Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/10/25
Update

『歌ってみた 恋してみた』あらすじ感想と評価解説。上埜すみれ演じるサブカル女子が高円寺で繰り広げるファンタジックな成長|インディーズ映画発見伝22

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第22回

日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い秀作を、Cinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝」

コラム第22回目では、西荻ミナミ監督の映画『歌ってみた 恋してみた』をご紹介いたします。

実家でニート中のサブカル女子ゆうこが高円寺を舞台に愉快な仲間たちと繰り広げる奇妙でポップな少女の妄想ファンタジー!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『歌ってみた 恋してみた』の作品情報


(C)Harunohi Records

【公開】
2019年(日本映画)

【監督・脚本】
西荻ミナミ

【キャスト】
上埜すみれ、大島薫、本村壮平、マメ山田、小林梓、深琴、しじみ、衣緒菜、佐藤ザンス、川端さくら、カメレオール、エリマキング、エホンオオカミ、やぶさきえみ、繫田健治

【作品概要】
監督を務めた西荻ミナミはMVの制作経験を経て、2015年に映画制作を始めました。初短編映画『CHUCHUあいす☆苺味』(2015)は、フェチフェス映画祭にて絶賛。その後初長編作となる『歌ってみた 恋してみた』(2019)を制作。

その他、短編映画『天使の歯型』(2019)の脚本監修を務めています。

ゆうこ役には『ゴーストスクワッド』(2018)、『キネマ純情』(2016)などインディーズ映画で頭角を表している上埜すみれ。ひかり役には男の娘として注目された大島薫。

更に日本で一番小さい手品師、役者として多方面で活躍し、『東京の恋人』(2020)、『少女椿』(2016)などに出演するマメ山田が本人役として出演するほか、職業怪人カメレオールなど個性的な役者が出演しています。

映画『歌ってみた 恋してみた』のあらすじ


(C)Harunohi Records

実家でニート生活を送るサブカル女子ゆうこ(上埜すみれ)はある日上京することを決意します。

上京したゆうこは、“歌ってみた”の謎の歌い手「タクロー」の同じ信者であり、“男の娘”であるひかる(大島薫)の家で生活を始めます。

高円寺の町でカラオケのバイトをしながら生活していたゆうこは、ひかるの知り合いであるバンドマンそうすけ(本村壮平)にタクローのことを批判され、猛反撃してしまいます。

タクローの信者であるゆうこは、タクローに渡すために作ったアクセサリーを毎日首にかけていますが、タクローの正体も知りません。そんな矢先、ひょんなことからタクローの正体を知るチャンスがゆうこに訪れます。

タクローがオンラインライブをやると発表したのです。なかなか勇気を出せないゆうこの背中を妄想のフレンド達が押します。

勇気を振り絞り走り出すゆうこは、タクローに会えるのか……。

スポンサーリンク

映画『歌ってみた 恋してみた』の感想と評価


(C)Harunohi Records

奇妙でポップな世界観で繰り広げられるサブカル女子ゆうこの妄想ファンタジー。

“歌ってみた”とは映画の冒頭にもあるように、SNSや動画共有サイト上にて自ら歌ってカバーした動画をアップしたもののことを言い、“歌ってみた”を上げている人を歌い手と言います。

実家で何もすることなく、ただニート生活をしていたサブカル女子が突然上京を決意し、降り立ったのはこれまたサブカル文化と縁がある高円寺。

奇妙でポップな世界観を支えているのは、サブカル文化とアングラが根付く高円寺という町ならではでしょう。

また、タクローへの真っ直ぐな思い、奇妙な妄想フレンドとの会話を通して弱気になったり、怒ったり……と、ありのままで真っ直ぐなゆうこを演じる上埜すみれの魅力がたっぷりつまった映画になっています。

本作は実家から出てきたゆうこの高円寺での暮らし、出会った人々との交流、そしてゆうこが一歩を踏み出す成長が描かれていますが、ゆうこと出会ったひかりも、その真っ直ぐさに勇気づけられていたのです。

「誰よりも偽物には詳しい」と言うひかるの言葉には様々な思いが込められており、ひかるは真っ直ぐなゆうこに触発されていくのです。

タクローのことを批判し、ゆうこと口論になったバンドマンのそうすけも、バンド活動で自分のやりたいように曲を作れず、客うけの良い曲を作ることにジレンマを感じていました。

そんなタクローにとってゆうこの真っ直ぐさは眩しかったのかもしれません。

“本物”、“偽物”にこだわらず、純粋にタクローへの好きの思いを持ち続けるゆうこの真っ直ぐさ、サブカルへの愛、そして高円寺の魅力が詰まった、奇妙でポップだけれどどこか愛おしい映画です。

まとめ


(C)Cinemarche

サブカル女子ゆうこが高円寺を舞台に、愉快な仲間たちと繰り広げる奇妙でポップな妄想ファンタジー映画『歌ってみた 恋してみた』。

タイトルの“歌ってみた”にちなんで、ゆうこ演じる上埜すみれやひかる演じる大島薫が劇中で歌う場面が映し出され、ファンタジックな演出にも注目です。

西荻ミナミTwitter

次回のインディーズ映画発見伝は…

次回の「インディーズ映画発見伝」第22回は、高橋伸彰監督の『夏の夜の花』を紹介します。

次回もお楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら



関連記事

連載コラム

『記憶屋』原作ネタバレと結末までのあらすじ。映画で「遼一と杏子」の関係はどのように描かれるのか⁈|永遠の未完成これ完成である3

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第3回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介する作品は、2020年1月17日公開の『記憶屋 あなたを忘れない …

連載コラム

ホラー映画『ザ・マミー』あらすじネタバレと感想。メキシコで行方不明の母親を捜した少女の残酷な運命|未体験ゾーンの映画たち2019見破録24

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第24回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。計58本の映画を続々と上映しています。 第 …

連載コラム

シンエヴァ薄い本|内容ネタバレ考察。特典のQ前日譚での和歌と“マイティ”の意味/元ネタとは【終わりとシンの狭間で13】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第13回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした …

連載コラム

映画『エレファント・マン』感想評価レビューと考察。4K版で蘇るデイヴィッドリンチのモノクロームの叫び|電影19XX年への旅5

連載コラム「電影19XX年への旅」第5回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」。 第5回は、第53回米アカデミー賞にて作品賞や監督賞など8部門 …

連載コラム

映画まぼろしの市街戦|ネタバレ感想とあらすじ結末の解説考察。ラストに傑作カルトが描く“真の狂気”への問い【B級映画 ザ・虎の穴ロードショー64】

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第64回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学