Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2021/04/27
Update

るろうに剣心ファイナルの結末ネタバレ。青木崇高演じる相楽左之助の人気と魅力を徹底解説!

  • Writer :
  • 星野しげみ

映画『るろうに剣心 最終章』剣心の仲間、相楽左之助をピックアップ!

和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化し大ヒットを記録した「るろうに剣心」シリーズ。

シリーズ完結編にあたる2部作るろうに剣心 最終章 The Final』が2021年4月23日(金)より、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が6月4日(金)よりロードショー予定

この2部作では、佐藤健、武井咲、青木崇高、蒼井優、江口洋介らおなじみの俳優陣に加えて、敵役に新田真剣佑、かつての剣心の妻で、剣心が不殺の誓いを立てる理由となった女性役を有村架純がそれぞれ演じます。

2012年に第1作目が公開されて10年の月日が経ちました。お馴染みとなったキャスト陣もそのままで、新キャストとの白熱したアクションシーンは、ファンとしては嬉しいことではないでしょうか。

「るろうに剣心」シリーズは怪物的に強い強敵ばかり出てきて剣心に挑みかかりますが、反面、剣心の志に共感し剣心と共に歩む剣士も少なくありません。

今回は剣心の親友ともいえる相楽左之助にスポットを当ててご紹介します。

スポンサーリンク

剣心の仲間、相楽左之助とは……


(C)和月伸宏/集英社 (C)2012「るろうに剣心」製作委員会

神谷道場に剣心とともに居候している「喧嘩屋」相楽左之助。

直情的ですぐに熱くなる一方、義理人情にもろく男気溢れる左之助は、周囲の人々からも兄貴分として慕われています。

第1作『るろうに剣心』では、”人斬り抜刀斎”を殺せば名声を得られると思い、剣心に闘いを挑みます。けれども、剣を抜かない剣心にあっけなく敗れ、その後剣心の味方となりました。

剣術よりも体力に任せて、素手で闘う方が性にあっているというタイプの左之助。

いつも騒々しい左之助ですがどこか憎めず、剣心もそんな左之助に心を許しているところがあります。

荒々しいが、腕力体力最強の男


(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

根っから闘いが好きな相楽左之助。第2作『京都大火編』では、剣心を殺すために京都からやって来た四乃森蒼紫と鉢合わせ。左之助は、剣心の居所を教えずに蒼紫と闘い、半殺しの目にあわされました。

第3作『伝説の最期編』においても、志々雄真実から「誰だおめぇ?邪魔するな」と言われながらも、剣心と共に志々雄に闘いを挑みます。

その結果、左之助はいつも傷だらけの悲惨な姿となるのですが、驚くべき体力と精神力で怪我から回復するのです。

しかも、左之助は身体と体力だけが優れているわけではありません。『るろうに剣心 最終章 The Final』では、雪代縁の存在から何かしら悩んでいる剣心の様子をいち早く察知します。

実は左之助は、頭の回転が早く、弱い者いじめをとても嫌う優しさを持っている熱血漢でした。

いくつもの戦いを共にし、今や最も大切な友となった剣心が、一人で全てを背負おうとすることに腹を立て、剣心の力になりたいと願っていたのです。

左之助の剣心への思いやり


(C)和月伸宏/集英社 (C)2012「るろうに剣心」製作委員会

豪快なアクションシーンの多いのが本シリーズの特徴です。『るろうに剣心 最終章 The Final』でも、砲弾や実弾を使った戦闘シーンを始め、1対1の対決など見どころはいっぱい!

中でも注目は剣心と縁のタイマンですが、その前に、まず左之助が縁に立ち向かいます。

剣心を探して神谷道場にやってきた縁。たった一人で大勢の道場生を切り倒してしまいます。そこへ怒った左之助が挑みますが、その実力の差は一目瞭然。

コテンパンに殴られて道場の板塀にたたきつけられ、そのまま板塀に突き刺さった状態になった左之助。頭から流れ出た血で顔中真っ赤になり気を失いかけますが、隙を見て反撃を試みます。

素早くその攻撃をかわした縁は左之助の背中に剣を突き立てました。流石の左之助も今度こそノックアウト!

その後、場面が切り替わりと、荒らされた道場の奥の部屋で、ミイラ男と化して布団に横たわる左之助の姿が映ります。

しかし、剣心が薫を救うために縁のいる豪邸へ行って闘い始めると、なんと左之助が包帯だらけの姿でリヤカーに載って参戦してきたのです。

左之助は、瀕死の状態の怪我を負いながらも、どうしてこれほどまでに闘うのでしょう。格闘好きな単細胞的とも見えるその姿は、いつも血だらけ、泥だらけ、包帯だらけ……。

ですが、ひたむきに剣心を守ろうとする思いやりに溢れた雄姿でもあるのです。

スポンサーリンク

ボロボロ左之助にリアリティ感


(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

剣心の片腕ともいえる相楽左之助をシリーズ通して演じたのは、俳優・青木崇高。大友監督がNHK時代に手掛けた大河ドラマ『龍馬伝』(2010)で土佐藩参政・後藤象二郎を演じたということもあり、監督との意気もばっちりでした。

青木崇高は相楽左之助を演じ、保育園の先生から、登園を嫌がっていた子が『るろうに剣心』で左之助を観てから園に来るようになったという手紙をもらって涙が出たそうです。

映画や映像などは観る人に感動や生きる力を与えるという、エンターテインメントの持つ力を再認識したと言うのです。

その青木崇高が、自分の持っている力を精一杯持ち出して演じる‟相楽左之助”!

毎回どの作品でも滅多メタに恐るべき敵からやられるのに、すぐに立ち向かっていく左之助からは、いつも勇気と感動をもらいました。特に本作では、左之助はこれまでにないほどボロボロの姿になっています。

本気モード全開でここまでやる青木崇高にも頭が下がりますが、相楽左之助を演じることについての彼のコメントから、その思いがよくわかりました。

「そんな左之助というキャラクターについて、大切にしていたのは気構えだとか心意気。パート1では、どこか剣心とバディ的な感じだった左之助ですが、パート2、パート3では剣心が自分の過去と向き合うことで、物理的な距離が生じる。そのとき、左之助は自分のアイデンティティである拳の闘いに限界を感じていて、剣心の居場所をしっかりと作ってあげることに重きを置いていたのかもしれない、と思うようになったんです。そして最終章では、さらに相手が強くなり、もはや剣心と縁の闘いなどは雲の上の存在というか…。いかに闘いにリアリティを持たせられるかということが左之助の役目のような気がしていました。その意味で、どこまでお客さんに痛みを感じてもらえるか、どのように痛点を提示するかを意識しました」

青木崇高がとことん頑張れたのも、「元気印の左之助がボロボロになって闘う姿こそ、観客は『るろうに剣心』という作品にリアリティを感じることができる」と信じたからなのです。

「るろうに剣心」シリーズの主役は緋村剣心ですが、左之助は主役にも劣らない重要な役どころと言えるでしょう。

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』の作品情報


(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
和月伸宏

【脚本・監督】
大友啓史

【キャスト】
佐藤健、武井咲、新田真剣佑、青木崇高、蒼井優、伊勢谷友介、土屋太鳳、三浦涼介、音尾琢真、鶴見辰吾、中原丈雄、北村一輝、有村架純、江口洋介、大西利空、高橋一生、村上虹郎

【作品概要】
映画『るろうに剣心 最終章 The Final』は、和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化したシリーズ「るろうに剣心」の完結編2部作の第1弾。最恐の敵・縁との戦いを中心に描かれ、剣心の頬に刻まれた‟十字傷の謎”に迫る第2弾『The Beginning』へと続いていきます。

シリーズ第1作『るろうに剣心』、第2作の『京都大火編』『伝説の最期編』に引き続き、緋村剣心役を佐藤健、神谷薫役を武井咲が演じる。そして青木崇高、蒼井優、江口洋介らに加え、恐敵・縁を新田真剣佑、剣心の妻であった雪代巴を有村架純が務めています。

スポンサーリンク

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』のあらすじ

(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

日本転覆を企てた志々雄真実との死闘を終えた緋村剣心。戦いの後、剣心は神谷道場で薫たちとともに平穏な日々を送っていました。

そんなある日、何者かが東京中心部を相次いで攻撃。それは、ある理由から剣心に強烈な恨みを持つ上海の武器商人・縁の仕業でした。

剣心に復讐するため、東京への総攻撃を続ける縁。

やがて剣心は、縁との「最後」の戦いに身を投じていくことになります……。

まとめ

(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

和月伸宏による日本の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の実写映画「るろうに剣心」シリーズ。

第1作『るろうに剣心』の撮影が開始されたのは2011年。それから10年目の記念作となる本作は、文字通りシリーズの集大成となりました。

1作ごとに脅威的な強敵が現れ、‟不殺”の思いを込めて敵と闘ってきた剣心。その志に共感した者たちは剣心に力を貸すようになりました。

江口洋介演じる藤田五郎(斎藤一)、伊勢谷友介演じる四乃森蒼紫、神木隆之介演じる瀬田宗次郎などなど。

しかし、剣心の身近にいて彼を支えていたのは、神谷薫を筆頭とする神谷道場の仲間たち。そして、その中で親友と呼べるのは、相楽左之助しかいません

本作で剣心と左之助の友情を見ると、過去の2人の姿もまた見たくなります。

ダイナミックな闘いはもちろん、笑い合える仲間たちの存在も、「るろうに剣心」シリーズの魅力なのですから。

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』は 2021年4月23日(金)より、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は、6月4日(金)よりロードショー予定








関連記事

アクション映画

Netflix映画『6アンダーグランド』あらすじネタバレと感想。マイケルベイとライアンレイノルズが描いた「カオスとジョーク」の融合!

Netflixオリジナル映画『6アンダーグラウンド』2019年12月13日(金)より独占配信開始。 ド迫力、ノンストップアクションで破壊しっぱなしの映画『6アンダーグランド』。 『デッドプール』のライ …

アクション映画

映画『ファイアー・ブレイク』ネタバレあらすじと結末の感想評価。森林火災に挑むロシアの6人の消防隊員の活躍を描く!

森林火災から人々を守る消防隊員たちを描いたスペクタクル・アクション大作! アレクセイ・ヌージュニーが脚本・監督を務めた、2020年製作のロシアのスペクタクル・アクション映画『ファイアー・ブレイク 炎の …

アクション映画

HiGH&LOW2中村蒼(蘭丸)の演技評価と感想!【ハイアンドロー2】

若手俳優として大注目を集める中村蒼が、狂気の悪のカリスマ&ハードアクションに初挑戦! 新たなキャスト中村蒼が演じる林蘭丸の狂気のディザービジュアル&場面ショット、蘭丸が率いる悪名高いスカウト …

アクション映画

映画『ブルーダイヤモンド』感想レビュー。キアヌリーヴスならではの表情と演技力にファン必見の快作

映画『ブルー・ダイヤモンド』は2019年8月30日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国ロードショー! 極寒の地ロシアで罠にはまった男は、マフィアを相手に一世一代の取引に挑んだのでした。 ロシアを …

アクション映画

『ヘルドッグス 』映画ネタバレ原作あらすじと結末の感想評価。岡田准一主演で描く‟地獄の犬”の潜入捜査官を通じて深町秋生の世界観を昇華!

小説『ヘルドッグス 地獄の犬たち』が映画化され、2022年9月16日(金)より全国公開! デビュー作『果てしなき渇き』で2004年の『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生。その後、『果てし …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学