Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『妖怪大戦争ガーディアンズ』キャストの雪女役は大島優子。演技評価とプロフィール!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は2021年8月13日よりロードショー

2005年に三池崇史監督が神木隆之介主演で製作した『妖怪大戦争』に続く、超ド派手妖怪ファンタジーエンタテインメント『妖怪大戦争 ガーディアンズ』が公開されます。

鬼才・三池崇史が再び監督を務め、主演の寺田心はじめ、杉咲花、大沢たかお、大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子ら超豪華俳優が出演します。

1968年に製作された大映特撮映画を2005年にリメイクした三池重史監督作『妖怪大戦争』。再び三池監督が手がける新時代感動のド派手な妖怪アドベンチャー『妖怪大戦争 ガーディアンズ』が今夏公開されます。

妖怪獣による未曽有の危機に立ち向かうために、妖怪たちと妖怪ハンターの末裔の兄弟が数奇な運命に導かれ、世界存亡をかけた戦いに挑みます。

主演は『トワイライトささらさや』『ばあばは、だいじょうぶ』などに出演する、当代きっての名子役・寺田心。

共演には杉咲花、大沢たかお、大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、SUMIRE、岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、HIKAKINら豪華実力派が顔を揃えます。

この記事では雪女役の大島優子について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の作品情報


(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

【上映】
2021年(日本映画)

【監督】
三池崇史

【キャスト】
寺田心、杉咲花、大沢たかお、大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、SUMIRE、岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、HIKAKIN

【作品情報】

2005年の『妖怪大戦争』に続き、再び鬼才・三池崇史監督が手がけた妖怪アドベンチャー『妖怪大戦争 ガーディアンズ』。

襲来する古代の化石から生まれた妖怪獣に、妖怪たちと妖怪ハンターの末裔の少年が立ち向かう物語です。

有名妖怪に加え、本作オリジナルの妖怪や世界中のモンスター、怪獣まで加わり、個性豊かな妖怪ワールドが展開します。

主人公の少年・ケイを演じるのは、タレントとしても大人気の名子役『トワイライトささらさや』『ばあばは、だいじょうぶ』の寺田心。

ケイとともに冒険の旅に出る狐面の剣士に杉咲花、狸の総帥・隠神刑部に大沢たかお、妖怪の総大将・ぬらりひょんに大森南朋が扮します。

そのほか個性豊かな妖怪たちを、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、SUMIRE、岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、HIKAKINら豪華キャストが演じます。

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』のあらすじ


(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

20XX年。日本列島を南北に縦断する大地溝帯・フォッサマグナに眠る古代の化石たちが一つに結集し、巨大な妖怪獣に姿を変えました。

この未曾有の危機に妖怪たちは、伝説の武神「大魔神」を復活させるため、伝説の妖怪ハンター・渡辺綱の血を継ぐ気弱な少年・渡辺ケイに白羽の矢を立てます。

しかし、ひょんなことから、間違えて弟のダイが妖怪に連れ去られてしまいます。

ダイを助けるために、ケイは謎の妖怪剣士・狐面の女の導きで大魔神のもとへ。

しかし、人間嫌いの大妖怪・穏神刑部がケイと妖怪たちに待ったをかけます。

そこに渡辺綱の末裔の少年・ケイの命を狙って現れた鬼の一族。

ついに妖怪大戦争が始まりますが、はたして少年・ケイは弟を救い、大魔神をよみがえらせて妖怪獣を止めることができるのでしょうか…。

スポンサーリンク

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』雪女役は大島優子

参考映像:『紙の月』(2014)

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』で雪女役を演じる大島優子は1988年10月17日生まれの女優。アイドルグループAKB48の元メンバー。栃木県出身。太田プロダクション所属。

1996年よりセントラル子供劇団に入り、子役として芸能活動を開始。

2000年頃からジュニアアイドルとして活動し、2005年にはTHE ALFEEの高見沢俊彦がプロデュースしたアイドルユニット「Doll’s Vox」に所属。

2006年に第二期KB48メンバーオーディションに合格し、公演デビューを果たします。

2007年のアニメOVAシリーズ『ICE〈劇場版〉』で初めて声優を務めました。

2008年『弁護士 一ノ瀬凛子シリーズ』に出演。

2009年『テケテケ』で映画初主演を果たします。

2014年にAKB48を卒業し、女優の仕事を中心に活動。

2014年映画『紙の月』に出演し、高い演技力を認められ日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を受賞しました。

2017年に1年間アメリカで語学留学。カレッジに通って映画漬けの毎日を送り、2018年10月に帰国しました。

2019年のNHK連続テレビ小説『スカーレット』では大事な役どころであるヒロインの親友を好演しています。

そのほか映画では主演を務めた『ロマンス』はじめ、『生きちゃった』『明日の食卓』、ドラマ『ネメシス』『教場』『東京タラレバ娘』『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』など、多数作品で活躍中。

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』雪女はどんな役?


(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

大島優子演じる雪女は、身体は氷のように冷たいながら、心はとても熱く燃えている女性の妖怪。

スポンサーリンク

大島優子の演技力の評価は

参考映像:『生きちゃった』(2020)

子役からの長い芸歴を持ち、アイドルグループ・AKB48全盛期の元・主力メンバーだった大島優子。アイドルのイメージが数年の間に消え、いまや演技派として映画・ドラマにひっぱりだこの売れっ子女優です。

2014年公開の映画『紙の月』では、第38回日本アカデミー賞優秀助演女優賞、報知映画賞助演女優賞などを受賞し、演技力の高さがさまざまな方面から称賛されています。

20代のうちに1人で海外に行きたいという夢をかなえ、2017年に単身で渡米し語学留学しました。

凝り固まっていた概念が薄れ、生きていく上で大切なことにも気づけたそうです。

2020年ドラマ『七人の秘書』ではバイリンガルの秘書を演じ、早速経験を生かしています。

演技の幅も広がり、その後もさまざまな話題作に出演。

2020年公開の石井裕也監督作『生きちゃった』では、子供を持ちながら不倫に走る母親を熱演しました。

重要シーンで、台本にはないのにいきなり叫んでしまった大島。石井監督は、自分がコントロールできないところに俳優が言ってしまったと初めて感じたそうです。「ラストは凄すぎて引いた」ともコメントしています。

2019年のNHK連続テレビ小説『スカーレット』では、ヒロインの幼なじみ・熊谷照子役の15歳から55歳までを好演

セーラー服姿も見事ながら、特に後半でのおばちゃん演技が自然だと絶賛されました。

本作『妖怪大戦争ガーディアンズ』で妖怪・雪女役をどんな演技でみせてくれるのか期待が高まります。

大島優子の公式SNSの紹介

大島優子の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

2005年の大ヒット作『妖怪大戦争』を新たな時代と共にスケールアップさせた『妖怪大戦争 ガーディアンズ』。前作に引き続き日本が誇る鬼才・三池崇史が監督を務めます。

主人公の渡辺ケイを演じるのは、バラエティやCMでも大活躍中の人気子役・寺田心。

共演には杉咲花、大沢たかお、大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、赤楚衛二、SUMIRE、岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、HIKAKINら人気実力派が勢ぞろいしています。

元AKB主力メンバーというアイドルイメージから見事に脱皮し、演技派として高く評価される大島優子が、冷たくて心熱き妖怪・雪女を演じます。

注目の映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は、2021年8月13日よりロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『眉村ちあきのすべて(仮)』あらすじ/キャスト。異色のドキュメンタリーで弾き語りトラックメイカーアイドルに迫る

「MOOSIC LAB2019」観客賞・審査員特別賞・ベストミュージシャン賞・女優賞の4冠受賞作品。 型破りな個性で人気を博し、「ゴッドタン」などのバラエティ番組で即興ソングが話題となるなど今最も勢い …

新作映画ニュース

ほぼ実話の映画『“隠れビッチ”やってました。』予告編とビジュアル解禁!現代女性の心に寄り添う物語

3年間で振った男の数は600人(ほぼ実話!!) “隠れビッチ”のモテテクニックに笑い、隠されたリアルな本音に思わず共感。 イラストレーターで漫画家のあらいぴろよが自身の体験をもとに描いたコミックエッセ …

新作映画ニュース

【劇場招待券プレゼント5組10名様】映画『キュクロプス』( 池内万作主演作品)を上映館で観よう!

映画『キュクロプス』は5月3日(金)よりテアトル新宿ほか全国順次ロードショー! 大庭功睦監督が製作、脚本も兼ねて自主製作として完成させた映画『キュクプロス』の劇場招待券を5組10名様にプレゼント。 ( …

新作映画ニュース

映画『あのこは貴族』原作文庫ネタバレあらすじと感想。結末ラストとキャスト配役も山内マリコの小説から解説

映画『あのこは貴族』は2021年2月26日より公開。 同じ都会に暮らしながら全く異なる生き方をする2人の女性が自分の人生を切り開こうとする姿を描いた山内マリコの著書『あのこは貴族』。 本著を原作とした …

新作映画ニュース

映画『ベルイマン島にて』あらすじ/キャスト/上映館。ミア・ハンセン=ラブ監督最新作はベルイマンが愛した島を舞台に描く

北欧の夏時間が、映画監督カップルにもたらすものとは!? 今や名実ともにフランスを代表する女性監督のミア・ハンセン=ラブ。本作『ベルイマン島にて』は、彼女自身が熱狂的ファンであるイングマール・ベルイマン …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学