Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2022/12/11
Update

【ネタバレ考察】映画スラムダンク|宮城アメリカ行きラスト真の理由は?井上雄彦が“日本人初NBA選手”の姿に答えた“想像を信じる価値”の結末

  • Writer :
  • 岩野陽花

原作ファン困惑のラストには、あの有名選手の影響が?

1990年〜1996年に「週刊少年ジャンプ」で連載され、“バスケ漫画の金字塔”として愛され続けている漫画『SLAM DUNK』。

映画『THE FIRST SLAM DUNK』は、そんな『SLAM DUNK』を原作者にして漫画家の井上雄彦による監督・脚本で新たにアニメーション映画化した作品です。

本記事では、映画『THE FIRST SLAM DUNK』のラストで描かれた、リョータのアメリカ行きの真の意味についてクローズアップ。

原作漫画『SLAM DUNK』ならびに井上雄彦と縁がある“日本人初のNBAプレーヤー”の存在をヒントに、リョータのアメリカ行きに託された“作者の願い”を考察・解説していきます。

スポンサーリンク

映画『THE FIRST SLAM DUNK』の作品情報


(C)I.T.PLANNING,INC.(C)2022 SLAM DUNK Film Partners

【日本公開】
2022年(日本映画)

【原作・脚本・監督】
井上雄彦

【キャスト】
仲村宗悟、笠間淳、神尾晋一郎、木村昴、三宅健太

【作品概要】
名作バスケットボール漫画『SLAM DUNK』を、同作の原作者にして漫画家の井上雄彦による監督・脚本で新たにアニメーション映画化した作品。

湘北高校バスケ部メンバーをはじめ、各キャラクターの声優キャストをテレビアニメ版(1993〜1996)から一新。宮城リョータ役には仲村宗悟、三井寿役には笠間淳、流川楓役には神尾晋一郎、桜木花道役には木村昴、赤木剛憲役には三宅健太が起用された。

映画『THE FIRST SLAM DUNK』リョータ・アメリカ行きの真の理由を考察!


(C)I.T.PLANNING,INC.(C)2022 SLAM DUNK Film Partners

「リョータのアメリカ行き」という困惑の結末

高校インターハイでの淞北対山王工業戦の決着、そして海辺での母カオルとの和解へと至ったリョータ。そして本作のラストのラストで描かれたのは、元・山王工業高校バスケ部のエースであり、アメリカへと渡りバスケを続ける沢北栄治と、同じく渡米し沢北とのマッチアップが実現したリョータの姿でした。

映画の脚本・監督にして原作者である井上雄彦が、2004年に「神奈川県立三浦臨海高校・校舎の各教室に設置された黒板に執筆する」という形で発表された漫画『スラムダンク あれから十日後』では、赤城剛憲ら3年生が引退した後の淞北高校バスケ部のキャプテンとして努力する姿が描かれていたリョータ

しかし、同作にて沢北がアメリカ行きの飛行機に乗る姿を描かれたのに対して、「リョータがアメリカへバスケ留学する」を示唆した描写は見受けられません。

漫画作中では、淞北高校バスケ部1年にして天才プレーヤーの流川楓が「アメリカへのバスケ留学」を早くも考えた際に、監督である“安西先生”こと安西光義が「時期が早い」と考え直すように諭したこと。そして映画でも描かれていた通り、山王戦での流川・沢北の“天才”対決は同対戦での目玉の一つであったことからも、映画を鑑賞した原作ファンの中には「なぜリョータなんだ」という困惑の声も少なからず存在します。

なぜ映画『THE FIRST SLAM DUNK』は、「アメリカへと渡り、沢北との日本人選手対決というマッチアップを実現させたリョータ」をラストに描いたのかその答えを探る上で、“ある選手”の存在は不可欠といっても過言ではないはずです。

それは、日本のプロバスケットボール選手であり、“日本人初のNBAプレーヤー”となったという実績を持つ田臥勇太その人です。

“日本人のNBAプレーヤー”田臥勇太

秋田県立能代工業高校(山王工業高校とモデルとされています)のスタメンとして3年連続でインターハイ・国体、全国高校選抜の3大タイトルを制し、史上初の「9冠」を達成した田臥勇太。その後のアメリカのブリガムヤング大学・ハワイ校への留学時代、スーパーリーグでの国内プロ入り後においても輝かしい成績を残します。

ついにはフェニックス・サンズとの契約により、人気・実力ともに世界最高のバスケットボールリーグ「NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)」に進出。それまで日系アメリカ人選手は存在していたものの、“日本人のNBAプレーヤー”は田臥が初となりました。

出身校のことをふまえると「沢北のモデルなのでは?」とさえも感じられる田臥ですが、彼が能代工業高校に入学したのは、漫画『SLAM DUNK』連載最後の年となった1996年田臥もまた漫画の愛読者の一人であり、2016年に実現した井上との対談でも「アメリカ留学を目指していた流川や沢北(ともに登場人物)がどういう思いで向こうへ行こうとしているのか、20代のころにはリアルに感じられた」と語っています。

ここで重要なのは、田臥のポジションはリョータと同じ「ポイントガード(PG)」であること。そして彼の身長が「173cm」であるという点です。

“同じ言葉”を聞いたリョータにも“同じ次元”へ

「173cm」……かつて、160cmという短身ながらも驚異的な活躍を見せたマグシー・ボーグスのように、NBAにも180cm以下の身長の選手はわずかながら存在しますが、「180cm以下の選手の世界での活躍」は非常に険しく困難な道であることは、経験者をはじめバスケを愛する人間ならば誰もが暗黙の了解として理解しているはずです。

身長が「168cm」であるリョータもそのことは痛感しており、山王戦の最中にも「身長の壁」という現実を突きつけられます。しかし、安西先生の「でも今さら何を恐れることがある?子供の頃からずっとそうだったでしょう」という言葉によって再び闘志を取り戻します。

その時の安西先生の言葉は、高校時代にも漫画『SLAM DUNK』を愛読していた田臥の心にも届いた。そして、安西先生の言葉を聞いたユータというバスケを愛する少年は、“日本人のNBAプレーヤー”という次元にまでその言葉を信じ続けた……2016年の対談で実際に彼と言葉を交わす中で、井上はそこまで想像したのではないでしょうか。

田臥と同じように、安西先生の言葉が心へと響いた宮城にもまた、“同じ次元”を目指してほしい」……そうした井上の作者としての願いが、映画『THE FIRST SLAM DUNK』の「アメリカへと渡り、沢北との日本人選手対決というマッチアップを実現させたリョータ」というラストへとつながったのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ/想像を信じ続けることの価値

編集者サイドからは連載前に「バスケ漫画はヒットしない」と言われながらも漫画『SLAM DUNK』を連載し、見事世界的な人気作品へと到達させた井上。その結果は、彼にとって“「バスケはやるのも、見るのも、読むのも面白い!」という想いが伝わる世界”を想像し続けた産物でしかないのかもしれません。

また漫画の連載終了後、「『漫画だから描ける』と言われそうなことを次々と現実にしてしまう、漫画家泣かせのとんでもない男」として田臥の存在を知り、沢北や流川など『SLAM DUNK』のキャラクターたちが目指していたもの……沢北や流川らのその後の姿を描く中で信じ続けていた「日本人選手のアメリカ進出」という想像が“リアル”へと押し上げられた井上。

そして2016年の対談にて、自身が“「バスケの面白さ」が伝わる世界”を想像し続けた産物である『SLAM DUNK』が“日本人初のNBAプレーヤー”を応援できていたと知った時、井上は“想像を信じ続けることの価値”を改めて痛感したはずです。

かつて井上が信じていた「日本人選手のアメリカ進出」という想像を託された沢北と、「同じ想像を信じ続け、現実に実現させた田臥の想いに答える」という井上の新たな願いを託されたリョータ

そんな二人のアメリカでのマッチアップという展開も、“アメリカという舞台での、日本人選手同士のマッチアップ”という未到の世界を井上が想像し、信じようとした産物なのでしょう。


関連記事

アニメーション

映画『マウスマン 愛の塊』感想考察とレビュー評価。ピエール伊東の自主制作アニメは“愛する人の定義”を問う

映画『マウスマン~愛の塊~』は2020年9月25日より、シネ・リーブル池袋で劇場公開。 青いマウス型サイボーグの活躍を描いた「マウスマン」シリーズ。2016年から現在まで、短編を含め計70本が制作され …

アニメーション

『ヒーローマスク2』ネタバレ感想と考察。Netflixアニメのシーズン2で明かされるマスクの謎とそれぞれの信念の行先

『ヒーローマスクHEROMASK PART2』で“マスク”に隠された秘密が明らかになる。 2020年8月23日からNetflixで独占配信中の『HERO MASK』。 Part1で、刑事・ジェームズは …

アニメーション

『ミューン 月の守護者の伝説』あらすじ感想評価と解説レビュー。フランス発の長編アニメ映画はいたずらっ子の森の子の大冒険を描く!

映画『ミューン 月の守護者の伝説』は2022年3月23日(水)からフランス語版先行限定公開後、4月に日本語吹替え版にて全国順次公開 2015年にTAAFのコンペティション部門・長編アニメーションにて優 …

アニメーション

『コードギアス総集編Ⅰ興道』あらすじと来場者特典!【谷口悟朗監督】

谷口悟朗監督の代表作として名高い、あのアニメが遂に再始動… 一大ムーブメントを築き上げた「コードギアス」シリーズの原点!劇場にて括目せよ! スポンサーリンク CONTENTS1.劇場アニメ『コードギア …

アニメーション

『モアナと伝説の海』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。ディズニー・アニメーション・スタジオ作品は海や自然の描写とキャラの魅力に釘づけ!

『アナと雪の女王』や『ズートピア』など、次々とヒット作を生み出しているディズニー・アニメーション・スタジオの新作です。 海の向こうに憧れを抱いて暮している小島に住む一人の少女が、ある使命を担い冒険に出 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学