Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/01/18
Update

『飛べない鳥と優しいキツネ』キム・ファンヒ&EXOからのメッセージと入場者プレゼント情報

  • Writer :
  • 中村綾子

映画『飛べない鳥と優しいキツネ』は、2019年1月19日シネマート新宿、シネマート心斎橋で公開決定

2016年韓国の漫画大賞「今日の私たちの漫画賞」を受賞したウェブ漫画が原作の『飛べない鳥と優しいキツネ』

1月19日の公開を控え、主演のキム・ファンヒとEXOスホからメッセージ映像が届きました。

スポンサーリンク

キム・ファンヒとEXOスホのメッセージ

2人のメッセージ映像に収められているのは、作品同様に気軽で軽妙な息の合ったやり取り。

映画とはまた違う2人の笑顔がとても爽やかです。

「劇場でお会いしましょう!」で締めながら楽しげに指ハートを披露する姿は必見です。

映画『飛べない鳥と優しいキツネ』の入場者プレゼントが2週連続で決定!

『飛べない鳥と優しいキツネ』2週連続の入場者プレゼント配布が決定しました!
上映されるシネマート新宿・シネマート心斎橋にて配布されます。

入場者プレゼント第1週(2019年1月19日~)

カレンダー付きポストカード

© 2018 LOTTE CINEMA ARTE & FILM CORPORATION WOOLLIM & NAVER WEBTOON All Rights Reserved.

入場者プレゼント第2週(2019年1月26日~)

缶バッジ

© 2018 LOTTE CINEMA ARTE & FILM CORPORATION WOOLLIM & NAVER WEBTOON All Rights Reserved.

カレンダー付きポストカードはどこか遠くを見つめるジェヒ。

缶バッジは映画のポスターにもなっているミレとジェヒの笑顔と青空の写真です。

どちらも貴重な入場者プレゼント。2つとも欲しくなりますね!

※入場時、先着順での配布です。無くなり次第、終了となります。

スポンサーリンク

映画『飛べない鳥と優しいキツネ』の作品情報


© 2018 LOTTE CINEMA ARTE & FILM CORPORATION WOOLLIM & NAVER WEBTOON All Rights Reserved.

【公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
여중생A/英題:STUDENT A

【監督】
イ・ギョンソプ

【キャスト】
キム・ファンヒ、スホ(EXO)、チョン・ダビン、イ・ジョンヒョク

【作品概要】

韓国のみならず日本でも人気のウェブ漫画「女子中学生A」を原作に映画化。主人公の女子中学生ミレ役には、韓国の次世代女優を牽引するひとり、子役出身のキム・ファンヒ。

キム・ファンヒは『哭声/コクソン』では主役の娘役を演じ、韓国アカデミー賞の大鐘賞映画祭では新人女優賞を受賞しました。

共演のスホはK-POPグループEXOのリーダー。アイドルとしての人気だけではなく、俳優としての演技の評価も高く、繊細な演技が光った映画『グローリーデイ』から約1年ぶりの映画復帰となります。

同級生役を演じたチョン・ダビンは、子役出身の注目女優。2006年に韓国の好印象女優の上半期ランキング1位に輝いています。

映画『飛べない鳥と優しいキツネ』のあらすじ

© 2018 LOTTE CINEMA ARTE & FILM CORPORATION WOOLLIM & NAVER WEBTOON All Rights Reserved.

特技は文章を書くことで、趣味はゲームという女子中学生のミレ(キム・ファンヒ)。

彼女が好きな場所はゲームの世界である「ワンダーリング・ワールド」。

暴力をふるう父親もいなければ、寂しい学生生活を送る学校にも行かなくてもいいその世界に、ミレは自分だけの世界を夢見ています。

ある日、現実の友達を作ろうとテヤンとベッカプに歩み寄るものの、思わぬアクシデントで心に傷を負ってしまいます。

さらに、「ワンダーリング・ワールド」も配信中止の知らせが届き、途方に暮れたミレ。

ネット上で出会った友達のジェヒに会いに行くと、「大丈夫、君はひとりじゃない」と言われますが…。

スポンサーリンク

映画『飛べない鳥と優しいキツネ』の感想と評価


© 2018 LOTTE CINEMA ARTE & FILM CORPORATION WOOLLIM & NAVER WEBTOON All Rights Reserved.

本作の原作は、韓国発のデジタルコミックの「WEBTOON(ウェブトゥーン)」で、読者たちからの爆発的人気を得た『女子中学生A』

2016年の韓国漫画大賞に相当する「今日の私たちの漫画賞」を受賞し、ネットユーザーの評価では驚異の9.9点を記録した大人気作品です。

内気でゲームに夢中な中学生チャン・ミレが、少しずつ世界を学び、人々との関係を結びながら生きていくストーリーとなっています。

チャン・ミレ役を演じるのはキム・ファンヒ

カンヌ国際映画祭にも出品された映画『哭声/コクソン』では、怪異に苦しめられる主人公の娘ヒョジン役で「何が大事なんだよ」という流行語を誕生させるほどの強烈な印象を残しました。

韓国のアカデミー賞と称される大鐘賞映画祭で新人女優賞を受賞するなど高い評価を獲得したキム・ファンヒは、子役とは思えない驚くべき演技力で韓国を引っ張っていく次世代女優と称賛されています。


© 2018 LOTTE CINEMA ARTE & FILM CORPORATION WOOLLIM & NAVER WEBTOON All Rights Reserved.

友人ジェヒ役はK-POPグループEXOのリーダー・スホ

その活躍はアイドルとしての活動に収まりません。

映画『グローリーデイ』で繊細な演技を見せ、俳優“キム・ジュンミン(スホの本名)”としての存在感を示しています

スホの映画復帰は約1年ぶりですが、安定した演技を見せてくれています。

まとめ


© 2018 LOTTE CINEMA ARTE & FILM CORPORATION WOOLLIM & NAVER WEBTOON All Rights Reserved.

ネット社会の現代において、ネットを開けば世界中の人だれとでも繋がることができます。

新しい友人の作り方でもありますが、そこがすべてではありません。

中高生という多感な時期に、ネットでつながる表面上の付き合いではない感情の触れ合いをミレが知り、孤独ではないことを感じてくれるといいですね。

映画『飛べない鳥と優しいキツネ』は、2019年1月19日シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』あらすじ。シネマートにて公開決定!

男たちの悲哀に満ちたストーリーと壮絶なアクションシーンに心を揺さぶられる歴史大作! 韓国映画『代立軍 ウォリアーズ・オブ・ドーン』の公開が2018年11月シネマート新宿、シネマート心斎橋にて決定しまし …

新作映画ニュース

【一般試写会プレゼント】野村周平主演映画『WALKING MAN』25組50名様ご招待!10月2日(水)渋谷ユーロライブにて

映画『WALKING MAN』は2019年10月11日(金)より全国公開! 日本を代表するカリスマラッパーANARCHY(アナーキー)が、映画監督に挑みます。 主演は人気俳優野村周平。極貧生活のどん底 …

新作映画ニュース

壮大な世界観に圧倒される映画『神と共に 第一章:罪と罰』予告編完成!2部作のビジュアル解禁も

韓国累計2,700万動員のメガヒット・ムービー アメリカ、カナダ、香港、台湾など世界中で、あの『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)を超える歴史的大ヒット作となった映画、「神と共に」二部作。 …

新作映画ニュース

映画『アドリフト 41日間の漂流』あらすじ/キャスト/公開日。実話を基にした壮絶な漂流記!

巨大ハリケーンでヨットが大破し瀕死の婚約者とふたりきり。 陸まで3200キロ――。 実際に起こった集団遭難事故を3D映像で臨場感たっぷりに描き世界を驚かせた『エベレスト 3D』のバルタザール・コルマウ …

新作映画ニュース

岩井俊二映画『チィファの手紙』あらすじとキャスト。日本公開決定の中国版ラストレター

岩井俊二監督が描く、もうひとつの『ラストレター』。 『Love Letter』(1995)、『スワロウテイル』(1996)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001)、『花とアリス』(2004)など、数 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP