Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/07/07
Update

映画『友達やめた。』公開日/上映館/予告動画。注目の女性監督今村彩子がアスペルガー症候群の友人との関係をドキュメンタリーで捉える

  • Writer :
  • 石井夏子

わたしたちってややこしい。

生まれつき耳の聞こえない今村彩子監督が、アスペルガー症候群の友人・まあちゃんとの関係に悩み、友達でいる方法を考えるために、自分たちに向けてカメラを回したドキュメンタリー映画 『友達やめた。』。

映画『友達やめた。』が2020年9月19日(土)より新宿K’s cinemaほかにて劇場公開、オンライン配信も同時スタートされると決定しました。

公開に先立ち、予告編がyoutubeで解禁されるとともに、監督と出演者のまあちゃんがコメントを発表しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『友達やめた。』について

(C)2020 Studio AYA

コミュニケーションの壁に苦しむ自身の姿を、エイヤ!と晒した『Start Line』から4年、生まれつき耳のきこえない映画監督・今村彩子が、新たな葛藤と向きあいます。

人と人ってほんとうに分かりあえるの?友達って何?普通ってどういうこと?

本作は、やっかいな“常識”を捨て、もっと自由に軽やかに、心と心を重ねあっていくさまを捉えます。

ヒリヒリして、イラッときて…でも何だかほっこりする、まあちゃんとわたし、ふたりの“違い”から生まれたものがたりです。

見えない障害といわれる発達障害当事者の困りごとにフォーカスを当てるのではなく、「自分と異なるバックグラウンドをもつ人とどうすればうまく共存できるのか」という本質的な問題について、理想論だけではなく感情の部分にまでしっかりと向きあった本作。

<わたし=今村監督>と<まあちゃん>、ふたりだけの小さな世界の物語でありながら、誰しもが経験したことのある人間関係のすれ違いや心のモヤモヤを描き、人間の面倒くささとややこしさ、その尊さと愛おしさを嫌味なく感じさせつつ、クスリと笑える、ハートウォーミングな作品となっています。

今村彩子監督のコメント

(C)2020 Studio AYA

これまで私は「耳がきこえない」という少数派として、物事を捉え考えて生きてきた。でも、アスペルガー症候群のまあちゃんから見ると私は「一般の脳みそ」を持った人間、多数派となる。私は“多数派”に立った経験がほとんどない。まあちゃんと親しくなるにつれ、行動で戸惑うことも出てきた。その度、私は悩み、葛藤するようになった。
そこで、私はまあちゃんを「撮る」ことにした。どうしたらまあちゃんと仲良くやっていけるのかを考えるために。撮ったものを画面で見て、更に編集することで客観的に見つめられると思ったのだ。「友達やめた。」は、こうして生まれた。
「いい○○(友達、家族、パートナーetc…)でありたい」と考える人は多いと思う。でも、自分の役割を果たさなければと、頑張りすぎてはいないだろうか。実際、私は「いい友達でいなきゃ」と、たくさんのことを飲み込み、我慢を続けて爆発した…。この映画が「○○でなければいけない」と自分で自分を縛りつけている縄をほどき、あなたが気にかけているあの人との人間関係を見直すきっかけになったら、こんなに嬉しいことはない。

スポンサーリンク

出演者・まあちゃんのコメント

(C)2020 Studio AYA

初めて監督に会ったのは、12年前のこと。お互いあいさつ程度で、話した記憶はない。わたしは監督が映画を作っている人だということを知っていたが、「食っていけてるんだろうかこの人は?」と思っていた。
意気投合してひんぱんに会うようになり、ちょいちょい「まあちゃんを撮りたい」と言い出すようになった。わたしに何のネタがあるのか?と、ほとんど聞き流していた。冗談で言ってるのだろうと思っていた。それぐらいの空気はわたしにだって読める。
わたしの知り合いの中で「いただきますを言わないから」「飲み物を勝手に飲んだから」「お菓子を勝手に取ったから」「ピシッと叩いたから」といって本気で怒るのは、監督だけだ。なぜそんなに怒るのか、わたしには正直わからない。いまでもわからない。
人はしょせんわかり合えない。それは圧倒的事実だ。
大事なのは、わかりたいという気持ち、わかろうとする努力なのだと思う。

映画『友達やめた。』の作品情報

(C)2020 Studio AYA

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・撮影・編集】
今村彩子

【構成】
山田進一

【音楽】
やとみまたはち

スポンサーリンク

映画『友達やめた。』のあらすじ

(C)2020 Studio AYA

空気を読みすぎて疲れてしまい、人と器用につき合うことができない、アスペルガー症候群アスペの、まあちゃん。

理解があるような顔で、内心悶々としたものをかかえる、映画監督のわたし。

些細なことで、ふたりの仲がギクシャクするたび、これって、彼女がアスペだから?それとも、わたし自身の問題なの?

わかり合おうとしなくちゃ…いい人でいなくちゃ…ああ、でも!

まあちゃんと友達でいるために、わたしは自分たちに向けてカメラを回しはじめた…はずが、たどりついた答えは、友達やめた?!

まとめ

(C)2020 Studio AYA

生まれつき耳がきこえない映画監督の「わたし」とアスペルガー症候群のまあちゃんのめんどくさくって尊い、個×個、心×心のドキュメンタリー

映画『友達やめた。』は2020年9月19日(土)より新宿K’s cinemaほか、全国順次公開です。オンライン配信も同時スタート。

(C)2020 Studio AYA

関連記事

新作映画ニュース

秋元才加映画『山猫は眠らない8』あらすじ/キャスト。演技力とアクションで魅せるハリウッドデビュー作とは?

人気シリーズ8作目に秋元才加が出演! 本格的なミリタリー描写とドラマチックな展開を両立させ、映画ファンに根強い人気を誇る戦争アクション長寿シリーズ「山猫は眠らない」。 (C)2020 Sony Pic …

新作映画ニュース

映画『たまつきの夢』あらすじとキャスト。若手監督とミュージシャンのコラボ「MOOSIC LAB2019」を開催!

MOOSIC LAB2019は2019年11月23日(土)から12月21日(土)まで開催。 若手映画監督とミュージシャンのコラボレーションによって制作された映画を上映する音楽と映画の祭典「MOOSIC …

新作映画ニュース

ボリショイ・バレエ 2人のスワン|本編からニコラ・ル・リッシュの映像解禁!

映画『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』は、7月7日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開! ロシア国立ボリショイ・バレエ・アカデミーの頂点を目指した少女たちの挫折と栄光。その夢見る …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのカウボーイ役は斎藤工(たくみ)。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

『典座 -TENZO-』カンヌ映画祭にて富田克也監督と僧侶が舞台挨拶に登壇!海外版特報予告も解禁

禅を世界へそして未来へつなぐ渾身の物語。 本日はビーチにて海外メディアや動画撮影などの取材を受けています。#カンヌ映画祭 #Tenzo pic.twitter.com/io823g6aeE &mdas …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学