Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/03/06
Update

映画『彼女が好きなものは』あらすじ。キャスト神尾楓珠がゲイの男子高校生役で“カノホモ”実写作品に初主演!

  • Writer :
  • 石井夏子

「異性を愛し、家庭を築きたい。」
僕はゲイだ。だからって“ふつう”の幸せをあきらめたくない・・・。

交わることのない二人の恋を描いた恋愛青春小説『彼⼥が好きなものはホモであって僕ではない』が、『彼女が好きなものは』のタイトルで映画化決定となりました。

(c)2021「彼女が好きなものは」製作委員会

ゲイであることを隠しながら生活する男子高校生とBL好きの女子同級生との恋愛を通じ、世間にはびこる“ふつう”という価値観とのギャップに向き合う男女の姿を描いた映画『彼女が好きなものは』が、2021年秋に全国公開されます。

主演は『樹海村』の出演や、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』で圧倒的な存在感を見せる神尾楓珠(かみおふうじゅ)で、本作が映画初主演となります。

また、映画公開決定にあたり、原作の浅原ナオト、主演の神尾楓珠、脚本も務めた草野翔吾監督よりコメントが届きました。

スポンサーリンク

映画『彼女が好きなものは』について

画像:原作小説『彼⼥が好きなものはホモであって僕ではない』書影

(c)2021「彼女が好きなものは」製作委員会

本作の主人公は、ゲイであることを隠して⽇々を過ごす男⼦⾼校⽣・安藤純。BL好きを隠しているクラスメイトの⼥⼦・三浦紗枝と、書店で鉢合わせたことから急接近。

やがて紗枝から好きだと告⽩された純はある想いを秘め付き合うことになるというストーリーです。

原作は、小説家・浅原ナオトの『彼⼥が好きなものはホモであって僕ではない』(角川文庫刊) 。

Web⼩説サイト「カクヨム」で話題作となり、2018年2⽉に書籍化され、2019年4⽉にはNHKで『腐⼥⼦、うっかりゲイに告る。』のタイトルでドラマ化もされ、⼤きな反響を呼びました。

主役の安藤純を演じるのは、『アンナチュラル』(2018/TBS系)、『3年A組 今から皆さんは、人質です』(2019/日テレ系)など話題のテレビドラマに出演し、2021年は、現在公開中の『樹海村』や、4月2日に公開を控える『裏アカ』などの映画出演も続く、今最も注目を集めている俳優、神尾楓珠

「異性を愛したい」「家庭を築きたい」と世間で“ふつう”と言われる幸福を手にしたいと願いながらも、自分らしさとの狭間で葛藤する純を繊細に演じています。

監督を務めるのは、『にがくてあまい』(2016)や『世界でいちばん⻑い写真』(2018)で、若者の瑞々しくも壊れやすい⼼模様を丁寧に描き出してきた草野翔吾監督。

本作でも、純と紗枝のいびつで繊細な恋模様を瑞々しく描き、世間の目や価値観と「自分らしさ」の狭間で苦悩する若者たちの姿を通して、人と人が分かり合うことの困難とその先にある希望を感じさせる、全世代に響く作品へと見事に昇華させています。

コメント紹介

原作者・浅原ナオトのコメント

映画化にあたって原作者の浅原は下記のようにコメントし、映画として新たな息吹をもたらした本作の出来栄えに太鼓判を押しています。

原作執筆時、「同性愛」ではなく「同性愛者」の話を書こうと……別に思っていませんでした。
でも、結果的にそうなりました。普通になりたい願望と、普通になれない現実。
「好きな相手が同性でもいいと思うよ」では片づかない複雑な内面を書いた物語は、多くの方の共感と好評を得て、映画化にまで至りました。その複雑さはこの映画にもしっかり残っていると思います。
まずはお楽しみ頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

主演・神尾楓珠のコメント

(c)2021「彼女が好きなものは」製作委員会

本作が映画初主演となる神尾は、以下のように意気込みを語りました。

この作品への出演が決まった時に、まず最初に思ったことは、この作品はとても真摯に向き合わなければならない、というものでした。自身が演じることになる安藤純というキャラクターを深く理解し、決して軽く捉えてはいけないということを肝に銘じながら、この役を演じました。僕にとっては本作が映画初主演作となりますが、撮影時にはそのことにとらわれることなく、作品のことをただただ考える毎日でした。草野監督とは、作品に対しての共通認識を持つことが出来、現場ではお互いが委縮することなく、言いたいことを素直に言える環境を作ってくださったことに感謝しております。この作品を観て、「自分らしさ」とは何か、「自分らしく生きること」とは何か。そういったことを考えるきっかけになってくれれば、嬉しく思います。

草野翔吾監督のコメント

草野翔吾監督は、映画への思いと、神尾の演技について、こうコメント。

私達がどこかで見ないふりをしていた本音の言葉に溢れた原作を映画化するにあたり、自分にできることがあるのだろうか、と真剣に悩みました。でも、同じかそれ以上に、純のことを、純を取り巻く環境を多くの人に知ってほしいと強く思いました。
原作に向き合うのと同じだけ、自分の中の偏見と向き合い、浅原さんに何度もディスカッションに付き合って頂きながら、脚本を書きました。そして神尾楓珠さんが、私が原作を読んだイメージそのままの純を繊細に表現してくれました。
白いスクリーンの向こう、透明な壁の向こうにいる純のことを、知ってもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

映画『彼女が好きなものは』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
浅原ナオト『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』(角川文庫刊)

【監督・脚本】
草野翔吾

【キャスト】
神尾楓珠

映画『彼女が好きなものは』のあらすじ

わかり合えない僕らは、それでも「ふつう」の幸せを手に入れたい―

⾼校⽣の安藤純は⾃分がゲイであることを誰にも告げずに⽣きていました。

ある日、書店でクラスメイトの三浦紗枝が、男性同⼠の恋愛をテーマとした、いわゆるBLマンガを購⼊しているところに遭遇。

BL好きであることを秘密にしている紗枝は「誰にも⾔わないで欲しい」と純に⼝⽌めをしますが、彼⼥はまだ知らなかったんです。⽬の前にいる純が、彼⼥の好きなゲイであることにー。

純には、妻⼦ある同性の恋⼈マコトがいますが、書店での遭遇をきっかけに、純と紗枝は急接近。

紗枝の友⼈達とダブルデートをしたり、クラスメイトたちと遊園地で遊んだりと仲を深めるうちに、純は紗枝から告⽩をされます。

「⾃分も“ふつう”に⼥性と付き合い、“ふつう”の人生を歩めるのではないか︖」。

⼀縷の望みにかけるかのように、紗枝の告⽩を受け⼊れ、付き合うことになりますが……。

スポンサーリンク

まとめ

2019年にロングランヒットを記録した『愛がなんだ』(今泉力哉監督作)の企画・制作・プロデュースや、2020年に監督デビュー作ながら『パラサイト 半地下の家族』に次ぎ「キネマ旬報ベストテン」で第2位となった韓国映画『はちどり』を配給した映画制作配給会社のアニモプロデュースが企画・制作・プロデュースした最新作『彼女が好きなものは』。

これまでにない、まったく新しい恋愛青春映画である『彼女が好きなものは』は、2021年秋に全国公開されます。



関連記事

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト皆川猿時は市役所職員・宇治田守役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介 母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHO …

新作映画ニュース

韓国映画『悪人伝』あらすじ。キャストのマ・ドンソクが主演の劇場公開日は2020年7月17日!

第72回カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門正式出品作。 韓国NO.1⼤ヒットを記録した “マブリー”ことマ・ドンソク兄貴の極悪ヴァイオレンス・アクション『The Gangster, Th …

新作映画ニュース

X-MENシリーズ20年を祝うイベント開催!映画ダーク・フェニックスの限定ポスター解禁も

大規模グローバルイベント“X-MEN DAY”の詳細は!? 2019年6月21日(金)に全国ロードショーされる映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』。 シリーズ最終章を迎える「X-MEN」シリーズの …

新作映画ニュース

石井裕也映画『生きちゃった』あらすじ。キャストに仲野太賀と若葉竜也を迎え2020年公開!

日本映画界を牽引する石井裕也監督の最新作 国内外の数々の映画賞を受賞してきた石井裕也監督待望のオリジナル脚本による新作『生きちゃった』。 映画『生きちゃった』 映画『生きちゃった』が2020年に全国公 …

新作映画ニュース

映画『レリック-遺物-』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ガチ怖ホラーがオーストラリアから日本上陸!

ジェイク・ギレンホールと『アベンジャーズ』製作陣が認めた才能! 日系オーストラリア人女性監督、戦慄のデビュー作。 全米興収ランキング3週連続第1位、2020年の映画賞を席巻した驚異の傑作ホラーがついに …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学