Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/11/26
Update

『ダークナイトライジング』ネタバレ解説。シリーズのラストに見たスーパーヒーロー終焉の仕方|最強アメコミ番付評15

  • Writer :
  • 野洲川亮

こんにちは、野洲川亮です。

今回はクリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」シリーズの第三作にして、完結編となる『ダークナイト ライジング』(2012)を考察していきます。

クリスチャン・ベールが演じたバットマンの“最期”が描かれた大ヒット作を、スーパーヒーローという存在は何なのか?という視点から分析していきます。

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『ダークナイト ライジング』のあらすじ(ネタバレを含みます)

(C)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

大富豪ブルース・ウェインは故郷の犯罪都市ゴッサム・シティを悪の手から守るため、バットマンとして自警活動を行っていました。

そんな中、強敵ジョーカーとの戦い(『ダークナイト』(2008))で愛する女性レイチェル・ドーズ、その恋人の検事ハービー・デントを失ってしまいます。

“White Knight=光の騎士”と呼ばれたハービーでしたが、レイチェルを亡くした喪失感をジョーカーに付け込まれ悪へと堕ち、レイチェルの死に関わった人間を殺害してしまいました。

正義の象徴であったハービーの名誉を守り、人々に希望を与えるためにバットマンはその罪を全て被り、“Dark Knight=闇の騎士”として警察から追われる身となることを選びます。

それから8年、本作に時代を移したゴッサムでは、ハービー・デントの正義の意志を反映したデント法の成立により犯罪の無い平和な日々が訪れ、ブルース・ウェインもバットマンを引退し隠居生活を送っていました。

しかし、ブルースの屋敷にキャットウーマンことセリーナ(アン・ハサウェイ)が侵入したことをきっかけに、かつてブルースが壊滅させた“影の同盟”(『バットマン ビギンズ』(2005))の一員であったベイン(トム・ハーディ)が暗躍していることに気付き、過去の戦いでボロボロになった身体をおしてバットマンとしての活動を再開します。

ベインはバットマンの秘密を知るジム・ゴードン署長(ゲイリー・オールドマン)に重傷を負わせ、証券取引所を襲撃しブルース・ウェインを破産に追い込みます。

その後、バットマンはキャットウーマンに嵌められる形でベインと対決しますが、完璧に叩きのめされた上に、“奈落”と呼ばれる地下牢獄に閉じ込められてしまいます。

ベインはゴッサム中に爆弾を仕掛け、ハービー・デントの真実を暴露して人々の希望を奪い、囚人たちを従えてゴッサムを占領しました。

何とかゴッサムへと帰還したバットマンは、ゴードン、ブレイク警部(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)やキャットウーマンたちと協力し、爆弾の解除、市民の避難を実行に移します。

果たしてバットマンはベインを食い止め、ゴッサム・シティを救うことは出来るのでしょうか…。

ヒーローの終焉と継承される意志

(C)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

人気シリーズの最終章として“バットマンの死”が暗示され、公開前から話題となっていた本作ですが、そこで描かれたのはスーパーヒーローの最期、そしてその正義の意志が受け継がれていくラストでした。

バットマンというヒーローの誕生を描き、本作への因縁が繋がっていく『バットマン ビギンズ』、最愛の人を失い、自身もダークヒーローの汚名を被ってしまう『ダークナイト』は、ジョーカーという映画史上に残る希代のキャラクターを生みだしました。

迎えた本作で、すでに心身共にボロボロな状態から、さらに過酷な状況へと追い詰められていくバットマンの様は、その死、最期、悲劇を何重にも連想させます。

そしてバットマンだけでなく、前2作でのゴードン署長や他のヴィランたちの行動一つひとつが全て本作で結実していく、というシリーズならではの積み重ねの因縁ドラマも余すことなく展開していきます。

それぞれのキャラクターが掲げる正義と、その欺瞞までが描かれ、ノーラン監督が徹底してきたリアリズム演出の正に集大成的作品となっています。

ゴッサムを守るため、常に利他的な選択をしてきたバットマンの姿を見たブレイク警部は、一連の騒動における警察の対応に絶望すると同時に、自らに課すべき正義の形を見出します。

この“正義の継承”こそが本作の肝であり、ラストシーンはバットマンが人生を賭けて守り抜いてきた意志が、明確に受け継がれたことを示しています。

スポンサーリンク

『ダークナイト ライジング』を観た人へのオススメ作品

三部作の第3作というわけで、当然ながらシリーズ前2作品『バットマン ビギンズ』、『ダークナイト』はオススメです。

特に『ダークナイト』の、故ヒース・レジャーが演じたジョーカーの“鬼気迫るユーモラスな演技”は、アメコミキャラクターの域を超えた伝説的な評価を得て、死後にアカデミー助演男優賞も受賞したほど鮮烈なものでした。

三部作で主役バットマンを演じたクリスチャン・ベールは、演技派でありつつ多数のハードなアクション作品に出演しており、架空の戦闘術ガン=カタが話題となった『リベリオン』、未来で機械軍と戦う『ターミネーター4』、ハードボイルドな西部劇『3時10分、決断のとき』など、枚挙にいとまがありません。

クリストファー・ノーラン監督作品では、レオナルド・ディカプリオ主演のSFアクション『インセプション』をオススメします。

渡辺兼、ジョセフ・ゴードン・レヴィット、トム・ハーディ、キリアン・マーフィ、マイケル・ケインなど、「ダークナイト」シリーズのメンバーも勢ぞろいしている、映像表現の新たな一面を開拓した傑作です。

トム・ハーディ出演のオススメ作品は『ヴェノム』の記事をご覧ください。

次回の「最強アメコミ番付評」は…

いかがでしたか。

次回の第16回戦では、『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』を考察していきます。

お楽しみに!

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『おろかもの』あらすじと感想。芳賀俊×鈴木俊ふたりの監督が描く“おろかもの”ゆえにたどり着く感動|2019SKIPシティ映画祭12

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・芳賀俊監督×鈴木祥監督作品『おろかもの』が7月16・20日に上映 埼玉県川口市にて、映画産業の変革の中で新たに生み出されたビジネスチャンスを掴んでい …

連載コラム

中川奈月映画『彼女はひとり』あらすじと感想レビュー。福永朱梨が演じた「嫌い」がもたらす苦痛の物語|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り6

ちば映画祭2019エントリー・中川奈月監督作品『彼女はひとり』が3月31日に上映 「初期衝動」というテーマを掲げ、2019年も数々のインディペンデント映画を上映するちば映画祭。 そこで上映された作品の …

連載コラム

映画『マルサの女』と続編の2作品を徹底考察と比較解説。伊丹十三らしいエンタメ視点で腐敗した政治を切り裂く|おすすめ新作・名作見比べてみた6

連載コラム「おすすめ新作・名作を見比べてみた」第6回 公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。 第6回のテーマは「シリー …

連載コラム

講義【映画と哲学】第6講「重喜劇とは何か:ベルクソンから今村昌平の重喜劇を見る」

講義「映画と哲学」第6講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 今村昌平『映画は狂気の旅である 私の履歴書』(日本経済新聞社、2004年) 第6講では、アンリ・ベル …

連載コラム

映画『赤い雪 Red Snow』ネタバレ感想と考察。永瀬正敏が見せつけた独特の世界観|サスペンスの神様の鼓動10

連載コラム『サスペンスの神様の鼓動』10 こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について解説していきます。 今回取り上げる …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学