Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/02/23
Update

映画『寛解の連続』上映館/公開日/予告編。躁うつを生きるラッパー小林勝行を追ったドキュメンタリー!

  • Writer :
  • 石井夏子

一年間に渡る自主上映活動で話題を呼んだラッパーのリアル・ドキュメンタリーがついに劇場公開。

兵庫県神戸市出身のラッパー、小林勝行。

2011年に発表した1stアルバム熱狂的な支持を集めた彼が、自身の宿痾である躁鬱病や隔離病棟での体験、障がい者介護に従事する日常、信仰する宗教のことなどをテーマにした2ndアルバムを発表するまでに密着した、6年間の記憶の記録を収めた映画『寛解の連続』。

映画『寛解の連続』は2020年5月23日(土)より5月29日(金)まで有料配信にて公開、2020年夏ごろに神戸・元町映画館にて公開されます。

スポンサーリンク

映画『寛解の連続』について

(C)2019sardineheadpictures

寛解(かんかい)とは、病気の症状や徴候が一時的に軽快した状態、あるいは見かけ上、消滅して正常な機能に戻った状態のこと。

本作『寛解の連続』は制作に6年の歳月をかけ、不世出のラッパー、小林勝行の人生と創作に焦点を合わせました。

監督を務めたのは本作が長編初監督作となる光永惇。

映画製作を一人で開始し、監督、撮影、編集、プロデューサー、全てをDIYで貫徹した光永監督

彼をそこまで突き動かしたのは、小林勝行の音楽への惜しみないリスペクトと、ともに過ごした時間の重みでした。

ラッパーのアルバムのメイキング・ドキュメンタリーとして出発した『寛解の連続』は、軽自動車で小林勝行の記憶をめぐる旅に同行するうち、カメラを、観客を、思いもよらぬ地平に連れて行きます

ラッパー・小林勝行のプロフィール

(C)2019sardineheadpictures

本作の主演であり、ラッパーの小林勝行 (こやし・かつゆき)は1981年生まれ、兵庫県神戸市出身

活動初期から発表曲自体は少ないながらも、ハードかつ叙情的な関西弁ラップで日本ヒップホップシーンに爆発的なインパクトを残してきました。

2011年に満を持して1stアルバム『神戸薔薇尻』を発表し、特にアルバム一曲目、8分58秒に及ぶ大作“108bars”が大きな話題に。

犯罪や狂気の渦中にありつつも、仄かに見える希望を捨てきれない若き詩人の咆哮は、日本ヒップホップが生んだひとつの叙事詩として高く評価されました。

2017年に待望の2ndアルバム『かっつん』を発表

自主制作、自主流通のこのアルバムは、精神病院の入院体験を楽しげに歌う“from 隔離室”や、自身のボールペンを擬人化し、どんな逆境でも作詞を続けていくことを誓う“オレヲダキシメロ”などを収録し、これまでよりも更にパーソナルな内容となっています。

スポンサーリンク

監督・光永惇のプロフィール

(C)2019sardineheadpictures

本作で撮影・編集・監督・プロデューサーを務めた光永惇 (みつなが・じゅん)は1991年生まれ、東京都板橋区出身

大学在学中よりピンク映画助監督、脚本助手などを経験。

その後ミュージックビデオ制作などを経て、初長編作品『寛解の連続』を発表しました。

光永惇監督のコメント


(C)2019sardineheadpictures

現実と虚構の境い目などとっくの昔に消失してしまったこの世界で、なおも力強く「真実」をラップする小林勝行は現代のドン・キホーテであり、このドキュメンタリー“主演”に他ならない。そんな騎士にときに共感し、ときに呆れつつもついて回る“監督”の僕はさしずめ従者サンチョ・パンサである。
『寛解の連続』が『ドン・キホーテ』の遍歴の旅のように、ときに悲惨な目に遭いながらも末長く続いていくことを願う。

映画『寛解の連続』の作品情報

(C)2019sardineheadpictures

【日本公開】
2020年(日本映画)

【撮影・編集・監督・プロデューサー】
光永惇

【音響】
小林宏信

【キャスト】
小林勝行、市和浩

スポンサーリンク

映画『寛解の連続』のあらすじ

(C)2019sardineheadpictures

兵庫県神戸市出身のラッパー、小林勝行。

2011年に発表した1stアルバム『神戸薔薇尻』で日本の地方都市に生きるアウトローの半生を生々しく描き、一部批評家やリスナーから熱狂的な支持を集めます。

彼は、その後の活躍を期待されていた矢先、活動を休止。

それから数年後、小林勝行とカメラマンの光永惇は彼の入院していた精神病院に来ていました。

小林勝行が自身の抱える躁うつ病や隔離病棟での体験、障がい者介護に従事する日常、信仰する宗教のことなどをテーマにした 2nd アルバム『かっつん』を発表するまでに密着した、記憶の記録。

まとめ

(C)2019sardineheadpictures

兵庫県神戸市在住、躁うつを生きるラッパー、“小林勝行”。その創作=生活に密着したラディカル(徹底的)・ドキュメンタリー『寛解の連続』。

小林勝行という一人のラッパーの記憶は、いつしか神戸という街の記憶にオーバーラップし、絶望も希望も真剣に語るその表情は、鏡のように観る者を映し出していきます。

映画『寛解の連続』は2020年5月23日(土)より1週間限定有料配信、夏ごろに神戸・元町映画館にて上映です。

有料配信についての詳細は映画『寛解の連続』配信ページにてご確認ください。

関連記事

新作映画ニュース

映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』あらすじ/キャスト/予告動画。ディオールとエルメス協力で描く人間ドラマ

パリを舞台に、世界最高峰で勝負する女性調香師の再起。 ディオール、エルメスの専属調香師、豪華協力によって映画化が実現! フランス興行成績NO.1の成績で大ヒットスタートした映画『パリの調香師 しあわせ …

新作映画ニュース

宇佐卓真&小西詠斗『追いかけてキス』シーズン2が配信中!亀山睦実監督の胸キュン必至なショートムービー

『追いかけてキス』第2シーズンは 2019年6月1日(土)よりTwitter公式アカウントほかにて随時配信中! 2019年のバレンタインデーからホワイトデーにかけて、全5話の短編ドラマをYouTube …

新作映画ニュース

ロイ・アンダーソン最新作おすすめ映画『ホモ・サピエンスの涙』予告動画紹介!人生の悲喜劇を映像美で描き出す

スウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督最新作。 第76回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞したスウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督最新作『ホモ・サピエンスの涙』。 (c)Stu …

新作映画ニュース

映画『家(うち)へ帰ろう』あらすじとキャスト。公開トークイベントと各種タイアップ情報

アルゼンチンのパブロ・ソラルス監督作品『家へ帰ろう』は2018年12月22日よりシネスイッチ銀座ほかで全国順次公開。 ブエノスアイレスに住む88歳の仕立て屋が、祖国ポーランドへ70年前に別れた親友を探 …

新作映画ニュース

映画『お名前はアドルフ?』あらすじ/キャスト/公開日/予告動画。舞台を映像化したノンストップコメディ!

ドイツで150万人が抱腹絶倒! 欧州で旋風を巻き起こした舞台を映画化。 ヨーロッパで旋風を巻き起こした舞台『名前』の映画化であり、ドイツで150万人が抱腹絶倒した『お名前はアドルフ?』。 (C)201 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学