Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2017/01/09
Update

映画『アーサー・クリスマスの大冒険』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • yukimura

スポンサーリンク

映画『アーサー・クリスマスの大冒険』作品情報

【公開】
2011年(アメリカ/イギリス)

【原題】
ARTHUR CHRISTMAS

【監督】
バリー・クック/サラ・スミス

【声優】
ジェームス・マカヴォイ(アーサー)、ヒュー・ローリー(スティーヴ)、ビル・ナイ(祖父サンタ)、ジム・ブロードベント(父親サンタ)、イメルダ・スタウントン(サンタ夫人)

映画『アーサー・クリスマスの大冒険』あらすじとネタバレ

イギリスに住む少女・グウェンは、「ピンクの自転車がほしい」とサンタに手紙を書きます。そんな手紙に返事を書くのは、サンタの次男、アーサーの担当でした。

クリスマス。サンタと妖精たちが、世界中の子ども達にプレゼントを配ります。今やソリではなく、ハイテクを駆使した航空戦艦のようなS-1で堂々と出発です。

管制塔にいるのは、長男のスティーヴ。気弱なアーサーとは違い、合理的にプレゼント配りを処理する彼は、来年は自分が次のサンタになるだろうと期待しています。

サンタと妖精の特殊部隊が無事にプレゼントを配り終え、今年も任務終了。ところが一つだけ、配達されずに残っていたプレゼントを妖精が発見しました。

それは手紙をくれたグウェンの自転車です。サンタは寝てしまったため、アーサーはスティーヴに頼みますが、一つくらい仕方がないだろうと渋い顔をされます。

夜明けまであと2時間。そこで祖父のサンタが助け舟を出します。昔の古いソリとトナカイを出し、妖精も連れてイギリスのグウェンの家目指して空に舞い上がります。

アーサー達は世界中を駆け抜けます。アイダホでは看板を壊し、アフリカでは猛獣に追われ、レーダーで傍受した世界各国の政府はUFOの襲撃だと騒ぎ出します。

アーサーと祖父サンタがソリで出発したと聞いて、スティーヴはカンカンです。ソリから墜落したアーサー達は、キューバの浜辺に座り途方にくれてしまいます。

その頃、アーサーの部屋に入ったサンタは、壁に貼られた子ども達の手紙を見て、アーサーがどれほど子ども達のことを大切に思っているのかを知りました。

祖父サンタにあきらめるなと力づけられ、高い所が怖いにもかかわらず、魔法の粉を使って空に舞い上がるアーサー。空を旋回していたトナカイとソリを捕まえます。

サンタとスティーヴは、アーサーを助けに出発しますが、間違ったデータのせいでS-1はスペインへ。宇宙まで飛んで行ったソリは、UFOと間違われて追撃されます。

空が白み始めます。やっとグウェンの街についたアーサーは、プレゼントの自転車に乗ってグウェンの家までまっしぐら。モニターで見ていた妖精達も声援を上げます。

S-1も到着し、全員でグウェンの家に忍び込むと、アーサーが靴下の中に手紙を、そしてツリーの下にプレゼントを置きます。幸せそうなアーサー。サンタとスティーヴは、次のサンタに一番ふさわしいのが誰なのか、ようやく気づいたのでした。

スポンサーリンク

『アーサー・クリスマスの大冒険』の感想と評価

全編、流れるようなスピード感。そしてディテールの細かい映像。アーサーがソリで飛び回る夢のような世界は、まばたきするのも惜しいほどでした。

サンタ一家がこれまた個性的です。過去の栄光にしがみつくおじいちゃんサンタ、ちょっとのんびり屋のお父さんサンタ、そしてなぜかミリタリー風なハイテク長男、心優しいオタク風の次男。そして、家族をまとめる肝っ玉母さんなサンタ夫人。

夜明けまでのタイムリミットを雪の中、子ども用自転車をキコキコキコキコキコキコとそりゃもう一生懸命にこぐアーサー。嗚呼、なんという健気さ。笑いました。いや、泣けました。

アーサーの活躍には胸が熱くなりますが、可愛い息子がここまで頑張っているというのに、忘れたプレゼントの配達をしぶる父親サンタ。引退寸前のご老体とはいえ、多少イラッときてしまいました。アーサーがいなければ、グウェンはぐれていたかもしれません。どうか子ども達の夢だけは壊さないでいただきたいものです。

まとめ

『ウォレスとグルミット』(2005)のアードマン・スタジオが、ソニー・ピクチャーズ アニメーションと組んだ、3Dコンピュータ・アニメーション映画です。

声の出演も、ジェームス・マカヴォイ、ヒュー・ローリー、ビル・ナイなど、シニカルなユーモアあふれるブリティッシュ俳優陣による贅沢な共演が楽しめます。

良く言えばモダン、悪く言えばとことん世俗的なサンタ一家。こんな家族、ご近所にもいそうです。あの両親、将来はアーサーの嫁選びでもめるんじゃないかしらと、老婆心すら起こります。

だからこそ、クリスマスにみんなでワイワイ楽しんで観るのにぴったりかもしれません。おもちゃ箱をひっくり返したような、キラキラした映像が最高です。

関連記事

アニメーション

Netflix映画『生きのびるために』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。“物語の持つ力”は現実を生きる勇気となる

Netflix映画『ブレッドウィナー/生きのびるために』配信中 タリバン政権下のアフガニスタンで暮らす、ある家族を描いた長編アニメーション映画。 2001年のアフガニスタン、両親と姉、幼い弟と暮らす少 …

アニメーション

劇場版魔法科高校の劣等生の舞台挨拶と来場者特典!上映館も

『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』いよいよ2017年6月17日公開! 来場者特典と舞台挨拶も決定しました‼︎ CONTENTS1.来場者特典第1弾 佐島勤先生書き下ろし小説「美少女魔法戦士プ …

アニメーション

映画『塔の上のラプンツェル』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【コロナ王国で“隔離”されたお姫様の運命とは】

映画『塔の上のラプンツェル』は ディズニー初の「3Dで描かれるプリンセスストーリー」 映画『塔の上のラプンツェル』は、グリム童話の『ラプンツェル(髪長姫)』を映画化したもの。ウォルト・ディズニー・スタ …

アニメーション

映画『夜明け告げるルーのうた』あらすじと考察解説。ポニョのパクリなのか⁈正体を深掘りで紐解く

2017年4月7日から公開中のアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』の湯浅政明監督の引き続き、5月19日全国公開される完全オリジナルのアニメ映画の『夜明け告げるルーのうた』が話題沸騰中。 今度の新作は、なん …

アニメーション

『怪盗グルーのミニオン危機一発』あらすじネタバレと結末まで感想。人気アニメキャラが大人をも魅了するヒミツとは?

ミニオンの可愛さと悪ふざけが加速した、家族で楽しめる人気CGアニメ映画 数多くのCGアニメ映画が製作されるようになる中、2007年に誕生した新たな製作スタジオ、イルミネーション。記念すべき第1回作品が …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学