Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『ノイズ』キャストの松山ケンイチは田辺純役!演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『ノイズ』は2022年1月28日(金)ロードショー

『デスノート』シリーズで共演した藤原竜也と松山ケンイチの主演で、同名コミックを実写映画化したサスペンス映画『ノイズ』が2022年1月28日(金)に公開されます。

主演の藤原竜也、松山ケンイチが殺人の共犯者となる極限の新感覚サスペンス。さらに神木隆之介、黒木華、永瀬正敏らトップ俳優たちが顔を揃えます。

この記事では田辺純役の松山ケンイチについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『ノイズ』の作品情報


(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督・脚本】
廣木隆一

【キャスト】
藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介、黒木華、伊藤歩、渡辺大知、余貴美子、柄本明、永瀬正敏

【作品情報】

数々の映画賞を受賞した『ヴァイブレータ』で知られる廣木隆一監督の初のサスペンス作品『ノイズ』。

絶海の孤島に暮らす善良な3人の男たちが、誤って不審な男を殺してしまったことから日常が狂っていくさまを緊迫感たっぷりに描き出します。

島の青年で親友同士の泉圭太と田辺純を、大人気作品『デスノート』で共演した藤原竜也、松山ケンイチが演じます。

彼らと共に殺人を犯してしまう新米警官を神木隆之介、彼らに殺される不審な男に渡辺大知が扮するほか、圭太の妻役で黒木華、圭太らを追い詰める刑事で永瀬正敏が出演。

映画『ノイズ』のあらすじ


(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会

時代に取り残され過疎化に苦しむ絶海の孤島・猪狩島。

島の青年・泉圭太が生産を始めた黒イチジクが高く評価されたことで、島には地方創生推進特別交付金5億円の支給がほぼ決まります。

島民たちに希望の兆しが見えていましたが、小御坂睦雄という男が現れたことから、島の平和な日常が一変。

小御坂の不審な言動に違和感を覚えた圭太と幼なじみの猟師・田辺純、新米警察官の守屋真一郎の3人は、小御坂を追い詰めていくなか、圭太の娘の失踪を機に誤って小御坂を殺してしまいます。

島の未来と大切な家族を守るために、彼らはこの殺人を隠すことを決意。

しかし、実は小御坂元受刑者のサイコキラーだったため、彼の足取りを追って刑事たちが大挙して島に押し寄せてきます。

島の日常は次第に崩れ落ちていき…。

スポンサーリンク

映画『ノイズ』田辺純役は松山ケンイチ

参考映像:『デスノート the Last name』(2006)

映画『ノイズ』で田辺純役を演じる松山ケンイチは1985年3月5日生まれの俳優、モデル。青森県出身。ホリプロ所属。妻は女優の小雪。

親の薦めで芸能界入り。地元には映画館がなかったため、上京するまで映画館で映画を観たことがなかったそうです。

2001年ホリプロ男性オーディション「New Style Audition」で16,572人の応募者の中からグランプリを受賞。PARCO 2001年「Looking for a new“NEW”」キャンペーンでモデルデビュー。

2002年にドラマ『ごくせん』で俳優デビューしました。2003年には『アカルイミライ』で映画初出演。

2004年『ウイニング・パス』で映画初主演を果たします。

2006年『デスノート』のL役で一躍有名となりました。

2008年『デトロイト・メタル・シティ』、2016年『聖の青春』などで多数映画賞を受賞。

2012年NHK大河ドラマ『平清盛』に主演。

映画『カムイ外伝』『ノルウェイの森』『BLUE/ブルー』『ウルトラミラクルラブストーリー』、ドラマ『銭ゲバ』『聖☆おにいさん』『日本沈没-希望のひと-』など多数話題作で活躍。

映画『ノイズ』田辺純はどんな役?


(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会

松山ケンイチ演じる田辺純は、絶海の孤島の住人。藤原竜也演じる泉圭太の親友。

島に現れた不気味な男を、圭太たちと共に誤って殺してしまい、殺人を隠蔽するために奔走します。

スポンサーリンク

松山ケンイチの演技力の評価は

参考映像:『聖の青春』(2016)

作品によって演技表現も外見の容姿も変化させる憑依型俳優・松山ケンイチ。

2006年『男たちの大和』で日本アカデミー賞新人賞ほか数々の賞を受賞したのを皮切りに、2008年『デトロイト・メタル・シティ』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を、2009年『ウルトラミラクルラブストーリー』で毎日映画コンクール男優主演賞などを受賞。

映画『男たちの大和』では角川春樹から、薬師丸ひろ子や原田知世を発見した時より震えたと絶賛され、その後も角川映画に連続して起用されています。

役柄によって、増量減量も行うことで知られています。映画『GANTZ』では7kgの増量、『聖の青春』では20kgの増量をして役者魂をみせ、共演者からも称賛されました。

2016年『聖の青春』では高く演技を評価され、日本アカデミー賞優秀主演男優賞、ブルーリボン賞主演男優賞など数々の映画賞を受賞しています。

NHK大河ドラマ『平清盛』に自ら出演希望しましたが、思いもよらず主演に抜擢されたそうです。出家シーンでは剃髪して役に臨みました。

2021年にはTBS日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』で官僚・常盤役を熱演。目や表情の巧みな演技が絶賛されています。

本作『ノイズ』では、誤って親友と一緒に不審者を殺してしまい、隠蔽に奔走する青年・田辺純をスリリングに演じます。

松山ケンイチの公式SNSの紹介

残念ながら松山ケンイチの公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会

『ヴァイブレータ』で40以上の国際映画祭で数々の映画賞を受賞した鬼才・廣木隆一が監督を務める新感覚サスペンス映画『ノイズ』。

主演は映画『デスノート』を大ヒットさせた名コンビ、藤原竜也と松山ケンイチが再びタッグを組み、極限まで追い詰められる親友同士を演じます。

神木隆之介、黒木華、永瀬正敏、渡辺大知、伊藤歩、柄本明ら豪華実力派が共演。

注目の映画『ノイズ』は、2022年1月22日(金)より全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

ニコールキッドマン映画『ストレイ・ドッグ』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。予告動画で見る女性刑事のノワール作品とは?

2019年ゴールデングローブ賞・主演女優賞ノミネート(ニコール・キッドマン)作品。 すべての始まりは、17年前の潜入捜査。過去のあやまちに決着をつけるため猟犬と化した女が動き出します。 復讐か、贖罪か …

新作映画ニュース

映画『モーリタニアン』あらすじ/キャスト/上映館。ジョディ・フォスターが助演女優賞受賞のTHE MAURITANIANとは?

第78回ゴールデングローブ賞受賞作品。 2021年2月28日(現地時間)に発表された第78回ゴールデングローブ賞にて、『THE MAURITANIAN』(原題)に出演をした、タハール・ラヒムに主演男優 …

新作映画ニュース

映画『THE RESCUE 奇跡を起こした者たち』あらすじ/公開日/上映館。ドキュメンタリーでタイ洞窟事故の舞台裏を描く

2021年のトロント国際映画祭で最高賞にあたる観客賞を受賞! アメリカで5館スタートから560館に拡大し大ヒット! 世界中から注目を集め、日本でも連日報道されたタイ洞窟事故の舞台裏を描いたドキュメンタ …

新作映画ニュース

白石和彌監督がキノシネマにて『凪待ち』ティーチイン。来場者ファンからは“11凪目”が続出!

映画『凪待ち』は2019年6月28日より絶賛公開中! 2019年6月28日に全国ロードショー公開を迎え、その作品タイトルとは異なり公開から約1ヶ月が経った現在もその勢いが止むことがない映画『凪待ち』。 …

新作映画ニュース

映画『元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。上空を舞台にしたサバイバルスリラー

『ロスト・バケーション』の制作陣が放つ、脅威の体験! 海を舞台に人喰いサメとの死闘を描き話題を呼んだ大ヒットサバイバル映画『ロスト・バケーション』(2016)の制作陣が、今度は空を舞台に再びスリリング …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学