Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/11/09
Update

映画『香港画』公開日/上映館。民主化デモを捉えた短編ドキュメンタリーが劇場公開決定!

  • Writer :
  • 石井夏子

香港デモの渦中に飛び込み、
生々しくも洗練された撮影と構成によって凝縮された28分間のリアル。

激しさを増していく香港民主化デモに飛び込み、若者たちの姿を克明に記録した日本人がいました。

この度、2019年の香港民主化デモを生々しくも洗練された映像と手法で凝縮した短編ドキュメンタリー映画『香港画』が、アップリンク渋谷・アップリンク吉祥寺にて2020年12月25日(金)から劇場公開が決定。

香港でデモ隊と遭遇した堀井威久麿監督による、28分間に凝縮された胸引き裂かれるドキュメンタリーです。

スポンサーリンク

映画『香港画』について


2019年「逃亡犯条例改正案」をきっかけに6月よりエスカレートしていった香港民主化デモ。

その年10月に、たまたま仕事で滞在していた香港でデモ隊と遭遇した堀井威久麿監督は、デモに参加している人々の若さに驚き、彼らが何を考え、何を発信しているのかを知るために記録を始めました。

若者たちの声を聞き歩きながら、時にデモ隊と警察が衝突する最中でも撮影を敢行。

彼らと同じように催涙ガス、ペッパースプレーを浴びながら製作を進め、28分間のドキュメンタリー映画としてまとめ上げました。

プレミア上映となった「門真国際映画祭 2020」では、ドキュメンタリー部門・最優秀賞を受賞。オンライン上映は香港でも多数視聴され、現地のメディアでも大きく取り上げられました。

また先日開催された「第15回札幌国際短編映画祭」でも最優秀ドキュメンタリー賞を受賞し、さらに注目を集めています。

香港民主化デモとは?

2019年2月、香港政府による「逃亡犯条例改正案」をきっかけに、民主化五大要求(「逃亡犯条例改正案の完全撤回」「普通選挙の実現」「独立調査委員会の設置」「逮捕されたデモ参加者の逮捕取り下げ」「民主化デモを暴動とした認定の取り消し」)を求める大規模デモに発展。

徐々にデモ隊と機動隊との衝突が激化していきました。

2020年6月、中国政府によって「香港国家安全維持法」が成立・施行。

それにより言論、報道の自由と三権分立が崩壊。

デモに対する弾圧は苛烈さを極め、香港の一国二制度は危機的状況にあります。

・1997年 香港返還

・2003年 国家安全条例に反対する50万人デモ

・2008年 北京オリンピック

・2012年 愛国教育必修化への抗議デモ

・2014年 雨傘運動

・2016年 書店関係者の相次ぐ失踪

・2019年 容疑者引き渡し条例改正案に対する抗議デモ

・2020年 香港国家安全維持法 施行

そして、いま現在―

スポンサーリンク

堀井威久麿監督のプロフィール

本作の監督を務めた堀井威久麿(ほりい いくま)は、1981年生まれ山梨県出身

学生時代には工学を専攻するも独学で映像を学び、映像ディレクター・カメラマンとしての活動を始め、CM、PV、ドラマ映画など多ジャンルの映像を手がけます。

ライフワークとして社会問題から旅、風景を題材に現在までに世界80か国で映像を撮影

作品は米国やヨーロッパ、アジアの映画祭に招待され様々な評価を得ています。

本作が初めての劇場用ドキュメンタリー映画作品です。

映画『香港画』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【企画・監督・撮影】
堀井威久麿

【企画・プロデューサー・撮影】
前田穂高

【英語翻訳】
前田好子

【広東語翻訳】
Ken、Eugenia Leon 、Ho

スポンサーリンク

映画『香港画』のあらすじ


抗う。

激動の香港で始まったかつてない国家の弾圧と、若者たちの抵抗。

高まる緊張。飛び交う怒号。振り下ろされる警棒。

その血は何のために流されたのでしょうか…。

まとめ

「逃亡犯条例改正案」をきっかけに2019年6月よりエスカレートしていった香港民主化デモ。

デモ隊と警察の激しい衝突の様子は日本でも日々報じられていましたが、デモに参加した若者たちの声や訴えは日本ににどれだけ届いたのでしょうか。

香港の若者たちはなぜ、何のために闘うのか。彼らの声にどのように向き合うのか、応えるのか。

観るものを圧倒し「あなたは闘っているのか?」と問われざるを得ない衝撃作、勇気をもって対峙してください。

短編ドキュメンタリー映画『香港画』は、2020年12月25日(金)よりアップリンク渋谷・アップリンク吉祥寺にて公開です。

公開劇場の詳細は映画『香港画』公式サイトをご覧ください。

関連記事

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの浅田美代子は養子縁組団体代表・浅見静恵役を演じる【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

新作映画ニュース

《動画で見る安川有果監督インタビュー》女優オーディションでのセクハラを描くことは“勇気がいるテーマ”だった【映画『蒲田前奏曲』】

動画で見る安川有果監督インタビュー映画『蒲田前奏曲』 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。新しいスタイルのこの作品が、2020年9月25 …

新作映画ニュース

映画『無頼』主題歌/予告編ナレーションは泉谷しげる!井筒監督作のMATSUはEXILEに見えない!?

主題歌に泉谷しげるの「春夏秋冬~無頼バージョン」が決定! 初の予告編ナレーションにも挑戦 『パッチギ!』『黄金を抱いて翔べ』など、デビュー作以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満ちた視線で …

新作映画ニュース

映画を通じて作り手と観客が一体の初日舞台挨拶。松本優作の『Noise ノイズ』が今の日本を問う!

10年前の秋葉原通り魔事件をモチーフに現代日本を問う衝撃作 『Noise ノイズ』が3月1日(金)より公開。 立場の違う3人を軸に、彼らが生きている現代社会の問題点を切り取った映画『Noise ノイズ …

新作映画ニュース

ルイ・アームストロングの秘蔵写真解禁!映画『真夏の夜のジャズ4K』で出演者の名曲を堪能!

写真家 バート・スターンが挑んだ珠玉の音楽ドキュメンタリー。 名カメラマンが撮った音楽界のレジェンドたち。 アメリカ最大級の音楽フェスティバル「ニューポート・ジャズ・フェスティバル(Newport J …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP