Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2020/01/29
Update

【映画試写会プレゼント】ドキュメンタリー作品『血筋』10名様ご招待。2月21日渋谷・光塾にて

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

カナザワ映画祭2019「期待の新人監督」グランプリ受賞作品『血筋』試写会ご招待。

とある一家族から映し出される、中国朝鮮民族の「いま」。

音信不通だった父親と18年ぶりに再会した青年が知る、切っても切れない“親子の血筋”。

2020年3月14日(土)より新潟シネ・ウインドで先行公開、今春にポレポレ東中野ほかで全国順次公開されるドキュメンタリー『血筋』

劇場公開に先立ち、2月21日の午後、渋谷にある「光塾」での先行試写会にご招待いたします。

スポンサーリンク

ドキュメンタリー映画『血筋』とは

本作『血筋』は、韓国・北朝鮮の他に、もう一つ存在する「中国朝鮮民族」に着目した、世界初のドキュメンタリー映画。

彼らの多くが韓国へ憧れ、韓国へ出稼ぎに行ったという、これまで注目されてこなかった中国朝鮮民族を、とある一組の家族の父子を通じて追っていきます。

これまで国内外で自主上映を行ったり、映画祭に出品された本作は、若手登竜門の映画祭として知られる、カナザワ映画祭2019「期待の新人監督」部門において、グランプリを受賞しました。

先行試写会『血筋』のプレゼント

参考映像:『血筋』を観た観客の反応

試写会の情報

【開催日時】
2月21日(金)14:30回、16:20回いずれか。

【会場】
光塾 https://hikarijuku.com
渋谷区渋谷3-27-15 光和ビル地下1階

【アクセス】
東急線、東京メトロ(副都心線、半蔵門線)16b出口 徒歩5分
16b出口を出たら、明治通りをそのまま恵比寿方面に約200m直進、次の歩道橋のある角を右折。橋を渡り、渋谷三丁目郵便局の隣りのビル(1階はドトール)、マクドナルドの向かいです。

JR渋谷駅 新南口 徒歩1分JR渋谷駅からは外に出ず、埼京線への乗り換え連絡通路で新南口に出ると便利です。

【ご招待の枚数】
10名様

スポンサーリンク

試写会の応募受付

【応募方法】
たくさんのご応募ありがとうございました、当選は発送をもって代えさせていただきます。

【応募締切】
2020年2月12日(水)の23時59分まで有効

【当選者数】
10名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

映画『血筋』作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【外国語題】
핏줄(英題:Indelible)

【監督・製作・撮影・編集】
角田龍一

【製作】
山賀博之

【音楽】
郷古廉

【作品概要】
韓国・北朝鮮の他に、もう一つ存在する「中国朝鮮民族」に密着したドキュメンタリー映画。彼らの多くが韓国へ憧れ、出稼ぎに行ったという、これまで注目されてこなかった中国朝鮮民族を、とある一組の家族の父子を通じて追っていきます。

監督兼プロデューサーの角田龍一は、資金難による幾度の製作中断に陥るも、クラウドファンディングを活用したのち、5年の歳月をかけて完成こぎつけました。国内外での映画祭に出品された本作は、カナザワ映画祭2019「期待の新人監督」部門において、グランプリを受賞しています。

スポンサーリンク

映画『血筋』のあらすじ

青年のソンウは、中国朝鮮族自治州・延吉で生まれ、10歳のときに日本へ移住。

20歳を迎えた時に、自らのルーツを探るため、画家だったという父を探すことを決意します。

中国の親戚に父の行方を尋ねるも、誰も消息を知らないばかりか、父の話題にすら触れたがりません。

それでも、叔父の助けにより再会を果たした父は、韓国で不法滞在者として日雇い労働をしながら、借金取りに追われる日々を送っていたのです。

そんな父親と、数日間行動を共にすることにしたソンウは…。

まとめ

角田監督が観客に問いかけた「家族とは何か?」「追い求めた被写体とはどのような存在だったのか?」。ドキュメンタリー映画にして、角田監督が追い求めた渾身の一作です。

ドキュメンタリー映画『血筋』は、2020年3月14日(土)より新潟シネ・ウインドで先行公開、来春にポレポレ東中野ほかで全国順次公開

それに先立ち、劇場公開前に「光塾」で開かれる先行試写会、2月21日(金)14:30回、16:20回(いずれか)に10名さまをご招待します。ぜひ、ご応募をお待ちして入ります。

関連記事

プレゼント応募

映画鑑賞券プレゼント『Cosmetic DNA』チケット10名様をご招待!10月9日(土)より新宿K’s cinemaにて劇場公開

映画『Cosmetic DNA』は、2021年10月9日(土)よりK’s cinemaほかにて全国順次公開 撮影当時24歳であった大久保健也監督が、脚本・撮影・照明・美術・編集を自ら手がけ、「ゆうばり …

プレゼント応募

【映画劇場鑑賞券プレゼント】『空蝉の森』を無料で見られるチケットを抽選で5名様に!上映は2月5日より公開

映画『空蝉の森』は、2021年2月5日よりアップリンク渋谷にて公開。 2014年に撮影された酒井法子の幻の主演作『空蝉(うつせみ)の森』。 3カ月失踪し突如帰宅した妻の結子と夫の昭彦を軸に、二転三転す …

プレゼント応募

【映画完成披露 試写会プレゼント】上田慎一郎監督の最新作『ポプラン』5組10名様ご招待。12月20日(月)東京都内にて開催

映画『ポプラン』の完成披露試写会が決定!監督・キャスト登壇予定 上田慎一郎監督が、構想10年で作り上げたカルト的な題材を普遍的なエンターテイメントに昇華させた異色作『ポプラン』。 監督が『カメラを止め …

プレゼント応募

【一般試写会プレゼント】映画『淪落の人』5組10名様ご招待。1月15日東銀座松竹試写室にて

限りなく愛情に近い友情のドラマ。 2019年、香港公開と同時に香港中を涙と感動で包み大ヒットを記録した『淪落(りんらく)の人』(原題:淪落人/英題:STILL HUMAN)が、武蔵野エンタテインメント …

プレゼント応募

【映画グッズプレゼント】ゴヤの名画と優しい泥棒|オリジナルポストカードを5名様に!劇場公開上映は2月25日より

映画『ゴヤの名画と優しい泥棒』はTOHOシネマズ シャンテほかにて2022年2月25日(金)より公開! ゴヤの名画で世界を救おうとした男、ケンプトン・バントン。ロンドン・ナショナル・ギャラリーで実際に …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学