Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

『空気殺人TOXIC』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。韓国映画名優たちの共演で描く社会派ドラマは必見!

  • Writer :
  • 西川ちょり

韓国史上最悪の事件と称せられる「加湿器殺菌剤事件」を描く!

家族の突然の死の真相を追求する父親は、安全なはずの「加湿器殺菌剤」がその原因だったと知り愕然とする。

2001年から2010年半ばまでの間に韓国で実際に起きた事件をもとに新たな創作を加えて制作された映画『空気殺人 TOXIC』。

監督を務めたチョ・ヨンソンは、加湿器殺菌剤事件に関する膨大な資料にあたり、関連者や専門家に取材し、本作の脚本を執筆したといいます。

殺人の追憶』(2003)、『一級機密』(2017)などで知られるキム・サンギョンが主人公の医師役に扮し、大企業、国家という権力に果敢に挑む姿を熱演しています。

スポンサーリンク

映画『空気殺人 TOXIC』の作品情報


(C)2022 THE CONTENTS ON Co.,Ltd. & MASTER ONE ENTERTAINMENT Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2022年公開(韓国映画)

【原題】
공기살인(英題:TOXIC)

【原作】
ソ・ジェウォン

【監督・脚本】
チョ・ヨンサン

【キャスト】
キム・サンギョンイ・ソンビン、ユン・ギョンホ、ソ・ヨンヒ、チャン・ヒョクチン、キム・ジョンテ(キム・テウク)、ソン・ヨンギュ、イ・ジフン、イ・ユジュン、チャン・グァン、ユ・ジス

【作品概要】
2001年から2010年半ばまでの間に韓国で実際に起きた事件をもとに新たな創作を加えて制作された社会派エンターティンメント。

家族に健康被害が出て苦しむ主人公の医師を『殺人の追憶』などの作品で知られる名優キム・サンギョンが演じている。

映画『空気殺人 TOXIC』あらすじとネタバレ


(C)2022 THE CONTENTS ON Co.,Ltd. & MASTER ONE ENTERTAINMENT Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

大学病院の救急救命室の医師であるテフンは、愛する妻と息子と共に幸せな日々を過ごしていました。ある日、息子のミヌが意識を失い、病院に運ばれて来ます。

診察の結果、ミヌは、肺が硬くなる“急性間質性肺炎”だということが判明しました。妻のギルジュは、息子の入院に必要なものを取りに家に戻りますが、病院には引き返して来ず、ギルジュの妹で検事のヨンジュが、家を訪れたところ、ギルジュが部屋の中で倒れているのを発見します。

ギルシュは病院に運ばれたときにはすでに亡くなっていました。彼女もミヌと同じ“急性間質性肺炎”を患っていたことが判ります。

このような症状になるには通常は一年以上かかるはずで、テフンは妻子の体の異常を医師でありながら気づかなかったことに愕然とし、自分を責めます。

しかし、ヨンジュは5ヶ月前に姉と一緒に人間ドックで検査をし、その時はなんの異常もみつからなかったと語りました。

疑問を覚えたテフンは妻の遺体を解剖することを決意しました。すると、彼女の肺は信じられないほど固くなっていたことが判明します。5ヶ月でこんなふうになることはありえません。

テフンとヨンジュは、2人が突然病気になった原因を知るための調査を始めました。すると、同じような症状で亡くなったり、現在も苦しんでいる人々がいることが判ってきました。

テフンは数年前からこの症状を調査している教授に話を聞きに行きました。ちょうど10年前くらいからこうした患者が増えてきたという教授。不思議なことに春だけ患者が増えるのだそうです。

テフンは、同じ病で苦しんでいる人にアンケートを取ればなにかわかるかもしれないと、封書を送りますが、思うように返事はもらえません。

ヨンジュに直接会いに言ってみてはどうかと提案され、テフンはいくつかの家庭に話を聞きに行きました。写真を撮らせてもらい、共通点を探しますが、これといったものはみつかりません。

そんな折、テフンは妻と息子がベッドに一緒に眠っている夢をみます。ふと目覚めると、そこはベッドの側で、加湿器が稼働していました。テフンはそれを見てはっとします。話を聞かせてくれた家庭でも部屋で加湿器を使っていたのです。

テフンは早速、自身の家で実験してもらうよう手配し、一週間のうちに、実験用のマウスがすべて死亡したという結果を得ます。

なんと、加湿器にカビが生えないようにするための殺菌剤に毒性があったのです。世界的な企業であるオーツー社は、自社製品に有害な化学物質が含まれていることを隠して、過去 何年間も販売を続けていたことが判明します。

政府もその商品の安全性を許可し、テレビでも広告が流れていました。体に良いと思って使った製品のために多くの人が苦しむこととなったのです。特に家に長くいる、女性や子供に被害が多く見られました。テフンは訴訟を起こすことを決意します。

オーツー社のイギリス国籍を持つ社長は自社の商品が有害であることを否定し、裁判を起こさせないように、部下のソ・ウシクを呼び寄せました。

ウシクは、早速手を回し、政治家を使ってテフンの身内であるヨンジュが検事として働けないようにしました。ヨンジュは、それでもめげず、原告側の弁護士を務めることになりました。。

訴訟にいたるまでには揃える事柄が膨大にあり、あっという間に夏が終わり、数カ月が過ぎようとしていました。

ヨンジュは尊敬する先輩リュ・サンムン弁護士に共同弁護士になって欲しいと頼みに行きますが、後日断りの連絡が入り、がっかりします。ところが、第一回目の公判に彼は被告側の弁護士として現れます。オーツー社も彼に接近していて、彼は報酬をたっぷり払う被告側につくことを選んだのです。

敏腕弁護士の彼は、ソウル大学の医学部教授に再検査を頼んだので、結果が出るまで公判を伸ばして欲しいと主張。ヨンジュは検査をする時間はたっぷりあったはずだと反論しますが、結局、被告側の主張が通ります。

しばらくして、原告側の男性が、オーツー社と示談し、原告名簿を渡したという知らせが入りました。テフンが彼に会いに行くと、彼は妻と双子の病気の治療に費用がかかり、膨大な借金を背負っていたことを涙ながらに告白しました

オーツー社を訪ねてきたソウル大学の医学部教授は、薄ら笑いを浮かべながら製品には有害物質が含まれていたと述べます。ウシクは、教授の研究室とのこれまで以上の連携を約束し、もう一度、検査をするように伝えました。勿論、それは虚偽の報告をしろということです。

さらにウシクはミヌが眠っている病室に現れます。彼はミヌへの移植の手配をすると約束し、こちらの条件をのむよう資料を置いて出ていきました。テフンは手渡された封筒を引き裂きます。

ようやく開かれた公判で医学部教授は製品に有害物質は含まれていなかったと証言。さらに驚くべきことが発表されました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『空気殺人 TOXIC』ネタバレ・結末の記載がございます。『空気殺人 TOXIC』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

その検査の立会人になったのが、テフンだったのです。原告側の人々は、悲鳴をあげながら、テフンに「なぜだ?」と問いかけました。

ヨンジュが証人に反対尋問を行いますが、逆転できる見込みはなく、次回公判で判決が言い渡されることとなりました。訴えた人々は、それでなくても生活が苦しいのにどうなるのかとヨンジュに迫ります。テフンは黙ってたたずむだけでした。

オーツー社は早くも勝利を祝い、景気よくシャンペンを開けていました。当初の約束通り、社長はアジア総合部門のトップの座に移ることになり、ウシクが変わりに社長の座につくこととなりました。

社長はウシクにオーストラリアでの契約の件を処理しておくように、殺菌剤の在庫は処分せず、全て市場に回すようにと命じました。彼はそれで誰かが死んでもかまうものかと言い放ちました。

ウシクがすぐにオーストラリアに連絡すると、担当者はこのような危険な商品を扱う事はできない、韓国ではこれを本当に使っているのかと驚きの声をあげていました。

あとは判決を待つだけになった時、テレビで衝撃的なニュースが流れました。ソウル大学医学部教授が虚偽の実験をし、虚偽のデーターを発表したことを、立会人のテフンが映像と共に暴露したというのです。

そのニュースをウシクは冷静に見ていました。実はウシクもオーツー社の加湿器殺菌剤を使用していて、妻と娘を亡くしていたのです。

ショックで一時的に会社を離れていたウシクは、社長に呼び出され仕事をあてがわれた時から、復讐の計画を立てていました。

あの時、ウシクがテフンの息子の病室を訪ねた時、彼は「ミンジの父親です」と名乗って会話を始めていました。テフンは彼が置いていった封筒を破いた時、中から出てきた幼い娘の写真を見て、ウシクも、テフンがアンケートのお願いを送った人々の中の一人だったと気付きます。

テフンは彼の意図を受け取り、立会人となり、調査が捏造される様子を撮影しました。ウシクは、これは民事ではすまされない、殺人事件だと強く訴えました。

こうしてオーツー社の面々は拘束され、事情徴収されることになりました。サンムン弁護士が自信満々に立ち合っていましたが、検事として現れたのはヨンジュでした。上司が彼女を復職させたのです。

一方、安全性を許可した国の責任を問う場にはテフンが立ち会っていました。どこの省も他の省に責任を押し付ける様子にテフンは声を荒らげ、感情を爆発させます。

その時、外から大きな声が聞こえてきました。建物の周辺に多くの被害者たちが集まり、抗議の声を上げていました。その中にはウシクの姿もありました。

スポンサーリンク

映画『空気殺人 TOXIC』解説と評価


(C)2022 THE CONTENTS ON Co.,Ltd. & MASTER ONE ENTERTAINMENT Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

2001年から2011年にかけて、韓国の大手企業が発売した加湿器用殺菌剤に含まれるポリヘキサメチレングアニジンにより大量の死傷者が出た「加湿器殺菌剤事件」は、韓国社会を震撼させた大事件として知られています。

本作はその事件をもとに、新たなキャラクターを生み出して制作された社会派サスペンスドラマです。

キム・サンギョンが演じた医師をはじめ、安全と思って使用した商品のせいで、家族を失ったり、未だ家族や自分が苦しみのさなかにある人々の苦悩が描かれるのと平行して、大企業の内幕も同時に描かれています。

大企業の社長の造形や、発言などはかなり誇張された印象がありますが、「人が死んでもかまわない」という台詞を本当に言ったかどうかは問題ではありません。

害があると知っていて、販売を続けたということはつまりそのように認識していたということで、重い責任があるにも関わらず、政治家や金を使って証拠隠滅に走った企業人たちの姿が赤裸々に描写されています。

実際の事件では、加湿器殺菌剤を販売した責任者たちは処罰されましたが、犯した罪の重さに釣り合わないような軽い刑や、無罪となったケースもあり、被害者の救済や、保証は十分なされたとは言い難い状態だと聞きます。

本作は、映画ならではのオリジナルな設定が盛り込まれ、ミステリの種明かしのようなサスペンス溢れる怒涛の展開へと発展していきます。

それは、せめて映画だけは、悪を悪として正当に裁きたいという作り手の強い想いの現れなのでしょう。

なんの罪もない人の苦しみと悲しみを強く観るものに訴え、罪を犯してもそれを認めず隠蔽に走る権力者たちへの強い怒りがそこには確かに記されています。

まとめ


(C)2022 THE CONTENTS ON Co.,Ltd. & MASTER ONE ENTERTAINMENT Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

突然死んだ妻と急性間質性肺疾患にかかった息子。苦悩するエリート医師を演じているのは、ポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』などで知られるキム・サンギョンです。

大きな悲しみに包まれながらも事件の真相へと冷静に迫り、身体的にも経済的にも苦しい被害者の代表として行動する責任感の強い人物を人情味溢れる演技でみせています。

彼の義理の妹で検事役のヨンジュを演じるのは、アクションコメディー『ミッション:ポッシブル』(2021)でおなじみのイ・ソンビンです。時に感情的に暴走する検事として、シリアスな作品の中の唯一のコメディーリリーフの役割を果たしています。

また、オーツー社の社長から、事件の隠蔽を命じられる部下のソ・ウシクには、『キングメーカー 大統領を作った男』(2021)など数多くの作品に出演する名バイプレイヤーのユン・ギョンホが扮しています。

名優たちの演技に引き込まれ、この恐ろしい事件の背景に震撼させられる良質の社会派ドラマに仕上がっています。




関連記事

サスペンス映画

映画『インフェルノ』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末も【トムハンクス主演のパンデミック作品】

地球にとって人類は疫病。特効薬は「地獄=インフェルノ」 ハーバード大学教授ロバート・ラングドンが歴史に秘められた謎を解き事件解決に挑む、ダン・ブラウン原作の大ヒットシリーズ映画化第3弾『インフェルノ』 …

サスペンス映画

『眼の壁』原作小説ネタバレとラスト結末の解説。松本清張の犯罪ミステリーで手形詐欺を扱った真犯人とは⁈

小説『眼の壁』がドラマ化され、2022年6月よりWOWOWにて放送・配信スタート! 推理小説界に“社会派”の新風を生みだし、生涯を通じて旺盛な創作活動を展開した大作家松本清張。 彼の代表作『点と線』や …

サスペンス映画

映画スマホを落としただけなのに|あらすじネタバレ感想と結末ラスト評価。北川景子×田中圭のサスペンススリラーが描く恐怖は私たちのすぐそばに

主演・北川景子×監督・中田秀夫の大ヒットサスペンス『スマホを落としただけなのに』! 「このミステリーがすごい!」を主催する宝島社が隠し玉として発表した志駕晃のデビュー作『スマホを落としだけなのに』を、 …

サスペンス映画

映画『鳩の撃退法』事件の犯人と真相はどこに?土屋太鳳扮する編集者の鳥飼なほみが真実の追求にのりだす

映画『鳩の撃退法』は、2021年8月27日(金)全国公開予定 映画『鳩の撃退法』は、藤原竜也、土屋太鳳、風間俊介、西野七瀬、豊川悦司らの豪華キャスト陣を、『原宿デニール』(2015)のタカハタ秀太監督 …

サスペンス映画

【ネタバレ】ザリガニの鳴くところ|結末あらすじ感想と評価を解説。原作本格ミステリ小説の映画化で“謎めいた湿地の娘”の生き方を描く

ディーリア・オーエンズの大ベストセラーを リース・ウィザースプーン製作で映画化! ノースカロライナ州の湿地帯で、一人の青年の変死体が発見されます。 犯人として疑われたのは、街中で“湿地の娘”と呼ばれ差 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学