Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/11/22
Update

Netflixカウボーイビバップ1話|ネタバレ感想評価と考察解説。実写ドラマはアニメ原作に忠実?フィアレスの意味やオリジナル展開も紹介【宇宙のカウボーイよ再び1】

  • Writer :
  • 河合のび

特集コラム『宇宙のカウボーイよ再び』第1回

2021年11月19日(金)より全世界にて独占配信が開始された、Netflix実写ドラマ『カウボーイビバップ』。

宇宙を股にかける“賞金稼ぎ(カウボーイ)”の活躍を描き、1998年に日本で制作・放送された同名人気アニメを、ハリウッドにて実写化した作品です。

本記事では実写版『カウボーイビバップ』の第1話「カウボーイ・ゴスペル」をネタバレあらすじありで考察・解説。

原作のアニメ版第1話「アステロイド・ブルース」との違いやシリーズへのオマージュ描写、実写版のオリジナル描写について紹介していきます。

【Netflix『カウボーイビバップ』特集コラム】『宇宙のカウボーイよ再び』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

Netflix『カウボーイビバップ』の作品情報


Netflix『カウボーイビバップ』

【配信】
2021年(Netflix独占配信)

【原作】
矢立肇『カウボーイビバップ』

【企画】
アンドレ・ネメック

【脚本】
クリストファー・ヨスト

【音楽】
菅野よう子

【キャスト】
ジョン・チョー、ムスタファ・シャキール、ダニエラ・ピネダ、アレックス・ハッセル、エレナ・サチン

【日本版吹き替えキャスト】
山寺宏一、楠大典、林原めぐみ、若本規夫、高島雅羅

【作品概要】
1998年に日本で制作・放送された同名の人気アニメをハリウッド実写化。宇宙を股にかける賞金稼ぎ(カウボーイ)の活躍を描いたSFアクションを描く。

実写版では日本版吹き替えのキャストとして、主人公スパイク・スピーゲルを山寺宏一、ジェット・ブラックを楠大典、フェイ・ヴァレンタインを林原めぐみ、ビシャスを若本規夫、ジュリアを高島雅羅が演じる。

Netflix『カウボーイビバップ』第1話「カウボーイ・ゴスペル」のあらすじとネタバレ


Netflix『カウボーイビバップ』

「ワタナベ・カジノ」を襲撃する強盗グループ。その主犯格で150万ウーロンの賞金首タナカは生き残りの店員キャロルに、上司の片目を潰したせいでカジノをクビになったという自身の身の上を語ったのち、彼女を撃ち殺そうとします。

しかしエレベーターで真正面からやってきた賞金稼ぎ(カウボーイ)のスパイク・スピーゲル、彼の賞金稼ぎ仲間でビバップ号の船長ジェット・ブラックが現れ、強盗グループを瞬く間に制圧。

強盗犯の一人が光線銃ディスラプターで壁に大きな穴を空けたことで、カジノ船内から宇宙空間へと吹き飛ばされそうになるというアクシデントもありましたが、無事賞金首であるタナカの確保に成功します。

雨の水溜りに落ちる一輪のバラ、銃、バラのタトゥーの女……一仕事を終えビバップ号内の寝室で眠りについていたスパイクは、そんな夢から目を覚まします。

賞金首タナカの身柄引き渡しと懸賞金受け取りのため、木星の第二衛星エウロパにある警察署へと向かうビバップ号。このところの赤字続きに頭を抱えるジェットは、間近に控える娘キミーの誕生日のためにも久々の黒字を願っていました。

その頃、バー「エル・レイ」に姿を現した男アシモフと妊婦らしき恋人カテリーナ。点眼することで一時的に身体能力の向上をもたらす非合法の目薬「レッドアイ」を組織から持ち出したアシモフは、それを売りさばき大金を手に入れ、カテリーナとともに高飛びすることを企んでいました。

店主にまがい物と疑われ、自らの眼にレッドアイを一滴さすアシモフ。その効果は凄まじく、レッドアイの回収とアシモフの始末に来た組織の構成員たちさえも単身で返り討ちにしてしまいます。

一方、位相差空間ゲートによる宇宙空間内の高速移動を経てエウロパに着き、身柄引き渡しと懸賞金受け取りを終えるジェット。賞金150万ウーロンからカジノ船の修理代や手数料を差し引かれてしまい、実際に受け取ったのは船の燃料代程度しか賄えない、たった10万ウーロンでした。

しかし警察署で会った知人の刑事チャルマーズに「ジェットの元妻から頼まれて」とバーでの事件に関する情報を流してもらったジェットは、250万の懸賞金がかけられたアシモフを捕まえることをスパイクに提案。二人はアシモフがまだ潜伏していると思われるニュー・ティフアナへと向かいます。

ニュー・ティフアナに到着したジェットは、事件が起こったバーへ聞き込みに。そこで、自分よりも先に「紫色の髪の女」が同じことを尋ねにバーへ来たという情報を知ります。

一方、街で聞き込みを続けるスパイク。アシモフが事件時に銃弾で負傷していると聞かされていた彼は、治療のため病院や診療所に向かうのではと考えていましたが、その予想通りアシモフは銃創の治療を受けている最中でした。

やがてスパイクはアシモフが治療を終えるのを待つカテリーナと遭遇。彼女の咥えていたタバコに火を点けてやり、他愛のない会話の中でアシモフの居所を探ろうとしますが、突然背中に銃を突きつけられます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには
Netflix『カウボーイビバップ』第1話「カウボーイ・ゴスペル」ネタバレ・結末の記載がございます。Netflix『カウボーイビバップ』第1話「カウボーイ・ゴスペル」をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


Netflix『カウボーイビバップ』

銃を向けてきたのは、「紫色の髪の女」張本人であり賞金稼ぎのフェイ・ヴァレンタイン。彼女のターゲットはあくまでもカテリーナであり、それは有名な権力者である彼女の父親エリス・モンゴメリによる命令でした。

ターゲットをめぐり争うスパイクとフェイ。しかしその状況に気づいたアシモフはカテリーナとともにその場から逃げてしまいます。

ビバップ号へ戻ったスパイクは、船内のトイレ内にフェイを拘束。またアシモフがレッドアイを盗んだゆえに組織にも追われているとジェットから聞かされた彼は、組織の揉めごとに関わるべきではないと苦言を呈しますが、ジェットはそれでもアシモフを追い続けると答えます。

逃走用の宇宙船を強奪すべく、民間の宇宙港へ向かうアシモフとカテリーナ。しかし二人の次の行動を予測していたスパイクとジェットは、すでに待ち伏せをしていました。

「カテリーナだけでも逃がす」というスパイクの説得にも応じないアシモフ。再び組織の構成員たちも姿を現し、銃撃戦が始まります。

その最中、カテリーナの腹部にあたる銃弾。しかしその腹からこぼれ出てきたのは、彼女がアシモフの代わりに隠し持っていた大量のレッドアイ入りの小瓶でした。

次々と倒れていく構成員たち。その一人チヴォはスパイクを見て「フィアレス」と呼び、「死んだはず」「始末したはず」と口にします。対して「死んだままにしておきたい」と答えるスパイクはチヴォを撃ち殺しますが、話を陰で聞いていた構成員はその場から逃げ去ります。

混乱に乗じて船に乗り込もうとするアシモフとカテリーナ。ところが、行く手を阻んできたジェットを絞め殺そうとしたアシモフが、拘束を解いて現場に駆けつけたフェイに撃たれます。それでも船に乗って逃げようとする二人を、スパイクは愛機「ソードフィッシュⅡ」で追います。

幼い頃に訪れ、アシモフと行くことを約束した火星へと向かうため、カテリーナは位相差空間ゲートへ船を走らせます。しかし当のアシモフは息を引き取りつつあり、ゲートも太陽系刑事警察機構(ISSP)によってすでに封鎖されていました。

船を停止させなければ攻撃するというISSPの警告が聞こえる中、カテリーナに投降するよう告げるスパイク。しかしカテリーナは投降することなくゲートへと向かったことで、結果二人が乗っていた船はISSPによって撃墜されます。

男女の逃避行の果てに最後に残ったのは、宇宙空間に漂う船の残骸と亡骸、そしてレッドアイの小瓶だけでした。

その頃、命からがら宇宙港から逃げてきた組織の構成員は、活き締め処理をされたマグロが大量に横たわる冷蔵室へと連れて行かれます。

そこに待っていたのは、マグロが回遊を続ける水槽を室内の窓から見つめる、刀を持った白髪の男。アシモフを始末し損ねレッドアイも回収できなかったこと、刺客として送った構成員が全滅させられた原因を問われ、怯える生き残りの構成員は「フィアレス」について報告します。

悲鳴をあげる間もなく、その首筋を白髪の男に斬られる構成員。そして白髪の男……ビシャスは、その場にいた部下たちに「フィアレス」の首を獲ってくるよう命じました。

やがて、ビシャスはある女の元へ。ビシャスが彼女が咥えているタバコに火を点け、やがて口づけを交わす中、その女……ジュリアの背中には、スパイクが夢の中で見ていたあのバラのタトゥーがありました……。

「see you space cowboy…(また会おう、宇宙のカウボーイ)」

スポンサーリンク

Netflix『カウボーイビバップ』第1話「カウボーイ・ゴスペル」の感想と評価


Netflix『カウボーイビバップ』

アニメ版第1話「アステロイド・ブルース」の物語と変更点

Netflix実写ドラマ『カウボーイビバップ』の第1話「カウボーイ・ゴスペル」。非合法の目薬「レッドアイ」と男女の逃避行をめぐる物語は、原作にあたるテレビアニメ版の第1話「アステロイド・ブルース」に基づいています。

のちに明かされていくスパイクの過去と多くの点でリンクし、まさにスパイクの「悪い夢」から覚める兆しを描いているアニメ版第1話「アステロイド・ブルース」。『カウボーイビバップ』の原点ともいえるその物語を実写版『カウボーイビバップ』も描く一方で、いくつかの展開には変更点も見られます。

まずアニメ版では第2話「ホンキィ・トンク・ウィメン」で初登場したフェイが、第1話からすでに登場した点。またアニメ版初登場時の彼女は元イカサマ師で賞金首であり、スパイクらと出会ったことで賞金稼ぎとして活動するようになったのに対し、実写版ではスパイクとの初邂逅の時点でもう賞金稼ぎ業をしていた点です。

アニメ版の全26話構成と異なり、全10話構成となる実写版『カウボーイビバップ』。物語の展開の速さが要されるとはいえ、アニメ版ファンの多くは少なからず驚いたはずです。またジェットには結婚歴があり、元妻との間に娘キミーがいるという実写オリジナル設定にも同様です。

オマージュ盛り沢山!劇場アニメ版『天国の扉』も?

実写版第1話「カウボーイ・ゴスペル」では、アニメ版第1話「アステロイド・ブルース」以外にも多数のアニメ版『カウボーイビバップ』へのリスペクト/オマージュ描写が含まれています。

特筆すべきは冒頭で描かれた、スパイクらがカジノ強盗を制圧する場面。強盗グループのリーダーであるタナカが、カジノで働いていたがクビにされたという身の上話や社会への恨みを女性店員に愚痴っている様子からも、それが劇場版アニメ『カウボーイビバップ 天国の扉』冒頭における、コンビニ説教強盗レンジィ(演:石橋蓮司)とその一味をスパイクらが倒す場面へのオマージュであることがわかります。

「一味の一人が犯行中にトイレに行っていたため、強盗グループの人数が実際と違っていた」というアクシデントも、物語の展開として忠実に再現しています。

そしてアニメ版ファンにとっては、アニメ版の複数回どころか劇場版にすらも登場する準レギュラーぶりで、パイクらが訪れる場所になぜか毎回出没する、仲のいいジイさん三人組(それぞれアントニオ、カルロス、ジョビン)がアニメ版通り第1話から登場していることも見逃せないでしょう。

宿敵ビシャスらも登場!「フィアレス」とオリジナル展開

また第1話最後には、アニメ版にてスパイクと因縁深い宿敵ビシャス、そしてスパイクの「過去」を象徴する存在といえる女ジュリアも登場。実写版では両者のスパイクとの関係性がどのように描かれていくのかは、実写版『カウボーイビバップ』の気になる見どころの一つといえます。

そしてスパイクが「始末され死んだ人間」と組織に思われていたこと、組織からは「フィアレス(Fearless)」と呼ばれていたこと、その生存がビシャスに知られたことが、実写版のオリジナル展開として描かれます。

「恐れを知らない」「不敵/大胆不敵」といった意味を持つ「フィアレス(Fearless)」。スパイクが過去にかつて名乗っていたあだ名またはコードネームと思われますが、彼がかつて何をしていたのかは夢の中の銃撃戦の描写からもどことなく察することができます。

まとめ


Netflix『カウボーイビバップ』

スパイクのかつての名前「フィアレス」や終盤のビシャス・ジュリアの登場など、第1話の段階からスパイクの謎多き過去に切り込んでいくオリジナル展開を見せた実写版『カウボーイビバップ』。

また劇場版を含めた原作にあたるアニメ版へのリスペクト/オマージュ描写など、アニメ版ファンにとってもうれしい演出はどれも見逃せないものばかりでした。

果たして今後、スパイクの過去はどのように明かされていくのか。それぞれのキャラクターとその物語がどのように描かれていくのか。期待は膨らんでゆくばかりです。

【Netflix『カウボーイビバップ』特集コラム】『宇宙のカウボーイよ再び』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『フランケンシュタイン対地底怪獣』『サンダ対ガイラ』映画解説。進撃の巨人に影響を与えた特撮作品|邦画特撮大全47

連載コラム「邦画特撮大全」第47章 2019年現在、NHKにてアニメ版が放送中で、2015年に樋口真嗣監督によって実写映画化もされた人気漫画『進撃の巨人』。 そのイメージベースとなった作品が、今回特集 …

連載コラム

映画『ゴジラVSキングギドラ』ネタバレ感想。スピルバーグ少佐などハリウッドの影響を解説|邦画特撮大全48

連載コラム「邦画特撮大全」第48章 遂に今週末2019年5月31日に公開する『ゴジラ キングオブモンスターズ』。 キングギドラやモスラ、ラドンといった人気怪獣がどのような活躍を見せるのか期待が高まりま …

連載コラム

韓国映画『クローゼット』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。本格ミステリーで描かれた現代の“大きな社会問題”|サスペンスの神様の鼓動39

サスペンスの神様の鼓動39 妻を事故で亡くし、新居で再起を図ろうとした男が、突然消えた娘の行方と、クローゼットに隠された謎に迫るミステリー・エンターテイメント『クローゼット』。 メインとなっているクロ …

連載コラム

広島尾道にて深田晃司監督が若手監督を前に語る。特別講演「現代映画の動向」にて邦画の“いま”を斬る【SHINPA Vol.12前編】シネマ尾道の名もなき映画イベント1

第4回尾道映画祭中止なるも、ファンの要望に応え一部開催 新型コロナウイルス感染拡大防止のあおりをうけ、2020年2月28日~3月1日にかけて開催予定となっていた第4回尾道映画祭は中止することが決定。 …

連載コラム

映画『天井棧敷の人々』ネタバレ感想と結末に導かれた階級対立と必然。映像美の裏に隠された歴史的テーマを解く|映画道シカミミ見聞録52

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第52回 こんにちは、森田です。 今回は、4K修復版が2020年10月23日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー公開される映画『天井 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学