Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『RBG最強の85才』感想と内容解説。ドキュメンタリーで見つめる全米で最も尊敬される女性の半生|だからドキュメンタリー映画は面白い15

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第15回

アメリカの女性や若者たちから絶大な尊敬を集める、「RBG」とは何者?

『だからドキュメンタリー映画は面白い』第15回は、2019年5月10日から日本公開される『RBG 最強の85才』。

85歳(2019年3月で86歳)で現役の最高裁判所判事としてアメリカで広く知られる女性、通称「RBG」ことルース・ベイダー・ギンズバーグの軌跡をたどります。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『RBG 最強の85才』の作品情報

(C)Cable News Network. All rights reserved.

【日本公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
RBG

【監督】
ジュリー・コーエン、ベッツィ・ウェスト

【キャスト】
ルース・ベイダー・ギンズバーグ、ビル・クリントン、バラク・オバマ、シャナ・クニーズニク

【作品概要】

若き弁護士時代からアメリカの法を変え、最高齢の女性最高裁判事となった「RBG」こと、ルース・ベイダー・ギンズバーグの軌跡をたどったドキュメンタリー。

監督とプロデューサーを、ジュリー・コーエン、ベッツィ・ウェストの2人の女性が担当。

本作は、第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞及び、ジェニファー・ハドソンが歌うバラード『I’ll Fight』が歌曲賞にノミネートされました。

映画『RBG 最強の85才』のあらすじ

(C)Cable News Network. All rights reserved.

1933年ニューヨーク、ブルックリンで生まれたルース・ベイダー・ギンズバーグ。

弁護士時代から、女性やマイノリティの権利発展に努めたのみならず、男性を含めた性差別撤廃なども目を向けてきました。

そんな彼女は、1993年にビル・クリントン大統領に、女性として史上2人目となる最高裁判事に指名。

以降、若者を中心に絶大な支持を得るアイコン「RBG」となった彼女は、いかにして誕生したのか。

ルースの家族や友人、同僚へのインタビューを踏まえた彼女の知られざる素顔に触れつつ、終生彼女を支え続けた夫マーティンとの夫婦愛も描かれます。

スポンサーリンク

伝記映画も製作されたルース・ベイダー・ギンズバーグとは?

(C)Cable News Network. All rights reserved.

アメリカでは「RBG」の愛称で知られる、ルース・ベイダー・ギンズバーグ。

2019年時点で86歳となる彼女は、現役の連邦最高裁判事です。

ほとんど男性が占めた1950年代後半のアメリカの法曹界において、弁護士を目指したルースは、自身も性差の壁に直面しながらも、男女平等を巡る裁判6件を最高裁で争い、うち5件で勝訴するなど、男女差のある法律を一つ一つ覆していきました。

日本では2019年3月に公開された伝記映画『ビリーブ 未来への大逆転』では、オスカーノミネート女優のフェリシティ・ジョーンズがルースを熱演。

ルースが1971年に取り組んだ、母親を介護する独身男性のヘルパー代の税控除認可を求める裁判が描かれました。

参考映像:『ビリーブ 未来への大逆転』予告

グッズも発売、アメリカで最も尊敬される女性に

ルースの“RBG”という愛称が誕生したきっかけは、一人のロースクールの女学生でした。

ルースが裁判の際に発するリベラルな立場での意見(その大半が反対表明)に感銘を受けた学生のシャナ・クニーズニクが、24歳で夭折したヒップホップアーティストのノトーリアスB.I.G.にちなみ、2013年6月に「ノトーリアスRBG」というタイトルのブログを開設。

このブログに、ルースの数々の発言や彼女の写真が続々と投稿されたことで、若い女性を中心に熱狂的な支持を獲得し、彼女は80歳にしてブレイクを果たします。

その人気ぶりは、絵本の題材になったり、Tシャツ、マグカップといったノベルティグッズまで作られるほど。

また、アメリカの長寿バラエティ番組『サタデーナイト・ライブ』では、コメディエンヌのケイト・マッキノン(2016年のリブート版『ゴーストバスターズ』に出演)がルースに扮したコントも作られました。

ちなみに、本作ではルース本人がこの番組を観て感想を言うシーンもあります。

参考映像:『サタデーナイト・ライブ』のRBGコント

オシャレにも気を配り、素晴らしすぎる夫に支えられる

(C)Cable News Network. All rights reserved.

全米で性別・人種問わず愛されているルースですが、本作で映し出される彼女は、至って謙虚で控えめです。

それでいて、最高裁時に着る法服に飾り襟を付けるセンスの良さを発揮すれば、時間を見つけてはワークアウトに勤しみ、趣味のオペラ観劇に足を運びます。

一方で家族との時間も大切にし、孫娘との会話も楽しみます。

家族といえば、彼女を支え続けた夫マーティンとのエピソードも。

『ビリーブ 未来への大逆転』では、妻に深い愛情を注ぎサポートしていたマーティンの姿が描かれましたが、劇中での内助の功ぶりが決してフィクションではなかったことが、本作で伺えます。

スポンサーリンク

映画製作前と完成後で大きく揺れたアメリカ

(C)Cable News Network. All rights reserved.

本作『RBG 最強の85才』の製作が本格始動したのは2015年1月ですが、監督とプロデューサーを共に兼任したジュリー・コーエンとベッツィ・ウェストの2人は、それより前からルースを被写体としたドキュメンタリー企画を進めていました。

そして、伝記映画の『ビリーブ 未来への大逆転』も、2014年時点で脚本の草稿が出来上がっています。

2作とも時系列的に見て、RBG人気が急上昇したことが企画立案の根本要因となったのは、ほぼ間違いないでしょう。

しかし、これらの作品が製作され公開された2015年から2018年のアメリカでは、いくつかの予期せぬ事態が起こりました。

一つは、2016年のドナルド・トランプ大統領就任。

移民排斥や人種差別的な言動に加え、自身の過去のセクハラ騒動まで取り沙汰されるなど、ルースが長年尽力してきた人権発展や差別撤廃の真逆をいく人物が、アメリカのトップになってしまったのです。

そしてもう一つは、2017~18年の「#MeToo」、「Time’s Up」運動です。

ハリウッドの大物映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインによる、女優たちへの長年のセクハラ行為が明るみになって以降、SNSでハッシュタグ「#MeToo」を付けての告発が、世界中に拡散。

それに追随するように、社会的・経済的待遇を含むあらゆる差別やハラスメントを撲滅する「Time’s Up」基金が設立されました。

こうした運動も、元をたどればトランプ政権発足が関係していると思われ、さらに言うとルースはトランプについて、彼が大統領候補者だった頃から「偽善者」と非難しています。

映画の企画立案こそルース人気にあやかったものかもしれませんが、いざ作品が完成・公開された頃には、この2作品が大きな意味合いを持って迎えられることになるとは、製作者たちも予想だにしていなかったのではないでしょうか。

「私の仕事はまだ終わっていない」

(C)Cable News Network. All rights reserved.

近年、ルースは2度のがん手術を行ったり、2018年11月には転倒して肋骨を折るケガを負ったりしているため、体力的にも年齢的にも引退が囁かれています。

そうした声に対し彼女は、「限界を感じたら身を引くと思う」と言いつつも、一方で「私の仕事はまだ終わっていないから、それまでは辞められない」とも答えています。

性格は謙虚で控えめながらも、言うべきことは言う。

「男性判事は性差別の存在を知らないから、幼稚園の先生になったつもりで説き続ける」といった語録を数多く残してきた80代のワンダーウーマン、RBG。

そんな彼女は、今日もダンベルを持ち上げるのです。

次回の「だからドキュメンタリー映画は面白い」は…


(C)2015, NORTH END PRODUCTIONS

次回は、2016年公開の『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』。

『ボウリング・フォー・コロンバイン』(2003)のマイケル・ムーア監督が、アメリカ政府の片棒を担ぎ、世界で侵略と略奪(?)の限りを尽くします。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

AIやスマホを題材にした映画おすすめ4選。インターネット技術の躍進が人の悪意を引き起し“闇”となる|SF恐怖映画という名の観覧車88

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile088 インターネットが広く普及したことで、人々の暮らしは劇的に変化しました。 しかし、インターネットに接続することの出来るスマートフォンが1台 …

連載コラム

映画『ドーナツキング』感想解説と考察評価。一文無しから億万長者へ資産2000万ドル (約21億6000万円)を所有する“ドーナツ王”|だからドキュメンタリー映画は面白い64

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第64回 今回取り上げるのは、2021年11月12日(金)より、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開の『ドーナツキング』。 『エイリアン』(1979)、『グ …

連載コラム

『仮面ライダー剣ブレイド』感想と評価解説。トランプと昆虫のダブルモチーフが平成版の特徴的な魅力|邦画特撮大全40

連載コラム「邦画特撮大全」第40章 平成仮面ライダー第4弾である『仮面ライダー剣』(2004~2005)が今年放送開始から15周年をむかえました。 そのため椿隆之、森本亮治、梶原ひかりといったメインキ …

連載コラム

【ネタバレ徹底解説】劇場版ウルトラマンR/B(ルーブ)セレクト!絆のクリスタルを詳細に読み解く|邦画特撮大全37

連載コラム「邦画特撮大全」第37章 今回取り上げる作品は2019年3月8日から公開された『ウルトラマンR/B(ルーブ)セレクト!絆のクリスタル』です。 本作は2018年に放送された特撮テレビドラマ『ウ …

連載コラム

映画『アミューズメント・パーク』感想評価と考察解説。ロメロ監督が描いた現代社会への“風刺”|SF恐怖映画という名の観覧車151

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile151 現代の日本で暮らす以上、切っても切り離せない問題となる「少子高齢化」。 2045年には15歳以下の若者がおよそ10%、65歳以上の高齢者 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学