Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2022/05/05
Update

『007カジノ・ロワイヤル』ネタバレあらすじ感想と結末評価解説。ヴェスパーはなぜ裏切り最後に死んだ?ダニエルクレイグ版ボンドの第1弾作品

  • Writer :
  • 秋國まゆ

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第21作!

マーティン・キャンベルが監督を務めた、2006年製作のイギリス・アメリカ・チェコ合作のスパイアクション映画『007/カジノ・ロワイヤル』。

チェコ・プラハでの内部汚職の根を絶ち、殺しのライセンス「00(ダブルオー)」を得た英国情報局秘密情報部「MI6」の諜報員ジェームズ・ボンドが、テロ組織への資金提供を行う謎の男ル・シッフルの活動を阻止するべく奔走する物語とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

ダニエル・クレイグが6代目ジェームズ・ボンドを演じた最初の作品である、「007」シリーズ第21作目『007/カジノ・ロワイヤル』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『007/カジノ・ロワイヤル』の作品情報


Casino Royale(C)2006 Danjaq,LLC,United Artists Corporation,Columbia Pictures Industries,Inc

【公開】
2006年(イギリス・アメリカ・チェコ・ドイツ合作映画)

【原作】
イアン・フレミング『カジノ・ロワイヤル』

【監督】
マーティン・キャンベル

【キャスト】
ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、ジャンカルロ・ジャンニーニ、シモン・アブカリアン、カテリーナ・ムリーノ、イワナ・ミルセヴィッチ、セバスチャン・フォーカン、イェスパー・クリステンセン、クラウディオ・サンタマリア、イザック・ド・バンコレ、トビアス・メンジーズ

【作品概要】
『007/ゴールデン・アイ』(1995)のマーティン・キャンベルが監督を務めた、イギリス・アメリカ・チェコ合作のスパイアクション作品。

原作はイギリスのスパイ小説・冒険小説家イアン・フレミングの小説『カジノ・ロワイヤル』であり、「007」シリーズの第21作目です。

『レイヤー・ケーキ』(2004)のダニエル・クレイグが主演を務めています。

映画『007/カジノ・ロワイヤル』のあらすじとネタバレ


Casino Royale(C)2006 Danjaq,LLC,United Artists Corporation,Columbia Pictures Industries,Inc

チェコ・プラハにて、英国情報機関秘密情報部「MI6」の諜報員ジェームズ・ボンドは、MI6を裏切った局長と彼の相棒を射殺し、殺しのライセンス(任務遂行中は自分の一存で容疑者を殺めても不問にされる殺人許可証)である「00(ダブルオー)」を手に入れました。

マダガスカルへ飛んだボンドはテロ組織への糸を掴むため、相棒と一緒にテロ組織の下っ端である爆弾密造人モロカの監視をしていました。その監視に気づいたモロカは、建設現場からナムブツ大使館へ逃走。

ボンドはナムブツ大使館へ押し入り、モロカを捕まえます。しかしそのせいで、ボンドはナムブツ大使館の兵士に囲まれてしまいました。

ボンドは持っていた銃を手放し、モロカを引き渡すと見せかけて、腰に隠していた銃を使ってモロカと、近くにあったガスボンベを撃ちその爆発に紛れて逃走。

ボンドはモロカから押収した鞄から、爆弾と一緒に見つけた携帯電話を調べたところ、「エリプシス」という謎のメッセージが残されていました。

MI6の部長Mの自宅に侵入し、彼女のPCを使って軍情報部のデータベースにアクセスし調べた結果、ボンドはメッセージの送信者がバハマ・ナッソーにいることを突き止めました。

ナッソーにあるリゾートホテル「オーシャン・クラブ」へ到着後、ボンドは警備室に侵入。監視カメラの映像から、メッセージの送信日時にこのホテルに来た客を割り出します。

さらにボンドは再度Mの名前と暗証番号を使って軍情報部へアクセスし、メッセージの送信者のデータを入手。メッセージの送信者が武器商人のアレックス・ディミトリオスであることを突き止めました。

ボンドはディミトリオスとポーカーで勝負をし、その戦利品として1964年型アストン・マーティンの車を奪うと、彼の妻ソランジュに接触し、自分の部屋へ誘います。

その時、ディミトリオスからの電話を受けたソランジュから、彼がマイアミへ向かうことを聞いたボンドは、急いでマイアミへ向かいました。

マイアミに到着後、ボンドはディミトリオスが入っていった「人体の世界展(ボディ・ワールド)」という展覧会が催されている博物館を訪れました。

クロークに鞄を預け、展示品を眺めていたディミトリオスは、自分を尾行しているボンドに気づきナイフで殺そうとしますが、逆にボンドにナイフで刺されて死にました。

その直後、ボンドはディミトリオスが展示品に置いたクロークの鍵がないことに気づき、ディミトリオスの荷物を引き出した男カルロスを急いで追いかけます。

カルロスが向かった先は、マイアミ国際空港。そこは、世界最大の新型航空機「スカイフリート S570型」が初めて飛行する場所でした。

ボンドの追跡を撒くため、鞄に入っていた空港の警備員の服に着替えたカルロスは機関室に侵入。ボンドはそんなカルロスを追いかけましたが、従業員用の出入り口の扉の解除コードが分かりません。

そこでボンドは、Mに電話をかけ、空港への警告を頼もうとします。ですがMが出る前に、ボンドは解除コードが「エリプシス」であることに気づきました。

緊急用スプリンクラーが突如作動し、空港内はパニック状態に。そうさせた張本人であるカルロスは、混乱に乗じて空港から逃げようとします。

そんなカルロスを追跡中、ボンドはMから、カルロスの狙いはスカイフリートの爆破であることを知らされました。

カルロスは奪った燃料補給用タンカーに小型爆弾を仕掛け、格納庫から出てきたスカイフリートを目掛けて発進。それに気づいたボンドは爆弾テロを阻止するべく、タンカーを猛追します。

何とかタンカーの運転席に乗り込んだボンドは、狭い車内でカルロスと死闘を繰り広げていきました。死闘の末、カルロスは運転席から飛び降り、残されたボンドはギリギリのところでタンカーを止めました。

それでも諦めず、カルロスは起爆装置を作動させますが、自分のベルトに小型爆弾をつけられたことに気づかず、爆死します。

以下、『007/カジノ・ロワイヤル』ネタバレ・結末の記載がございます。『007/カジノ・ロワイヤル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


Casino Royale(C)2006 Danjaq,LLC,United Artists Corporation,Columbia Pictures Industries,Inc

Mの話によると、ディミトリオスは相手を選ばず、金次第で武器を売買しており、テロ組織の資金運用をしているル・シッフルという男と関係があったと言います。

CIAは「9.11(アメリカ同時多発テロ事件)」直後の航空会社株に、巨額な空売り(投資対象である現物を所有せずに、対象物を将来的に売る契約を結ぶ行為)が仕込まれていることを発見。仕込んだ張本人であるル・シッフルは、9月12日の株価暴落で大儲けしていました。

ル・シッフルは今回、ウガンダのテロ組織から預かった資金で、スカイフリートを製造した航空会社の株を100万株の空売りを仕込んだ上で、スカイフリートを爆破し巨額の利益を得ようとしていたのです。

しかしボンドがそれを阻止したことで、1億以上の損害を被ったル・シッフル。彼はモンテネグロのカジノ“カジノ・ロワイヤル”で行われるポーカーゲームで、テロ組織に返済する金を調達しようとします。

そのポーカーゲームに参加できるプレイヤーは10人。バイ・イン(ゲームに参加するための必要な金額)は1000万、追加だと500万かかりますが、勝てば最高で1億5000万ドルもの巨額の金が手に入ります。

カジノ・ロワイヤルの説明を終えたMは、マフィアの参加者と交代してこのポーカー勝負に参加し、ル・シッフルを捕まえてくるようボンドに命じました。ポーカーゲームで負ければル・シッフルは逃げ場を失うため、彼を確保し情報を吐かせる絶好のチャンスだからです。

Mによる監視を行うため、自身の左腕に発信機をつけられたボンドは、列車に乗りモンテネグロへ向かいました。

ボンドはその道中の列車内で、資金の運び手を担う金融活動作業部会(マネー・ロンダリング対策における国際協調を推進するため設立された政府間機関。通称:FATF)の女性職員ヴェスパー・リンドと合流。「プロのギャンブラーと富豪令嬢」というカップルの設定で、ポーカー勝負が行われるホテル「ホテル・スプレンディド」に宿泊します。

チェックインする時、ボンドはホテル・スプレンディドの受付嬢に自身の正体を明かしました。既にル・シッフルに、ボンドの素性も金の出所も知られていると察したからです。

その後ボンドとヴェスパーは、協力者のルネ・マティスと合流。彼からル・シッフルがモンテネグロ警察の署長を買収していることを知らされます。

ですがマティスは「警察署長がル・シッフルからの買収に応じた」とモンテネグロ警察の副署長に通報。邪魔者を排除してくれました。

その日の夜。ボンドはヴェスパーが用意したオーダーメイドのタキシードを着て、カジノ・ロワイヤルに向かいました。

ボンドが到着後、ル・シッフルやボンドら参加者は、賭け金を管理するスイス銀行の行員メンデルから説明を受けました。

「ゲームの参加者はまず、暗証番号をご登録をしてもらいます」「勝者が登録した自身の暗証番号を入力すれば、我々スイス銀行は世界中どこでも、ご指定の口座に1億5000万ドルを送金いたします」


Casino Royale(C)2006 Danjaq,LLC,United Artists Corporation,Columbia Pictures Industries,Inc

やがてゲームが始まる中でボンドは、ル・シッフルがブラフの時に顔がひきつり、左のこめかみに手を当てていることに気づきました。

ゲーム開始から4時間後、1時間の休憩を挟むことに。部屋に戻ったル・シッフルは、預けた金が失われたことに気づいたテロ組織リーダーのスティーヴン・オバンノとその部下に襲われてしまいます。

ル・シッフルに盗聴器を仕掛けたボンドは部屋に戻るふりをして、ヴェルパーと一緒にル・シッフルが宿泊する部屋へ向かいました。するとその時、ル・シッフルの部屋から叫び声が聞こえてきました。

ボンドたちは咄嗟に階段に隠れ、何とかやり過ごそうとしましたが、ボンドの耳につけたイヤホンから漏れた音でバレてしまい、オバンノたちと戦う羽目に。激闘の末オバンノたちを倒したボンドは、マティスに頼んでその死体を処理してもらいました。

カジノ・ロワイヤルに戻ったボンドとル・シッフルは、何事もなかったかのように再開したポーカーゲームに加わります。

その後部屋に戻ったボンドは、ヴェスパーが戦いに巻き込まれたショックで、ドレスを着たままシャワーを浴びて座り込んでいるのを見つけました。ボンドはヴェスパーに寄り添い、ガクガクと体を震わせている彼女を慰めました。

翌日。ボンドはル・シッフルが左のこめかみに手をあてたのを見て、9つあるポーカーの役のうち3番目に強い「フルハウス」で大勝負に出ました。

しかし、ル・シッフルが出したのは2番目に強い「フォー・カード」だったため、ボンドは大負けしてしまいます。ル・シッフルは、自身がブラフを仕掛けた時の癖をボンドに読まれていることを察していたのです。

休憩中、ボンドは500万ドルの追加を要求しますが、ヴェスパーに拒否されてしまいます。それに怒ったボンドと口論になったヴェスパーは「その思い上がりと傲慢さを捨てなければ、あなたは負けるわ」と宣言しました。

そこでボンドはル・シッフルを殺すという強硬策に出ますが、他のプレイヤーに止められます。そのプレイヤーの名はフィリックス・ライター。彼はCIAのエージェントでした。

負け続きだったフィリックスは、ボンドに資金提供をする形で勝負を託します。そのおかげでポーカーを続行することができたボンドは、再開したゲームで勝ち続けます。

しかし、同じく負け続けるわけにはいかないル・シッフルは、自身の恋人ヴァレンカに頼んで、ボンドがよく頼むマティーニにジギタリス系の毒薬を盛ります。

意識が朦朧とする中、ボンドは自分の車からMI6の本部に連絡を入れます。そして技術スタッフの指示に従い、ボンドは解毒剤を注射し除細動器をつけようとしますが、線が抜けていたため起動しません。

意識を失い心肺停止状態に陥るボンド。そんな彼を救ってくれたのは、ヴェスパーでした。何とか一命をとりとめたボンドはポーカーゲームに戻り、ル・シッフルとの最後の勝負に挑みます。

ボンドは最後の勝負に勝ち、彼を破滅させることに成功。ポーカーゲームを終えたボンドは、ヴェスパーと一緒に夕食をとることにしました。その時、ヴェスパーに恋人がいることを知りました。

ヴェスパーはマティスに呼び出され、席を立ちました。ボンドは嫌な予感がして慌てて追いかけるも時すでに遅し、ヴェスパーは誘拐されてしまいました。


Casino Royale(C)2006 Danjaq,LLC,United Artists Corporation,Columbia Pictures Industries,Inc

しかしそれは、ル・シッフルがボンドを誘き寄せるために仕掛けた罠でした。ボンドはヴェスパーが乗る車を追跡するも、彼女は人気のない道路に手足を縛られた状態で転ばされていました。

慌ててハンドルを切ったボンドでしたが、彼の車は横転し大破。重傷を負ったボンドが動けずにいると、ル・シッフルとその手下たちに襲撃されます。

ボンドの発信機を取り外し破壊した後、ル・シッフルは「君の友達のマティスは、私の友達だ」と彼に言いました。そして拘束したボンドたちを車に乗せると、人気のない街の地下倉庫へ向かいました。

裸にされ、座面が外された椅子に座らされるボンド。ル・シッフルは太いロープの結び目をボンドの睾丸に打ちつけ、送金に必要な暗証番号を吐くよう拷問を開始。口座番号は、ヴェスパーから聞き出す算段でした。

ボンドが拷問に耐えていると、ル・シッフルをオバンノに紹介した国際的犯罪組織「スペクター」の幹部ミスター・ホワイトが突如現れ、「金よりも信頼できん奴はこうする」とル・シッフルを射殺しました。

後日。マティスは療養中のボンドを毒殺しようとしますが、それを読んでいたボンドはマティスをMI6に引き渡しました。また送金手続きをしにやって来たメンデルの前で、ボンドはヴェスパーに暗証番号を教えました。

ボンドが登録した暗証番号は、「VESPER(ヴェスパー)」でした。

ヴェスパーと結ばれたボンドは、「今の仕事を辞めてもいいくらいと思うくらい、君のことを愛してる」と伝えます。

そのまた後日。イタリア・ヴェネツィアでヴェスパーと幸せな時間を過ごしていたボンドは、Mへ辞職のメールを送りました。

ヴェスパーが銀行に行っている間、ボンドはMから「FATFから“ポーカーゲームで勝った金を送金しろ”と催促された」と電話で伝えられます。

ヴェスパーに騙されたことに気づいたボンドは、ヴェスパーを追跡。彼女が密かに連絡を取り合っていた男ゲットラーに、賞金が入ったブリーフケースを渡したところを目撃します。

ボンドの尾行に気づいたゲットラーとその手下たちは、ボンドと銃撃戦を繰り広げながらヴェスパーを連れ去っていきました。

銃撃戦の最中、ボンドはゲットラーたちがいる建物を浮かせている浮き袋を打ち破ります。建物がどんどん沈んでいく中、ゲットラーたちとの死闘を制したボンドは、エレベーターに閉じ込められたヴェスパーを助けようとします。

しかしヴェスパーは、内側からエレベーターに鍵をかけ、ボンドの目の前で溺死しました。ヴェスパーの亡骸を抱きかかえ、彼女の死に嘆き悲しんでいたボンドは、ミスター・ホワイトがブリーフケースを持ち去っていったことに気づきませんでした。

翌日。ボンドはMから、ヴェスパーはル・シッフル一味にフランス人の恋人を誘拐され「協力しなければ彼を殺す」と脅されていたことを知らされました。

また自らの死が迫っていることを悟ったヴェスパーは、ボンドに調べられることを見越して、自身の携帯にミスター・ホワイトの電話番号を記したメールを送っていました。

その後、ミスター・ホワイトに電話をかけたボンドは、車から出てきた彼の左足を撃ちます。激痛に悶え這いずるミスター・ホワイトの前に現れたボンドは、彼に自らの名前を名乗りました。

スポンサーリンク

映画『007/カジノ・ロワイヤル』の感想と評価


Casino Royale(C)2006 Danjaq,LLC,United Artists Corporation,Columbia Pictures Industries,Inc

ボンドvsル・シッフルの予測不可能な心理戦

MI6の諜報員ジェームズ・ボンドは、物語の序盤から工事現場のクレーンで格闘戦を繰り広げたり、マイアミ国際空港での爆破テロを阻止したりと、スリルと迫力があるアクション場面を魅せてくれます。

そして作中、もっとも緊張感のある戦いを魅せてくれたのは、ボンドとル・シッフルが頭脳戦を繰り広げていくカジノ・ロワイヤルでのポーカーゲームです。

MI6の中で一番ポーカーが得意で強いボンドと、頭脳明晰なチェスの名人ル・シッフルは、互いに得意とする読心術を使って相手の手の内を探り合います。どちらが勝つか負けるか予測不可能なため、2人の戦いは一瞬たりとも目が離せません。

ポーカーゲームに負け追い詰められたル・シッフルは、ボンドを拷問し、是が非でもテロ組織に返済する金を手に入れようとします。ボンドは死ぬほど痛いであろう拷問を受けてもなお、暗証番号を言わないどころか、ル・シッフルを挑発し続けました。

そんなボンドとル・シッフルの戦いが、突如現れたミスター・ホワイトにル・シッフルが射殺されるという形で幕を閉じたのは、とても衝撃的な展開でした。

暗躍するミスター・ホワイト


Casino Royale(C)2006 Danjaq,LLC,United Artists Corporation,Columbia Pictures Industries,Inc

物語の前半でオバンノにル・シッフルを紹介しただけの登場かと思いきや、物語の後半、国際的犯罪組織「スペクター」の幹部ミスター・ホワイトは突如ボンドの前に現れ、ル・シッフルを射殺しました

その理由は、紹介者であるミスター・ホワイト自身も、オバンノが率いるテロ組織に命を狙われる可能性が高かったことと、少なからず損失を被ったからではないかと考察できます。

それを裏付けるかのように、ミスター・ホワイトは失態をおかしたル・シッフルを射殺しただけでなく、ボンドが手に入れたポーカーゲームの賞金を奪っていきました。

そんなミスター・ホワイトが物語の最後、ボンドに追い詰められたのは、きっと労せずして賞金を奪った罰が当たったのでしょう。

まとめ


Casino Royale(C)2006 Danjaq,LLC,United Artists Corporation,Columbia Pictures Industries,Inc

殺しのライセンス「00(ダブルオー)」を手に入れたMI6の諜報員ジェームズ・ボンドが、世界各地で激闘を繰り広げつつ、テロ組織の資金を運用する謎の男との戦いに挑む姿を描いた、イギリス・アメリカ・チェコ合作のスパイアクション作品でした。

本作の見どころは、ボンドが悪党たちと繰り広げる激闘の数々と、ル・シッフルとのポーカーゲーム、そしてヴェスパーとの恋模様です。

ボンドとヴェスパーは互いに第一印象が良くなかったものの、一緒に危険を乗り越えていくにつれて、少しずつ互いに惹かれ合っていきました。

MI6の諜報員としての仕事を辞めてもいいと思えるほど、ヴェスパーを深く愛しているボンド。このままボンドとヴェスパーが幸せに暮らすのかと思いきや、物語の終盤、ヴェスパーがル・シッフル一味に誘拐された恋人を救うために裏切っていたなんていう事実が発覚したのです。

最後まで目が離せないアクション場面の数々と、MI6の諜報員「007(ダブルオーセブン)」となって間もないジェームズ・ボンドの姿を描いた、ハラハラドキドキのスパイアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品となっています。




関連記事

アクション映画

映画『ミッドウェイ』あらすじネタバレと感想レビュー。2020年公開のローランド・エメリッヒが描く“勝者無き海戦”

ラストメッセージ「海はすべて覚えている」が全てを物語る。 太平洋戦争の明暗を分けた戦い「ミッドウェイ海戦」を、日米双方の視点で描く映画『ミッドウェイ』をご紹介します。 『インデペンス・デイ』のローラン …

アクション映画

映画『ハンターキラー 潜航せよ』あらすじネタバレと感想。潜水艦作品の新たな傑作!

ジェラルド・バトラー主演の潜水艦アクション大作! 『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013)、『ザ・アウトロー』(2018)のジェラルド・バトラー主演の『ハンターキラー 潜航せよ』が、2019年4月 …

アクション映画

映画『イップマン外伝マスターZ』ネタバレあらすじと感想。マックス・チャンの魅力さく裂!

ドニー・イェン主演の「イップ・マン」シリーズのスピンオフ 映画『イップ・マン外伝 マスターZ』は、2019年3月9日(土)より新宿武蔵野館ほかでロードショー! ドニー・イェン主演の「イップ・マン」シリ …

アクション映画

映画『バッドボーイズ2』あらすじネタバレと感想。続編はアクション×コメディが前作以上のエンタメに!

“共に生き、共に死ぬ、一生悪友(バッドボーイズ)だ” 1995年公開の前作『バッドボーイズ』から、8年…。 マーカスとマイクの名(迷?)コンビが帰ってきた! 強敵、キューバの麻薬王に挑む中、マーカスの …

アクション映画

パワーレンジャー2017キャストとあらすじ!日本公開日や試写会情報も

アメリカで最も成功したジャパニーズ・コンテンツとも言われる『パワーレンジャー』シリーズ。 ハリウッドの歴戦のスタッフによって描かれるハイクオリティなアクションに注目が集まる映画『パワーレンジャー』をご …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学