Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

映画『ペット2』あらすじネタバレと感想。スノーボールが活躍の続編テーマは大人への皮肉な社会風刺!?

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『ペット2』は2019年7月26日ロードショー!

イルミネーション・エンターテインメントが手がけ、飼い主がいない間のペットたちが巻き起こす騒動を描いた人気アニメ映画「ペット」シリーズ。

ニューヨーク育ちの都会犬マックスが、田舎の牧場犬と出会った事で、新たに成長していく物語を描いた映画『ペット2』

2016年に公開され、大ヒットした『ペット』の続編となる、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ペット2』の作品情報


(C)Universal Studios.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
The Secret Life of Pets 2

【監督】
クリス・ルノー

【脚本】
ブライアン・リンチ

【声のキャスト】
パットン・オズワルト、エリック・ストーンストリート、エリー・ケンパー、ハリソン・フォード、ジェニー・スレイト、レイク・ベル、ケビン・ハート、ティファニー・ハディッシュ、ハンニバル・バレス、ニック・クロール、ダナ・カービ、ピート・ホームズ、ガース・ジェニングス、ボビー・モナハン

【吹き替え版キャスト】
設楽統、日村勇紀、佐藤栞里、内藤剛志、永作博美、沢城みゆき、中尾隆聖、伊藤沙莉、宮野真守、梶裕貴、かぬか光明、銀河万丈、青山穣

【作品概要】
個性豊かなペット達が巻き起こす騒動を描いた、「ペット」シリーズ最新作。

今作では、マックス、ギジェット、スノーボールがメインとなる、3つのエピソードが展開されます。

『怪盗グルー』シリーズを手掛けたクリス・ルノーが、前作『ペット』に続き監督を務めています。

映画『ペット2』のあらすじとネタバレ


(C)Universal Studios.

【マックスの物語】

ニューヨークで、愛する飼い主のケイティと、相棒の大型犬デュークと暮らす、小型犬のマックス。

平穏な日常を過ごしていましたが、ケイティが突然結婚し、赤ん坊を授かります。

リアムと名付けられた赤ん坊は、マックスの尻尾を引っ張ったり耳を伸ばしたりと乱暴な接し方をする為、マックスはリアムを「リトルモンスター」と名付け、距離を置いていました。

ですが、リアムが成長し少し話せるようになった際に「大好きだよマックス」としゃべった事から、マックスの中でリアムへの意識が変わり、マックスは自身がお手本となり、リアムを正しく教育する事を決意します。

マックスは、日常生活の中に潜むさまざまな危険からリアムを遠ざけようと奮闘しますが、心配するあまり、全身にかゆみを感じる行動障害を発症し、動物病院に連れていかれてしまいます。

行動障害を抑制する為の器具を装着して帰宅し、内心落ち込むマックスに、デュークから嬉しい報告がありました。

家族で旅行に出かける事が決まり、マックスの大好きな車で遠出する事となったんです。

旅行当日、車に乗車しテンションが上がるマックスとデューク。

到着した先は、ケイティの夫の叔父が経営する牧場でした。ニューヨーク育ちのマックスは、田舎の牧場の雰囲気に馴染めず戸惑います。

そこへ、牧場犬のルースターが現れます。

ルースターは、神経質で小心者のマックスを馬鹿にした態度をとり、マックスはルースターを良く思いません。

ですが、デュークがルースターに憧れを抱くようになった為、マックスもルースターへの対抗心から、柵から出た豚を元の場所に戻そうと奮闘します。

豚の抵抗にあったマックスは、誤って羊の柵を壊してしまい、羊たちが外に出てしまいます。

事態に気付いたルースターにより、羊たちは元の場所に戻りますが、赤ん坊の羊、コットンが行方不明になります。

マックスとルースターは、コットンを探しに森の中へ出かけます。

【ギジェットの物語】


(C)Universal Studios.

マックスと同じマンションに住み、マックスへ恋心を抱いているポメラニアン犬のギジェット。

ある日、ギジェットは旅行に出かけるマックスから、お気に入りの玩具“みつばち君”を「旅行から帰るまで預かってほしい」と頼まれます。

大好きなマックスに頼まれ、舞い上がるギジェットは、“みつばち君”を命がけで守る事を誓いますが、寝ていた時に誤って「みつばち君」を落としてしまいます。

“みつばち君”を追いかけたギジェットは、同じマンションに住む猫好きの老婆が住む部屋に、“みつばち君”が入っていった所を目撃します。

部屋の中は凶暴な猫だらけで、ギジェットは一度退散。同じマンションに住む、ポッチャリ猫のクロエに助けを求めます。

ギジェットはクロエの指導で、見事に猫になりきる事に成功し、ハムスターのノーマンと共に“みつばち君”奪還に挑みます。

【スノーボールの物語】


(C)Universal Studios.

かつて、飼い主に捨てられたペットを集め、地下組織のリーダーとして君臨していたウサギのスノーボール。

しかし、女の子に拾われた事で、現在は再びペットとして、マックス達と同じマンションに住んでいます。

スノーボールは、飼い主の女の子の趣味でスーパーヒーローのコスチュームを着せられた事から、自ら「キャプテンスノーボール」と名乗り、ニューヨークの平和を守る為、日夜訓練していました。

そんなスノーボールに、依頼が舞い込みます。

依頼主は女の子のシーズー犬、デイジー。

デイジーが飛行機の中で会った、フーと名付けられた赤ちゃんのホワイトタイガーを、悪徳サーカス団の団長のセルゲイから、助けてほしいという内容でした。

スノーボールは、デイジーと共にサーカス団に潜入すると、鞭を持ったセルゲイが、フーを厳しく調教している場面に遭遇します。

牢に閉じ込められ、悲しそうな顔をしているフーを、スノーボールとデイジーは、見張りの狼と戦った後に救い出しました。

フーを助け出したスノーボールとデイジーですが、体も大きくヤンチャなフーの隠れ家探しに困ってしまい、スノーボールのアイデアで、老犬のポップスを訪ねます。

ポップスの飼い主は出張で留守にしている事が多く、フーの隠れ家には最適でしたが、一晩で部屋をめちゃくちゃに荒らした為、ポップスから突き返されてしまいます。

困ったスノーボールは、旅行中のマックス達の部屋にフーを隠しました。

一方、フーが逃げた事を知ったセルゲイは怒り狂い、街に追っ手の狼を放ちます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ペット2』ネタバレ・結末の記載がございます。『ペット2』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

【マックスの物語】

ルースターと共に、赤ちゃん羊のコットンを探すマックスは、コットンが崖沿いの気に登り、リンゴを食べている所に遭遇します。

崖沿いで、体重がかかると木が折れてしまう可能性があり、中型犬のルースターは助けに行けない為、仕方なくマックスが行く事になります。

気が乗らないマックスでしたが、なんとか危機一髪の所でコットンの救助に成功、危険に直面しながらも生きているという事を実感します。

コットン救助の一件で、危険から逃れるのではなく立ち向かう事を学んだマックスは、家族と共にニューヨークへ戻ります。

【ギジェットの物語】

“みつばち君”救出の為に、猫になりきり、猫好きの老婆の部屋へ戻ったギジェット。

潜入には成功しましたが、“みつばち君”は猫のボスが持っていました。

ギジェットは寝ているボスに近付き、“みつばち君”を取り上げようとしますが失敗、ボスが目を覚ましてしまいます。

ギジェットは、ノーマンに指示を出し、ペンライトの光を灯させます。

光を追いかけてしまう猫の習性を利用した作戦でしたが失敗し、ギジェットは部屋の全ての猫を敵にまわします。

困ったギジェットは奥の手として、猫が捕まえられなかった、ペンライトの光を捕まえてみせます。

目の前で奇跡を見せられた猫たちは、ギジェットを猫の女王として迎え入れます。

【スノーボールの物語】

マックス達が帰宅した事を知ったスノーボールは、フーを連れ出そうとしますが、マックスとデュークに見つかってしまいました。

ごまかそうとしたスノーボールでしたが、そこへセルゲイの放った狼たちが現れます。

マックスは勇敢に立ち向かいますが歯が立たず、追って来たセルゲイにより連れ去られるフーとデイジー。

マックスとスノーボールは、“スノーボールモービル”に乗り込み、サーカスが移動に使っている列車に追いつき、トランシーバーでギジェットに助けを求めます。

ギジェットは、猫たちと飼い主の老婆と共に車に乗り込み、サーカスの列車へ向かいます。

デイジーを助けに車両へ乗り込んだスノーボールの前に、セルゲイが飼っている子ザルが現れました。

サーカスの曲芸技で攻撃してくる子ザルに、格闘ゲームで鍛えた技で応戦するスノーボール。

そんな中、デイジーが機転を利かし、子ザルを人間大砲で車両の外に撃ち出します。

撃ち出された子ザルは、フーの元に向かうマックスとぶつかり、マックスは列車から落ちてしまいました。

しかし、マックスはあきらめず、列車の進行方向へ先回りし、橋の上から飛び降りて、運転席に乗り込みます。

運転席にいたセルゲイに、突進するマックス。スノーボールとフーも加わり、セルゲイと共に列車の外に飛び出しました。

セルゲイは、マックス達に拳銃を向けますが、ギジェット達を乗せた老婆の車がセルゲイにぶつかります。

失神したセルゲイを残し、フーを救ったマックス達は、元の生活に戻りました。

フーは猫好きの老婆の元で暮らす事になり、マックスは幼稚園に通うリアムを見届けます。

スノーボールは、飼い主の新たな趣味で、女の子の衣装を着せられてしまうのでした。

スポンサーリンク

映画『ペット2』の感想と評価


(C)Universal Studios.

飼い主が留守の間、ペットたちはどう暮らしているのか?という発想から生まれた、映画「ペット」シリーズ。

第1作『ペット』は2016年に公開され、飼い主の帰りを待つだけの生活を送っていたマックスが、トラブルにより、マンションに帰れなくなった事から始まるという、冒険の物語でした。

冒険を通してデュークとの友情を育み、周囲の仲間の素晴らしさを実感し、マックスが成長する過程を描いています。

続編となる本作『ペット2』は、『ペット』に登場した主要キャラの個性をパワーアップさせ、キャラクター優先の物語になっています。

マックス、ギジェット、スノーボールの物語が同時進行で進められ、クライマックスでそれぞれの展開が収束する構成を、軽快なテンポで見せていく、楽しい作品となっています。

3つの物語に共通しているテーマは、困難に挑む大切さ、挑戦する事の必要さです。

そして、困難や都合の悪い事から、子どもたちの目を背けさせようとする大人たちを皮肉的に描いてもいます。

リアムを正しく育てようとしたマックスは、あらゆる危険からリアムを遠ざけようとするあまり、行動障害と診察されました。

これは、近年の暴力描写や性描写に過剰に反応する世間の様子を風刺していると感じます。

それを強調する、こんな場面があります。

田舎に行ったマックスが、リアムに『赤ずきんちゃん』を読み聞かせようとしますが、赤ずきんちゃんが狼に襲われる内容を知り、急いで本を閉じて、物語の内容をごまかして伝えようとするんです。

その様子を見ていたルースターが「ありのままを伝えれば良い、どう思うかは子どもに任せろ」とマックスに言うのですが、このセリフに、本作のテーマが込められている気がします。

「ペット」シリーズを制作した、『イルミネーション・エンターテインメント』は、ミニオンズという、子どもに大人気のキャラクターを生み出しています。

その『イルミネーション・エンターテインメント』が、子どもへ神経質になりすぎている現代の大人に、皮肉的なテーマを入れているあたり、興味深いですね。

ただ、『イルミネーション・エンターテインメント』の人気作品「怪盗グルー」シリーズも、悪党だったグルーが子どもと出会った事で、人間的な成長を見せていく物語です。

『イルミネーション・エンターテインメント』のテーマは一貫して、子どもの持つ純粋な力と、それを信じる必要性を大人に訴えていると言えるでしょう。

ただ、難しい事は抜きに、愛らしいペットたちの活躍を楽しめるエンターテイメント作品なので、同時上映のミニオンズの短編作品と共に、お楽しみ下さい。

まとめ


(C)Universal Studios.

『イルミネーション・エンターテインメント』作品の面白さは、映画好きの大人であれば、思わず笑ってしまう演出が盛り込まれている部分でもあります。

『ペット2』でも、マックスが動物病院で出会う、双子の子猫が不吉な印象を与えており、ホラー映画の名作『シャイニング』へのオマージュを感じます。

また、老婆と猫たちを引き連れて、スローモーションで勇ましい様子で歩くギジェットは、映画『アルマゲドン』の出撃シーンのようですし、サーカス列車でのスノーボールと子ザルの戦いでは、スノーボールがブルース・リーのような動きを見せています。

攻撃を出す前に、奇声を発する辺り、間違いなく意識しているでしょう。

子どもだけでなく、大人も楽しめるように、徹底して細部まで作り込んだ作品が魅力の『イルミネーション・エンターテインメント』。

次回作は、どのようなテーマで、誰を主役に制作されるのでしょうか?

今後も目が離せないですね。

映画『ペット2』は2019年7月26日より全国ロードショーです。

関連記事

アニメ映画

映画『アナと雪の女王2』ネタバレあらすじと感想。評判のミュージカルは前作よりもさらに進化

エルサの魔法のルーツから始まる大冒険と、進化したファンタジーミュージカル 2019年11月22日より日米同時公開された映画『アナと雪の女王2』。 世界中で社会現象を巻き起こし、日本でも2014年3月に …

アニメ映画

【アナ雪続編】主題歌と挿入歌の歌手&歌詞紹介!日本語訳や解説も

3月16日(金)より全国でロードショーされるピクサー作品『リメンバー・ミー』と同時公開の「アナ雪」シリーズの待望のスピンオフムービー『アナと雪の女王 家族の思い出』。 22分間の短編アニメ『アナと雪の …

アニメ映画

コナン映画2017ネタバレと感想!紅の恋文ラスト結末も

千年の時を超え〈哀しき真実〉が今、暴かれる?! 劇場版第21作目にあたる大人気シリーズ『名探偵コナン から紅の恋歌』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『名探偵コナン から紅の恋歌 …

アニメ映画

『この世界の片隅に』動画視聴方法。海外感想と片渕須直監督の言葉

映画『この世界の片隅に』が昨年2016年11月12日から公開され、今だロングラン上映中ですが、まもなく1年を迎えます。 先のキネコ国際映画祭2017では、キネコグランプリの日本作品の長編Feature …

アニメ映画

映画『海獣の子供』あらすじネタバレと感想。人気漫画が原作の圧倒的映像スペクタクル!

アニメ映画『海獣の子供』は、2019年6月7日(金)より全国ロードショー。 独自の世界観でファンを魅了し続ける五十嵐大介の初長編漫画『海獣の子供』が長編アニメーションとして映画化。 本作のアニメーショ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学