Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/08/08
Update

『フジコ・ヘミングの時間』ピアニストたちの奏でる人生とは|映画と美流百科3

  • Writer :
  • 篠原愛

連載コラム「映画と美流百科」第3回


(C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

今回ご紹介するのは、ドキュメンタリー映画『フジコ・ヘミングの時間』(2018/日本)です。

フジコさんは才能を認められながらも、世に出るチャンスが訪れるたびにアクシデントに見まわれ、辛酸をなめた末にデビューしたのは60代になってから。

1999年のNHKのドキュメンタリー番組がきっかけで広く知られるようになりましたが、それから約20年が経過した現在のフジコさんの姿を描こうと企画されたのが本作です。

【連載コラム】『映画と美流百科』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『フジコ・ヘミングの時間』の鑑賞ポイント

魅力的なキャラクター

小松莊一良監督がこの映画を撮ろうと思ったのは、廊下ですれ違った初対面のフジコさんが顔をそらし、はにかんだのがきっかけだったとか。その人間性に興味を持ったのだそうです。

おしゃれが大好きでいくつになっても可愛らしい少女のような笑顔や、困難にぶつかってもそれを受け入れ夢を失わなかった強さ、友人だけでなく見知らぬ貧しい人にも向けられるあたたかい眼差しなど、多面的な魅力にあふれた人物像を知ることができます。

「この映画はありのままの姿を映しているので、私が死んでから発表して欲しいと思うくらい恥ずかしい」とフジコさんは笑って語ったそうですが、その時の表情も目に浮かぶようです。

世界を飛び回る暮らしぶり


(C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

本作はワールドツアーで世界を飛び回るフジコさんに、2年以上に渡って密着して撮影されました。

その間ツアーで訪れたのは、実に10ヶ国以上。ホテル暮らしが苦手というフジコさんは、世界各国に家を持ちます。

生活の基盤であるパリのアパルトマン、母から引き継いだ東京の一軒家、宮大工に手を入れてもらった京都の町屋。

その他にも、ベルリン留学時代の下宿の地下室を買い取っていたり、サンタモニカに別荘を持っていたり。

古いものを集めインテリアに凝るのが好きなフジコさんが少しずつ整えた、個性的な美意識に彩られた部屋はずっと眺めていたいと思うほど素敵で、愛猫や愛犬たちとの暮らしぶりには頬がゆるみます。

両親の面影


(C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

画家・建築家であったスウェーデン人の父親と、日本人ピアニストの母親との間に、ベルリンで生まれたフジコさん。

その後、一家で東京に移り住みますが、5歳の時に父親だけがスウェーデンに帰ってしまいます。

そしてそれ以降、彼と再会することは叶いませんでした。

すでに両親がいなくなった今、思い出のカケラを拾い集めるかのようなフジコさんの姿をカメラは追います。

ドイツの生家や、父が描いたポスターの原画を見に行ったり、母が残したピアノを修理したり。

母親に厳しくピアノを指導され泣いて抵抗したという数々のエピソードが語られていますが、その様子は絵日記にも書かれており朗読で紹介されています。


「フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記」フジコ ヘミング著 (暮しの手帖社・2018)

くすりと笑わせるウィットに富んだ14歳の文章には、現在のフジコさんの片鱗がすでにありました。

この絵日記は『フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記』と題して発売されていますので、気になった方はお手に取ってみてください。

映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』との比較考察

真逆のキャリアを持つシーモア・バーンスタイン

“遅咲きのシンデレラ”といわれるフジコ・ヘミングは60代になってからデビューを果たしましたが、それとは対照的にピアニストとして名声を得ていたにも関わらず、人気絶頂の50歳で表舞台から引退したのがシーモア・バーンスタインです。

フジコさんはデビュー前、ヨーロッパ各地や日本でピアノ教師として生計を立てていましたが、シーモアさんは引退してから約40年間、現在もピアノ教師として活躍しています。

そんなシーモアさんの生活に密着したドキュメンタリー映画が、『シーモアさんと、大人のための人生入門』(2014/アメリカ)です。

人生と音楽


(C)2015 Risk Love LLC

『シーモアさんと、大人のための人生入門』を監督しているのは、俳優でもあるイーサン・ホーク。

彼は40代に入り人生の折り返し地点に差しかかった時、仕事や生き方に行き詰まりを感じていましたが、シーモアさんと話すうちに安心感に包まれ救われたといいます。

それがこの映画を撮るきっかけになったのです。

シーモアさんのレッスンやピアノ選びの風景からは、曲の解釈や音の出し方など音楽の繊細さや奥深さをうかがうことができます。


(C)2015 Risk Love LLC

しかし、それ以上に伝わってくるのは、人生と音楽は決して切り離せず、相互に作用するものであるという考えです。

この考えは、フジコさんが彼女の代名詞ともいうべき曲『ラ・カンパネラ』を「日々の行いが表れる曲」と形容するのにも通じます。

フジコさんとシーモアさんの共通点


(C)2015 Risk Love LLC

『フジコ・ヘミングの時間』と『シーモアさんと、大人のための人生入門』のどちらを観ても引き込まれるのは、二人のゆっくりとした穏やかな話し方です。

もう老人と呼ばれる年齢だからと一言で片づけるのは簡単ですが、それは壁を作らずに自分をさらけ出せるしなやかな強さがあるからこその結果ではないでしょうか。

そして戦争も含め、決して平坦ではなかった人生を送ってきた二人の発する言葉には、迷いがありません。きっとあなたにも、人生の指針となるような心に響く言葉が見つかることでしょう。

どちらもじんわりと心があたたかくなる、余韻を大切に味わいたい映画です。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

映画を観終わってからしばらくは、ピアノの音色が耳に残って、もっとじっくり演奏を聴きたいと思う方が多いのではないかと想像します。

今年2018年は、まだフジコさんの生演奏を聴くチャンスがあります。11月から12月にかけて、日本でのコンサートツアーが予定されているので、ぜひチェックしてみてください。

スタートするのは、この度の西日本豪雨で被害のあった広島・三原市から。偶然とはいえ、この地から始まるのは何かに導かれているようにさえ思える、というのは言い過ぎでしょうか。

慈愛に満ちたフジコさんのピアノが、いつの日も誰かの光となりますようにと願って止みません。

次回の『映画と美流百科』は…

次回は、8月4日から公開中の『バンクシーを盗んだ男』をご紹介します。

クラシック音楽の世界から、ストリートアートへと視線を移してみましょう。

お楽しみに!

【連載コラム】『映画と美流百科』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

ドキュメンタリー映画『蹴る』あらすじと感想。電動車椅子サッカーから捉えた障がい者の生|シニンは映画に生かされて1

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第1回 初めまして。このたび、Cinemarcheでの映画コラムの執筆の機会をいただいた、河合のびと申します。 無名中の無名ではありますが、詩人、すなわちシニンを …

連載コラム

バレエダンサーの舞台裏を女性男性の視点からの読む『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』|映画と美流百科2

連載コラム「映画と美流百科」第2回 © Valery Todorovsky Production Company 今回は全国のミニシアターで絶賛上映中の『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』(2017/ …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】⑧

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2020年3月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら スポンサー …

連載コラム

【東京国際映画祭2019】のん×片渕須直ほかレッドカーペットに登場!『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』|TIFF2019リポート2

第32回東京国際映画祭は2019年10月28日(月)から11月5日(火)にかけて10日間開催! 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に …

連載コラム

『ウルトラマンタイガ』感想と内容解説。タロウの実の息子という設定で令和最初のウルトラシリーズ|邦画特撮大全53

連載コラム「邦画特撮大全」第53章 2019年7月6日から放送開始されたウルトラマンシリーズの最新作『ウルトラマンタイガ』。 令和最初のウルトラマンであるウルトラマンタイガは、人気ヒーロー・ウルトラマ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP