Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2017/04/18
Update

映画『夜明け告げるルーのうた』あらすじと考察解説。ポニョのパクリなのか⁈正体を深掘りで紐解く

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

2017年4月7日から公開中のアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』の湯浅政明監督の引き続き、5月19日全国公開される完全オリジナルのアニメ映画の『夜明け告げるルーのうた』が話題沸騰中。

今度の新作は、なんと!宮崎駿監督のジブリ作品『崖の上のポニョ』と類似性が見られることが注目を浴びています。

スポンサーリンク

映画『夜明け告げるルーのうた』の作品情報


(C)2017ルー製作委員会

【公開】
2017年(日本映画)

【脚本・監督】
湯浅政明

【キャスト(声の出演)】
谷花音、下田翔大、篠原信一、柄本明、斉藤壮馬、寿美菜子、大悟、ノブ

【作品概要】
『マインド・ゲーム』『四畳半神話大系』『ピンポン THE ANIMATION』などユニークな作風で人気の高い湯浅政明監督の完全オリジナルによる劇場用長編アニメ。

少年と人魚の少女の出会いと別れを繊細な描写でつづった作品で、人魚の少女ルーの声を人気子役の谷花音、主人公カイの声を映画『くちびるに歌を』の下田翔大が担当。

映画『夜明け告げるルーのうた』のあらすじ


(C)2017ルー製作委員会

寂れてしまった漁港の日無町。父親や祖父と3人で暮らしている男子中学生カイ。

両親の離婚が原因で東京からこの町へ引っ越してきた彼は、両親に対し複雑な心境を抱えながらも、口に出すことはありませんでした。

そんなフラストレーションを持ちながら日々を過ごしていたある日。クラスメイトの国男と遊歩に誘われるまま人魚島を訪れます。

少年カイは、そこで人魚の少女ルーと出会う。カイは天真爛漫であるルーと過ごすうちに、自分の気持を解放することができるようになっていきます。

しかし、古来より日無町では人魚は災いをもたらす存在と言われてしまう…。

スポンサーリンク

「ルー」と「ポニョ」は何者なのか?


(C)2017ルー製作委員会

湯浅政明監督の「ルー」と宮崎駿監督「ポニョ」は、設定上ではどのような生物として描かれたのでしょうか。

『夜明け告げるルーのうた』の主人公の少年カイと交流を持つ、ルーは人魚のようです。ホームページなど公にもそのことは発表されています。

また、『崖の上のポニョ』の主人公ソウスケと交流した、ポニョは魚です。

ご存知!『崖の上のポニョ』(2009)の「魚のポニョ


(C)2008 二馬力・GNDHDDT

設定上では同じ海中の生物ですが、ルーは人魚、ポニョは魚と、違ってはいるようです。

また、キャラクターの画像を見比べてみましょう。

似てる似てないと聞かれれば、似てるようにも見えますし、そうでも無いと言われればそうでないようにも見えてきます。

それぞれの観客の主観によって類似して見える見えないは異なるかもしれませんね

但し、日本アニメや漫画の大きな特徴ですが、主人公の少年(少女)と交流をする異界者たちの多くは、身体の触感をゴムのように軟らかそうに見える特徴が指摘できます。

例えば、藤子不二雄Aの「オバケのQ太郎」はそうですし、他にも未来から来たネコ型ロボットのドラえもんですらそうです。

子どもの視聴者がキャラクターへの親しみ易さを軟らかさを感じることを目的にしています。

アニメーションを製作する際に、キャラクターを動かす映像表現は「軟らかさという触感」は、生き生きとした生命感を持たせることにとても適しています。

このことは、外国のアニメーションにも見られ、「トムとジェリー」なども、ネコとネズミが追い駆けっこをしながら、ゴム人形のように身体表現が変化するのは誰もがご存知のことかと思います。

「ルー」と「ポニョ」は、「海から来た者、人魚と魚、キャラクターの軟らかさ」など、これらを通して観客のあなた自身の感じ方かもしれませんね。

スポンサーリンク

ちょっと待った!「ポニョ」は人魚ではない、カエルだと⁈


(C)2008 二馬力・GNDHDDT

宮崎駿監督は書籍「海辺の小さな町」の中で、『崖の上のポニョ』はアンデルセンの童話『人魚姫』(1836)をモチーフにした作品だとは述べています。

しかし、ヴェネツィア国際映画祭に出席した際に、「製作中に『人魚姫』の話に似ていると気付いたものの、元来意図的にベースとしたわけではない」ということも話されていました。

しかも、鈴木敏夫プロデューサーは、これらの因果関係に対して、カエルの話を作ろうとしていたのがポニョの始まりだと述べています。

カエルが人間になる話を考えながら、やがて、カエルが半魚人に変更され、さらにそれが魚になり、人間になると考えるに至ったそうです。

もう、こうなると、魚でも人魚、半魚人でも何でもよくなりますね。何かオリジナルなものを生み出すことや、映画制作をしていく過程とは、そのような繰り返しなのではないでしょうね。

また、日本アニメの一端を先導してきた湯浅政明監督が、過去の何かに触発されたり、影響されてたとしても、それでもなお作ってみたいとモチーフはあるのでしょう。

そのことに関して、簡単に真似とばかりは決め付けられないのかもしれませんね。

まとめ


(C)2017ルー製作委員会

今回は「ルー」と「ポニョ」は似ているのかということに注目をして見ました。

宮崎駿監督は『崖の上のポニョ』を「人間が手で描く」というアニメーションの根源に拘った作品だと語りました。

これを踏まえて観ても宮崎作品の中でも、『崖の上のポニョ』は触感性はズバ抜けて高い作品として完成しました。

先人である宮崎駿の革新的な試みを当然のことですが、湯浅政明監督が知らない、「ポニョ」は見たこともないはずはありません。

例え一般的に似通った設定の作品になったと知りつつも、あえて、宮崎作品とは異なったアニメーション表現に挑戦したと考える方が理解ができます。

2017年5月19日から『夜明け告げるルーのうた』は全国公開。先ずは、あなたの目で人魚のルーに会いに行きませんか?

劇場では大きなスクリーンに映し出された映画とあなたは、向き合うときは一対一の出会いです。

あなた自身の印象や感想を大切にして映画鑑賞することも良いのではないでしょうか。

湯浅政明監督の新作『夜明け告げるルーのうた』を観に行きませんか?

関連記事

アニメーション

『ヒーローマスク2』ネタバレ感想と考察。Netflixアニメのシーズン2で明かされるマスクの謎とそれぞれの信念の行先

『ヒーローマスクHEROMASK PART2』で“マスク”に隠された秘密が明らかになる。 2020年8月23日からNetflixで独占配信中の『HERO MASK』。 Part1で、刑事・ジェームズは …

アニメーション

『劇場版 幼女戦記』ネタバレ感想。総員傾注! ターニャを襲う神の意志とメアリーの激戦を見よ

2017年に放送されたテレビシリーズの続編を描いた『劇場版 幼女戦記』 快進撃を続ける第二○三航空魔導大隊が新たな戦場を舞い、激戦に身を投じていく姿を描きます。 主人公ターニャの前に現れる少女、メアリ …

アニメーション

『君の名は。』WOWOWと地上波での放送日時は?動画無料視聴も

2016年8⽉に劇場公開され、異例のロングランヒットが続き国内興⾏収⼊が250億円を突破! 歴史的⼤ヒット・アニメーション映画『君の名は。』が WOWOWにてテレビ初放送されます。(残念ながら地上波で …

アニメーション

『レゴ ムービー2』ネタバレ感想。映画監督マイク・ミッチェルの起用で面白さを増した“すべてがサイコー”な続編

今度の舞台は宇宙空間 “フツー”な主人公エメットがまたも世界を救います。 全部がレゴで出来たすべてがサイコーな映画の待望の続編! 前作からエンタメとしてだけでなく、テーマをさらに深掘りし奥深さがパワー …

アニメーション

短編アニメーションの多種多様な社会性にふれる。TAAF2019東京アニメアワードフェスティバル

2019年3月8日(金)から3月11日(月)まで開催された、TAAF2019東京アニメアワードフェスティバルが閉幕。 世界各国から多種多様なアニメーション作品が毎年池袋に集結。 これだけの作品数をみら …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学