Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Netflixドラマ『アンビリーバブル』ネタバレ感想。実話・実際の事件を第1〜3話まであらすじ解説|海外ドラマ絞りたて10

  • Writer :
  • 奈香じゅん

連載コラム 海外ドラマ絞りたて 『アンビリーバブル たった1つの真実』第10回

本コラムは、たくさんあるドラマの中で、何を見ようか迷っている読者に参考にして頂こうと企画されました。

今回は、Netflixドラマ『アンビリーバブル』をご紹介します。実際に起きた事件、捜査した刑事、そして実害を受けた被害者を描いたクライムスリラー。本作は2020年度ゴールデングローブ賞のリミテッド・シリーズ/映画作品賞にノミネートされています。

アメリカの非営利・調査報道機関『マーシャル・プロジェクト』と『プロパブリカ』のジャーナリストが偶然同時に事件を取材しており、共同で報道した記事を基にしています。

後にピューリッツァー賞を受賞したこの記事を脚本化したのは、『ポカハンタス』(1995)や『エリン・ブロコビッチ』(2000)の脚本も書いたスザンナ・グラントで、本作の監督と製作も兼務。

全8話のミニシリーズから1話~3話のあらすじをネタバレで掲載し、撮影秘話も含め見所をお伝えします。

【連載コラム】『海外ドラマ絞りたて』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『アンビリーバブル』第1話あらすじとネタバレ


Netflixドラマ『アンビリーバブル』

ワシントン州、リンウッド。社会福祉プログラムの一環で運営されるアパートに独り暮らしするマリー・アドラーは18才。

早朝、彼女から連絡を受けた元養母・ジュディスは、顔色を失い動揺するマリーと一緒に、警察官を待っていました。

駆け付けた制服警官から何が起きたのか訊かれたマリーは、強姦されたと答えます。

覚えていることを話すよう促されるマリー。夜遅くに友人・コナーから電話を受けたマリーは、数時間話してから就寝。

警察がコナーとの関係性を尋ねると、ジュディスが元ボーイフレンドだと代わりに返答。ふと人の気配に目覚めたマリーは、ベッドの側に見知らぬ男が立っているのを発見。

男は、叫べば殺すと脅迫し、マリーの靴ひもを使って彼女の両手を後ろ手に拘束、そしてバックパックから出した布でマリーを目隠しして強姦。警察官は冷静にメモを取りながら、男性は自分の性器でマリーを強姦したのか尋ねます。

目をぎゅっと閉じた後、マリーはそうだと返答。男はマリーのお腹の上に何かを乗せて写真撮影。

目隠しをされているのに、なぜ写真を撮られたと分かるのか質問されたマリーは、フラッシュが焚かれ、口外すれば写真を投稿すると脅迫されたことを説明。

警察官は男が他に何か言ったか質問。想像していたより良くなかったと言ったことをマリーは話します。

マスクを被っていた犯人の特徴はよく分からないと答えるマリーに、警察官は、おおよその身長と人種を質問。

長身の白人。目の色を訊かれたマリーは、茶色ではない明るい色で、グレーのスエットを着用していたと補足。

そこへ2人の刑事パーカーとプルイットが到着。警察官は、マリーがかなりショックを受けていると刑事達に申し送ります。

捜査を担当すると自己紹介したパーカーは、何が起きたのか聞かせて欲しいと言います。

マリーは、もう話したと憤慨。しかし、パーカーは、事件を指揮するのは自分なので、直接マリーから聞く必要があると主張します。

再び事件が頭に蘇るマリー。男の声、突きつけられたナイフ、後ろ手に縛られた自分。

途中で遮ったパーカーは、目隠しとコンドームは犯人が背負ったバックパックで持参し、靴ひもとナイフはマリーの所持品かと確認します。

後で警察署へ出頭した際にまた質問するが、病院へ行って診察を受けるようパーカーは指示します。

病院へ到着したマリーが言われた通り脱いだ下着を渡すと、看護師は証拠と印刷された袋へ入れます。

全身の写真撮影、尿、口の中から綿棒でDNAを採取、そして採血。全ての工程を忍耐強くこなす少女に、看護師は何が起きたのか話すよう指示。

「また?もう警察へ話しました。2人別々に」「申し訳ないけど、記録の為に必要なので」うつむいて目を閉じたマリーの脳裏に強姦された時間が再生されます。

一方、マリーのアパートでは現場検証が行われ、こじ開けて侵入した形跡が無いことが分かり、上階に住むマリーは窓を開けて就寝したのだろうと結論づけられます。

ベッドのシーツから体液の染みを検出し床から抜けた毛を数本収集。指紋の一部分が発見されたものの、指紋識別システムで照合するには不足していると鑑識が説明。

マリーは子供を迎えに学校へ行く時間だとジュディスを気遣います。養母は、時計を見て後で連絡すると言い、マリーを置いたまま病院を出て行きます。

更に診察が続き、麺棒で直腸と膣からDMAを採取。過去72時間以内に、他の男性と同意の下で性行為があったか質問されたマリーは、首を横に振りじっと我慢。

性感染症に罹っている可能性を考慮し抗生物質を渡され、出血などの症状が出た場合、そして自殺を考えるようなことがあれば、指示書に従って記載された電話番号へかけるよう、看護師は事務的に説明。

全て終了した後、疲弊するマリーは刑事から言われた通り警察署へ。パーカーから様子を訊かれ、マリーはひどい頭痛を訴えます。

なるべく早く済ませると前置きしたパーカーは、もう一度最初から事件当夜のことを話すよう言います。

「もう全部話しました」

「辛いとは思うが、被害者は事件のことを話すにつれて詳細を思い出すものなんだ。特に重要なことをね」「犯人を捕まえて他の女性が被害にあわないよう協力して欲しい」理解して頷いたマリーは、再び話し始めます。

訛り等の声の特徴を訊かれたマリーは、普通の声だったと返答。パーカーはメモを取りながら、犯人が着ていたのはスエットなのかパーカーだったのか質問します。

「パーカー」強姦の詳細を尋ねられ、犯人に暴行された時に目隠しの隙間から見えた自分の写真が蘇ります。

必死に耐える為、海で撮った写真を見ながら、マリーは、海へ行った日のことを思い出していたのでした。

男が窓から出て行った後、顔をベッドにこすりつけて猿ぐつわを外し、鋏で縛られた紐を切ったマリーは、ジュディスに連絡した後、隣人のアメリアへ電話。

なぜアメリアへ電話したのかと質問されたマリーは、友人だからと返答。病院が行った検査にパーカーがアクセスする許可同意書に加え、今話したことを全て書くよう用紙を渡されます。

「また?」狐につままれるような気分のマリー。気分が悪く家に持ち帰って書くとマリーは返答。

以下、『アンビリーバブル』第1話ネタバレ・結末の記載がございます。『アンビリーバブル』第1話をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

アパートへ戻ったマリーは、福祉プログラムの同じアパートに住む同年代の仲間に、戸締りをするよう涙ながらに話します。

アメリアの部屋に泊まることになったマリーは、別の元養母・コリーンへ電話。たくさんいる元養母の中で、コリーンは良い人だったとアメリアに説明します。

前夜のことが頭から離れず寝付けないマリーは、コナーに電話。

翌日、別の部屋へ引っ越すことにしたマリーが荷物を整理している所へ、コリーンがやって来ます。

新しく寝具を買う為コリーンと店へ来たマリーは、同じ色のシーツが欲しいと探します。

店員から品切れだと言われますが、予備を確認してくれない店員に対しマリーは八つ当たり。

その後も周囲に対し平静を装うマリーに困惑したコリーンは、ジュディスに連絡し、状況が掴めないと当惑する気持ちを伝えます。

ジュディスは担当刑事のパーカーへ電話してマリーの境遇を説明。虐待されて育ち里親を転々としたマリーは、学校で勤務するジュディスの所で2年間生活。

その後独り暮らしを始めたマリーは、周囲の注目を集めようと不適当な行動が目立ち、マリーが作り話をしているかもしれないと示唆します。

家電量販店で働くマリーは勤務中も上の空で上司から叱責を受けます。そこへパーカーから連絡が入り、供述書を既に届けたにも拘らず再び警察署へ来るよう言われます。

刑事はもう一度事件当夜の詳細を話すようマリーを促し、供述が食い違っていると言い始めます。

刑事は事情を聴くためコナーと面会。その際コナーは、マリーが拘束されてた為足の指でボタンを押して電話してきたと聞いていました。刑事は、自分には手を使って電話したと説明したじゃないかと眉をひそめます。

ジュディスがレイプに懐疑的であり、アパートから侵入者が居たと示す物的証拠も無いと言ったパーカーは、「君は、他人から関心を集めたくてレイプという作り話をしたんじゃないの?」とマリーをじっと見つめます。

誰も信じていないと責められたマリーは、作り話だったとつぶやきます。刑事は、既にこの一件がファイル化されているので、今の話をもう一度供述書へ記載するよう指示。

マリーが書いた用紙を渡すと、プルイット刑事は、「レイプされる夢を見て、余りにもリアルだったので本当に起きたと思った」という部分を読み上げ、暴行が無かったというマリーの話とは異なると苛立ちます。

時間を無駄にするなと怒鳴るプルイットに対し、「確かに起きたと思う。考えないよう意識を遮断したんだと思う」と答えるマリーですが、刑事達は言葉尻を捕まえて話が異なると批判。

更に、刑事達から嘘発見器にかけるとまで言われたマリーは、レイプがでっちあげだと供述書に記載。

アパートを管理するカウンセラーは、皆に事情を説明するようマリーに求め、ビルに住む仲間は酷い嘘をついたと彼女を非難します。

ドラマ『アンビリーバブル』第2話あらすじとネタバレ


Netflixドラマ『アンビリーバブル』

追い詰められたマリーは、橋から投身自殺をしようとして思い止まります。助けを求められたアメリアはマリーを迎えに来ますが、次は自力で家に戻れと冷たく突き放します。

2011年、コロラド州、ゴールデン。カレン・デュバルは、2人の幼い娘を持つ母親でありゴールデン署の刑事。

事件の一報を受け現場へ急行。アパートへ押し入った侵入者にレイプされた22才の女性アンバー・スティーブンソンに、デュバルは気を配りながら質問します。

コンピューター科学を専攻するアンバーは、シカゴから大学進学の為にコロラドへ移り独り暮らし。

シカゴから訪問していたボーイフレンドのエリックが帰った後に起きたと、アンバーは冷静に話します。

他言すれば殺すと脅されたにも拘らず、アンバーは警察に通報したのでした。デュバルは、鮮明に記憶していた詳細が役に立つと感謝を述べます。

犯人はアンバーにシャワーを浴びるよう命じ洗顔もさせていましたが、デュバルは念のためにアンバーの顔からDNA採取をしたいと頼みます。

許可を得たデュバルは、麺棒でアンバーの顔からDNAを採取。手袋をしていた犯人が触れた場所を指摘するようデュバルはアンバーに頼みます。

病院へ同行したデュバルは、体の隅々まで診察されるが、訓練を積んだ看護師は敬意を持つきちんとした人達だとアンバーに説明。

犯人はこれが初めてのレイプだと言ったが、前にもやったと思うとアンバーは自分の確信をデュバルに伝えます。

以下、『アンビリーバブル』第2話ネタバレ・結末の記載がございます。『アンビリーバブル』第2話をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

2008年、ワシントン州、リンウッド。職場に遅刻したマリーは、気もそぞろで仕事に集中できません。涙を堪えながら、新商品のデモンストレーションをこなします。

マスコミがアパートへ押しかけ、悪意の第三者がマリーの電話番号を漏らし、マリーは嫌がらせに悩まされます

マリーを心配するコナーがアパートを訪問。虐待する養父に反発したマリーは、その何倍も殴られた経験を話し、力のある相手には勝てないと幼い時に悟った実感を告白します。

他に興味が移れば人は忘れると、コナーはマリーを励まします。マリーは、お金を貯めて免許を取得して車を買い、何処でも好きな場所へ旅立つ夢を語ります。

コナーは、マリーに自分の車で運転の練習をさせてあげます。久し振りに心が和む時間を過ごすマリー。しかし、アパートに戻ったマリーは、常駐のカウンセラーから郵便を渡され、虚偽罪で起訴されてことを知ります。

犯罪に関われば福祉プログラムから外される規定がある為、マリーはアパートを追い出されるのかとパニックになります。

2011年、コロラド州、ゴールデン。アンバーのアパートへ引き返したデュバルに、現場検証した捜査官が何も出なかったと報告。

デュバルは、アンバーが出席していた授業、車のナンバー、パスポート番号、そして寝る前に鏡に話し掛ける習慣まで犯人が熟知していたとアンバーから聞いたことを話します。

更に、数週間前にアンバーのアパートへ忍び込んだ犯人は彼女のリボンを盗み、アンバーを縛り上げる為に持参していたことも話します。

犯人はアンバーに拳銃を突きつけ4時間レイプ。殺されないよう男に話しをするよう仕向けたアンバーは、暴行犯がアジア等へ旅行し4ヵ国語話せることを聞き出していました。

アンバーの様子を見に病院へ戻ったデュバルに、アンバーはアパートへ帰りたくないと言い友人に電話。それまで何とか平静を保っていたアンバーは声を震わせて泣きだします。

署へ戻ったデュバルはアンバーの供述を反芻。

「拳銃を向けて叫べば殺すと脅迫。白人。写真を撮り、身長は190センチ弱程、体重は80キロ前後。体毛はブロンドで左足のふくらはぎに大きなアザ」

帰宅したデュバルは、夫・マックスから風邪を引いた娘が食事を食べたと聞き安堵します。デュバルは事件についてマックスに相談。

ベッドシーツや枕カバーもバックパックで持ち去った犯人が髪の毛1本、体液も残して行かなかったと聞いたマックスは、自分の管轄で起きた事件に酷似しているので、担当刑事に連絡するよう妻に告げます。

夜、1人で張り込みをしていたグレース・ラスムッセン刑事は、バックパックを背負う不審者を発見。

懐中電灯を向けられた男は憤慨しますが、黒ずくめで女性の暴行事件が先月発生したアパートで何をしているのかとラスムッセンは詰問。

腹を立てた男が何者だと尋ね、ラスムッセンは、ウェストミンスター署の刑事だと身分を明かし、「お前こそ、何者だ」と睨み付けます。

スポンサーリンク

ドラマ『アンビリーバブル』第3話あらすじとネタバレ


Netflixドラマ『アンビリーバブル』

ウェストミンスター署へ連行した男性には事件当夜アリバイがあることが判明します。

3人の姉妹を持つ男性に、ラスムッセンは、もし男性の姉妹の誰かが不可逆的被害を及ぼすレイプにあえば、警察に全力をあげて欲しいと望むはずだと自分の立場を説明。

翌日、ウェストミンスター署を訪れたデュバルは、ラスムッセンにゴールデン署管轄で起きたレイプ事件について話します。

ラスムッセンは、引っ越して来たばかりだの50代女性・サラを犯人が3時間レイプしシャワーを浴びさせたと説明し、現場から半径3キロ圏内を徹底的に捜査したが何も出なかったと続けます。

目撃証言で得た不審者の裏を調査したラスムッセンは、「ろくでなしも居たけど、あたしが探しているろくでなしじゃなかった」と一言。

1ヶ月前に被害に遭った女性は、犯人がピンク色のソニーのデジカメを盗んで行ったと証言。アンバーをレイプした犯人がピンク色のデジカメで自分を撮影したと聞いていたデュバルは、ラスムッセンにそのことを話します。

2人の刑事は情報共有することを決定。ラスムッセンがデジカメを売り買いしていないか質屋をしらみつぶしに回る一方、デュバルは、犯罪被害者給付制度を説明する為にアンバーを訪問。

シカゴからリックが駆けつけており、事件から7日以内に掴まらない暴行犯の検挙率は大幅に低下するのは本当かと質問されます。

統計的には正しいが事件によると言い掛けるデュバルですが、あと5日しか残されていないのにここで何をしているんだと責められます。

署へ戻ったデュバルは鑑識の結果を求めますが、まだ届いていないと返答した部下が確認連絡も入れていないことに対し、デュバルは立腹。

犯人がまた事件を起こすかもしれないという緊張感さえ欠落していると部下を叱責するデュバルは、一生体内に銃弾を抱えるように決して乗り越えられない傷を負うのがレイプだと非難。

常に100パーセントの努力を捧げられないなら、他のチームへ移動しろと言うデュバルの厳しい言葉に、捜査官達は身を引き締めます。

ラスムッセンのファイルを見ていた分析官のミアは、ウェストミンスター署の徹底した捜査に感服。

それを聞いたデュバルは、自分がまだ新米時代に麻薬捜査官だったラスムッセンと一度仕事をしたことがあるとミアに話します。

以下、『アンビリーバブル』の第3話ネタバレ・結末の記載がございます。『アンビリーバブル』の第3話をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

夜、付近の監視カメラが捉えた映像を徹底的に調べたデュバルは、複数のカメラが捉えた同じ白いトラックに気が付きます。

悪夢を見て起き出した娘を隣に寝かせ、髪を撫でながらも画像をじっと見つめるデュバル。

録画画像は不鮮明で車のナンバーは特定不可能。しかし、アンバーの顔から本人のものではないDNAが発見されます。

デュバルはゴールデン署を訪れ、アンバーのアパート付近にも表れた白いトラックが走行するのを別々の監視カメラに計11回映っていると説明。

ラスムッセンの下で働く遺伝学専攻のインターン・イライアスは、採取されたDNAの数が足りない為犯人の特定は出来ないものの、データベースに登録がある場合、血縁関係かどうかまでは判明すると解説。

デュバルは、意識的にDNAを残さない知能の高い犯罪者が少ないことを挙げ、警察官か元警察官の可能性を示唆。

帰宅したデュバルは、見下すような態度を取るラスムッセンの文句を言いながらも、本当は自分が殆ど証拠の無い事件に苛ついていることをマックスに認め、もし夫がラスムッセン担当の事件を教えてくれなければ、連続暴行魔の線を見逃していたと感謝。

そこで、デュバルは、管轄の異なる警察が交流しないことを犯人が知っているかもしれないと疑い始めます。夜勤に行く夫は妻を励まして警察署へ。

一方、ラスムッセンは、司法長官事務所で勤務する夫・スティーヴが汚職警官を調査したことがあることを思い出します。

翌日、ウェストミンスター署を訪れたデュバルは、同じ町で犯行を重ねなければ、殺人以外の犯罪を細かくシステムに登録しない署員の習慣についてラスムッセンと論議。

コロラド州に在る8つの警察署が知らずに同一犯を追っている可能性に気づいたラスムッセンは、デュバルが持参した書類の束を一瞥し、群で起きた全てのレイプ事件ファイルを持って来たのか尋ねます。

「州全部」「過去3年遡ったの?」「5年」そう答えたデュバルに、ラスムッセンは、「ビッチ!あんたよくやったわね」と彼女なりの表現で賞賛し、電話をかけまくって調べようと身を乗り出します。

2人は、1件1件の担当刑事に連絡し、同様の手口による犯行かどうか聞き取り調査を開始。

デュバルとラスムッセンは帰宅し家族と食事をする間も電話する手を休めず、夜遅くまで続行。

他に酷似する事件を発見したラスムッセンは、18ヶ月前に同じ手口でレイプされたドリス・レイヤードという高齢女性のことをデュバルに説明。

本日付で合同捜査へ切り替え、FBIとCBIも巻き込み使えるものは全て利用し、次の犠牲者が出る前に犯人を必ず挙げると鋭い眼差しでデュバルを見つめます。

『アンビリーバブル』第1話から3話の見どころ


Netflixドラマ『アンビリーバブル』

被害者の実体験が伝わる描写

強姦に遭った被害者は警察に届けることを躊躇すると言われています。

それは、アメリカでも同じで、性的暴力における米国最大規模のネットワークRAINNによれば、被害に遭った女性の内(女子大学生は20%)30%しか警察に届けないと報告。

劇中で描かれる最初の被害者マリーは、通報に駆け付けた警察官、刑事、更に検査を受けた先のクリニックでも事務処理を理由に、繰り返し事件の詳細を話さなければならない様子が克明に描かれています。

筆舌不可能な肉体的且つ精神的ダメージを受けた被害者が何度も追体験させられてしまい、被ったトラウマがより強固な記憶として残ってしまうことが見る側に伝わります。

また、犯罪が起きた後に取る被害者の反応は人それぞれ違いがある一方、女性達は皆時間が経過しても恐怖から逃れられず、言うに言えない苦しみと無念さに抗えない様子を圧倒的なリアリティで描写。

報道を見聞きするだけでは知りえないという観点からも、被害者の立場に対する理解を深める意義のあるドラマだと言えます。

それにしても、マリーに対応したワシントン州リンウッド警察の対応は驚天動地。

事件を取材しプロパブリカと共同出版したマーシャル・プロジェクトのケン・アームストロング氏はアメリカPBSの報道番組に出演し、当時18才だった被害者のマリーさんが犯罪者の様に尋問されたと明言しています。

“あの最初に警察が捜査していれば、軍の記録で身元が割れて早い段階から容疑者になっていただろう”と連続強姦犯自身が語っていることも併せて記事の中で伝えています。

アームストロング氏は本作の製作者に名前を連ねており、「取り調べ自体がトラウマになってしまう様子をきちんと捉えている」とコメントし、クリエイターであり脚本を執筆したスザンナ・グラントへ賛辞を送りました。

そして、アームストロング氏に再びインタビューを受けたマリーさんご本人はドラマに感謝していると述べ、リンウッド警察署での刑事による事情聴取の場面は、「完璧」だと感想を伝えたそうです。

「今は何とかやっています。残りの人生を台無しにしたくなかったんです。犯人にそんな満足感は与えたくなかった。」そうマリーさんは、近況を話しています。

ラスムッセン&デュバル刑事

最初に登場するのがコロラド州ゴールデン警察署のデュバル刑事。被害に遭ったばかりの女子大生・アンバーへ見せる配慮はプロフェッショナルを窺わせます。

当然身構える気持ちでいるであろうアンバーへ近すぎず且つ遠ざけない絶妙な距離感を取り、質問やDNAの採取も「もし貴女が良ければ」と言葉を添え相手の承諾を得てから行っています。

柔らかい物腰でソフトな声で話すデュバルですが、酔った女性に性行為を強要した大学生を参考人として呼び出した際、同意の上だといけしゃあしゃあとしらばっくれる大学生に対し、氷のように冷たい視線で睨みつけます。

どんな細かいことも見逃さず、何十時間もかけて付近の監視カメラが捕らえた車両1台1台のメモに取る姿は、デュバルの必ず捕まえるという覚悟と不屈の精神を描写。

デュバル刑事の静かな怒りを見事に表現したのは、テレビドラマ『ナース・ジャッキー』でエミー賞助演女優賞を受賞し、『マリッジ・ストーリー』(2019)にも出演したメレット・ウェーバー。

そして、人に媚びへつらわず男勝りのラスムッセン刑事は、デュバル刑事が尊敬する相手であり、麻薬の潜入捜査をした経験も持ち徹底した捜査を行います。

容疑者を特定するまでは一喜一憂せず冷静である一方、怪しいと目を付けた相手のデーターを夫に無理やり手に入れるよう何度も頼む姿は、刑事の執念を感じさせます。

そのラスムッセン刑事を演じたのはトニー・コレット。ウェーバーが一緒に共演できて嬉しかったと話す『シックス・センス』(1999)の演技でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた実力派俳優。

ウェーバーとコレットは、ドラマに出演するにあたり、実際に起きた事件の実在の刑事を演じる以上、責任と義務感を持って臨んだとインタビューで話しています。

ケイトリン・ディーヴァー

本作は、ケイトリン・ディーヴァー演じるマリー・アドラーが大変重要な位置を占めています。

レイプだけではなく、警察の不適切な対応という2重の被害を被ったマリーさんご本人は、幼い頃から虐待を受けたサバイバーでもあるのです。

劇中でも触れている通り、食べ物を与えてもらえず、ドッグフードを食べざるを得ない過去を乗り越えた18才の少女は、寝ているところを突然襲撃されます。

嘘をついたと供述するよう警察に強要されたあげく偽証罪で訴えられた彼女は、その後ワシントン州から遠く離れた2人の刑事が犯人を逮捕するまでの3年近く、たった1人で過ごしています。

本作の脚本を読み、背景を知ったディーヴァーは、「胸がつぶれるような思いがした。マリーの為にやろうと心に決めたんです」とインタビューで明かしています。

メソッドアクターではないと話すディーヴァーですが、撮影期間中ずっと役のままで過ごし、きちんと伝えなければという思いしかなかったと告白。

マリーが重要な登場人物である理由は、ディーヴァーの迫真の演技が犯罪被害者に対するより深い理解と共感を呼ぶからです。

思春期の18才が食べる為に働き、自立し、周囲の誰からも理解されないまま必死に踏ん張り日々を生き延びていく姿を、ディーヴァーは痛々しいほどの説得力で表現しました。

スザンナ・グラント率いる『アンビリーバブル』の製作者達は、このドラマを通し事件の周知と被害者への理解を深めることを目的とし、凶悪犯(本名マーク・オリアリー)を追い詰めていく過程を物語化。

2011年12月、裁判官は、18才から65才の女性を次々襲った被告を断罪し最高刑である仮釈放無しの327.5年を言い渡しました。

本作の終盤、マリーがデュバル刑事へ電話をかける場面。実際に、マリーさんご本人がありがとうと伝える為に電話をしたエピソードを描いています。

スポンサーリンク

まとめ


Netflixドラマ『アンビリーバブル』

ある明け方、マリー・アドラーは就寝中に侵入してきた男に強姦されます。しかし、マリーは何度も被害の詳細を話すよう要求されて疲弊。更に、養母の疑念を聞いた警察はマリーを尋問し、強姦が作り話だと供述の変更を強要。

一方、捕まらないことに味を占めた犯人は、同じ手口で犯罪を繰り返しエスカレートしていきます。

デュバル刑事とラスムッセン刑事は、それぞれの地域で起きる強姦事件の類似点に気づき管轄の壁を越えて合同捜査を新たな実行し、地を這うような執念で犯人を追い詰めていきます。

ドラマ『アンビリーバブル』は、事件を取材したジャーナリストを含め社会認識を高めたいと願う多くの人が結集し製作した力作です。

関連記事

連載コラム

映画『ピアッシング』ネタバレあらすじと考察。ラブロマンスは異常な男女のダークな一夜に震えろ|サスペンスの神様の鼓動18

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介する作品は、激しい殺人衝動に取り憑かれた真面目 …

連載コラム

『キャプテンマーベル』ネタバレ感想。 エンドゲームへと続く最強系女子を見よ|最強アメコミ番付評28

連載コラム「最強アメコミ番付評」第28回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は予定を変更して、3月15日に公開された『キャプテン・マーベル』を考察していきます。 MCUシリーズ第21作目にして、初の女 …

連載コラム

NETFLIX映画『ルシッドドリーム』ネタバレ感想と考察。明晰夢を使いSFとミステリーを融合させた秀作|SF恐怖映画という名の観覧車99

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile099 寝ている間に見る「夢」は自己の欲求を表現しているとも、または脳が自動的に記憶の整理を行っているとも言われていました。 基本的に自身が見て …

連載コラム

韓国映画『未成年』あらすじと感想レビュー。初監督キム・ユンソクが大胆にドロ沼愛憎劇を描く|2019SKIPシティ映画祭11

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・キム・マンドク監督作品『未成年』が7月20日に上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマの祭典が、2019年 …

連載コラム

ジュラシックワールドとパークの新旧3部作から見える奇妙な類似性|SF恐怖映画という名の観覧車5

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile005 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションや、地上波での放送で一般的にも広く知れ渡っているモンスター・パニック映画、「ジュラシック …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP