Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/11/30
Update

映画『キックス』感想評価と内容が語られたトークイベント報告!上映される劇場情報の紹介も

  • Writer :
  • 中村綾子

映画『キックス』は、2018年12月1日より、渋谷シネクイントにてロードショーほか全国順次公開

ギャング、ドラッグ、銃、そして仲間とスニーカー。カリフォルニアの太陽の下、少年が少しだけ男になる瞬間を描いた、心揺さぶる新時代のフッドムービーが、いま新たに誕生!

新鋭ジャスティン・ティッピング監督の長編デビュー作『キックス』の公開を記念して、試写会付きのトークイベントが開かれました。

登壇をしたのは、日本ではまだ数少ないHIPHOPムービーを手掛けた2人の映画監督三宅唱と宮崎大祐

今回はトークイベントの報告をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『キックス』の作品情報


©2016 FIGHT FOR FLIGHT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
KICKS

【監督】
ジャスティン・ティッピング

【キャスト】
ジャキング・ギロリー、クリストファー・メイヤー、クリストファー・ジョーダン・ウォーレス、コフィ・シリボー、マハーシャラ・アリ

【作品概要】
新鋭ジャスティン・ティッピング監督の長編映画デビュー作品で、彼が16歳の時に経験したことを基に、ジョシュア・バーン=ゴールデンとともに脚本を書きあげました。

ロサンゼルスを舞台に奪われたスニーカーを取り戻そうと奮闘する少年の成長していく様子を、スラム生活の実態やスニーカーカルチャーを交えながら描いた意欲作です。

主人公ブランドン役を演じるのは、ジャキング・ギロリー。9歳の頃から企業コマーシャルやミュージックビデオなどに出演し、ラッパーとしても活動しています。また本作で映画初出演で主役の座を射止めています。

ジャキング・ギロリーは、撮影当時はまだ13歳とあどけなさの残る少年でしたが、時に大人っぽい表情を見せ、ブランドンの複雑な心理を見事に表現しました。

第89回米国アカデミー賞の助演時男優賞を受賞したマハーシャラ・アリが、ブランドンの叔父役として出演しているのにも注目です。

映画『キックス』のあらすじ


©2016 FIGHT FOR FLIGHT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

カリフォルニア、リッチモンドに住む15歳の少年ブランドン。

背が低くて女子にもモテず、いつもボロボロのスニーカーを履いていてバカにされていました。

そんなブランドンの友人は2人。女にモテモテのリコはエア・ジョーダン3を、自称R&Bの天才、アルバートはエア・ジョーダン6というイカしたスニーカーを履いていました。

ブランドンは、コツコツ貯めたお小遣いで、最強のスニーカー“エアジョーダン1”を手に入れました。

仲間からは羨望の眼差しで見られ、女子からも気にかけられ、これで自分の人生もイケイケになると思っていたブランドン。

しかし、そんな最高な時間の終わりは、瞬時にやってきてしまいました。

仲間と別れた帰り道、地元のチンピラに襲われスニーカーを盗られてしまいます。

ブチ切れたブランドンは、命よりも大切なスニーカーを奪い返しに行くことを決心。

ブランドンは、リコとアルバートを巻き込んで列車に乗り、叔父を頼ってオークランドへ向かいますが…。

スポンサーリンク

映画『キックス』の魅力を若手監督が語る

©2016 FIGHT FOR FLIGHT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『キックス』は、12月1日に渋谷シネクイントで公開されるほか、全国で順次公開されますが、それを前に去る11月27日(火)に試写会付きトークイベントが開催されました。

登壇者は日本でまだ数少ないHIPHOP映画を手掛ける若手注目監督の2人三宅唱監督と宮崎大祐監督です。


©2016 FIGHT FOR FLIGHT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

本作の主人公の育ったオークランドの環境や、その成長を描いた魅力について語りました。

また両監督の作品を含む、HIPHOPやブラックカルチャーを描いた作品が、今後、国内でどのように受け入れられていくべきなのか、HIPHOPムービーの未来についての考えも飛び出しました。

次の章では三宅唱監督と宮崎大祐監督のトークショーの様子を少し具体的に紹介していきましょう。

HIPHOP映画が日本で受け入れられる入り口になる

©2016 FIGHT FOR FLIGHT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

登壇者のひとり三宅唱監督は、いくつかの短編作品を手掛けた後、初の長編作品『やくたたず』でロカルノ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品されました。

また『PLAYBACK』では、第22回日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞を受賞。

その後も『THE COCKPIT』『密使と番人』『きみの鳥はうたえる』など幅広いジャンルの作品を送り出す若手監督です。

もうひとりの登壇者には、宮崎大祐監督。黒沢清監督の『トウキョウソナタ』に助監督で参加し、フリーの助監督や脚本家として活動した後、2011年に『夜が終わる場所』で監督デビューしました。

2013年にはイギリス・レインダンス映画祭の選出する「今注目すべき、七人の日本人インディペンダント映画監督」に選ばれ、2016年には日米合作映画『大和(カリフォルニア)』を発表。

世界中の20近い著名映画祭に招待され、有力海外メディアでも絶賛されるほど国内外から注目を浴びています。

本作品『キックス』の感想を宮崎監督は次のように語りました。

最新のHIPHOPのスタイルやファッションが劇中に散りばめられているのがよかった。HIPHOP映画は、豊かではない主人公が高みへとのし上がっていく話が多いが、『キックス』はある種の冒険譚になっていて、新しいHIPHOP映画の形を描いたのではないか

映画『キックス』の劇中に、最新のHIPHOPのスタイルやファッションが見られる点を気に入ったようですね。

ストーリーの展開が一般的にありがちではない冒険譚になっていることが、「新しいHIPHOP映画の形」だと見ているようです。

それに対し、三宅監督はこのように答えました。

こんな映画もあるんだ!と感じた。今まで観てきた映画とは少し違ったので、面白さと戸惑いがあった。普通は物語を引き立てるために音楽があるはずなのに、『キックス』は音楽がすげー流れる。1枚のアルバムを見ているような作品だと思いました。

『キックス』の劇中で用いられる楽曲の多さに魅了され、思わず「こんな映画もあるんだ!」や「音楽がすげー流れる」と感嘆の声を上げています。

映画は観る人によって、注目する点はそれぞれ異なりますが、HIPHOPムービーを手掛けた三宅唱監督と、宮崎大祐監督の注目ポイントを気に留めながら、本作『キックス』を観てみると、何か新しい発見があるのかもしれませんね。

スローモーションよる映画の魅力


©2016 FIGHT FOR FLIGHT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

また、2人の監督は、本作のもう一つの特徴として「スローモーションの多用」を挙げられました。

宮崎監督はこのように語ります。

こんなに多い映画あるかな、というくらいスローモーションが多い。HIPHOPのMVにはスローモーションが多いので、それに慣れていると普通に見えるんですが。アメリカのヒップホップのMVの流行りも取り込んでいると思った。

HIPHOPのミュージックビデオとの共通点を挙げられると、三宅監督はこのように返します。

車のパーティシーンがあって。幸せなシーンのスローモーションなのですが、そのシーンがずっと続けばいいのにと思っていました。

本作の「幸せなシーンのスローモーションなのですが、そのシーンがずっと続けばいい」。

幸せな時は永遠に続いて欲しいからこそ、スローモーションという映像効果を使用したのでしょうか。

さすが、HIPHOPムービーを手掛けた監督なだけあって、目の付け所が違いますね。

映画の魅力は違う時間の体験


©2016 FIGHT FOR FLIGHT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

三宅監督は、映画タイトルでもある「キックス」の言葉についても言及しました。

HIPHOPって言葉を言い換えるじゃないですか?スニーカーをキックスと呼ぶことで、ただの靴が特別なキックスになる。特別な場所に行ける魔法みたいな力を持っている。

すると、宮崎監督もこのように同意します。

それがHIPHOPですよね。

また、三宅監督はこうも述べます。

この映画を観る前に、キックスを奪われて取り戻そうとする少年の成長物語なんて、どこにでもあるじゃんと思っていたけど、主人公の住むオークランドという場所がまず新鮮に見えた。映画とか音楽は、今ここに流れている時間から離れたくて観たり聞いたりするものだと思うので、この映画では違う時間を体験させてもらえたと思います。

本作の舞台となったオークランドという地についても触れ、「この映画では違う時間を体験させてもらえた」と語り、まさに鑑賞したのでなく、映画体験したことなのでしょうか。

実際にオークランドへ足を運んだことがあるという宮崎監督は次のように話します。

(オークランドへは)以前怖いもの見たさで行きました。本当に怖かったです。駅を降りて野球場へ行くまでの道が全て金網で囲われていた。本作でもよく金網が出てくるので、とても印象的だった。

このように意外な注目ポイントについても語ってくださいました。

日本での受け入れられ方


©2016 FIGHT FOR FLIGHT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

最後に今後の日本でのHIPHOP映画の受け入れられ方について宮崎監督は、今後への期待を語りました。

これからの時代、HIPHOPが世界を支配していくと思う。HIPHOPには意外と保守的なルールがあって、用語やマナーを知って、HIPHOPにおけるリテラシーが深まるとメチャメチャ楽しくなる。見た目と違ってオタクなジャンルだと思っていて、その入り口としてこの映画はとても素晴らしいと思うので、『キックス』をきっかけにHIPHOPへの理解が広まれば、HIPHOP映画のヒットにも繋がっていくのではないか。

HIPHOPに対しての知識が浅い日本において、理解を広める入り口になるであろう映画『キックス』。

例えば日本の文化や伝統の理解が映画で世界に広まっていくのと同じように、この映画で、たくさんの人のHIPHOPにおける考え方が変わったり深まったりするといいですね。

映画『キックス』の上映館情報


©2016 FIGHT FOR FLIGHT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【関東地区】
東京 シネクイント 12月1日(土)
東京 アップリンク吉祥寺 12月
神奈川 109シネマズ川崎 1月4日(金)
神奈川 ムービル 1月4日(金)
群馬 109シネマズ高崎 1月4日(金)
栃木 宇都宮ヒカリ座 3/16(土)〜3/29(金)

【中部地区】
静岡 静岡シネ・ギャラリー 12/2(日)先行 以降1/5(土)より上映

【近畿地区】
大阪 シネマート心斎橋 12月8日(土)
京都 出町座 上映日未定

【中国・四国地区】
広島 109シネマズ広島 1月4日(金)

*上記に記載された上映館情報は11月29日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や全国順次公開することも予想されます。お近くの映画館をお探しの際は、必ず公式ホームページを閲覧してからお出かけください。

スポンサーリンク

まとめ


©2016 FIGHT FOR FLIGHT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

日本ではまだ認知度が低いHIPHOP映画ですが、受け入れるための入り口としてとても良い作品だと、三宅唱監督と宮崎大祐監督はトークショーで語ってくれました。

映画『キックス』としての本編はもちろんですが、最新HIPHOPのスタイルやファッション、音楽を映画から取り入れ、HIPHOPへの理解を深められるといいですね。

映画『キックス』は、2018年12月1日渋谷シネクイントにてロードショーほか全国順次公開!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『アングスト/不安』あらすじ/キャスト/公開日。ガチ怖すぎて上映禁止の実話スリラーが日本の劇場に初上陸!?

世界各国で上映禁止された常軌を逸した実話。 本物の《異常》がいま、放たれる。 あまりにも”異常“かつ、あまりにも”危険”な傑作映画が1983年、それまでジャンル映画が存在しなかったオーストリアで突然変 …

新作映画ニュース

映画『片袖の魚』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。トランスジェンダーモデル・イシヅカユウが新たな一歩を踏み出す女性を演じた東海林毅最新作

文月悠光(原案)×東海林毅(監督)×イシヅカユウ(主演) いましなやかに泳ぎ出す。 ゲイ老人の性と苦悩を描いた『老ナルキソス』(2017)がレインボーリール東京や上海クィア映画祭などで最高賞を獲得し、 …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。女優・村田唯は兄の愛人である深津美沙役を熱演【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

新作映画ニュース

オンライン映画館STAY HOME MINI-THEATERがオープン!斎藤工の監督作などプレミア先行上映

オンライン映画館が4月29日(水・祝)〜5月1日 (金)プレオープン決定。 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言を受けた外出自粛要請により、全国映画館の休館、映画祭のミニシアターをはじめ映画業界はじめ …

新作映画ニュース

映画『ドンテンタウン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。佐藤玲×笠松将が青春ムービーを紡ぐ!

若手実力派・佐藤玲✖︎今、最も旬な俳優・笠松将W主演! 音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB2019」にて、長編部門準グランプリを受賞した映画『ドンテンタウン』。 佐藤玲、笠松将をW主 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学