Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2019/05/27
Update

映画『キャノンボール』ネタバレあらすじと感想。日本人役のジャッキーとマイケルホイを筆頭にバート・レイノルズが君臨!

  • Writer :
  • 増田健

不朽の人気を誇る、お気楽ロードレース・コメディ映画!

かつて香港を代表する映画会社であったショウ・ブラザース。そこを離れたレイモンド・チョウらが設立した映画会社ゴールデン・ハーベストです。

彼らはカンフー映画など世界的成功を収める映画を、次々に製作します。

そのゴールデン・ハーベストがハリウッド進出第一弾の作品として、20世紀フォックスと共に製作した映画が『キャノンボール』です。

スポンサーリンク

映画『キャノンボール』の作品情報


©2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

【公開】
1981年(アメリカ・香港合作映画)

【原題】
The Cannonball Run

【監督】
ハル・ニーダム

【キャスト】
バート・レイノルズ、ロジャー・ムーア、ファラ・フォーセット、ドム・デルイーズ、ディーン・マーティン、サミー・デイビス・Jr.、エイドリアン・バーボー、ジャック・イーラム、ジャッキー・チェン、マイケル・ホイ、ピーター・フォンダ

【作品概要】
この映画はアウトローな公道レース、「Cannonball Baker Sea-To-Shining-Sea Memorial Trophy Dash」をモチーフに制作されました。

“キャノンボール”とは1910年代から30年代にかけて、長距離の公道トライアル記録の樹立にこだわったレーサー、アーウィン・ジョージ・ベイカーに因んでいます。彼のニックネームこそ“Cannonball Baker”でした。

1970年代に、“Cannonball Baker”の活躍にインスパイアされて、市販車によるアウトローな公道レースとして開始された「Cannonball Baker Sea-To-Shining-Sea Memorial Trophy Dash」。

このレースを主催した自動車ジャーナリスト、ブロック・イェーツが、映画『キャノンボール』の脚本にも参加しています。

映画『キャノンボール』のあらすじとネタバレ


©2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

荒野に伸びる自動車道を疾走する、黒いスーパーカー、カウンタック。追跡するパトカーを散々弄んで引き離します。

J・J・マクルーア運送に現れたビクター・プリンズム(ドム・デルイーズ)を、遅刻だと注意する経営者のJ・J・マクルーア(バート・レイノルズ)。ハムスターが病気だったと言い訳するビクターに、調子を合わせて話します。

J・Jに“キャノンボール”の勝利を、俺とお前とハムスターと“あいつ”で分かち合おう、と言うビクターのセリフにギョッとなるJ・J。彼は“あいつ”の話はするな、と警告します。

賭けを仕切るブックメーカーに、“キャノンボール”のオッズはどう決める、と尋ねるモーリス・フェンダーバーム(サミー・デイビス・Jr.)。

自分に賭けてみないかと語るフェンダーバームも、相棒の元F1ドライバー、ジェイミー・ブレイク(ディーン・マーティン)と共に、“キャノンボール”の優勝を狙っていました。

警察の規制線を突破しようとして、事故を起こすポルシェ。呆れる警官の前に現れたのは、コスプレをして“キャプテン・ケイオス(カオス)”と名乗るビクター。車にはウンザリした顔のJ・Jが座っています。彼らの言う“あいつ”とは、“キャプテン・ケイオス”の事でした。

セスナに乗って“キャノンボール”に向かうJ・Jとビクター。ビールが無くなると市街地の道路に着陸し、店で調達するなんとも無茶な旅路です。

2人は公道をルール無用で走る“キャノンボール”レースで、警察に捕まらないにはどうすべきか作戦を練っていました。黒のトランザムに乗ったらダメだろうな、と話す2人。

大金持ちの御曹司、シーモア・ゴールドファーブ・Jr(ロジャー・ムーア)も、“007”になりきっている息子を心配する母を気持ちをよそに、“キャノンボール”に出場します。

どう乗り継いだのか、今度はモーターボートで向かうJ・Jとビクター。水着のおネエさんにJ・Jが気を取られ、事故を起こします。救急車で搬送される2人に、アイデアが閃きます。

その頃日本のTV番組で、優れた日本人レーサーのジャッキー・チェン(ジャッキー・チェン)とコンピューターエンジニアのマイケル・ホイ(マイケル・ホイ)が紹介されていました。

中国語を喋る日本人設定の2人も、ハイテク装備のスバル車で“キャノンボール”優勝を狙いますが、マイケルが美女にイイ所を見せようとして、番組内で車を暴走させてしまいます。

中東の王族、シーク・アブダルベン・ファラフェルも、世界最速の王族の名誉にかけて、ロールス・ロイスで“キャノンボール”に参戦。

ハーレー・ダビッドソンのバイクで参加する会社社長、ブラッドフォード・コンプトンは、バイクに跨ったまま、輸送機からパラシュート降下する、派手なパフォーマンスで参戦です。

シボレー・マリブに乗ったメルとテリーのお気楽コンビは、警察に追われ車をプールに水没させます。

シボレーを調整しようとして建物のガラスを破り、安全推進委員会にコネのあるフォイト氏が“キャノンボール”を目の仇にするきっかけを作ります。

GMCピックアップトラックの2人組、マッドドッグとバットマンは事故を起こしながら、“キャノンボール”のスタート地点のモーテルに現れます。

救命士の格好をしたJJとビクターは、事故で気を失った人物を、いい加減な対応で蘇生させます。2人は警察に止めれられない、救急車でレースに参戦する作戦でした。

このモーテルにフォイト氏とカメラマンのパメラ(ファラ・フォーセット)も現れます。フォイトは“キャノンボール”に参加する連中は、テロリストの同類だと怒りを覚えます。

救急車の偽装を完璧にするには、医者と患者が必要と考えたJ・Jとビクター。

J・Jは美女2人組に患者役にならないかと声をかけますが、この2人こそ冒頭に登場した、黒のカウンタックでレースに挑む、ジルとマーシー(エイドリアン・バーボー)でした。

J・Jはパメラに目をつけ、彼女に話しかけます。イイ雰囲気になりかけた処で邪魔にはいるビクター。

その頃フォイトは安全推進委員会に電話し、“キャノンボール”参加者を摘発して名を上げようと、相手を焚きつけますが、廊下を走るブラッドフォードのバイクに痛い目に遭わされます。

007かぶれのシーモアは、当然アストンマーティンで参戦。なぜか参加者名簿に“ロジャー・ムーア”とサインするシーモア。

金に汚いモーリスとジェイミー組は、警官が摘発しにくいように神父に化けてレースに参加します。モーリスはあらゆる手を使って勝利するつもりでした。


©2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

こうして出場者がそろい、世紀の愚行と言われるレース、東海岸のコネチカット州ダリーンから西海岸のカリフォルニア州レドンドビーチを目指し、1万名を超える警官待ち構える中、5000キロ先のゴールを目指して突っ走る公道レース、“キャノンボール”が始まります。

参加車が1台ずつタイムカードを押して出発する中、モーリスは救急車で出場するJ・Jこそ、最大のライバルだと目を付けます。

スバルのハイテク改造車に乗ったジャッキー・マイケル組は、暴走のあまりタイムカードを押さずに出発です。

マッドドッグとバットマンは勝利には近道が一番と、道路以外の森へトラックを突っ込ませ、バイクのブラッドフォードは警察は新婚に甘いはずだと、相棒のデブ男シェーキーを女装させ、後ろに跨らせます。

ジェイミーは神父姿が災いしてナンパにことごとく失敗、モーリスに文句を言いつつ、酒浸り状態でフェラーリを運転。

J・Jの救急車はビクターが見つけた、怪しげな風貌の肛門科のドクター、ニコラス・ヴァン・ヘルシング(ジャック・イーラム)を乗せ出発します。

患者役がいないと言うJ・J。そこに丁度ゲーム参加車を追って事故を起こした、フォイトとパメラの車が現れます。J・Jはパメラだけを患者役として、救急車に乗せ走り出します。

世にも危険で馬鹿げた自動車レース、“キャノンボール”の幕が開きました。

以下、『キャノンボール』ネタバレ・結末の記載がございます。『キャノンボール』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


©2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

ジャッキー・マイケル組は暗視装置を使い、ライト消したまま夜の闇に紛れて疾走、ジルとマーシーのカウンタック美女組は、警官に止められても色仕掛けで摘発を逃れます。

J・Jとビクター組の救急車もパトカーに止められますが、意外にもドクターが上手く警官を煙に巻いて、誤魔化す事に成功します。

007かぶれのシーモアのアストンマーティンは、何故か毎回助手席に異なる美女が乗っています。ブラッドフォードのバイクは後ろに乗るシェーキーが重く、道路をウィリー状態で疾走します。

J・Jの救急車に、神父姿のモーリスのフェラーリが、祈りを捧げたいと近づきます。人のいいビクターが騙され車を停めると、隙をみて救急車をパンクさせるモーリス。

それでもレースを続行するJ・Jたち。ガソリンを補充した際に出会った保守的な警官に、モーリスたちは露出狂のコスプレ神父だと訴え出て、お返しに足止めさせます。

レース参加車は無線で検問状況を知らされていました。目の前に検問があると知ったJ・Jとビクター。検問ではフェイトが控えたナンバーを調べ、摘発に協力していました。

スパイカーの様にナンバーを変え、フェイトの目を欺くシーモアのアストンマーティン。J・Jは救急車をトレーラーの後ろに乗せ、やり過ごそうとします。

J・Jに誘拐されたと訴えていたパメラも、J・Jと話すうちに彼のレースにかける情熱に魅かれていきます。トレーラーを降りた救急車で、レースを続行するJ・J。

ファラウェルは道中出会ったウェイトレスを、ナンパしつつロールスロイスで走り去ります。

激しい雨の中、救急車を走らせるビクターに、彼の中にいる“キャプテン・ケイオス”について尋ねるパメラ。2人は打ち解け友人となります。

マイケルの作ったハイテクナビで、自動的にニューメキシコに付いたスバル。しかしジャッキーはここはメキシコだと気付いて、慌てて引き返します。

カウンタックの美女組も、婦人警官相手では色仕掛けが通じません。スパイカーらしく煙とオイルでパトカーを巻いたシーモアは、その煙が車内に充満して一騒動となります。

車内に装備したVHSビデオでポルノ映画『グリーンドア』を見て運転し、事故を起こしかけたジャッキーと、マイケルは大いにモメます。ロールスロイスのファラウェルは、車を停めた頭の固い警官の無礼な態度に怒り心頭となります。

マッドドッグとバットマンはブレーキの壊れたトラックで、走る列車をジャンプで飛び越えレース続行、いい加減なナビで、バギー車レース場に紛れ込んだジャッキー・マイケル組は、搭載したロケットエンジンで脱出します。

ゴール間近まで迫りながら、道路工事で足止めとなった“キャノンボール”参加者たち。そこにバイカー集団が現れます。

リーダー(ピーター・フォンダ)はウィリーで走り、女装男を乗せたブラッドフォードのバイクに絡んできました。

それを見たビクターは“キャプテン・ケイオス”に変身して助けに入り、やむなくJ・Jも、そして他の“キャノンボール”参加者も助けに入り、大乱闘となります。

格闘技を見せるジャッキーに対し、“ロジャー・ムーア”と名乗るも、あっさり殴られ倒されるシーモア。美女2人組の危機を“キャプテン・ケイオス”が救います。

乱闘しているうちに道路工事は終了、皆はレースに戻ります。最後にピーター・フォンダらを相手に、ひと暴れを見せてからレースに復帰するジャッキー。

デットヒートを繰り広げる“キャノンボール”参加車両。ビクターは再度“キャプテン・ケイオス”に変身し、先頭に立ちます。

街中で爆走する車。隣の美女に、ロジャー・ムーアではなく、プレイボーイ俳優ジョージ・ハミルトンと間違えられるシーモア。

皆の車はほぼ同時に到着。後は最初にタイムカードを押した者が勝利します。J・Jはカードを“キャプテン・ケイオス”に渡し、他のレーサーを倒して妨害し、勝利を掴もうとします。

タイムカードを押す直前、子供が溺れたとの悲鳴を聞いたビクターこと“キャプテン・ケイオス”。彼は颯爽と子供を助けに向かいます。その隙に美女組のマーシーがカードを押します。

“キャプテン・ケイオス”が救ったのは溺れた子犬でした。みすみす優勝を逃したビクターに怒り、二度と“キャプテン・ケイオス”になるなと叫ぶJ・J。

だったら今後は、“キャプテン・USA”になると宣言するビクター。これにはJ・Jも、他の参加者も笑って許すしかありません。

追いついたフォイトが皆に文句を付けますが、シーモアが彼を罠にかけようとします。しかしアストンマーチンの座席から飛び出したのは、フォイトではなくシーモアでした。

こうして盛り上がった一同は、来年もレースに参加すると誓い合います。こうして映画は終わりますが、エンドロールにはしっかり、お約束のNG集が付いています。

スポンサーリンク

映画『キャノンボール』の感想と評価

参考映像:『激走!5000キロ』(1976)

アウトローな公道レース、あるいはタイムトライアルを扱った自動車映画は、『キャノンボール』以前にも存在しています

別の有名な公道レース「THE GUMBALL RALLY」をモチーフに、映画化した作品が『激走!5000キロ』です。

そしてテキサスの大富豪が、トラック野郎たちに仕掛けた、無理難題の賭けレースを描いた映画が『トランザム7000』。『キャノンボール』のセリフに登場する、黒のトランザムが活躍する映画です。

この映画でトラックを先導し、また警察の囮となるトランザムを駆るのがバート・レイノルズ、また監督は『キャノンボール』と同じハル・ニーダム。将に『キャノンボール』の原型となる映画です。

公道レースという、極めてアウトロー色の強い背景を持つ作品ですが、そこは映画化するに辺って、娯楽色の強めた改変が成されています。

参考映像:『トランザム7000』(1977)

パロディ豊富なお気楽ロードレース・コメディ


©2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

『キャノンボール』製作当時、ハリウッド大手スタジオは低迷期を迎えていました

70年代にアメリカン・ニューシネマが登場し、『スター・ウォーズ』やスピルバーク作品など、現在のブロックバスター的な興行につながる映画が登場しながらも、大手スタジオは何を作れば観客を獲得できるのか、自信を失った状態が続いていました。

さらにビデオバブルを背景に、イタリア・香港映画が世界を席巻し始め、ハリウッドスターたちも従来のような出演作に、ありつけない状態が続いていました。

そんな時代に、香港のゴールデン・ハーベストがハリウッドに乗り込んで作られた映画が『キャノンボール』。オールスターキャストを揃えた、香港映画テイストのコメディ色の強い作品になっています。

時代のあだ花のような作品ですが、セルフパロディ的な役柄を嬉々として演じるハリウッドスターの姿に、往年の輝かしき時代への郷愁を、感じ取る事も可能な作品になっています。

まとめ


©2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

賑やかな笑いの中に、古き良き時代のハリウッドを感じさせる映画『キャノンボール』。

小ネタで笑わせるシーンの多い映画ですが、あらすじ・ネタバレ紹介ではその時代性が判る様に、少々詳しく書かせて頂きました。

また時代背景などを難しく考えなくても、気楽に鑑賞できる娯楽作品。肩の力を抜いてご覧下さい。

2018年にはハリウッドで、『キャノンボール』のリメイク企画が進行中と報じられましたが、その後どうなったでしょうか。

それにしてもゴールデン・ハーベストの作品でありながら、当時のマーケット都合で日本人を演じさせられたジャッキー・チェンとマイケル・ホイ

その心中は、果たしていかなるものだったのでしょうか。

関連記事

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の王騎役は大沢たかお。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日より公開。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超える一大 …

アクション映画

忍びの国キャストとあらすじ!大野智登場の舞台挨拶や試写会はある?

“和田竜(原作・脚本)× 大野智(主演)× 中村義洋(監督)” 誰も見たことがない戦国エンターテインメント作品『忍びの国』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『忍びの国』の作品情報 …

アクション映画

香港映画『レイダース 欧州攻略』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。トニーレオンの攻略シリーズ第3弾!

凄腕のエージェントが亡き友のためにCIAを欺くエージェント・アクション ジングル・マが監督を務める、2018年製作の香港のエージェント・アクション映画であり、トニー・レオン主演による『東京攻略』『ソウ …

アクション映画

キングアーサーあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2017年6月17日公開の待望のガイ・リッチー監督の『キング・アーサー』をご紹介! ガイ・リッチー監督ならではのオリジナルな映像美で、アーサー王伝説の物語をソードアクション・エンターテインメントに仕上 …

アクション映画

映画『スノー・ロワイヤル』内容解説と評価。リーアム・ニーソンの過去作『THE GREY凍える太陽』との因果関係を深掘り

息子を殺された怒りオヤジが、雪原を血で染める! 『シンドラーのリスト』(1993)でアカデミー賞にノミネートされ、ほかに「96時間」シリーズ(2009~2015)、『ラン・オールナイト』(2015)な …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学