Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/12/01
Update

綾野剛映画『ホムンクルス』あらすじ/キャスト/公開日。清水崇が山本英夫原作漫画を実写化!

  • Writer :
  • 石井夏子

綾野剛が記憶を失ったホームレス役に!?

大ヒットTVドラマ『MIU404』や映画『ドクターデスの遺産-BLACK FILE-』での演技が記憶に新しい実力派俳優の綾野剛。

(C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ

山本英夫原作の国民的カルト漫画『ホムンクルス』が実写映画化され、綾野剛が主演することが明かされました。

「呪怨」シリーズ、『犬鳴村』など、国内外で活躍する日本ホラー界の巨匠 清水崇が監督を務めます。

2021年4月2日全国公開を予定している本作について、主演・綾野剛、監督・清水崇、原作者・山本英夫からコメントが届きました。

スポンサーリンク

映画『ホムンクルス』について

2003年~2011年まで『ビッグコミックスピリッツ』で連載された累計発行部数400万部超えのカルト漫画『ホムンクルス』。

連載開始から10年以上経て、清水崇監督と綾野剛の初タッグ作品として実写映画化が実現する運びとなりました。

本作の主人公は、記憶も社会的地位もなくした男。禁断の実験「トレパネーション」を受けて以来、左目には人間の心の歪みが異形として見えるようになってしまいます。

自らの記憶に隠された衝撃の真実と共に狂った運命の歯車が動き出していき…。

“人間の正体”がリアルに映し出される衝撃的サイコミステリーです。

綾野剛のコメント

参考:綾野剛の公式インスタグラム

全てが初めてでした。
世界観も、表現も、生き方も。
僕が山本英夫先生の漫画の世界に初めて触れた時、今までに出会った事のない感覚や悍ましさ、人間の奥底に眠る境地がそこにありました。
映像作品となる本作にもその世界は確かに存在しました。
世界は瞳に映るモノ、見えているモノが全てでは無いという事実をお届けします。

スポンサーリンク

清水崇監督のコメント

人の精神面を可視化して描いている原作に惹かれました。
撮影しながら、次第に綾野君はじめとする俳優やスタッフ陣、そして自分のホムンクルスが見えてきました。
どこのどんな文化圏の人にも通じる“人の脆さ”や“距離感”、その“交差”や“生きる価値観”などを本作で少しでも見つめ直したり、共有してもらえたら…と思います。

原作・山本英夫のコメント

人間(肉体)というタマネギの皮をむいていったら、その人の〝魂〟はどんなカタチをしているのか・・・・・・?
そんな興味から、『ホムンクルス』を作ったのを覚えています。
それが、10年経った今、、まさか実写映像で見られるとは・・・・・・
とっても嬉しいです!!
しかも、〝魂〟を視る主人公を、綾野剛さんが演じてくれるとはピッタリだと思いました!
他の俳優陣も豪華キャストで・・・・・・
はよ見せて。

スポンサーリンク

映画『ホムンクルス』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【英題】
HOMUNCULUS

【原作】
山本英夫「ホムンクルス」(小学館「ビッグスピリッツコミックス」刊)

【監督】
清水崇

【キャスト】
綾野剛

映画『ホムンクルス』のあらすじ

記憶も社会的地位もなくした主人公。

頭蓋骨に穴を開ける禁断の実験「トレパネーション」を受け、その後、男の左目に人間の心の歪みが異形となり見えるようになってしまい…。

まとめ

本作『ホムンクルス』は、企画段階よりNetflixでの全世界独占配信が決定。

日本国内のみ全国の劇場で、鑑賞環境の整った劇場公開用の特別素材にて2021年4月2日より先行公開いたします。

撮影は2019年12月から2020年1月に物語のスタート地でもある東京新宿の高層ビル群がそびえ立つ西新宿を含む東京都内などで行われました。





関連記事

新作映画ニュース

亀山睦実監督の新作映画『12ヶ月のカイ』のキャストに中垣内彩加と工藤孝生が決定!

人間とヒューマノイド、生まれるはずのない新しい《いのち》が二人にもたらすものとは? 短編映画『恋はストーク』、中編映画『ゆきおんなの夏』そして長編映画『マイライフ、ママライフ』と、着実に映画クリエイタ …

新作映画ニュース

映画『街の上で』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。今泉⼒哉最新作は下北沢が舞台の群像劇!

佐久間宣⾏、燃え殻、深川⿇⾐、⼀ら総勢17名からの応援コメント到着。 『愛がなんだ』『his』『あの頃。』に続いて、今泉⼒哉監督の最新作映画『街の上で』。 (c)「街の上で」フィルムパートナーズ この …

新作映画ニュース

《動画視聴:奈緒インタビュー》映画『みをつくし料理帖』キャスト花魁野江役に角川春樹監督から目の演技と求められたと語る

映画『みをつくし料理帖』は10月16日(金)より全国ロードショー 豪華キャストによるインタビューリレー第2弾 時代を創った男“角川春樹”が、生涯最後となる演出を務め制作された映画『みをつくし料理帖』。 …

新作映画ニュース

【東京フィルメックス2019受賞結果】グランプリは中国映画『気球』。そのほかの受賞作品の紹介も

TOKYO FILMeX2019受賞作品紹介 2000年12月に第1回が開催された国際映画祭「東京フィルメックス/TOKYO FILMeX」。 開催から20年、記念すべき「第20回東京フィルメクス」が …

新作映画ニュース

河内彰監督新作映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。親友を喪失した“空虚に出会う”

日本でもなく韓国でもない、幻影と実景が交差する場所へ。 瀬々敬久、真利子哲也の認めた溢れる才気、国内映画祭が注目する新鋭・河内彰監督。 河内彰監督の新作映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』が、20 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学