Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2017/10/06
Update

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』あらすじとキャスト【チェン・ウェイハオ監督】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』は、2018年1月13日(土)より新宿シネマカリテほか、全国順次公開されます。

10月1日に発表された台湾版アカデミー賞の「第54回金馬奨」の演技賞に、カイザー・チュアンは主演男優賞、メイソン・リーは助演男優賞。

また、視覚効果賞、編集賞、音響効果賞と5部門ノミネートの快挙を果たした。

スポンサーリンク

1.台湾発の犯罪映画『目撃者 闇の中の瞳』とは


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

すべてが悪夢!事故車とは知らずに購入した高級車が、悪夢の連鎖を引き起こす。

©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ホラーやサスペンスなどジャンル映画が、この数年に渡って快進撃が続く台湾映画。

その先陣を切っているのが 33歳の新鋭監督チェン・ウェイハオ(程偉豪)。

興行・批評の両面で大成功を収めた長編デビュー作のホラー『紅衣小女孩』(日本未公開)に続く本作は、生身の人間の恐ろしさを描く犯罪スリラーです。

参考映画:チェン・ウェイハオ監督作品『紅衣小女孩』予告編

前作『紅衣小女孩』は残念ながら日本未公開ですが、この作品を見た際に、台湾発のホラー映画とは面白い監督が出てきたなと記憶しています。

チェン・ウェイハオ監督であれば、映画『目撃者 闇の中の瞳』の演出の冴えは、間違いなく観客のあなたを魅了するはずです。

2.映画『目撃者 闇の中の瞳』の作品情報


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

【公開】
2018年(台湾映画)

【原題】
目撃者 (英語題:WHO KILLED COCK ROBIN)

【脚本・監督】
チェン・ウェイハオ

【キャスト】
カイザー・チュアン、ティファニー・シュー、アリス・クー、クリストファー・リー、メイソン・リー

【作品概要】
台湾のアカデミー賞「2017年第54回金馬奨」の主演男優賞、助演男優賞、視覚効果賞、編集賞、音響効果賞と5部門ノミネートの快挙を果たした犯罪スリラー。

ある日の事故をきっかけに、過去に偶然目撃した自動車の当て逃げ事故との接点を告げられ、その事件の闇に落ちていく男の行方を描いた作品。

監督はホラー映画『紅衣小女孩』で長編デビューを果たしたチェン・ウェイハオ監督です。

スポンサーリンク

3.映画『目撃者 闇の中の瞳』のあらすじ


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

2007年。新聞社の実習生シャオチーは、ある嵐の夜、郊外の山道で車同士の当て逃げ事故を目撃します。

被害者の男性は死亡、助手席の女性も瀕死の状態となります。

シャオチーは現場から走り去る逃走車を撮影しますが、記事にはならず、また犯人が捕まることもありませんでした。

時は過ぎ9年後…。


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

敏腕記者となったシャオチーは、取材の帰り道に買ったばかりの中古車をぶつけてしまいます。

破損した車を自動車修理工に見せると、その車は過去にも事故に遭っていることが判明。

さらに警察で調べたところ、以前の持ち主は9年前の当て逃げ事故の被害者でした。

シャオチーは先輩記者マギーの協力を得て、独自に事故の真相を調べ始めます。

事故の直後に失踪した被害者女性、彼女につきまとう影、消された証拠写真、そして逃走車の所有者として浮かび上がる意外な人物…。

関係者たちの証言がことごとく食い違うなか、シャオチーはある結論を導き出します。それは永久に続く悪夢の始まりだった…。

4.映画『目撃者 闇の中の瞳』の見どころ


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

この作品は、敏腕新聞記者のシャオチーは乗っている愛車が、9年前に山道で目撃した高級車2台の衝突死亡事故で、当て逃げされた事故車だったこと知り、やがて彼の周囲で起こる悪夢を描いたものです。

シャオチーをはめるために何者かが企て裏で手を引いているのか、それとも因果応報なのかと観る者を引きつけていきます。

それは当て逃げ犯、マスコミ、警察、政治家、修理工、被害者など事件に巻き込まれた者たちが証言することが、様々な思惑と嘘が入り混じっているからです。


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

また、シャオチーを悪夢の淵に立たせる“真実”を時空と視点が交錯する巧みな構成で描いたことで、ラストの瞬間まで観客の背筋を逆なでし続けています。

野心あふれる新聞記者の主人公を演じるのは、2016年の話題作『菜鳥』(原題)で台北映画祭最優秀助演男優賞を受賞した若手実力派のカイザー・チュアン。

主人公を翻弄する魔性の上司に、モデル出身で昨年の台北映画祭では『紅衣小女孩』 を含む3作品で最優秀主演女優賞に輝いたティファニー・シュー。


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

事件の鍵を握るワケありの被害者女性に、『モンガに散る』のアリス・クー(柯佳嬿)。


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

事故の真相が露になるにつれ、最初は片鱗も見せなかった本性を表していく三者三様の演技は台湾で絶賛されました。

これまでは青春映画ばかりが目立っていた台湾映画ですが、そのイメージを根底から一新させる問題作です。

チェン・ウェイハオ監督の緊張感ある映像の描写力と、予想を超えた展開は前作同様に今作でも炸裂します。

台湾発の犯罪スリラー映画『目撃者 闇の中の瞳』に注目しましょう。

スポンサーリンク

まとめ


©Rise Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved.

この作品のプロデューサーはデヴィッド・タン。そのもとでこれまでにない台湾映画を作り続けるチェン・ウェイハオ監督。

監督は自ら脚本を書き下ろした渾身の一作が、彼にとっての日本公開デビューとなります。

映画『目撃者 闇の中の瞳』は、2018年1月13日(土)より新宿シネマカリテほか、全国順次公開されます。

追って当サイトで情報を紹介してまいります。ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

サスペンス映画

映画『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

映画『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』のあらすじネタバレと感想や評価をまとめました! 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲー …

サスペンス映画

実写映画『ミスミソウ』のトラウマ漫画の映像化は「赤」に注目!胸キュン場面もある?

乙女心をくすぐる胸キュンな場面写真を解禁!ミスミソウの花言葉は、「あなたを信じます」。 2018年に最も切なく、最も美しくて残酷なトラウマ・サスペンス映画『ミスミソウ』。 壮絶な状況なかでも微かな希望 …

サスペンス映画

映画『ALONE/アローン』ネタバレ感想。地雷を踏んだマイクが結末で見たものとは

地雷を踏んでしまい、一切の身動きを封じられた米軍兵の、悪夢のような52時間を描いたワンシチュエーションスリラー。 今回は6月16日(土)より新宿シネマカリテほかで全国公開中の、映画『ALONE/アロー …

サスペンス映画

映画『聖なる鹿殺し』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ヨルゴス・ランティモス監督作品】

映画『聖なる鹿殺し』は、ヨルゴス・ランティモス監督が観客のあなたに見せる“死のメタファー”。究極の選択を前に、あなたならどうしますか? 自尊心の強い心臓外科医のスティーブンは幸せに家庭とともに暮らして …

サスペンス映画

映画『楽園』ネタバレあらすじと感想。瀬々監督は原作短編を「紡」という女性の名を活かし【罪・罰・人】のと三部構成へ

“人はなぜ、罪を犯すのか?”心をえぐられる衝撃作の映画化! 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。彼の最高傑作と評される『犯罪小説集』を基に、『64-ロクヨン-』『友罪』の瀬々敬 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学