Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/19
Update

映画『皮膚を売った男』キャスト/上映館。日本劇場公開決定のアカデミー賞話題作は矛盾に満ちた世界の在り様を描く

  • Writer :
  • 大塚まき

自身がアート作品になった男が辿る「数奇な運命」とは…。

2020年のヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門で男優賞を受賞し、東京国際映画祭でも正式出品され、さらに第93回アカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされ話題を集める「THE MAN WHO SOLD HIS SKIN」(英題)。


(c)2020 – TANIT FILMS – CINETELEFILMS – TWENTY TWENTY VISION – KWASSA FILMS – LAIKA FILM & TELEVISION – METAFORA PRODUCTIONS – FILM I VAST – ISTIQLAL FILMS – A.R.T – VOO & BE TV

映画の邦題を『皮膚を売った男』として、2021年晩秋より公開することが決定しました。

また今回の公開決定に併せて、カウテール・ベン・ハニア監督からのメッセージが届きましたのでご紹介します。

そして、この度解禁された場面写真には、厳かな空間の中でアート作品として大勢の人物に品評される男の姿が映し出されています。

スポンサーリンク

映画『皮膚を売った男』について

参考:東京国際映画祭時の予告編

本作の主人公である難民のサムは、大金と自由を手に入れる代わりに現代アートの巨匠からあるオファーを受けます。

それは背中にタトゥーを施し彼自身が“アート作品”になることでした。美術館に展示され、世界を自由に行き来できるようになったサムは国境を越え離れ離れになっていた恋人に会いに行くのですが…。

本作は矛盾に満ちた世界の在り様をユーモアを交え描いた怪作

第77回ヴェネツィア国際映画祭のオリゾンティ部門でプレミア上映が行われ、主演のヤヤ・マヘイニが男優賞を受賞

他にも第26回リュミエール賞合作賞の受賞や第31回ストックホルム国際映画祭脚本賞の受賞など、『皮膚を売った男』は今、賞レースを席巻している話題作です。

日本でも東京国際映画祭で上映されるや「大傑作」「監督は天才か?」「最大級の驚き」「予想もつかない結末」と評判を呼び、多くの劇場公開を望む声が挙がりました。

本作の演技が高く評価されたヤヤ・マヘイニが出演する他、007 スペクター』『オン・ザ・ミルキー・ロード』のモニカ・ベルッチUボート:235 潜水艦強奪作戦』のケーン・デ・ボーウなど、豪華キャストが脇を固めます。

監督を務めるのは、過去にも「Beauty and the Dogs」(2017)でカンヌ国際映画祭「ある視点」音響賞を受賞し、アカデミー国際長編映画賞のチュニジア代表に選ばれたことがある実力派、カウテール・ベン・ハニア

ウテール・ベン・ハニア監督のコメント

この度公開決定に併せて、ウテール・ベン・ハニア監督からの以下のようなメッセージが届きました。

主人公のサムは自分の背中を「アート作品」として売ることで、思いもよらない形で現代美術の世界へ足を踏み入れます。ファウストが悪魔と契約したように、恵まれた人と呪われた人とが契約を交わしたのです。現代美術と難民は全く異なる世界ではありますが、この2つの世界が映画の中で対比することで“自由”について考えさせられるものとなっています。

スポンサーリンク

映画『皮膚を売った男』の作品情報

【日本公開】
2021年(チュニジア・フランス・ベルギー・スウェーデン・ドイツ・カタール・サウジアラビア合作映画)

【英題】
The Man Who Sold His Skin

【監督】
カウテール・ベン・ハニア

【キャスト】
ヤヤ・マヘイニ、ディア・リアン、ケーン・デ・ボーウ、モニカ・ベルッチ、ヴィム・デルボア

映画『皮膚を売った男』のあらすじ

主人公サムは、当局の監視下にあり国外へ出られなくなってしまいます。

海外で離れ離れになってしまった恋人に会うためなんとかして出国したいと考えていた彼は、偶然出会った芸術家からある提案を受けます。

それは、背中にタトゥーをし、彼自身が”アート作品”となることでした。

芸術品となれば大金を得ることができ、展覧会の度に海外にも行けます。

恋人に会うためオファーを受けたサムでしたが、次第に精神的に追い詰められてゆきます。

高額で取引されるサムを待ち受ける運命とは…。

スポンサーリンク

まとめ

参考:『THE MAN WHO SOLD HIS SKIN』の公式インスタグラム

自身がアート作品になった男の数奇な運命をたどる『皮膚を売った男』。

第93回アカデミー賞国際長編映画賞ノミネートされ、賞レースを席巻している話題作が待望の日本上陸です。

映画『皮膚を売った男』は、2021年晩秋よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

クレイジーケンバンドの聖地『FRIDAY』のドキュメンタリー映画が劇場公開。横浜で40年続くライブハウスとは

クレイジーケンバンドの聖地である伝説のライブハウスのドキュメンタリー。 横浜長者町で40年続く伝説のライブハウスを描いた音楽ドキュメンタリー映画『FRIDAY』。 映画『FRIDAY』が、2020年2 …

新作映画ニュース

映画『男と女 人生最良の日々』あらすじ。キャストは1966年版と同じで新作公開は2020年1月31日に決定

恋愛映画の金字塔『男と女』、その53年後の物語――。 恋愛映画の金字塔と評される『男と女』(1966)の53年後の物語を、同じ監督と同じキャストで描いた『男と女 人生最良の日々』。 (C)2019 – …

新作映画ニュース

ジョディ・フォスター映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』9.11の真実を暴き出す!

9.11同時多発テロの首謀者の1人として拘禁された男はアメリカ合衆国を訴えます。 政府との激しい対決の果てに現れた衝撃の真実とは? 2021年2月にハリウッドで限定公開され、第78回ゴールデングローブ …

新作映画ニュース

映画『シンク・オア・スイム』あらすじキャスト。【イチかバチか俺たちの夢】日本公開は7月に決定

この夏、彼らが日本中を奮起させる 「フランスのアカデミー賞」と言われるセザール賞にて最多10部門にノミネートされたジル・ルルーシュ監督による『SINK OR SWIM』の邦題が『シンク・オア・スイム …

新作映画ニュース

アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング|あらすじとキャスト。本編映像も解禁!

世界25ヶ国で大ヒットを記録した、新たなプリティ旋風が日本に上陸しました! 全米NO.1コメディエンヌ、エイミー・シューマーの最新作『アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング』は2018年12月 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学