Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

ポリスストーリーREBORN【ネタバレ感想】ジャッキー映画の内容と結末がこれまでとは大きく異なる新展開に

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

危篤の娘を病院に残し、警護任務に付いた国際捜査官リンは人造人間『バイオノイド』を巡る陰謀に巻き込まれます。

バイオノイドは逃亡、重傷を負ったリンに告げられたのは娘の死でした。

13年後、シドニーに再び現れたバイオノイドたち、彼らの目的は?そして娘の死に隠された真相とは!?

ジャッキー・チェン主演の映画『ポリス・ストーリー REBORN』をあらすじと感想をご紹介します

スポンサーリンク

映画『ポリス・ストーリー REBORN』作品情報


(C)2017 HEYI PICTURES CO., LTD., PERFECT VILLAGE ENTERTAINMENT HK LIMITED, DADI CENTURY (BEIJING) CO., LTD., MANGO ENTERTAINMENT, CHEERFUL LAND PICTURES CO., LTD., YOUKU PICTURES (HK) CO., LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2018年(中国・香港合作映画)

【原題】
机器之血 英題:Bleeding Steel

【監督】
レオ・チャン

【キャスト】
ジャッキー・チェン、ショウ・ルオ、オーヤン・ナナ、エリカ・シアホウ、カラン・マルヴェイ

【作品概要】
人気アクションスター、ジャッキー・チェン主演『ポリスストーリー』シリーズ最新作、ジャッキー自身が製作総指揮を務める。監督はレオ・チャン

少女、ナンシーの秘密を巡り国際捜査官リンとハッカー兼泥棒リ・スン、人造人間達を巡る陰謀を描きます。

映画『ポリス・ストーリー REBORN』あらすじとネタバレ

捜査官のリンは白血病に冒される娘の危篤を知り病院へ急ぎますが失踪した証人、遺伝学博士ジェームスの確保を命じられます。

部隊を引き連れジェームスの身柄を確保したリンですが、人造人間バイオノイド達の襲撃を受けます。

バイオノイドの首魁、アンドレは自らを生み出したジェームズの命を狙っており、ジェームスを守ろうとするリン達を圧倒していきます。

部隊はほぼ壊滅しますがリンは、重傷を負いながらもアンドレらを退け、ジェームスを守りますが病院から娘の死亡を告げる電話が鳴ります。

13年後、人気SF作家リックが発表した作品が世界的にヒットしていました。

オーストラリア・シドニーを訪れたリックの部屋を女を装い侵入した、泥棒リ・スンと謎の女殺し屋とその部下、窓から侵入した覆面の男の三つ巴の争いが発生します。

全員の目的はリックが発表した作品の元になったとされる情報でした。

争いのさなかリックは死亡、女殺し屋と覆面の男は騒ぎになることを恐れ目的を果たさず退散します。

残ったリ・スンはPCの部品を拾い部屋を立ち去ります。

覆面の男の正体はリンであり、13年前の事件をきっかけにシドニーに潜伏していました。

一方、女殺し屋は上司に首尾を報告します。その上司こそ、13年前の事件を生き延び、リンへ復讐を誓うアンドレだったのです。

その頃、リ・スンはPCの部品からデータを修復、そこに記された大学生、ナンシーを知ります。

ナンシーは大学で口論からけんかを始めます。

仲裁に入ったのはナンシーに接触しようとするリ・スンと食堂で働くリンでした。

毎夜、悪夢にうなされるナンシーは「魔女」と呼ばれる女の元を訪れカウンセリングを受けます。

魔女はナンシーが見る悪夢をネタとしてリックに売り、リックはそのネタを元に小説を執筆していました。

魔女はナンシーの悪夢が自分の手に負え無いことが分かると一枚のパンフレットを渡し、ある人物が力になってくれると告げるのでした。

魔女の部屋を立ち去るナンシーは、チンピラに絡まれ、追われます。

そこへ助けに現れたのはナンシーの後をつけ素性を知ろうとしていたリ・スンでした。

チンピラから逃げた二人ですが、ナンシーは行く先現れるリ・スンをいぶかしみます。

翌日、ナンシーはオペラハウスを訪れます。

魔女が紹介したのは、そこで公演を行う世界的マジシャンだったのです。

関係者以外立ち入れず、困っているナンシーの前に現れたのは、スタッフに扮し先回りしていたリ・スンでした。

リ・スンの手引きでマジシャンに対面したナンシーは催眠術により眠ります。

そこに現れたのは女殺し家とアンドレの部下達でした。

ナンシーを連れ去ろうとする女殺し屋達の前にリンが現れ、立ちはだかります。

リ・スンの機転によりナンシーを守ることが出来たリンはナンシー、リ・スンを連れ自宅に帰ります。

リンは素性の知れないリ・スンを地下室に監禁します。

ナンシーは夢の中で、ジェームスの記憶を体験し香港に隠した貸金庫の鍵の存在を知ります。

目を覚ましたナンシーは、そこに自分の謎を明かす何かがあると考えリンの家を出て香港に向かいます。

リンはナンシーに仕掛けたGPSにより、彼女が香港に向かったことを知り追いかけます。

香港に到着したリンは、元部下スーの手助けを受けナンシーの下へ急ぎます。

ナンシーはジェームスの記憶に従い貸金庫の鍵を手に入れます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ポリスストーリーREBORN』ネタバレ・結末の記載がございます。『ポリスストーリーREBORN』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2017 HEYI PICTURES CO., LTD., PERFECT VILLAGE ENTERTAINMENT HK LIMITED, DADI CENTURY (BEIJING) CO., LTD., MANGO ENTERTAINMENT, CHEERFUL LAND PICTURES CO., LTD., YOUKU PICTURES (HK) CO., LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

そこでジェームスの記憶がさらに蘇り、自分の正体がリンの娘であり、ジェームスの人工心臓と人工血液により生き返り、その副作用でそれまでの記憶をなくしてしまったことを知ります。

すべてを知り愕然とするナンシーの背後から女殺し屋が忍び寄り、ナンシーは拘束されてしまいます。

リンはGPSを頼りにナンシーの元に急ぎますが、すれ違う車にナンシーの姿を認めます。

ナンシーが乗る車を追うリンですが、もう一台の車の妨害を受けナンシーが乗る車を逃がしてしまいます。

もう一台の執拗な妨害を受けるリンですが、リ・スンの手助けによ撃退します。

もう一台の車は銀行へ向かっており、到着した車から、女暗殺者が現れます。

ナンシーから奪った鍵で貸金庫を開け、ビデオカメラを手に入れますが、リンが手配した警官隊により拘束されます。

遅れて到着したリンとリ・スンですが、車にナンシーの姿はありません。

ひとまず、アンドレの目的を知るため女暗殺者が手にしたビデオカメラを検めます。

内容はジェームスが生前の研究を記録したもので、アンドレはナンシーの血液を輸血し不死身の肉体を得ようとしていました。

ナンシー救出のため、リン、リ・スン、スーは女暗殺者と部下を装い、アンドレの飛行艇に潜入します。

ナンシーを見つけたリン達でしたが既にアンドレはナンシーの血液を摂取していました。

アンドレとその部下と戦闘になりますが、不死身のアンドレを相手にリンたちは、徐々に劣勢に立たされていきます。

目を覚ましたナンシーの助勢によりアンドレを研究用の電気炉に落とすことに成功します。

戦闘の影響で飛行艇は爆発寸前のためリンたちは、脱出しようとしますが電気炉から這い上がったアンドレが立ちはだかります。

スーとナンシーを先に逃がし、アンドレと対決するリンですが、電気炉にアンドレを落とした際に右手を失っておりたちまち窮地に陥ります。

リンを羽交い絞めにし、絞殺しようとするアンドレにリンの意識が薄れていきますが突如リンの右手が再生します。

最初にアンドレと戦った際、アンドレは輸血用のチューブに付いた針をリンに刺しており、そこに付着したナンシーの血液を摂取したリンも不死身の力を手に入れたのです。

壮絶な戦いの末、リンはアンドレを倒しますが、飛行艇は爆発、何とか飛び出したリンですが、なすすべも無く落下します。

それを助けたのは、先に飛んでいたスーとナンシーでした。

しばらくして平穏な日常を取り戻し元の親子として暮らし始めたリンとナンシーは、スーと共に遊園地を訪れます。

ナンシーはキャラクターの着ぐるみからプレゼントを受け取ります。

それは飛行艇ではぐれ、死んだと思われていたリ・スンからでした。

リ・スンの父はジェームスの研究を第三者に売ろうとした武器商人で、研究を狙ったアンドレらに両親を殺され、記憶を失ったナンシーと同じ孤児院で過ごしていたのでした。

スポンサーリンク

映画『ポリス・ストーリー REBORN』感想と評価


(C)2017 HEYI PICTURES CO., LTD., PERFECT VILLAGE ENTERTAINMENT HK LIMITED, DADI CENTURY (BEIJING) CO., LTD., MANGO ENTERTAINMENT, CHEERFUL LAND PICTURES CO., LTD., YOUKU PICTURES (HK) CO., LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

ジャッキー映画はどう生まれ変わったか

本作『ポリス・ストーリー REBORN』のキャッチコピーは、伝説が生まれ変わる

数々のアクション映画に出演し、自ら身体を張って挑んできた“生ける伝説”ともいえるジャッキー・チェンですが、この映画は以前の作品と大きく作風が変わり、新時代にふさわしい完成をファンに見せてくれます。

これまでのジャッキー作品と比較してどこが新時代なのかご紹介していきます!

心優しき父親の家族ドラマ

本作の主人公リンは、国際捜査官であり娘を失いかけた過去から、ナンシーに父であると名乗れないながら陰から深い愛情を注ぐ姿は胸を打たれました。

警察関係者という点では代表作の一つ、『ポリスストーリー』で熱血警官ケビンを演じています。

型破りな捜査で犯罪者を追い詰める執念を持つ反面、上司からは煙たがられますが本作のリンは国際捜査隊の隊長として部下を指揮し、熱い心を持ちながらも冷静に状況を見極めようとします。

また、『シャンハイ・ヌーン』のように生真面目で恋愛に奥手な青年を多く演じてきたジャッキーですが、本作で娘を想う父親を熱演しており実年齢による役柄の変化も見受けられます

最強の人造人間にジャッキーが挑む


(C)2017 HEYI PICTURES CO., LTD., PERFECT VILLAGE ENTERTAINMENT HK LIMITED, DADI CENTURY (BEIJING) CO., LTD., MANGO ENTERTAINMENT, CHEERFUL LAND PICTURES CO., LTD., YOUKU PICTURES (HK) CO., LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

レーザー銃での銃撃戦や人造人間・アンドレとの戦いはこれまでのジャッキー作品には珍しく視覚効果を使用した演出が多く見られ、迫力のあるSF作品になっていました。

これまでは『タキシード』のように設定的にはSFに近い作品がありましたが、平凡な青年が超高性能なタキシードを身に着けることで超人的な能力で活躍する姿をジャッキー自身のスタントで表現していました。

また、視覚効果と言う点では、不思議なメダルの力で超人的な能力を得て、活躍する『メダリオン』で視覚効果を使っていましたがやはり、ジャッキーのスタントを補助する程度になっています。

これまでの作品に比べジャッキーのスタントシーンが少なくなっていますが、オペラハウスでのスタントシーンは『プロジェクトA』の時計台からの落下シーンを彷彿とさせ、ジャッキーのアクション俳優としての魂を見せていました

リ・スンとのコミカルな掛け合いも注目


(C)2017 HEYI PICTURES CO., LTD., PERFECT VILLAGE ENTERTAINMENT HK LIMITED, DADI CENTURY (BEIJING) CO., LTD., MANGO ENTERTAINMENT, CHEERFUL LAND PICTURES CO., LTD., YOUKU PICTURES (HK) CO., LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

泥棒であり、自らの目的のため、リンに協力するリ・スン。

国際捜査官であるリンとはまったくそりが合いませんが、ナンシーのために二人が一丸となってアンドレに立ち向かう姿は胸が熱くなる展開でした。

ジャッキー・チェンのバディムービーと言う点では『ラッシュアワー』が有名ですが、作風としては犯罪者と警察のでこぼこコンビを描いた『スキップ・トレース』に近くなっています。

本作のストーリーとしてはシリアス気味なのですが、リンとリ・スンのやり取りに和まされました。

特に、ミニバイクに二人乗りするシーンでの二人のやり取りは、『シャンハイ・ヌーン』のチョンとロイを思い出しました。

いずれの作品もお互いの立場や目的を超えて友情を育み、巨大な敵や陰謀に立ち向かっていく姿は変わりません。

まとめ


(C)2017 HEYI PICTURES CO., LTD., PERFECT VILLAGE ENTERTAINMENT HK LIMITED, DADI CENTURY (BEIJING) CO., LTD., MANGO ENTERTAINMENT, CHEERFUL LAND PICTURES CO., LTD., YOUKU PICTURES (HK) CO., LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

ジャッキーは2012年公開の『ライジング・ドラゴン』をもって、本格的なスタントから引退し多くのファンが残念に思っていましたが、続く作品でも相変わらずのキレッキレのアクションを炸裂させ続けています。

また、ジャッキー自身、かつて「アジアのロバート・デ・ニーロになりたい」と発言しており、これまで以上に演技力への探求を行っており、近年は演技に深みが出てきています。

映画制作にも精力的に携わるジャッキーの活躍はこれからも見られることは間違いありません。

今後ジャッキーはどんな興奮と感動を届けてくれるのでしょうか。まだまだ目が離せませんね。

関連記事

アクション映画

映画『BLEACH/ブリーチ』ネタバレ感想と評価。MIYAVIの剣戟アクションの新境地

週刊少年ジャンプに15年にわたって連載されてきた大人気漫画『BLEACH』の完全実写化作品。 この世にとどまる悪霊を退治する死神の仕事を代行することになった高校生の活躍を描く! 『アイアムアヒーロー』 …

アクション映画

映画『マイル22』ネタバレあらすじと解説。ラスト結末のどんでん返しに驚愕せよ!

映画『マイル22』は、2019年1月18日(金)よりロードショー。 『ローン・サバイバー』、『バーニング・オーシャン』などの作品を放ってきた、マーク・ウォールバーグ&ピーター・バーグ監督が4度目のコン …

アクション映画

映画『イコライザー2』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

前作『イコライザー』(2014)から4年ぶりの続編。 昼はタクシードライバー、夜には19秒で悪を倒す元CIAエージェント“仕事請負人=イコライザー”。そんな2面性を持つ魅力的なキャラクターが繰り広げる …

アクション映画

映画『ヴェンジェンス』あらすじとキャスト一覧!感想レビュー!

外道どもに死の制裁を下す衝撃のパニッシャー・アクション!『ヴェンジェンス』は、2017年9月30日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー! ニコラス・ケイジは、『リービング・ラスベガス』でアカデミ …

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャスト。主人公ファブル役は岡田准一の演技力とプロフィール紹介

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。 凄腕の伝説的殺し屋が、「誰も殺さず普通に …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP