Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/31
Update

映画『LET IT BE -君が君らしくあるように』あらすじとキャスト。2.5次元音楽ユニットSOARA初の実写化が実現!

  • Writer :
  • 石井夏子

2.5次元芸能事務所『ツキノ芸能プロダクション』初の実写映画化!
“青春”を過ごしたすべての人へ贈るバンドストーリー!

2.5次元に存在する架空の芸能事務所として、CD、アニメ、ライブ、舞台といった様々なメディアミックス展開を行う『ツキノ芸能プロダクション(通称ツキプロ)』。

劇場版SOARA製作委員会

この度ツキプロ初の実写映画がついに実現し、タイトルを『LET IT BE –君が君らしくあるように-』として、2019年10月4日(金)より、池袋HUMAXシネマズにて2週限定公開が決定いたしました。

また、本作のポスタービジュアル&90秒予告編が解禁となりましたので、本作の魅力とともにおとどけします。

スポンサーリンク

映画『LET IT BE -君が君らしくあるように-』について

参考:『☆劇場版SOARA☆』公式ツイッター

この度映画化されるのは、ツキプロ所属の音楽ユニット、『SOARA』のはじまりの物語です。

メンバーの高校生時代を演じるのは、ネクストブレイク必至なフレッシュな俳優陣。

大原空役を、オーディションで選ばれ、見事主演の座を射止めて本作でデビューとなる堀田竜成

在原守人役を、舞台「テニスの王子様」出身で数多くの舞台に出演している石渡真修。

神楽坂宗司役を、モデル、舞台、CM等で活躍中の吉田知央。

宗像廉役を、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストを経て、声優、舞台で注目を集める植田慎一郎。

原作であるドラマCD、アニメと七瀬望の声を担当してきた沢城千春が七瀬望を演じています。

また、声優・江口拓也と土岐隼一が友情出演

監督は、「ツキステ。」シリーズ演出の伊藤秀隆が務めました。

映画『LET IT BE -君が君らしくあるように-』ポスタービジュアル

2.5次元に存在する架空の芸能事務所『ツキノ芸能プロダクション(通称ツキプロ)』所属の音楽ユニット、『SOARA』の高校生時代を描く物語『LET IT BE -君が君らしくあるように-』。

本記事冒頭に掲載しています、今回解禁されたポスタービジュアルでは、 初々しい制服姿の大原空、在原守人、神楽坂宗司、宗像廉、七瀬望の5人が並ぶショットと共に、はじまりのエピソードらしい「さぁ、音楽をはじめよう!」のキャッチコピーが際立っています。

スポンサーリンク

映画『LET IT BE -君が君らしくあるように-』予告編

予告編では、「三年生を送る会」の目玉の一つとして、即席バンドを組んでライブをすることになった、大原空、在原守人、神楽坂宗司、宗像廉、七瀬望の5人それぞれの想いとライブに向けた情熱が描かれています。

また、予告編の終わりに、人気声優の江口拓也が登場

本編では、どんな活躍をするのか、公開が待ち遠しい内容となっています。

「ツキウタ。」シリーズとは?

参考:「ツキウタ。」公式ツイッター

2012年よりドラマCDを原作として開始されたプロジェクト「ツキウタ。」

「ツキウタ。」シリーズにおいて登場する男女各12名のアイドル達は『ツキノ芸能プロダクション』という架空の芸能事務所に所属している設定。

後の派生グループも同様に『ツキノ芸能プロダクション』に所属しているという設定がとられています。

特にSOARA、 Growth、SolidS、QUELLなど「ツキウタ。」に登場するユニットより後に生まれたグループは「後続組」「後続ユニット」などと称されています。

活動内容はCD・Webラジオ・テレビアニメ・舞台・アニメ・バラエティ番組など多岐に渡っています。

2016年には2.5次元ダンスライブ「ツキステ。」として舞台化、アニメ第1期放送開始。

2017年には後続ユニットが中心となったアニメ『TSUKIPRO THE ANIMATION』が放送されました。

さらに、アニメ「ツキウタ。THE ANIMATION2」制作決定。

2019年3月には「ツキステ。」第8幕が舞浜アンフィシアターで開幕。

そして、後続ユニットである「スケステ」も舞浜アンフィシアターにて単独ステージ。

2019年春には後続ユニットであり、SOARAの対のユニット『Growth』の新舞台2.5次元ダンスライブ『ALIVESTAGE』(アライブステージ/通称:イブステ)が開幕など。

今や2.5次元舞台界において勢いのある作品となっている、それが「ツキウタ。」シリーズなんです。

スポンサーリンク

映画『LET IT BE -君が君らしくあるように-』の作品情報

【日本公開】
2019年(日本映画)

【原作】
ツキノ芸能プロダクション「ALIVE」シリーズ(ムービック)  

【監督】
伊藤秀隆

【脚本】
ふじわら

【主題歌・楽曲提供】
じょん(滝沢章)

【キャスト】
堀田竜成、石渡真修、吉田知央、植田慎一郎、沢城千春、江口拓也、土岐隼一、おかやまはじめ 

映画『LET IT BE -君が君らしくあるように-』のあらすじ

音楽が大好きな少年・大原空は、中学二年生の時に授業の課題で一曲の歌、「LET IT BE」を作ります。

それを軽い気持ちで動画サイトにアップしたところ、一夜にして大ヒット。一般のニュースにも取り上げられて、一躍時の人となったのでした。

自信を持った空は楽曲制作に夢中になっていきます。

しかし、その後作った歌の評判はどれも思わしくなく、ついには空を攻撃するようなコメントも飛び交うように。

傷ついた空は、音楽に触れることをやめたのでした。

時は流れ、空は高校二年生となり、「三年生を送る会」のメンバーとして、校内を忙しく走り回っていました。

会の目玉の一つとして、在原守人、神楽坂宗司、宗像廉、七瀬望と即席バンドを組んでライブをすることになった空は…。

「この歌は俺だけの歌じゃない。みんなで一緒に作った 最強の歌だもんな。だから…さぁ、音楽をはじめよう!」

まとめ

参考:ツキノ芸能プロダクション(ツキプロ)公式ツイッター

2.5次元に存在する、架空の芸能事務所『ツキノ芸能プロダクション(通称ツキプロ)』所属ユニット『SOARA』はどのようにして生まれたのか

この映画で謎が明かされます。

“青春”を過ごしたすべての人へ贈る、熱くさわやかなバンドストーリー『LET IT BE –君が君らしくあるように-』は2019年10月4日(金)より、池袋HUMAXシネマズにて2週限定公開です!

お見逃しなく。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』ボクの初恋(かおり)役は伊藤沙莉!演技力の評価とプロフィール

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』は2021年11月5日に劇場公開及びNetflixにて全世界同時配信予定。 燃え殻による恋愛小説を原作とした『ボクたちはみんな大人になれなかった』が、2021 …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャスト。みらいくんのお母さん役は西田尚美【プロフィールと演技力評価】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開。 オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

映画『ラストムービー』キャストと監督をデニス・ホッパーが務めた怪作!予告編とメインビジュアルが解禁

ハリウッドの異端者にして鬼才、デニス・ホッパーによる革命的傑作が31年ぶりの劇場公開。 『イージー★ライダー』製作50周年にあたる2019年、1988年以来31年ぶりの公開が決定したデニス・ホッパー監 …

新作映画ニュース

映画『GAGARINE ガガーリン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。カンヌ国際映画祭を魅了した強烈なデビュー作とは

第73回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション選出 オスカーフランス代表・最終選考作品 圧倒的な映像美と世界観で世界中のメディアから絶賛されたフランス・パリ郊外を舞台にしたかつてないエモーショナルな …

新作映画ニュース

『戦場のメリークリスマス4K』『愛のコリーダ』劇場公開日/上映館。大島渚代表作がデジタルリマスターで蘇る!

鮮烈かつ、鮮明によみがえる。 大島渚監督、伝説の2作品が最後の大規模ロードショー。 ゴダール、スコセッシ、ノーラン、アリ・アスターらがリスペクトした大島渚監督史上、最大のヒット作と最大の問題作が鮮やか …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学