Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

映画『コードギアス復活のルルーシュ』ネタバレ感想。谷口悟朗の新作は今後引き継がれる代表作品に!

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

10年のときを経て【復活】したコードギアス。

ゼロレクイエムから2年が経ち、平和が訪れた世界で再び戦乱が巻き起こります。

スポンサーリンク

映画『コードギアス 復活のルルーシュ』作品情報


(C)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (C)2006-2018 CLAMP・ST

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
谷口悟朗

【キャスト】
ゆかな、櫻井孝宏、名塚佳織、小清水亜美、白鳥哲、新井里美、戸田恵子、村瀬歩、大塚明夫、島崎信長、高木渉、津田健次郎

【作品概要】
2006〜2008年にかけて計2シーズンがテレビ放送され、2017~2018年にはテレビシリーズを再構成した劇場版3部作が公開。人気アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』の完全新作劇場版。

仮面の男ゼロはナナリーの難民キャンプ慰問に同行しますが、謎のナイトメアフレームに敗れ、拉致されます。一方シュナイゼルの密命を受けた紅月カレンは、ジルクスタン王国でC.Cと再会。ゼロの運命、そして C.Cの思惑とは…。

監督はテレビシリーズ、劇場版3部作と同じく谷口悟朗、脚本も同様に大河内一楼が務めており、アニメーション制作もサンライズが担当しています。

映画『コードギアス 復活のルルーシュ』のあらすじとネタバレ


(C)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (C)2006-2018 CLAMP・ST

皇帝・ルルーシュの死から2年。世界は超合集国が統一し、平和な日々が続いていました。

難民キャンプの慰問に訪れたナナリーと、その警護をするゼロ=枢木(くるるぎ)スザクはKMF(ナイトメアフレーム)の集団から襲撃されます。

式典用のKMFで出撃するスザクは次々と敵を撃墜していきますが、正体不明のKMFに敗れてしまい、スザクとナナリーは捕まってしまいます。

スザクを倒したKMFのパイロット、ジルクスタン王国の王子、シャリオは「姉さんの予言が当たった」と口にします。

かつてルルーシュにギアスを与えたC.C(シーツー)は旅をしていました。

その傍らにはうつろな目をした黒髪の青年、死んだはずのルルーシュの姿がありました。二人は方々を旅しますが、ルルーシュはこれまでの記憶がなく、何かに怯えていました。

そんな二人はジルクスタン王国に辿り着き、その夜、街では何者かを追うジルクスタンの警備隊クジャパットの姿がありました。

その気配を感じ取ったC.Cですが、探索の目が自分達に向けられたものではないことを知りながら警戒します。

その時、何者かが部屋の扉を破り侵入、入ってきた人物はかつて共に戦った紅月(こうづき)カレンでした。

カレンは咲夜子(さよこ)、ロイドを伴い、ナナリー、スザクの行方を捜す密命をシュナイゼルから受けており、ジルクスタンに潜入していましたが、クジャパットらに見つかり追われていたのでした。

予期せぬ再会に驚くC.Cですがクジャパットが放った銃弾に倒れます。カレン、咲夜子はクジャパットを迎え撃ち、部下達を倒していきます。

カレンの前に立ちはだかるクジャパットの右目が赤く光るとカレンは咲夜子、ロイドを攻撃しはじめます。

クジャパットはギアスを保有しており、その能力は対象の視界に作用し敵味方を逆に映す力でした。

しかし、クジャパットはギアスの使用を取りやめます。

立ち上がったC.Cに驚き、「元嚮主様」と口にすると引き上げていきました。

敵が去り、移動しようとするカレンはC.Cも伴おうとしますが、連れがいるといい、皆にルルーシュを引き合わせます。

死んだはずのルルーシュに驚く一同に、かつてルルーシュが『Cの世界』と呼ばれる精神集合世界で、ブリタニア皇帝で実の父シャルルを倒したとき、不死身の肉体を継承、しかしその後、Cの世界を破壊したため不完全な形となり、肉体は再生したものの精神がCの世界に取り残されたままだと説明します。

自分の目的はCの世界に再び入り、ルルーシュの精神を修復することだと明かし、そのためにジルクスタンにやってきたと話します。

クジャパットはジルクスタンの王女、シャムナにカレンらを逃がしたことを報告、あわせてC.Cの存在を伝えます。

カレンらの目的がナナリーとスザクであると知っているシャムナは行き先が神殿か「嘆きの峡谷」しかないと語り、嘆きの峡谷に戦士・シェスタールを派遣、カレンたちの排除とC.Cの身柄の確保を指示、変わりに峡谷にいる弟、シャリオに戻るように伝えます。

嘆きの峡谷ではシャリオにスザクが拷問されていました。

スザクはかつてルルーシュにかけられた「生きろ」という絶対遵守のギアスにより戦闘の際、驚異的な力を出していたのですが、その秘密をシャリオは知ろうとします。

しかし、シャムナの命令により峡谷を離れるシャリオ、入れ違いにC.C達は囚人に成りすまし、峡谷に潜入します。

峡谷は刑務所であり、地下にはCの世界へとつながる遺跡があり、C.Cはルルーシュを伴い、地下へ向かいます。

遺跡に辿り着き、C.CとルルーシュはCの世界へ入り込みますが、看守長ビトゥルらが包囲を進めており、カレンはKMFを奪取、包囲を破ろうとしますが、数に押され敗れてしまいます。

Cの世界では残ったシャルルの悪意により、世界が止まっており、それをC.Cは戻そうとしますが、ルルーシュを見失ってしまいます。

気がつくC.Cはビトゥルの部下たちに包囲されていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『コードギアス 復活のルルーシュ』ネタバレ・結末の記載がございます。『コードギアス 復活のルルーシュ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (C)2006-2018 CLAMP・ST

打つ手の無い状況にC.Cは「ここまでだな…」と諦めを口にします。

「違うな…。間違っているぞ!」 凛と響く声の先には瞳の輝きを取り戻したルルーシュが立っていました。

ルルーシュは自身のギアス、絶対遵守の力でビトゥルの部下たちを自死させると包囲突破に向け動き出します。

始めにカレンを奪還した後、看守や囚人にギアスをかけ、戦力とし準備を進める中、峡谷の見取り図の中、不自然なスペースを見つけ、ロイドにそこにスザクがいることを示唆されます。

スザクが目覚めると目の前には死んだはずのルルーシュがいました。

また、嘘をつき生き延びたのかと激昂するスザクはルルーシュを殴りつけますが、C.Cに止められ、意識を失います。

シェスタールは峡谷の外部を包囲、ルルーシュたちに投降を呼びかけます。

要求をはねつけるルルーシュに怒ったシェスタールは部隊を突入させ、自身もKMFに乗り突入しますがすべて読んでいたルルーシュは峡谷内にあったサクラダイトを爆発させます。

爆発に巻き込まれたシェスタールは死亡し、ルルーシュたちも脱出、旗色が悪くなったビトゥルも逃げ出していました。

脱出したルルーシュは妹、ナナリー救出を決意、応援として派遣された、義姉コーネリアたちと合流し協力を要請します。

かつて妹ユーフェミアを殺され、多くの嘘を重ねてきたルルーシュへの協力を拒否するコーネリアですが、「嘘をつかない」といい頭をさげる姿に協力を決意します。

翌日、ルルーシュたちは進撃を開始、ロイドたちは王宮に潜入し守備システムを掌握、コーネリアたちはKMFで守備隊を霍乱、スザク、カレンも届けられたKMF、ランスロットと紅蓮で敵部隊を足止めします。

ロイドからナナリーの居場所が神殿であると知らされたルルーシュはKMFで突入、そこにいたシャムナに対面、降伏を勧告しますがシャムナは聞き入れず、自殺します。

すると、時間が6時間遡り、シャムナは部下たちにルルーシュたちの襲撃に備えるよう指示、傍らのシャリオは「予言が来たんだね。」とつぶやきます。

進撃を開始するルルーシュたちの前にはすでに敵部隊が待ち構えていました。

ロイドたちは潜入できず、クジャパットに追われ、コーネリアの前にはシェスタールの父、フォーグナーの部隊が待ちうけ、スザク、カレンらの前にはシャリオ、ビトゥルのKMFが立ちはだかります。

自分の作戦が完全に読まれていることに戸惑いながらも、ルルーシュは新たな作戦を指示しますがそれも読まれていました。

心が折れそうになるルルーシュをC.Cは「簡単に諦めるな」と励まし、ルルーシュは再び策略を練り始めます。

次々と、仲間達に指示を出しますがすべて読まれており、策略がつきそうになりますが、シャムナがギアスを使っていることを特定、発動条件だけが分からないルルーシュは賭けに出ます。

神殿に突入したルルーシュはシャムナと対面、「俺と同じギアスを使う奴がいるとはな…」そう語りかけ、シャムナは戸惑います。

シャムナ自身ここまで追い詰められたことは無く、ルルーシュの言葉を完全に否定できないシャムナは取り囲む親衛隊にルルーシュを殺すなと命じます。

ルルーシュはその一言でシャムナは死ぬことによりギアスを発動し、数時間前に意識が遡ることを確信、親衛隊に自身のギアスをかけ、シャムナを取り押さえます。

先の会話がブラフだったことを知ったシャムナにルルーシュはギアスで永遠に眠りよう命令、シャムナを無力化し、ナナリーを救出しますが、意識を失ったまま目を覚ましません。

シャムナはシャルルの血を引くナナリーを利用しCの世界に接続し、自分のギアスを集合意識にかけることで世界が平和になる前に戻そうとしていました。

接続の影響でナナリーの意識はCの世界に取り残されており、ルルーシュとC.Cはナナリーの意識を探しにCの世界に入ります。

シャムナを失ったことで指揮系統が混乱、劣勢を強いられていた一同は攻勢を仕掛け各所で勝利を収めます。

Cの世界ではルルーシュはナナリーを見つけ連れ戻すことに成功、その頃、超合集国が派遣した黒の騎士団がジルクスタンに到着、残存した敵を掃討して行きます。

目が覚めたルルーシュはナナリーと対面、生きていたルルーシュに一緒に暮らそうと申し出ます。

人知れず立ち去ろうとC.Cを呼び止めるルルーシュは自分も一緒に行くと言い、ナナリーについて問いかけます。

ナナリーはもう一人で生きられると言うルルーシュ、スザクも再び仮面をかぶりゼロとして生きる決意を固めていたため何も心配が無いといいます。

名前をどうするのかと重ねて問うC.Cにルルーシュ・ランペルージから「L.L(エルツー)」と名乗ることを伝え、二人は旅立ちました。

スポンサーリンク

映画『コードギアス 復活のルルーシュ』の感想と評価


(C)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (C)2006-2018 CLAMP・ST

正統な続編としては10年ぶりに制作された本作は、“復活の名にふさわしい作品”となっています。

コードギアスの醍醐味である高度に練りこまれた戦略で、圧倒的不利を覆していく痛快な演出は健在。

また、本作ではシャムナの能力により知略で追い込まれていくルルーシュがわずかな可能性に賭け、勝負に出るシークエンスはこれまでに無い緊張感を表現していました。

もう一つの醍醐味であるKMFでの戦闘場面は、従来のアニメーション映像に加え、CGによる視覚効果により、これまでに無い迫力ある戦闘描写を表現しています。

復活を果たしたルルーシュはかつてのように目的のため、手段を選ばない冷酷さが無く、仲間との信頼を築き敵に立ち向かおうとする姿や、ギアスをかける対象にも命を無駄にさせる命令をしないなど、ルルーシュ自身の心境の変化が見えました

また、かつて敵味方に分かれて戦っていた人物が協力し戦う姿や、笑い合い酒を酌み交わす姿は人は憎しみを捨て分かり合える、そんなメッセージを感じ取ることが出来きました。

そんな人々の姿こそ、かつてルルーシュがその命をとして、築き上げた「平和」そのものであり、今回も再び、今度は仲間たちと共に守り抜く姿に胸を打たれました

まとめ


(C)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (C)2006-2018 CLAMP・ST

テレビシリーズをはじめ、様々なメディアで、外伝、関連作品、が製作されてきた『コードギアス』

テレビアニメ1期放送から12年の時が経っていますが、独特の世界観と個性的なキャラクターによる深い人間ドラマ、迫力の戦闘シーンが高く評価され、今なお、高い人気を誇っており、谷口悟朗監督の代表作として知られています。

そんな『コードギアス』が今回、“堂々の復活を遂げた”のも作中に登場する人々のように、私たちが仮面の男「ゼロ」に魅了、あるいは「ギアス」にかかっているのかもしれません。

今後の谷口悟朗監督の活躍に期待すると共に新たな『コードギアス』が紡がれることを期待したいと抱かせる作品です。

関連記事

アニメ映画

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『心が叫びたがってるんだ。』で知られる脚本家の岡田麿里。 彼女が初監督デビューをしたオリジナル長編アニメーション映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』を …

アニメ映画

ピクサー映画『リメンバー・ミー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

アカデミー長編アニメーション賞を受賞したディズニー/ピクサー最新作! 明るくカラフルな“死者の国”を舞台に描かれる感動のファンタジー・アドベンチャー。 3月16日(金)より公開中の『リメンバー・ミー』 …

アニメ映画

『パタリロ! スターダスト計画』あらすじネタバレと感想。原作のリスペクトを考察

『花とゆめ』(白泉社)で1978年より連載開始から2018年現在40年。 個性派俳優・加藤諒の主演で2度舞台化され、2018年秋に実写映画版の公開も決まった長寿ギャグ漫画『パタリロ!』。 今回は198 …

アニメ映画

映画『ペット』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『ペット』作品情報映画『ペット』あらすじとネタバレマックスを探せ ペット達の大活躍 『ペット』の感想と評価まとめ 映画『ペット』作品情報 【公開】 2016年(ア …

アニメ映画

『この世界の片隅に』動画視聴方法。海外感想と片渕須直監督の言葉

映画『この世界の片隅に』が昨年2016年11月12日から公開され、今だロングラン上映中ですが、まもなく1年を迎えます。 先のキネコ国際映画祭2017では、キネコグランプリの日本作品の長編Feature …

【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP