Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/06/11
Update

映画『スパイラル:ソウ オールリセット』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ホラーシリーズをクリスロック主演で新たに描き出す

  • Writer :
  • 石井夏子

全米2週連続No.1を獲得。
全米映画興行復活を象徴する1作となった注目作が、遂に日本公開。

2004年のに誕生した映画「ソウ」シリーズを完全に刷新し、新たな進化を遂げた完全なる新章『Spiral: From The Book of Saw(原題)』が幕を開けます。

映画『Spiral: From The Book of Saw(原題)』の邦題が、『スパイラル:ソウ オールリセット』に決定し、2021年9月10日(金)より全国公開することが決定。

併せてロゴも完成しました。

スポンサーリンク

映画『スパイラル:ソウ オールリセット』について

(C)2020 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

2004年の誕生から17年。映画「ソウ」シリーズは世界中の映画ファンを絶叫と熱狂の渦に巻き込み続け、シリーズ累計の世界興収は10億ドルを突破。

究極の選択を迫る極限設定、被害者に仕掛けられる戦慄のゲーム、そして緻密に計算された驚愕のクライマックスで常に観客を恐怖と興奮の境地へと連れて行く「ソウ」シリーズ

その精神を受け継ぎつつ、過去シリーズを完全に刷新し、新たな進化を遂げた《完全なる新章》が幕を開けます。

タイトルから「ソウ」を外し、新たに『スパイラル』と銘打った本作。過去シリーズと関係する登場人物は一新され、ジグソウの後継者を巡る物語をリセット。全く新しい“ジグソウを凌駕する猟奇犯”が現れます。

“「ソウ」シリーズであって、「ソウ」ではない”、完全なる新章である本作は、「ソウ」を知り尽くし、愛し続けた者たちによって生み出されました。

監督を務めるのはダーレン・リン・バウズマン。『ソウ2』『ソウ3』『ソウ4』の監督を務め、ジェームズ・ワン&リー・ワネルが創造した「ソウ」の世界観を拡張した“シリーズ育ての親”が、再びシリーズの再構築を成し遂げました。

主演と製作総指揮を務めるのはクリス・ロック。アカデミー賞授賞式の司会を2度務め、コメディアン・俳優・プロデューサーなどマルチに活躍を続ける彼はかねてより“ソウフリーク”として知られています。

そんな彼のもとにマックス・ミンゲラ、マリソル・ニコルズ、そしてハリウッドの怪優サミュエル・L・ジャクソンが集い、演技面でも新たな魅力を放ちます。

さらには前作『ジグソウ:ソウ・レガシー』のジョシュ・ストールバーグ&ピーター・ゴールドフィンガーが脚本を、シリーズ全作を手掛けるチャーリー・クロウザーが音楽を続投。

およそ1年の公開延期を経て2021年5月12日に公開された全米ではコロナ禍にも関わらず、映画館のみでの上映を決断。

全米中のホラーファンがこぞって映画館に駆け付け、初登場2週連続No.1を獲得!!全米映画興行復活を象徴する1作となりました。

映画『スパイラル:ソウ オールリセット』の作品情報

(C)2020 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
Spiral: From The Book of Saw

【監督】
ダーレン・リン・バウズマン

【脚本】
ジョシュ・ストールバーグ、ピーター・ゴールドフィンガー

【音楽】
チャーリー・クロウザー

【キャスト】
クリス・ロック マックス・ミンゲラ マリソル・ニコルズ、サミュエル・L・ジャクソン

スポンサーリンク

映画『スパイラル:ソウ オールリセット』のあらすじ

地下鉄の線路上。舌を固定され、宙吊りの男。舌を引き抜いて生きるか、ぶらさがったまま死ぬか?

猛スピードの電車が轟音を立てて迫り、やがて無残にも男の体は四散します。

それはジグソウを凌駕する猟奇犯が仕掛けた、新たなゲームの始まりでした。

ターゲットは《全て警察官》。

不気味な渦巻模様と青い箱が、捜査にあたるジークと相棒ウィリアムを挑発します。

やがて、伝説的刑事でありジークの父・マーカスまでもが姿を消し、追い詰められていくジーク。

ゲームは追うほどに過激さを増し、戦慄のクライマックスが待ち受けていて…。

まとめ

公開を記念して、前作『ジグソウ:ソウ・レガシー』の廉価版Blu-ray、DVDが9月1日より発売となることも決定しました。

2021年、鮮烈に、過激にリセットされる「ソウ」シリーズにご期待ください。

映画『スパイラル:ソウ オールリセット』は、2021年9月10日(金)より全国公開です。








関連記事

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャスト明日香役の山田杏奈のプロフィール。演技力の高さに注目!

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにてロードショー。 オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出 …

新作映画ニュース

南沙良の演技力が西山小雨の楽曲『未来へ』で光る!映画『無限ファンデーション』主題歌映像解禁

西山小雨『未来へ』ミュージックビデオ解禁! こちらも南沙良が主演。 MOOSIC LAB 2018長編部門にて女優賞(南沙良)とベストミュージシャン賞(西山小雨)を受賞した、大崎章監督作品『無限ファン …

新作映画ニュース

阿部はりか映画『暁闇』が全州映画祭にてワールド・プレミア上映!大好評を博した舞台挨拶

映画『暁闇』は2019年7月より全国順次ロードショー! 「MOOSIC LAB2018」長編部門にて準グランプリ・男優賞(青木柚)を受賞した、阿部はりか監督の映画『暁闇(ぎょうあん)』。 3人の孤独な …

新作映画ニュース

映画『草間彌生∞INFINITY』あらすじ。ドキュメンタリーで前衛芸術家の人生を捉える!

世界が認める前衛芸術家、草間彌生の人生を アメリカ人女性監督ヘザー・レンズが捉えたドキュメンタリー! 11月22日(金)に開業する渋谷PARCO8階のミニシアター「WHITE CINE QUINTO」 …

新作映画ニュース

真野恵里菜映画『青の帰り道』あらすじとキャスト。上映館や公開日の情報紹介

2018年12月7日に全国公開される真野恵里菜主演の映画『青の帰り道』。 群馬県前橋市と東京を舞台に、人生が交差する7人の姿を描いた青春群像劇です。 それぞれの⼈⽣が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学