Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『ヌンチャクソウル』あらすじとキャスト。11月9日より池袋シネマ・ロサにて限定公開

  • Writer :
  • 石井夏子

ソウルミュージックとヌンチャクがコラボレーション!?
異色のダンスエンターテイメント。

2019年の大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門にて上映され、好評を博した映画『ヌンチャクソウル』。

80年代ソウルミュージックとヌンチャクが融合したダンスエンターテイメント映画『ヌンチャクソウル』が、インディーズ作品を立て続けに上映する池袋の映画館シネマ・ロサで劇場公開されます。

2019年11月9日から11月15日までの1週間限定上映です。

この記事では本作の見どころについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『ヌンチャクソウル』について

本作は、映画製作や配給を行っているガチンコ・フィルムのミュージカルワークショップから生まれました。

オーディションにより本作に役者として起用されたり、ダンスレッスンを受けダンスシーンに登場するなど、ワークショップ参加者の多くが作品に登場しています。

作品の中でも圧巻のダンスシーンは、演出家・音楽プロデューサーの杉本智孝が指導、コンテストシーンの振付には高木千代美・高橋篤ら第一線の指導者・ダンサーが指導。

ワークショップ参加者によるエンディングのダンスシーンは圧巻です。

キャスト紹介

主人公沼田には、京都を中心に活躍する話題の劇団「ヨーロッパ企画」より黒木正浩

ソウルデュオとして活躍するSuga-Pimpsより高橋篤&Jun-Bayが参加し、本物のソウルステップダンスを披露しています。

オーディションで選ばれ、本作が長編映画初出演となる黒須杏樹のダンスと演技は注目。

木場監督作品でもおなじみの大沢真一郎、中山雄介が脇を固め、映画監督としても活躍する吐山ゆんも出演。

またライブシーンには音楽制作にも携わったSuga-Pimpsをサポートする一流のバンドメンバーがキャストとしても参加しています。

スポンサーリンク

木場明義監督の紹介

監督は、これまで100を超える日本各地の映画祭で作品を上映してきた木場明義

SFやファンタジーの要素を日常に注ぎ込んだようなコメディタッチの作品を得意とし、国内外の映画祭で多くの入選、受賞歴があります。

代表作は『さよならファンタジー』『サイキッカーZ』『つむぎのラジオ』など。

2019年、インディペンデント映画界から飛び出す一人として名高い映画監督です。

木場明義監督のプロフィール

参考:木場明義監督のツイッター

本作の監督・木場明義(こばあきよし)は1973年9月1日生まれ

1997年、大正大学文学部日本語・日本文学科を卒業ののち、1999年に映像塾卒業。

現在、自主映画を中心に映像制作を続けています。

映画制作団体イナズマ社主宰。長岡造形大学非常勤講師。

映画『ヌンチャクソウル』の作品情報

【日本公開】
2019年(日本映画)

【脚本・編集・監督】
木場明義

【キャスト】
黒木正浩、高橋篤、黒須杏樹、大沢真一郎、吐山ゆん、中山雄介、及川莉乃、小宮凜子、Jun-Bay、鯨井未呼斗

【ワークショップ出演者】
林美智子、椋下美由紀、向野美鈴、野口メリッサ、兼高智仁、鷹西京子、小峰拓朗、伊藤美和、中森由香、小笠原佳子、佐藤ひろこ、後藤紀子、堀井利江、富岡弘子、佐々木富子、長塚直美、間瀬芽久美、野藤真人、植村由記、若菜真希、村山裕貴子、林和子、鷲尾徹、齋藤友紀子、原恵美子、鵜飼美春、宮本明子、嶋田佳穂里、鈴木尚子、外山愛理、本吉美穂子、幸地智美、小野典子、高島真寿美、大森由起子

【作品概要】
ミュージカルワークショップから生まれた本作。

出演は、ヨーロッパ企画の黒木正浩、ソウルデュオSuga Pimpsの高橋篤、新人の黒須杏樹ら。脇を固めるのは、『カメ止め』ファンにお馴染みの大沢真一郎、中山雄介。

監督は、これまで100を超える日本各地の映画祭で作品を上映してきた木場明義が務めました。

本作のダンスは杉本智孝が指導、コンテストシーン振付は高木千代美・高橋篤ら第一線の指導者・ダンサーが参加。

アクション振付・アクション指導はTV・映画で活躍する柴田明良、音楽は数多くのゲーム・映像音楽を手掛ける伴正人が参加しました。

スポンサーリンク

映画『ヌンチャクソウル』のあらすじ

何をやっても上手くいかない自分を変えたいレストランの店長沼田(黒木正浩)とバンド存続に悩む相馬(高橋篤)。

二人の中年男が、新たな人生を踏み出すために一念発起、ダンスコンテストに挑みます。

そんな二人を見守る周囲の温かい人々の物語です。

まとめ

本作は、ほんのちょっとだけ足を踏み出すことの大切さを描いたハートウォーミングな物語です。

ガチンコ・フィルムのミュージカル・ワークショップから生まれた本作では随所にダンスがちりばめられ、エンディングのダンスシーンは見どころのひとつです。

80年代ソウルミュージックとヌンチャクが融合したダンスエンターテイメント映画『ヌンチャクソウル』は池袋シネマ・ロサにて2019年11月9日から11月15日まで上映されます。

お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』アイ・ウェイウェイ監督のインタビュー映像解禁

世界的な現代美術家であるアイ・ウェイウェイ監督が、難民問題の実状に迫るドキュメンタリー。 映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』は、2019年1月12日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかで公開で …

新作映画ニュース

映画『ミッドナイトスワン』キャストの服部樹咲(みさき)は草彅剛と同居する少女・一果役を熱演【演技評価とプロフィール】

2020年秋に公開予定の映画『ミッドナイトスワン』キャスト紹介。 主演・草彅剛(くさなぎつよし)、内田英治(うちだえいじ)監督によるオリジナル脚本作品『ミッドナイト スワン』。 (C)2020「MID …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストのマフィアの核弾頭・市川役は村上淳【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2018】音楽をテーマとした東南アジア特集を解説。プレゼント情報も

10月25日(木)~11月3日(土)に開催となる、第31回東京国際映画祭におきまして、アジア映画特集シリーズ『国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA』の第5弾が『ラララ …

新作映画ニュース

映画『斬、』キャスト池松壮亮&蒼井優の思い。塚本晋也監督の新作とは

(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER 塚本晋也監督が挑んだ初時代劇『斬、』(ざん、) は、2018年11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開。 本作品『斬、』の …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP