはフランス人演出家のトマが大胆に振付を変え、より官能的な踊りとして見せることを決めます。

見事白鳥の女王に選ばれたニナですが、女王は純真な白鳥の他に邪悪で官能的な黒鳥も踊らなければいけません。

ニナは新しくやってきたセクシーで奔放なリリーの方が役に合っているのではないかと悩みます。

女王役や母親からの重圧からニナは、だんだん恐ろしい幻覚を見るようになります。

厳しい練習に耐え、狂気を孕みながら迎えた本番初日。白鳥を踊りこなすニナですが、転倒してしまいました。

その後楽屋にやってきて自分が黒鳥を踊ると告げたリリーの腹部を刺し再び舞台に出て、黒鳥を完璧に踊りました。

リリーの遺体を隠そうと楽屋に戻りますがそこには何もありません。実はニナが刺していたのは自分自身だったのです。

フィナーレを迎え、血の滲んだ衣装で倒れこむニナ。観客は拍手喝采し、キャストやトマも彼女の元に駆け寄ります。

「感じた、完璧だったわ」そう残してニナは静かに目を閉じました。


(C)2010 Twentieth Century Fox

ニナを演じたのはナタリー・ポートマン。

トマを演じるのは『アレックス』(2002)や『美女と野獣』(2014)のヴァンサン・カッセル、リリーを演じるのは『ステイ・フレンズ』(2011)や『テッド』(2012)で知られるミラ・クニス。

ニナが憧れ、かつてプリマだったバレリーナ役は90年代を代表する女優であるウィノナ・ライダーが演じています。

シュルレアリスム的な表現に満ちた作風

参考作品:『アンダルシアの犬』(1929)


『ブラック・スワン』にはシュルレアリスム的表現が多く使用されています。

シュルレアリスムとは、無意識のうちに頭の中で起こっていることを表現したもので、道理の分からない不合理な像、表現、描写を並列させた映像が特徴的です。

シュルレアリスム代表する記念碑的な映画は、1929年に発表されたフランス映画『アンダルシアの犬』。

ともに美術を学んでいたルイス・ブニュエルと、サルバドール・ダリによる短編作品です。

2人の芸術家の夢を映像化したこの作品に見られるように、プロットがなく不穏な映像、他のイメージを理解させないイメージが羅列されています。

今回取り上げた『ブラック・スワン』の他に、シュルレアリスムを用いた近年の作品にはデヴィッド・リンチの『ブルーベルベット』(1986)、ミシェル・ゴンドリーの『恋愛睡眠のすすめ』(2006)などがあります。


(C)2010 Twentieth Century Fox

体から現れる棘、他人の顔が自分の顔へ変わる瞬間など、不気味なシーンが多い『ブラック・スワン』ですが、最も記憶に残る恐ろしいシークエンスは『白鳥の湖』公演前日の夜に見るニナの幻覚でしょう。

トマとリリーが舞台裏で行為に及んでいるのを目撃し、リリーの顔が自分の顔に変わっていくのを見たニナは急いで家に帰ります。

家では亡霊のような恐ろしいものが佇み、母親が描いた絵が一斉に笑いかけてきて、彼女は気絶してしまいます。

一連の出来事はすべて不合理なもので、ニナの動揺や恐怖、プレッシャーが幻影となって表れているにすぎません。

『ブラック・スワン』のテーマの1つは“1つではない自我”。

無意識を描くシュルレアリスム的表現が本作をより恐ろしく盛り上げています。

スポンサーリンク

『パーフェクト・ブルー』との類似


(C)2010 Twentieth Century Fox

『ブラック・スワン』に酷似した映画が、今敏監督によるアニメーション作品『パーフェクト・ブルー』(1997)。

今敏監督の大ファンであるアロノフスキー監督は、『レイクエム・フォー・ドリーム』を制作する際特定のシーンを引用するため、リメイク権を買い取ったこともあります。

アイドルだった女の子が女優に転身し、アイドルの“私”が現在の“私”に語りかけてくる、性的な表現を求められる、進もうとする道を阻む存在、夢と現実が交錯するといった内容など。

『ブラック・スワン』は『パーフェクト・ブルー』に似た点を多く持っています。

2つの作品に共通するシンボルが鏡”。割れた破片に映るいくつもの自分の顔や自分とは思えない自分の顔、無限に続く鏡のシーンは潜在する自我が徐々に姿を現していることを確認させます。

清純なニナですが、盗んだ口紅を塗ってトマへ会いに行ったりと勝気な面も持ち、また性へ対しても興味が無いわけではありませんでした。

母親の抑圧を拒み自分を解き放ち、白鳥と黒鳥の両面を持っている“自分”になることができた時の「完璧だったわ」の台詞は何とも力強く、美しいハッピーエンドではないでしょうか。

まとめ


(C)2010 Twentieth Century Fox

数字に取り憑かれた男の現実と妄想を織り交ぜて描いた『π』、完璧な役を目指して痛みさえも忘れて踊るバレリーナを描いた『ブラック・スワン』。

ダーレン・アロノフスキー監督作品には心から欲するものへ突き進んだ時には痛みや恐れも超越するという、一種の恍惚と幸福が描かれています。

現在見ているものだけが現実ではない、無意識が現れた時、虚構が現実よりも強いパワーを持って自分へ迫ってくるかもしれません。

ぜひ、『ブラック・スワン』、『パーフェクト・ブルー』や『π』と合わせて今一度ご鑑賞してはいかがでしょう。

次回の『偏愛洋画劇場』は…

次回の第13幕は、1997年公開のウォン・カーウァイ監督の香港映画『ブエノスアイレス』をご紹介します。

お楽しみに!

【連載コラム】『偏愛洋画劇場』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『華氏119』ネタバレ感想。マイケル・ムーアが映画でトランプの真実を暴く|だからドキュメンタリー映画は面白い1

『ボウリング・フォー・コロンバイン』や『華氏911』といったドキュメンタリー映画で、アメリカ社会が抱える歪みをアポなし取材で徹底的に追究してきた監督マイケル・ムーア。 そのムーア監督の最新作『華氏11 …

連載コラム

【SF映画2021】話題作ランキング5選!劇場公開ベストな洋画邦画の内容解説と見どころを紹介【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車137

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile137 2020年はハリウッドによる大作映画が軒並み延期し、SF映画好きには辛い1年でした。 しかし、その分2021年には大規模な撮影が行われた …

連載コラム

『スイング・ステート』感想考察と内容解説。映画監督ジョンスチュワートが描く総選挙の裏事情と政党政治の混乱|映画という星空を知るひとよ75

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第75回 映画『スイング・ステート』は、共和党と民主党が争った米大統領選でトランプに敗北した民主党選挙参謀が、起死回生を狙って田舎の町長選挙で大波乱を巻き起こす …

連載コラム

NETFLIXおすすめ映画『シー・ユー・イエスタデイ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ|SF恐怖映画という名の観覧車56

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile056 「SF」的な見栄えの良さと脚本の妙が、作品そのものの魅力を高める「タイムトラベル」と言うジャンル。 2019年、遥か昔から数多くの映画が …

連載コラム

映画『燃えよ剣』『沖田総司』感想考察と比較解説。新撰組の“青春”について過去作を紐解く|おすすめ新作・名作見比べてみた8

連載コラム「おすすめ新作・名作見比べてみた」第8回 公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。 第7回のテーマは「新選組」 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学