Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/06/25
Update

中国アニメ『DAHUFA 守護者と謎の豆人間』感想評価とレビュー解説。“すごいと面白さ”は人間への皮肉満載のバイオレンスで大人をターゲットにした異色作|SF恐怖映画という名の観覧車146

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile146

中国映画市場ではアニメ映画は「子供向け」と考えられ、大人をターゲットとしたアニメ作品の製作は行われていませんでした。

しかし、2020年に公開された『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』(2020)が世界で大ヒットを記録し、日本では有名声優を起用した専用の吹き替え版が製作されるなど中国産アニメ映画は確かな印象を残し始めています。

そして2021年、中国から「大人」をターゲットに製作された重厚かつエンタメ性の強いアニメ映画がついに日本上陸。

『DAHUFA -守護者と謎の豆人間-』が、2021年7月23日(金・祝)より池袋HUMAXシネマズほか全国順次公開となります。

今回は容赦のないサスペンスとバイオレンスなアクションが光る中国産アニメ映画『DAHUFA 守護者と謎の豆人間』(2021)の魅力をたっぷりとご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『DAHUFA 守護者と謎の豆人間』の作品情報


(C)Enlight Pictures. (C)FACEWHITE PICTURES.

【日本公開】
2021年(中国映画)

【原題】
大護法

【監督】
不思凡

【声のキャスト】
シャオ・リアンシャ、フェン・シェン、チン・シーチェ、チャン・ヨウ、グアン・ショウトウ

映画『DAHUFA 守護者と謎の豆人間』のあらすじ


(C)Enlight Pictures. (C)FACEWHITE PICTURES.

皇位に関心の無い衛(イーウェイ)国の皇太子を護衛する守護者のダフファーは、辺境の地で皇太子を見失ってしまいます。

近隣の村で皇太子の行方を探すダフファーでしたが、村の住民は余所者であるダフファーを襲撃。

同じ容姿で何も喋らない村の住民「豆人間」の謎、そして統治者の恐怖による絶対統治が成された村の秘密にダフファーと皇太子は巻き込まれていき……。

スポンサーリンク

中国初の年齢制限付きアニメ


(C)Enlight Pictures. (C)FACEWHITE PICTURES.

中国には劇場公開映画に対し年齢で入場制限を行う制度が存在せず、劇場公開される映画は実質的に誰もが鑑賞できます。

しかし本作は、過激な表現を多用していることから製作側が自主的に13歳以下の鑑賞を自粛するように求め、中国アニメ映画初の年齢制限付き作品となりました。

その制限は決して過剰反応ではなく、劇中ではヴィランとなる村の殺し屋だけでなく主人公のダフファーも容赦なく相手を殺害。

頭が吹き飛び、四肢がもげ、胴体が切断される、容赦のないバイオレンスな表現からはアニメが「子供向け」と認識される中国で「大人向け」として本作を完成させた製作陣の本気の姿勢を感じることが出来ます。

「豆人間」の正体に迫る良質なサスペンス


(C)Enlight Pictures. (C)FACEWHITE PICTURES.

全員が同じ顔の、人間に良く似た「豆人間」が住民の大多数を占める謎の村。

そこでは統治者によって豆人間が家畜のように扱われ、花の生える奇病にかかった豆人間は同じ豆人間の兵士によって処刑されています。

豆人間は余所者であるダフファーを襲撃し、皇太子を守ることを使命とするダフファーもまた躊躇うことなく豆人間を返り討ちにしていきます。

しかし、豆人間たちは決して無感情なわけではなく一人一人が自身の意思を持っていることが分かり始め、村に隠された「大きな陰謀」に物語の焦点が当たることになります。

「統治者が豆人間を管理する理由」と「皇太子の失踪とその黒幕」が深く絡み合う本作は、社会と隔絶された村とその秘密を探る良質なサスペンス性も魅力となっていました。

バイオレンスだけが魅力じゃない!


(C)Enlight Pictures. (C)FACEWHITE PICTURES.

容赦のないバイオレンス表現は大きな魅力の一つではありますが、本作の持つ映画としての魅力はそれだけには収まりません。

不穏な空気を放つ「村」が恐怖の対象となるサスペンス的ストーリーの裏に、人間の抱える問題に対する皮肉ともとれるメッセージとヒューマンドラマが内在された物語は単なるバイオレンス映画とは一線を画すものとなっています。

恐怖によって強いられていた制度への反発


(C)Enlight Pictures. (C)FACEWHITE PICTURES.

前述したように豆人間たちは無感情ではなく、個々に感情を持っています。

しかし、感情を持つことが処罰の対象となるだけでなく、同種から嘲笑の的となってしまうため多くの豆人間が感情を隠し生きています。

本作では「なぜ感情を持ってはいけないのか」と言う根本的な理由も知らないまま、自身を利用しようとする人間に有利なルールを周囲の空気に押され受け入れてしまう人間の弱さを、「豆人間」と言う存在を通し本作は描いており、盲目的に従うことへの疑問を投げかけていました、

世界の残酷さを知り成長する皇太子の物語


(C)Enlight Pictures. (C)FACEWHITE PICTURES.

本作の主人公は皇太子を守る使命を持つダフファーではありますが、守られる存在である皇太子もまた物語の上で重要な視点を担っています。

皇位を継承する立場でありながら、指導者の座に興味のない皇太子は領土を遊び歩いている最中に「村」へと引き込まれてしまいます。

道中で豆人間の一人と奇妙な友情を育んでいた皇太子は、村の現状と統治者を目撃し、「人道のあるべき姿」を考え始めます。

圧倒的な戦闘力と強い意志を持って皇太子を守ろうとするダフファーに対し、道の定まらない皇太子と豆人間はお互いに影響を与えながら村の秘密へと迫っていきます。

意思を持った者を蔑ろにしてまで効率を求める現代社会への皮肉とも捉えられる「世界の残酷さ」を知り、決意を持ち始める皇太子にも注目して欲しい作品です。

スポンサーリンク

まとめ


(C)Enlight Pictures. (C)FACEWHITE PICTURES.

緊張感のあるハイクオリティなアクションと、全体に漂う不穏なサスペンスの要素が光る本作。

一方でキャラクターも魅力的であり、主人公ダフファーと皇太子の皮肉を言い合いながらも強い信頼関係を持つ2人のバディ感も見どころの一つ。

時にバイオレンスな描写にドキドキし、作品に込められた強いメッセージに考えさせられ、そして登場人物の掛け合いに心動かされる。

中国が世界に放つアニメ映画『DAHUFA 守護者と謎の豆人間』は、「大人向け」のアニメとして全く遜色のない重厚かつエンターテイメント性抜群の良作映画となっていました。

『DAHUFA -守護者と謎の豆人間-』は、2021年7月23日(金・祝)より池袋HUMAXシネマズほか全国順次公開


関連記事

連載コラム

映画『アトランティス』あらすじと感想レビュー。審査員特別賞を受賞したドキュメンタリー手法とリアリズムを追究|TIFF2019リポート14

第32回東京国際映画祭・コンペティション部門『アトランティス』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日 …

連載コラム

フィアーストリートPart2:1997|ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ホラー映画歴代の定番と言えるサマーキャンプを襲う⁉︎魔女の呪いと殺人鬼を描いたの第2弾|Netflix映画おすすめ47

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第47回 夏の暑さが本格的になり、ホラー映画が恋しくなる季節に始まったホラー映画シリーズ「フィアー・ストリート」。 映像配信サービス「Net …

連載コラム

映画『ラスト・フル・メジャー 』感想解説と評価レビュー。米国空軍兵ピッツェンバーガーの実話を映像化したドラマで勲章授与の意味を探る|映画という星空を知るひとよ49

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第49回 ベトナム戦争で自らの命を犠牲にして仲間を救った米国空軍兵士、ウィリアム・H・ピッツェンバーガー。 ピッツェンバーガーの実話に感銘を受けたトッド・ロビン …

連載コラム

【ネタバレ感想】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2リミックス|家族をも超えていく仲間の絆|最強アメコミ番付評19

こんにちは、野洲川亮です。 今回は、前回の記事『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に引き続きシリーズ第2弾となる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』を考察していきます。 続編で、よりパ …

連載コラム

堀潤映画『わたしは分断を許さない』感想とレビュー評価。表現の自由の世界から問題意識を投げかける|だからドキュメンタリー映画は面白い39

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第39回 ジャーナリスト堀潤が5年の歳月をかけて追った、世界の「分断」。 今回取り上げるのは、2020年3月7日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学