Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2024/01/06
Update

【ネタバレ】エクスペンダブルズ4ニューブラッド|あらすじ感想評価と結末解説。完結?続編は?キャスト陣の“生き様”も継承される人気シリーズ第4弾

  • Writer :
  • 糸魚川悟

第3次世界大戦を防ぐため、消耗品軍団が再び結集!

1970年代〜2020年代までの6つの年代それぞれで、興行収入1位を記録した映画に出演した経歴を持つ唯一無二の俳優シルヴェスター・スタローン。

80歳という年齢が迫ってもなお、監督業のみではなく俳優を続けるスタローンですが、驚くべきことに「アクション俳優」としても常に前線で活躍を続けています。


今回はそんなスタローンが主演を務める「エクスペンダブルズ」シリーズの第4弾『エクスペンダブルズ ニューブラッド』(2024)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

映画『エクスペンダブルズ ニューブラッド』の作品情報

【日本公開】
2024年(アメリカ映画)

【原題】
Expend4bles

【監督】
スコット・ウォー

【脚本】
カート・ウィマー、タッド・ダッガーハート、マックス・アダムズ

【キャスト】
ジェイソン・ステイサム、シルヴェスター・スタローン、カーティス・“50セント”・ジャクソン、ミーガン・フォックス、ドルフ・ラングレン、トニー・ジャー、イコ・ウワイス、ランディ・クートゥア、アンディ・ガルシア

【作品概要】
2010年にシルヴェスター・スタローンが監督・共同脚本・主演を務めた『エクスペンダブルズ』(2010)に始まる大人気シリーズ4作。監督は『ニード・フォー・スピード』(2014)のスコット・ウォー。

スタローンをはじめ、ジェイソン・ステイサムやドルフ・ラングレン、ランディ・クートゥアといったお馴染みメンバーに加え、新たにトニー・ジャーやイコ・ウワイスといった実力派アクション俳優が参加しました。

映画『エクスペンダブルズ ニューブラッド』のあらすじとネタバレ

リビアの化学兵器工場が、傭兵ラフマトの率いる武装集団に襲撃されます。冷酷かつ残虐なラフマトは工場に駐屯していた将軍を家族ごと殺害すると、核弾頭の発射コードを奪取しました。

アメリカ、傭兵部隊「エクスペンダブルズ」のリーダーであるバーニー・ロスは、友人であり部隊での相棒ともいえるリー・クリスマスの家を訪ねます。

リーはメンバーのジーナと交際していましたが現在の関係は良好とは言えず、ジーナはバーニーをも巻き込んで決別を訴え、二人を追い出しました。

バーニーはリーに自身の「幸運の指輪」を取り戻す協力を願い、「ビッグシュリンプ」と呼ばれるギャングの根城へと押し入ります。

ビッグシュリンプの連中を用心棒ごと殴り倒し、「幸運の指輪」を取り戻した二人は「エクスペンダブルズ」のアジトへと帰還。古株のガンナーとトール・ロード、新人のイージー・デイと旧メンバー・ガルゴの息子ガランを加えたメンバーの前に、CIAのマーシュが現れます。

マーシュはラフマトから発射コードを守る任務をエクスペンダブルズに依頼した上で、ラフマトの裏には謎に包まれたテロリスト「オセロット」がいることもバーニーに忠告。

25年前、バーニーは「オセロット」の正体を暴く任務で多くの部下を失っており、人一倍この任務への想いを募らせていました。

リビアの化学兵器工場に戦闘機で到着したチームでしたが、彼らの到着は読まれており高射砲の掃射を受けます。バーニーは自身を除くメンバーを地上に降ろし、ラフマトの殺害と発射コードの奪取を命令します。

リーたちは激しい戦闘を繰り返しラフマトを追跡しますが、掃射で被弾したバーニーの戦闘機を目撃したリーがラフマト追跡の命令を無視し、高射砲の破壊を優先。しかしラフマトによる狙撃で戦闘機は墜落し、駆けつけたメンバーは火に焼かれるバーニーの亡骸を目にしました。

アメリカへの帰還後、ラフマトを取り逃がしバーニーを失ったリーたちがささやかな追悼式を執り行う中、その場にマーシュが現れます。

ラフマトが製造した核爆弾を「オセロット」に引き渡す現場を押さえる任務が言い渡されますが、命令に背きラフマトを取り逃がしたリーはチームをクビになってしまいます。

エクスペンダブルズをクビになったリーはインフルエンサーの警備の仕事を受けますが、人を小馬鹿にしたインフルエンサーを半殺しにしたために再びクビに。

ジーナがエクスペンダブルズのリーダー代行を務めることになり、リーは直談判をしますが復帰を許してはもらえず、代わりに自身のナイフをジーナに託しました。

エクスペンダブルズは新メンバーのラッシュを加え、CIAのアジア地域における拠点で任務の概要を聞きます。

ロシアの海域に向かって進む船の中でラフマトと「オセロット」の取引が行われると聞き、チームは監視役として同行するマーシュとともに船へと空から潜入。しかし、やはり潜入はあらかじめ予期されており、包囲されたメンバーはラフマトたちに捕らわれてしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『エクスペンダブルズ ニューブラッド』のネタバレ・結末の記載がございます。『エクスペンダブルズ ニューブラッド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

一方、リーはジーナに託したナイフに発信機を仕込んでおり、発信機の情報を追ってタイに入国。バーニーのかつての仲間であるデーシャに頼み込んで小船を出してもらい、取引が行われる船へと潜入していました。

リーとデーシャは敵を鎮圧しながらも捕まっていたジーナたちと合流すると、エクスペンダブルズによる反撃が開始。

トール・ロードが負傷しながらも、一騎打ちの果てに因縁の相手ラフマトを打ち倒したリーでしたが、すでに起動された核爆弾の停止リモコンをラフマトは所持していませんでした。

実はCIAのマーシュこそが、チームの情報をラフマトに流していた裏切り者であり「オセロット」本人であると気づいたリーは、脱出しようとするマーシュのヘリを爆破。

マーシュは本性を現し、ロシアの海域内で核爆弾を爆破することで第3次世界大戦を引き起こし、武器商人として大金を得ようとしていたことを明かすと、停止リモコンを海へと投げ捨てました。

マーシュは全兵士に「エクスペンダブルズの殺害」を命じたことで、チームは徐々に追い詰められ始め、リーはデーシャが曳航していた小船でメンバーを脱出させることを決断します。

自分以外のメンバーが船へ逃げたことを確認したリーは、曳航を外し一人だけ敵方の船に残ると、船をロシア海域から出すためにブリッジで一人奮闘。何とか船の位置を変えることには成功しましたが、爆発は数分後に迫っていました。

マーシュはリーに一騎打ちを求めます。彼に正々堂々勝負する気はなく、リーの油断を誘い殺害する気でしたが、突然その場に戦闘ヘリが現れてマーシュを射殺しました。

ヘリには死んだはずのバーニーが乗っていました。リーは困惑しながらもヘリに乗り込むと、バーニーは核爆弾が載った船首が海へ沈むようにミサイルを撃ち込み、その場を離れます。海に沈んだ核爆弾が爆破し大飛沫が上がりますが、二人は何とか脱出に成功しました。

バーニーは「オセロット」の正体を掴むためにわざと死を偽装しており、真相を知ったリーはバーニーに奢るように求めました。

数日後、バーニーの復帰を祝う集会でリーはジーナとヨリを戻し、船の上で負傷したトール・ロードと彼を支えていたラッシュの二人も仲睦まじい姿を見せます。

リーはバーニーに例の焼死体の人物の正体を聞くと、バーニーは「“ビッグシュリンプ”だ」と答えるのでした。

映画『エクスペンダブルズ ニューブラッド』の感想と評価

時代を築き上げてきた者たちの「ケジメ」

時代を牽引してきたアクション俳優をスタローンが結集し、人気アクション映画シリーズとなった「エクスペンダブルズ」。

1作目の公開から14年が経過し、初代「エクスペンダブルズ」の最若手であったジェイソン・ステイサムでさえも55歳を超えた2024年、シリーズも変革の時を迎えようとしています。

3作目である『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』(2014)では、世代交代を意識したためか多くの若手俳優がチームに加わり、「ルーキーとベテラン」という構図でアクションも物語も展開していました。

しかし4作目『エクスペンダブルズ ニューブラッド』では、若手俳優を起用しながらもスタローン演じるバーニーやステイサムの演じるリーに焦点を当て続けており、時代を築き上げてきた者たちのしなければならない「ケジメ」を思わせる物語展開が描かれます。

「エクスペンダブルズ」シリーズは、往年のアクション俳優を過去の存在にせず、現代も生き続ける俳優として添い遂げる作品であるという意志の表れを感じる作品でした。

新規参戦が熱い!アクションバリバリの実力派俳優

本作のヴィランにあたるラフマトを演じたイコ・ウワイス、そしてバーニーの旧友デーシャを演じたトニー・ジャーは、それぞれが『ザ・レイド』(2012)『マッハ!』(2004)といったアクション映画で世界的な名声を得たバリバリのアクション俳優。

そのため本作でも二人のアクションはキレが一段階異なり、目にも止まらぬスピードの身体捌きでアクション映画好きを魅了してくれました。

しかし本作の魅力はこの二人の参加だけに留まらず、1作目から起用の噂があったカーティス・“50セント”・ジャクソンや華麗なる鞭捌きを見せたレヴィ・トラン、「トランスフォーマー」シリーズに出演したミーガン・フォックスなど、新規参戦俳優が各々の個性で映画を彩っています。

大物俳優を起用しながらも、そのジャンルで有名な若手俳優の起用も積極的に行うからこそ、「エクスペンダブルズ」シリーズは長く愛される人気シリーズとなっていることが分かる『ニューブラッド』でした。

まとめ

このシリーズは果たしていつまで続くのか、そして次代のアクション俳優たちにその心意気は受け継がれていくのか。

『エクスペンダブルズ ニューブラッド』を手がけたスコット・ウォー監督はインタビューにて「本作がシリーズ完結編になる」と言及。しかし一方で、「スピンオフという形でのシリーズ継続」という意見には意欲的な姿勢を見せています。

その先行きは全く不透明ながら、今も生きているアクション俳優たちに寄り添い、若手の活躍の場も作る姿勢を示した『エクスペンダブルズ ニューブラッド』

キレキレな殺陣と銃弾飛び交うド派手なアクションを、スクリーンで披露するサービス精神は相変わらず旺盛なシリーズ第4作を、ぜひ鑑賞してみてください。




関連記事

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストの小島役は柳楽優弥。演技力とプロフィール紹介

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺 …

アクション映画

『映画刀剣乱舞』あらすじネタバレと感想。実写キャストが結末まで魅せるゲームさながらの見どころとは

歴史の名剣が戦士へと姿を変え、「刀剣男士」として歴史を守る。 アニメ、ミュージカル舞台と数多くのメディアミックスを成功させてきた人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」が、遂に実写映画化されました。 日 …

アクション映画

映画ワイルドスピード7スカイミッション|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ラストシーンが意味するポール・ウォーカーへのヴィン・ディーゼルらの“別れの言葉”

メガヒットカーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第7作。 ジェームズ・ワンが監督を務めた、2015年製作のアメリカのメガヒットカー・アクション映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』 …

アクション映画

映画『リベンジREVENGE』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【復讐する強い女をマチルダ・ルッツが熱演】

フランスの女性監督コレリー・ファルジャが描くバイオレンス映画『リベンジ REVENGE』 2018年に公開した映画『REVENGE リベンジ』は、砂漠地帯を舞台に陵辱され捨てられたジェニファーの、男達 …

アクション映画

映画 真・三國無双|ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。実写映画でアクションゲームの英雄伝を再現!

無双が活躍する時代。 仁義のもと闘い抜け。 コーエーテクモゲームスの人気アクションゲーム「真・三國無双」。ゲーム発売20周年を記念し、香港・中国・日本の合作で実写映画化が実現しました。 中国三国時代の …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学