Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/03/13
Update

エルヴィス・コステロが愛を歌う。映画『リヴァプール、最後の恋』インタビュー動画解禁

  • Writer :
  • 石井夏子

主題歌に込められた大女優の恋の真相

2019年3月30日(土)より公開となる映画『リヴァプール、最後の恋』。

本作はイギリスの俳優ピーター・ターナーが1987年に発表した同名の回顧録が原作。

『悪人と美女』(1952)でオスカー助演女優賞に輝いた往年の大女優グロリア・グレアム(1923-1981)。

1950年代ハリウッドで活躍し、4度の結婚歴もある自由奔放な彼女と、駆け出しの若手舞台俳優ピーターの最後の恋を中心に描かれた映画『リヴァプール、最後の恋』。

主題歌を手掛けたエルヴィス・コステロのインタビュー動画を御紹介しながら、本作の恋の真相に迫ります。

スポンサーリンク

エルヴィス・コステロのインタビュー動画

本作のために主題歌『You Shouldn’t Look At Me That Way』を書き下ろしたコステロは、リヴァプールの出身

PVはポール・マッカートニーの娘・メアリーが監督しており、インタビュー内ではその撮影風景も収められています。

脚本を読んで、魅了されたよ」、「2人はこんな優しい曲がぴったりの恋に落ちるが、“そんな目で見つめないで”という歌詞が示す通り、とても切ないストーリーだよ。」と語るコステロ。

ピアノの音色とコステロの色気漂う歌声が、ロマンチックで切ない2人の恋の最後を締めくくります。

製作のバーバラ・ブロッコリとポール・マクギガン監督は、本作でのコラボレーションの可能性について話し合うため、ロンドン・パラディウムでコステロのショーを見て驚いたそう。

楽曲『Church Underground』の間に、TVスクリーンに突如グロリアの写真が登場したためです。

そしてステージ上のコステロは、「彼女はこの曲を書いていたときに浮かんでいた“ドリームガール”なんだ」とMCで語りました。

「バーバラとポールはとても驚いたと思うよ」とコステロは笑います。

コステロはすでにターナーの本のことも知っていました。

さらに映画の冒頭で、劇作家の親友アラン・ブリーズデールの作品にターナーが出演。

「脚本の中にアランの名前を見て、時間と場所がとても強烈に迫ってきたんだ」と言うコステロ。

言うまでもなく、コステロの、その時代とこの物語にかかわった人たちとのつながりが、楽曲に組み込まれています。

楽曲に込めた願い


© 2017 DANJAQ, LLC. All Rights Reserved.

コステロは本楽曲について、「たくさん秘密をもっている二人の人間について歌った曲」と話し、曲のタイトルについては「『You Shouldn’t Look At Me That Way』は、誘惑のまなざしのことだが、判断しないでくれという願いも込められている」と打ち明けました。

判断しないで、とは、誰に対してのメッセージなのか気になりますね。

恋路を邪魔する周囲についてなのか、恋する相手に対してなのか…。

曲を書く時に込める想いについても以下のように語っています

「曲にはそれ自身の物語をもたせたい。独り立ちできるように。でも、耐え忍ぶ誇りと愛についてのメッセージを伝える映画の、最後の映像と音楽が調和することも必要なんだ」

監督のテーマやアイデアに共鳴することを目指すコステロ。

本作最後に流れる『You Shouldn’t Look At Me That Way』、映画の世界を思い返す豊かな時間を与えてくれることでしょう。

映画『リヴァプール、最後の恋』作品情報


© 2017 DANJAQ, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原作】
ピーター・ターナー「Film Stars Don’t Die in Liverpool」

【監督】
ポール・マクギガン

【主題歌】
エルヴィス・コステロ『You Shouldn’t Look At Me That Way』

【キャスト】
アネット・ベニング 、ジェイミー・ベル、ジュリー・ウォルターズ 、ヴァネッサ・レッドグレイヴ

【作品概要】
イギリスの俳優ピーター・ターナーが1987年に発表した回顧録「Film Stars Don’t Die in Liverpool」が原作です。

『ホワイト・ライズ』(2004)『ラッキーナンバー7』(2006)のポール・マクギガンが映画化しました。

1950年代ハリウッドで活躍し4度の結婚歴もある自由奔放な大女優と、駆け出しの若手舞台俳優ピーターの最後の恋を中心に描かれれます。

往年の大女優・グロリア役は実力派・アネット・ベニングが務めました。

ピーターは『リトル・ダンサー』(2000)『スノーピアサー』(2013)で知られるジェイミー・ベルが演じます。

スポンサーリンク

映画『リヴァプール、最後の恋』あらすじ


© 2017 DANJAQ, LLC. All Rights Reserved.

1981年9月29日、ピーター・ターナーの元に衝撃の知らせが飛び込んできました。

かつての恋人グロリア・グレアムがイギリスのランカスターのホテルで倒れたんだそうです。

「リヴァプールに行きたい」そう懇願するグロリア。

ピーターはリヴァプールにある自分の実家で、グロリアを療養させることにしました。

ピーターの家族やリヴァプールを懐かしむグロリアでしたが、全く病状を明かそうとしません。

心配になり、グロリアの主治医に連絡をとって病状を確かめるピーター。

そして、グロリアの死が近いことを悟ったピーターは、不意に彼女と楽しく過ごしていた頃を思い出します。

駆け出しの俳優に過ぎなかったピーターと往年の大女優であったグロリア・グレアムとの歳の差もキャリアも超えた恋。

そしてグロリアがリヴァプールに拘り続けた理由とは…。

まとめ

エルヴィス・コステロが主題歌を手掛けた映画『リヴァプール、最後の恋』。

コステロがインタビュー動画で語るように、耐え忍ぶ誇りと愛について描いた、切ない物語に仕上がっています。

本作最後に流れる映像とコステロの歌声の調和を、目と耳でお楽しみ下さい。

映画『リヴァプール、最後の恋』は2019年3月30日(土)新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

濱田岳×水川あさみ映画『喜劇 愛妻物語』あらすじ。追加キャストに夏帆を迎え劇場公開は2020年に決定!

四国を舞台に描く、崖っぷち夫婦の、全力で笑えてボロボロ泣ける珍道中! すべての男女に捧げる人情派夫婦活劇。 映画『百円の恋』(2014)で国内映画賞にて日本アカデミー賞を初め数々の脚本賞を受賞した足立 …

新作映画ニュース

映画『ボヤンシー 眼差しの向こうに 』あらすじ/公開日/上映館/予告動画。タイの奴隷労働の真実をドラマとして描く!

ベルリン映画祭パノラマ部門、第92回アカデミー賞豪代表作品。 第69回ベルリン映画祭のパノラマ部門に出品された映画『BUOYANCY』(原題)。 観客投票では3位を記録し、さらにエキュメニカル審査員賞 …

新作映画ニュース

映画監督アディナ・ピンティリエが話題作『タッチ・ミー・ノット』へコメント!劇場公開は7月4日より

映画『タッチミーノット~ローラと秘密のカウンセリング~』は2020年7月4日(土)より公開。 第68回ベルリン国際映画祭にて金熊賞〈最高賞〉と、最優秀新人作品賞を受賞したアディナ・ピンティリエ監督作『 …

新作映画ニュース

最新作『スパイダーマン:スパイダーバース』あらすじと内容。アメリカでの評論家の感想は大絶賛で大ヒットの兆しへ

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本公開は2019年3月8日全国ロードショー! 『スパイダーマン』「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ、そしてマーベル・シネマティック・ユニバース入りを果 …

新作映画ニュース

映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』上映館/日本公開日。名曲の裏話やクラプトンのインタビューから再評価するドキュメンタリー!

製作総指揮はマーティン・スコセッシ、ロン・ハワード。 音楽界の超大物たちのインタビューと当時の貴重な映像の数々で贈るドキュメンタリー。 2019年トロント国際映画祭オープニング作品として選出された映画 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP