Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『そして、バトンは渡された』キャストの永野芽郁は森宮優子役!演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『そして、バトンは渡された』は2021年10月29(金)にロードショー

第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこのベストセラー小説を映画化した『そして、バトンは渡された』が、2021年10月29日(金)に公開されます。

永野芽郁、田中圭、石原さとみらの豪華キャスト陣を、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の前田哲監督がまとめ上げます。

血の繋がらない親から親へと養育をリレーされ、小学生から高校卒業するまでの間に4回も名字が変わった主人公の優子。

3人目の父となる森宮と二人暮らしの優子が、複雑な家庭環境を乗り越えて自分の居場所を決める姿が描かれます。

この記事では森宮優子役の永野芽郁(めい)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『そして、バトンは渡された』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』(文春文庫)

【監督】
前田哲

【脚本】
橋本裕志

【キャスト】
永野芽郁、田中圭、岡田健史、石原さとみ、大森南朋、市村正親、稲垣来泉

【作品情報】

2019年に本や大賞を受賞した瀬尾まいこの小説を、『陽気なギャングが地球を回す』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の前田哲監督が実写映画化したヒューマンドラマ『そして、バトンは渡された』。

映画『仮面病棟』『君は月夜に光り輝く』やNHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインを務めた若手女優のトップを走る永野芽郁が、主人公・森宮優子を演じます。

優子を育てる優しい義父・森宮には、ドラマ『おっさんずラブ』の田中圭。

奔放な魔性の女・梨花を『シン・ゴジラ』の石原さとみが演じます。

岡田健史、大森南朋、市村正親ら実力派が共演。

映画『そして、バトンは渡された』のあらすじ


(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

血のつながらない親の間をリレーされ、これまで4回も名字が変わった優子。

現在はわけあって料理上手な義理の父・森宮さんと2人で暮らしています。

将来のことや友だちのことなど様々な悩みを抱えながら、卒業式にピアノで演奏する「旅立ちの日に」を猛特訓する日々を送る優子。

一方、夫を何度も変えながら自由奔放に生きる梨花は、泣き虫な娘みぃたんに精いっぱいの愛情を注いでいましたが、ある日突然、娘を残して姿を消してしまい…。

スポンサーリンク

映画『そして、バトンは渡された』森宮優子役は永野芽郁(めい)

参考映像:『ひるなかの流星』(2017)

映画『そして、バトンは渡された』で主人公・森宮優子役を演じる永野芽郁(めい)は1999年9月24日生まれの女優。東京都出身。スターダストプロモーション製作1部所属。

小学3年生の時に吉祥寺でスカウトされて芸能界入りし、子役として2009年公開の映画『ハード・リベンジ、ミリーブラッディバトル』でデビュー。

2010年のドラマ『ハガネの女』や、2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』でも子役として少女期を演じました。

2010年からファッション誌『ニコ☆プチ』のレギュラーモデルを務め、2013年から2016年までは姉妹誌『nicola』のモデル(ニコモ)として活動。

2016年から2019年まで雑誌『Seventeen』モデルとしても活躍します。

2015年、映画『俺物語!!』でオーディションを勝ち抜き、ヒロイン役に抜擢されて一躍有名に。

同年11月には「女優登竜門」と目される「全国高等学校サッカー選手権大会」の11代目応援マネージャーに就任。

翌2016年には13代目「カルピスウォーター」CMキャラクターに。UQ mobileのCMでは深田恭子、多部未華子とともに三姉妹役で共演し注目されます。

2016年連続ドラマ『こえ恋』で、ドラマ初主演。

同年のNHK大河ドラマ『真田丸』で豊臣秀頼の正室・千姫役を演じます。

2017年『ひるなかの流星』の主人公・与謝野すずめ役で映画初主演。

2018年4月からのNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で、激戦のヒロインオーディションを勝ち抜き、主人公・楡野鈴愛役を演じました

2018年の第13回コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演女優賞はじめ、数々のドラマ賞を受賞しています。

初主演映画と初主演朝ドラで続けて「主人公・すずめ」役に。朝ドラのオーディションの際には運命を感じたと語っています。

映画『君は月夜に光り輝く』『帝一の國』、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』『僕たちがやりました』『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』など数々の話題作に出演。

映画『そして、バトンは渡された』森宮優子はどんな役?


(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

永野芽郁演じる森宮優子は本作の主人公。

血のつながらない親の間をリレーされて4回も苗字が変わった女子高生。

義理の父・森宮さんと2人暮らしをしています。

スポンサーリンク

永野芽郁(めい)の演技力の評価は

参考映像:『君は月夜に光り輝く』(2019)

高い演技力と、チャーミングな魅力で若手のトップを走る女優・永野芽郁(めい)。

2018年4月より、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で応募総数2,366人の中からヒロインオーディションに勝ち抜き、主人公・楡野鈴愛役を演じました。

幼少時に病気により一瞬にして左耳を失聴してしまうという難役で、左耳に耳栓をつけたり、実際に失聴した人から話を聞くなど入念な役作りをして撮影に臨んだそうです。

演技は高く評価され、第13回コンフィデンスアワード・ドラマ賞及び第98回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞など数々のドラマ賞を受賞。

ドラマ『僕たちがやりました』では弱冠17歳にして濡れ場に挑戦。目だけで魅せる演技が称賛されました。

菅田将暉主演で大きな話題を呼んだ問題作『3年A組-今から皆さんは、人質です-』では、ヒロインの茅野さくら役。

作品を支え盛り上げるキーマンを魅力的に演じ、第100回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞を受賞しました。

2021年ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』でもはまり役を演じ、好評を博しています。

2021年には本作のほか『キネマの神様』が公開予定。巨匠・山田洋次監督まで永野の魅力にメロメロで、彼女がいるだけで監督も嬉しそうだったと、菅田将暉と北川景子がコメントしています。

今もっともオファーのたえない女優・永野芽郁が、本作『そして、バトンは渡された』では複雑な家庭環境の中明るくたくましく生きる女子高生ヒロインを演じます。

永野芽郁(めい)の公式SNSの紹介

永野芽郁(めい)の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの小説を、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の前田哲監督が実写映画化した『そして、バトンは渡された』。

主人公・優子を演じるのは、NHK朝ドラ『半分、青い。』ヒロインを演じた国民的人気女優・永野芽郁

義理の父・森宮を『哀愁しんでれら』の田中圭、魔性の女・梨花を『シン・ゴジラ』の石原さとみが演じます。

岡田健史、大森南朋、市村正親ら豪華キャストが共演。

注目の映画『そして、バトンは渡された』は、2021年10月29日より全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『シンク・オア・スイム』あらすじキャスト。【イチかバチか俺たちの夢】日本公開は7月に決定

この夏、彼らが日本中を奮起させる 「フランスのアカデミー賞」と言われるセザール賞にて最多10部門にノミネートされたジル・ルルーシュ監督による『SINK OR SWIM』の邦題が『シンク・オア・スイム …

新作映画ニュース

森山未來映画『アンダードッグ』アキラ役でボクサーの真の肉体改造を見せる【演技評価とプロフィール】

東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」オープニング作品『アンダードッグ』。 『全裸監督』の武正晴監督が、『百円の恋』以来6年ぶりにボクシングをテーマに、森山未來、北村匠海、勝地涼をキャストに迎え …

新作映画ニュース

真田幹也映画『ミドリムシの夢』が11月16日より池袋の映画館シネマロサにてレイトショー上映決定!

誰もが街で一度は見たことのある、「駐車監視員」が映画の主人公に!! 2019年7月に開催されたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019の国内コンペティション正式上映作『ミドリムシの夢』。 日本初の駐禁 …

新作映画ニュース

映画『パラサイト』キャストの金持ち夫人役はチョヨジョン【演技評価とプロフィール】

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール&第92回アカデミー賞作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月10日より全国公開! 第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞に加え、 …

新作映画ニュース

D.O.入隊記念来場者プレゼント!映画『神と共に 第二章:因と縁』前作のネタバレ含む本編映像も解禁

D.O.が7月1日、軍隊へ入隊! 大恩人と地獄でまさかの感動再会!? (C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reser …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学