Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2021/01/08
Update

【映画劇場鑑賞券プレゼント】話題作『漂流ポスト』が無料で見られるチケットを抽選で5名様に!上映は3月5日より公開

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『漂流ポスト』は2021年3月5日(金)より公開。

震災で大切な人を亡くした人の“心の復興”を描く映画『漂流ポスト』が、各国の映画祭での評判を受け、ついに日本でも公開されます。

映画『漂流ポスト』は、2021年3月5日(金)よりアップリンク渋谷ほかにて全国順次公開となります。

公開を記念して、『漂流ポスト』の全国共通特別鑑賞券を抽選で5名様にプレゼントいたします。

スポンサーリンク

漂流ポストとは?

(c) Kento Shimizu

“漂流ポスト”とは、「手紙を書くことで心に閉じ込められた悲しみが少しでも和らぎ、新たな一歩を踏み出す助けになるなら」という想いから、被災地である岩手県陸前高田市の山奥に建てられた郵便ポスト

当初は東日本大震災で亡くなった人への想いを受け止める為のポストでしたが、今では病気や事故など、震災に限らず亡くなってしまった最愛の人に向けた想いを手紙に綴り、届ける場所になっています。

震災から9年以上経った現在も多くの手紙が届き、その数は500通を超えます。手紙は同じ境遇の人々にシェアされ、心の復興を助けているんです。

映画『漂流ポスト』について

(c) Kento Shimizu

2011年3月12日に、仕事で岩手を訪れる予定だった清水健斗監督は、自分が1週間前に訪れた場所が津波に流されてしまう様子をニュースで見て、他人事とは思えず、長期ボランティアに参加。

そこで直に見聞きした被災者の想いを風化させないために、ニュースで知った“漂流ポスト”を舞台に、心の復興の映画を製作しました。

本作の趣旨に賛同した漂流ポストの管理人・赤川勇治の全面協力により、実際に漂流ポストのあるガーデンカフェ森の小舎での撮影を敢行。

東日本大震災で親友の恭子を亡くした主人公・園美役の雪中梨世が実際に漂流ポストに届いた手紙を初めて読んでいるところを撮影したドキュメンタリー映像を本編で使うなど、リアリティを大切に制作されました。

園美の中学時代の親友・恭子役の神岡実希、園美の中学時代役の中尾百合音は、本人たちの実際の親友に宛てた手紙を書くというオーディションを経ての大抜擢です。

その他、大人になった園美に漂流ポストの存在を教える彼氏・和也役で藤公太、漂流ポストの管理人・赤川役で永倉大輔が出演します。

スポンサーリンク

映画『漂流ポスト』の作品情報

(c) Kento Shimizu

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本・編集・プロデュース】
清水健斗

【キャスト】
雪中梨世、神岡実希、中尾百合音、藤公太、永倉大輔

映画『漂流ポスト』のあらすじ

(c) Kento Shimizu

東日本大震災で親友の恭子を亡くした園美は、心のどこかで死を受け入れられず日々を過ごしていました。

ある日、学生時代に恭子と埋めたタイムカプセルが見つかります。

中には『将来のお互い』に宛てた手紙が入っていました。

蘇る美しい思い出と罪悪感。

過去と向き合う中、震災で亡くなった大切な人へ届けたい言葉・伝えることができなかった想いを綴った手紙が届く【漂流ポスト】の存在を知った園美は、心の復興を遂げることができるのでしょうか。

スポンサーリンク

映画『漂流ポスト』のプレゼント

(c) Kento Shimizu

映画『漂流ポスト』の公開を記念して、上映館で利用可能な全国共通鑑賞券を5名様にプレゼントいたします。

プレゼントの応募受付

【応募方法】

*たくさんのご応募ありがとうございました。当選発表は発送をもって代えさせていただきます。

【応募締切】
2021年2月26日(金)PM23:59まで

【当選者数】
5名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。
*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

まとめ

(c) Kento Shimizu

本作は、ニース国際映画祭 最優秀外国語短編映画グランプリ、ロンドン国際映画祭 外国語長編作品部門 最優秀助演女優賞(神岡実希)、ロサンゼルス・インディペンデント映画祭 最優秀外国語短編映画、テキサスのプレスプレイ映画祭 最優秀短編映画及び最優秀監督を受賞するなど、各国で賞賛を浴びています。

満を持して、2021年3月5日(金)よりアップリンク渋谷にて公開です。

そんな話題の映画『漂流ポスト』の全国共通特別鑑賞券を、抽選で5名様にプレゼントいたします。

奮ってご応募ください。

関連記事

プレゼント応募

映画クリアファイルプレゼント『フィッシャーマンズ・ソング』オリジナルグッズを5名様に【コーンウォールから愛をこめて】

『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』は2020年1月10日(金)より 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて劇場公開。 漁師バンドがイギリスを席巻する奇跡の実話 …

プレゼント応募

《映画チケットプレゼント》神戸のミニシアター【元町映画館】から『凱里ブルース』『ロングデイズ・ジャーニー』無料招待券を抽選5名様に!

『凱里ブルース』元町映画館限定の劇場鑑賞券5名様にプレゼント! 最新作映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』のビー・ガン監督の原点とも言える初長編映画『凱里ブルース(かいりブルース)』。 全 …

プレゼント応募

【映画試写会プレゼント】『紅花の守人』10名様ご招待!7月28日ユーロライブにて開催

『紅花の守人』一般試写会に5組10名様ご招待! 中近東からシルクロードを経て中国に渡り、日本に伝わった紅花。皇室で珍重された艶やかなその色は、化学染料などの台頭や栽培中止などの政策により、時代の流れと …

プレゼント応募

【映画プレゼント応募】『ドキュメンタリー沖縄戦』劇場パンフレットを2名様に!上映公開は7月25日より新宿K’s cinemaにて

映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』は2020年7月25日(土)より公開。 2019年12月9日、10日に沖縄での完成披露上映会には1000人を超える県民が来場した映画『ドキュメンタ …

プレゼント応募

【映画試写会プレゼント】『みをつくし料理帖』10組20名様ご招待!9月22日東京一ツ橋ホールにて開催

映画『みをつくし料理帖』は2020年10月16日(金)より全国公開。 監督・角川春樹と豪華俳優陣が夢のタッグを組み、日本の映画史に残る名作が誕生しました。 映画『みをつくし料理帖』は2020年10月1 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学