Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/03/10
Update

ヒロイン抜擢の川島鈴遥(りりか)とは。オダギリジョー映画『ある船頭の話』場面写真解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

オダギリジョー初監督作のヒロインは川島鈴遥

オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が2019年9月より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となります。


© 2019「ある船頭の話」製作委員会

この度、ヒロインを演じた川島鈴遥(かわしまりりか)の参加が発表され、あわせて場面写真も解禁されました。

先に発表された主演の柄本明、共演の村上虹郎に続きオダギリ組への参加が明かされた川島鈴遥。

オーディションを勝ち抜いた彼女のその魅力に迫ります。

スポンサーリンク

川島鈴遥(かわしまりりか)とは


© 2019「ある船頭の話」製作委員会
100人以上の中からオーディションを重ねて選ばれた川島鈴遥。

川島鈴遥は、とある山村で川岸の小屋に住み黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていた船頭トイチ(柄本明)の前に現れる傷ついた少女を演じます。

つつましく生きてきたトイチと出会う“謎めいた少女”という重要な役どころとなっています。

オダギリジョー監督が語る抜擢理由


© 2019「ある船頭の話」製作委員会

オダギリジョー監督は川島鈴遥抜擢の理由をこう語っています。

「『自分と似ているなぁ』というのが、彼女を選んだ理由のひとつだったと思います。ざっくり言うと、同じようなタイプの俳優です。そんな彼女に、僕が学んだ演技法を数ヶ月かけて詰め込みました。今や僕なんかよりずっといい俳優になっちゃっています(笑)」

オダギリジョー自身が同じようなタイプ、と紹介する川島鈴遥の俳優力。

そしてその原石は監督によってさらに磨かれ、輝いていることでしょう。

また、本作の参加への意気込みを以下のように語る川島鈴遥。

「この役が決まった時、初めは本当にびっくりして実感が湧きませんでした。撮影に向けての演技レッスンでオダギリ監督に初めてお会いした時に、これは現実なんだとオーディションに受かった事を実感し、同時に不安と緊張を抱きました。その気持ちの中で自分の演技をすることに必死だったので、上手くいかないことや悩むこともたくさんありました。それでも、オダギリ監督を始め柄本さんなど沢山の大先輩の方々に支えてもらい、体当たりのつもりで撮影に挑みました。どんなお芝居も みなさんが受け止めてくださるので、これでいいんだと安心して演じることができました。そして、今改めて幸せで贅沢な時間だった事に感謝しています」

確かに、すごい倍率の中を勝ち抜き抜擢されたら、夢じゃないかと疑ってしまいますよね。

名優・柄本明に体当たりでぶつかりに行った川島鈴遥の渾身の演技、期待が高まるばかりです。

川島鈴遥プロフィール


© 2019「ある船頭の話」製作委員会

川島鈴遥は栃木県出身、2002年3月17日生まれ

2010年、テレビドラマ『特上カバチ!!』で女優デビューしました。

好きな食べ物は野菜や果物と言うヘルシー志向。

特技は水泳だそう。

本作の舞台は川岸ということで、彼女の特技の水泳も拝めるかもしれませんね。

ほかの主な出演作は、Huluオリジナル連続ドラマ『フジコ』(2015)、WOWOW連続ドラマ W『賢者の愛』(2016)、CX系ドラマ『ウツボカズラの夢』(2017)、映画『望郷』(2017/菊地健雄監督)などに多数。

本作に出演で、大ブレイクを果たすこと間違いなしです。

映画『ある船頭の話』の作品情報


© 2019「ある船頭の話」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【脚本・監督】
オダギリジョー

【音楽】
ティグラン・ハマシアン

【衣装デザイン】
ワダエミ

【キャスト】
柄本明、村上虹郎、川島鈴遥

【作品概要】
俳優として海外でも精力的に活動してきた俳優のオダギリジョーの長編初監督作品で、超豪華な国際派スタッフが集結。

撮影監督は『ブエノスアイレス』(1997)『恋する惑星』(1994)などで知られるクリストファー・ドイル、衣装デザインには黒澤明監督作『乱』(1985)で米アカデミー賞®を受賞したワダエミ。

そして世界を舞台に活躍するアルメニア出身のジャズ・ピアニスト、ティグラン・ハマシアンが映画音楽に初挑戦しました。

主人公の船頭トイチ役に日本を代表する名優、柄本明。主演としては2008年公開『石内尋常高等小学校 花は散れども』(新藤兼人監督)以来、11年振り。

そして人懐っこい笑顔でトイチのもとに遊びに来る村人・源三役には、映画・テレビ・舞台と出演作が目白押し、映画『銃』(2018)での演技も印象深い、若手実力派・村上虹郎です。

スポンサーリンク

映画『ある船頭の話』のあらすじ

とある川で、村と町を繋ぐため船頭を続けるトイチ(柄本明)。

村人の源三(村上虹郎)が遊びに来るとき以外は、 黙々と渡し舟を漕ぐ日々を過ごしていました。

川上では橋が建設中で、人々は皆完成を心待ちにしています。

そんな折、トイチの前に現れた一人の少女(川島鈴遥)。

トイチは、何も語らず身寄りもない少女と一緒に暮らし始めますが、それがトイチの人生を少しずつ狂わせていき…。

まとめ

オダギリジョーが長年温めてきたオリジナル脚本を自身で監督した映画『ある船頭の話』。

柄本明演じる船頭を翻弄していく重要なヒロイン役に選ばれたのは、女優の川島鈴遥(かわしまりりか)です。

100人を超える応募者の中から大抜擢された川島鈴遥から目が離せません

2019年の映画界に新たな光を灯す『ある船頭の話』は、2019年9月より新宿武蔵野館ほかにて全国公開です。



関連記事

新作映画ニュース

映画『アイネクライネナハトムジーク』今泉力哉監督のプロフィール。過去作の評価解説も

映画『アイネクライネナハトムジーク』は、9月20日(金)より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊坂 …

新作映画ニュース

芋生悠×祷キララ映画『左様なら』あらすじとキャスト。石橋夕帆監督がSNSの漫画を原作に映像化!

海辺の町を舞台に描かれる次世代の青春群像劇。 新進気鋭の女性監督・石橋夕帆が、イラストレーター・ごめんのTwitterで発表した初期作品を見事に映像化。 MOOSIC LAB2018長編部門にて初公開 …

新作映画ニュース

映画『レニ』アップリンク渋谷にて公開。初日トークショーのゲストに石坂健治(日本映画大学学部長)の登壇を予定

ドキュメンタリー映画『レニ』は、1月19日(土)よりアップリンク渋谷にて公開決定。 ©OMEGA FILM GmbH/NOMAD FILMS 1993 初日1月19日(土)午前10:15の回の上映終了 …

新作映画ニュース

映画『もっと超越した所へ。』あらすじ/キャスト。前田敦子が恋愛にハマる根本宗子作品を山岸聖太監督が映像化!

ダメで愛おしい男女8人の恋愛物語 前田敦子、“ヒモ男”菊池風磨とのダメ恋愛に沼る。演劇界の最先端をひた走る異才、根本宗子作品初の映画化。 2015年に下北沢ザ・スズナリで上演された舞台「もっと超越した …

新作映画ニュース

『ブラームスは好きですか?』あらすじと韓国ドラマのキャスト。キム・ミンジェ×パク・ウンビンが恋と友情の間で葛藤する恋人たちを演じる

キム・ミンジェ×パク・ウンビンが初々しい純愛を演じる青春ラブストーリー 天才ピアニスト×落ちこぼれバイオリニストが恋と友情の間で葛藤する韓国発成長ラブロマンス『ブラームスは好きですか?』。 キム・ミン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学