Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/03/01
Update

キアヌ・リーブスがSFアクション映画でタブーを超える!『レプリカズ』予告編解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『レプリカズ』予告映像が解禁

キアヌ・リーブス主演のノンストップSFアクション映画『レプリカズ』が2019年5月17日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーされます。

突如家族を失う絶望の中で、誰もが一瞬よぎる考え、“甦らせる”という倫理的ジレンマを、主演・製作のキアヌ・リーブスと、ジャンル映画のプロフェッショナル製作陣とがタッグを組み描いた本作。

愛する家族を守るため、主人公ウィリアムが倫理や道徳を超えた暴走へと走るスリル満点の予告映像が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『レプリカズ』予告編

予告映像の冒頭では、主人公ウィリアムのクローン研究に没頭する天才科学者としての姿が描かれています。

ある日突然、愛する家族全員を交通事故で失ってしまうウィリアム。

雨の中、冷たくなった家族を抱きかかえ悲しみにくれる姿には、愛する人がいる人なら必ず心打たれるでしょう。

そして絶望の中、ウィリアムは神をも恐れぬある決断を下します。

相棒でもある研究者のエドからの忠告を振り切り、狂気に満ちた天才科学者の倫理や道徳を越えた暴走が加速。

「蘇らせる」のセリフと共にポッドの中から妻のクローンが出現。

そして何者かに捕まる家族の姿、さらには人間を激しく蹴散らすロボットの姿も。

天才科学者の暴走の末に見えるものとは…。

次から次へと映し出されるスリルあるシーンのオンパレードに期待が高まること間違いなし!

映画『レプリカズ』予告編注目ポイント


© 2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.

キアヌは暴走科学者

愛する家族を失った天才科学者ウィリアムは、自らの研究を生かし家族を生き返らせます。

周囲が止めようとする中、家族を守るために倫理も道徳も越えて暴走が加速するウィリアムの姿。

鬼気迫るキアヌ・リーブスの演技に大注目です。

今度のキアヌは誰にも止められない暴走科学者!

ノンストップSFアクション

カーチェイス、ガンアクション、ロボットなど予告のラスト20秒に詰め込まれた怒涛のシーン展開はインパクト十分。

それもそのはず、本作の製作には『トランスフォーマー』(2007)『RED』(2011)『MEG ザ・モンスター』(2018)のロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラや、『パッセンジャー』(2017)などアクションの傑作を生み出してきたメンバーと、『ジョン・ウィック』(2015)『ノック・ノック』(2016)で製作総指揮を務めたキアヌ本人も名を連ねるという気合いの入りようなんです。

手に汗握る、ノンストップSFアクションに目が釘付け!

スポンサーリンク

映画『レプリカズ』の作品情報


© 2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
REPLICAS

【監督】
ジェフリー・ナックマノフ

【キャスト】
キアヌ・リーブス、アリス・イブ、トーマス・ミドルディッチ、ジョン・オーティス、エムジェイ・アンソニーほか

【作品概要】
主演の神経科学者ウィリアム・フォスターを演じるのは大ヒットのガンアクションシリーズ『ジョン・ウィック』で復讐に燃える元暗殺者を演じたキアヌ・リーブス。

本作では、家族を事故で失った絶望の中、愛する家族を守るため倫理に反した暴走が加速していく科学者を熱演しています。

妻役には『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013)のアリス・イブ、上司役には『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)のジョン・オーティスなどが脇を固めました。

『デイ・アフター・トゥモロー』(2004)で脚本を手がけたジェフリー・ナックマノフが監督を務め、SFアクション大作に臨みます。

映画『レプリカズ』のあらすじ


© 2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.

神経科学者ウィリアム・フォスター(キアヌ・リーブス)は人間の意識をコンピュータに移す実験を今にも成功させようとしていました。

しかし、突然の事故で家族4人を失ってしまい、タブーを犯す決断をします。

彼は家族の身体をクローン化し、意識を移し替え、完璧なレプリカとして甦らせることに成功したんです。

ただし、彼らの記憶を少し改ざんして…。

家族と幸せな日々を送ろうとするウィリアムでしたが、研究を狙う政府組織が、サンプルとして家族を奪おうと襲い掛かります。

愛する家族のため、暴走した科学者の戦いが今、始まります…!

スポンサーリンク

まとめ


© 2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.
キアヌ・リーブスが満を持して贈る、ノンストップSFアクションの傑作が誕生!

『ジョン・ウィック』同様にプロデュースにも名を連ねる、キアヌ・リーブス本気の一本です。

善悪の判断よりも、家族第一!地獄にだって行ってやる!愛する家族のために暴走する天才科学者のノンストップSFアクション

映画『レプリカズ』は2019年5月17日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

イーストウッド映画『リチャード・ジュエル』あらすじとキャスト。日本公開日は2020年1月17日!

この映画で、アトランタ・オリンピック爆破事件の“真実”を知る。 この度、ワーナー・ブラザース映画配給により『アメリカン・スナイパー』クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』が、202 …

新作映画ニュース

ジャック・オーディアール映画が第44回セザール賞にもノミネート!話題の西部劇『SISTERS BROTHERS』とは

『SISTERS BROTHERS(原題)』が第44回セザール賞にて4冠 2019年7月にTOHOシネマズシャンテ他全国ロードショーされる映画『SISTERS BROTHERS(原題)』。 ジャック・ …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの朝子役は根岸季衣【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

LGBTQ映画『アスリート~俺が彼に溺れた日々』あらすじとキャスト。2019年最新作として“日本の純愛”をテーマに描く

2019年7月26日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー決定! 7月15日(月・祝)第28回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~にて上映! 近年、日本におけるLGB …

新作映画ニュース

串田壮史監督の映画『写真の女』がSKIPシティアワード受賞!阪本順治・内田英治らのおすすめコメントも紹介

世界の映画祭で続々と受賞! SKIPシティ国際Dシネマ映画祭でも「SKIP シティアワード」を見事受賞。 2021年1月初春に渋谷ユーロスペース他全国で順次公開が決まっている長編映画『写真の女』。 こ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学